09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

○心を亡くした現代人○ 

○心を亡くした現代人○







【大国主命】
3_201607091751385a8.jpg






大多数の方々は、新たな技術革新に夢中です。

そして、新たな技術が生まれると その光の部分だけに
目が行きがちとなります。

でも、光があれば 必ず そこに闇が生じるように
光と闇は、常に表裏一体です。





【磐長姫】と【稚児神Ⅰ・Ⅱ】
7_20160410203554cae.jpg




さて、某高速鉄道開業の為に
霊峰・妙高の靈脈が寸断されたようです。

これに関しては もう 昨年、一昨年 辺りから
報告が届いていたところです。

実際に名前を挙げる時期を
見計らっての記事の公開となりますが、


「妙高で 何か やらかした模様です。」


わたくしのところには、そう 報告が届きました。



2_201601032208053ad.jpg




霊峰と呼ばれる山は、
そのまま 神のご神体となっているものです。

富士も木花咲耶姫が お守りになっておられますが、
青森に行った時にも 岩木山が岩木山神社の御神体として
崇められておりました。


そう言った霊峰には、貴重な水脈が通っております。

人体に例えれば 大動脈と同様です。

そこを 寸断されれば すなわち 生命を絶たれます。

そう言った 貴重な自然を 今の人達は、巨大な掘削機を使って
山の土手っ腹に 平気で 穴を空けて行きます。

当然、そのような事をすれば 水脈もろとも 分断されます。

水脈を分断された場所は、もはや 死地と成り果てます。


そう言った乱開発を 正義と信じて 今の方々は行います。



すべては効率 最優先で、です。



その尺度は、鬼のアイテムであるお金であり
経済性が最優先とされるのです。



日本の高度な技術力は
今や 自国の生命エネルギーを
破壊・壊滅させる為に
機能しているのです。



高度な技術力があるのなら
それを善に、
人と生き物が 共存共栄出来るような
次世代の技術を 是非とも
開発してほしいものです。




【日本武尊】
34_20160118212802f78.jpg




何故 この様な事が平氣で行えるのかと言えば、
<靈>や<精神>を捨て去っているからですね。



目に見えるものでしか この世を押し計ろうとしないので
物言わぬ山が 削られようが 土手っ腹をほじくり返されようが
全くお構い無しです。


彼ら 技術者達は、自分達の優れた技術に
誇りと自信をもって それを行います。


そう、自信と誇りをもって
この神の国を破壊し 
大地、自然の血脈を断ち切っているのです。



何とも皮肉ではありませんか・・・。



41_20160517083049742.jpg




さて、一方 この様な報告も頂いております。


某・風力発電です。
それ自体は、決して悪いものではありませんが、
なんと、その巨大な羽によって
鳥たちが傷付けられ 時に生命すら落としている事、


そこには、絶滅危惧種として 名をあげられている
貴重な鳥とているのです。


この件に関して 神は こう 
メッセージを降ろして来られたそうです。


<これが 人の慢心の姿である。>・・・と。



自分達の生活に必要なら
鳥や他の生き物の生命など 
どうでも良いのでしょうか?



何故 多の生命に対して 
この様に冷酷でいられるのでしょう?



彼らが もの言わぬ 他生物だからですか?
文句を言えないだけであり
鳥も他の生き物も 人に 
深い怒りと失望を抱いている事でしょう。



さて、この延長線上に どのような現象が
顕現して来ているか お分かりですか?



昨今 誠に目を覆うばかりの児童虐待です。
生後 ほんの数ヶ月の乳児を
残忍な方法で 殺す・・・




何故 このような事が出来るのでしょう?



何も逆らう事も出来ない 赤子です。
口で 抗議する事も出来ないような
幼子です。




分かりますか?



物言わぬ弱者に、
逆らう事すら出来ない生き物に

人があまりにも 無神経であり
無関心である その傲慢さが


何の罪も無い 乳児や 幼子への虐待
と言った 今の世の負の現象として
顕現して来ているのです。



これが 弱肉強食思想を 
神の国に取り込んでしまった
大きな負の現象の結果です。



我よし、弱肉強食思想では
人類に未来はありません。





今のままでは 親による 
子殺しは 収まらないでしょう。




以前 神は、こう仰った。



<子、救えん世は 治まらん。>



親が 何の抵抗も出来ないような幼子を 
次から 次へと残虐な方法で 
殺して行く今の社会は、あまりにも異常です。



これは 心を無くした現代人が 
あまりにも他の 声なき弱き立場の生き物に対する
配慮が無い事への 強烈な警告なのです。




西洋思想が日本に持ちこんだ 
資本主義思想は 悪魔の思想であり
最終的には、人類を滅亡に導く 
破滅の思想なのです。






☆感謝☆





2011_0322_120046-黎明 のコピー


スポンサーサイト

Posted on 2017/05/22 Mon. 17:12 [edit]

category: 人類への警告

TB: --    CM: 0

22