06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

<追記>不思議なお社 

<追記>不思議なお社

(神社からのお便りは 神からの
 <見守っているよ>との
   シグナルでもある)






<猿田彦神>
1_201502131500293be.jpg





誤解を招くといけないので
先にご紹介した記事に 追記させて下さい。

http://takao15.blog.fc2.com/blog-entry-1615.html




FBの方に

他県から夏越えの大祓の案内が・・・
 商売上手だな・・・と思いました。
 自分は地元でお祓いします。」

・・とのコメントを頂戴したので
誤解の無きように 追記しておきます。



わたくしは 神絵画家と言う仕事を
この世の仕事として 持って来ております。

仕事柄 多くの方々から
御奉納と言う形での 何らかの金銭を
お預かりする事は御座います。


わたくしは それらを 必要経費だけは頂戴して
残りは神々へ 御奉納と言う形で
納めさせて頂いております。


それは 御縁の方々がそれぞれに持つ
厄を 神に肩代わりして頂く、と言う意味もありますが、
同時に 御縁の方々を 神に御守り頂く、と言う願いも
含まれております。


そこでは わたくしの住所を明記しての
ご祈祷をさせて頂くので
当然 いくつかの神社さまへ
ご祈祷の記録(個人情報)が残される訳です。


そうしますと 後から 幾つものお社から
だいたい 年に2回ほど、
(夏越えの大祓、と 新年のご祈祷のご案内)
・・が届きます。


それが 例えば、8カ所とか
時には 10カ所を越えた神社からのお誘いが
届く事が御座います。


手元に持ち合わせがある時には
もちろん 何よりも神様の事を優先しておりますので
その様に致しますが


時には そう出来ない時も御座います。


或る時、とても困ってしまい、
どうしても 奉納出来るだけの余録が無かった時ですね(^-^;

ほとほと困り果てておりますと
大神が 波動で この様に知らせて寄越されました。




<氣に病まずともよい
<これらは そう言う意味では無く
<ただ これだけの神々が
<そなたを見守っておる、と言う証しとして
<送って来ているのだ
<だから 奉納出来る 出来ない、を
<その様に 氣に病まずともよい




大神は その様に 伝えて来られました。


それを 伺って
ようやく ホッと 安堵致しました。



いろいろなケースがあり
とても一概には言えません。

ただ 誤解の無きように 
お知らせしました。


確かに 神社が 一部の心無いもの達によって
政治利用されている側面も御座います。


実際 現場にて その様な声を
耳にする機会は御座います。


ですが、決して それが すべて、と言う訳ではありません。



<見守っているよ
  ちゃんと 見て居るよ>


・・と言う 神からの合図として
御縁の神社から お知らせが届く事もある
・・・のだと言う事を

どうぞ 念頭に置かれて下さいますように。



☆感謝☆




@50.jpg


スポンサーサイト

Posted on 2018/05/30 Wed. 21:08 [edit]

category: ブログ

TB: --    CM: 0

30

◇不思議なお社◇ 

◇不思議なお社◇




IMG_1385_20180530135054363.jpg




この記事をUPする事は
もう長い事、検討はしていましたが
ずっと 躊躇しておりました。

あまり よいお話ではありませんが、
ちと 氣になっている事がありますので
本日 敢えて UPです。


それは、関西圏のと或るかなり有名なお社です。


こちらへ初めて詣でたのが
だいぶ昔の友人と二人で

当時 このお社の事は
まったく存じ上げておりませんで(失礼しました;)

ただ 友人の誘いでご挨拶に出向かせて頂いたのです。


それから どのくらい経ったのでしょう。


10数年・・・? くらいは 
経過していたかも知れません。


或る日 突然 こちらのお社から
ご案内が届きました。


正直 驚きました。
すでに 忘れていた程 昔に頂いた御縁でしたので・・・。


けれど せっかくのご案内でしたから
当時のなけなしのお小遣いをはたいて
御奉納金を送付させて頂いたのが
数年のお付き合いの始まりでした。


最初は 嬉しくて 無理をしてでも
精一杯の御奉納をさせて頂いておりました。


ですが、年数を経るうちに
段々と 御奉納のお誘いの回数が増えて行き
(春夏秋冬の年 4回ほど お誘いが届くようになったのです。)

また 次第に 奉納金の最小金額も
指定されて来るようになりました。


「御奉納金額は、7000円以上にて
 お願い致します。」


今年の春先に届いた案内には
最小奉納額は8000円に引き上げられていました。
(これにも どん引きw もちろんスルーですw)


7000円と言う限度額を提示されて
案内が届いた時には さすがに 引いた
・・と言いますか、(数年前の事です)


(それ以外にも 賛助会費などと言う名目での
 会費の請求も御座いました。)




先日 FBの情報から 日本の神社庁が 
≪朝鮮人や異民族に乗っ取られている≫・・・と言う事を知りました。


(本当に お金の集まる所なら
 どこへでも出没する ゴキブリのような連中ですよね)


連中は 日本人の女性宮司を認めず
神社庁から 男性宮司を派遣させて
ターゲットの神社を乗っ取るのだそうです。


特に 財産を多く所有する神社が
そのターゲットにされているそうで、

連中の貪欲さには つくづく 辟易すると共に
よくも まあ、神様の家にまで上がり込んで
神様までをも食い物に出来るものよなぁ、と
呆れ果てました。

まぁ、こんな連中は ろくな末路は送れないでしょうが、








それにしても その関西方面の
と或る有名で大きなお社です。



詳しい事は知りませんが、

(いえ、あまりにも 度重なる御奉納の催促に
 さすがに嫌気がさして
 最近では スルーを決め込んでいます。
 
 年に4回と更に会費の要求まではさすがに
 頻繁過ぎると思いますよ。)



こちらのお社が あの腐った神社庁の
餌食にされていなければいいな、とは思いますが・・・。


先方の宛名には しっかりと

<○○神宮庁>と明記されておりますw



なんか やはり それっぽいですよねw



あまりにも 度重なる 御奉納依頼回数と
最小御奉納金額の設定が ちょっと 高すぎるんじゃない?

・・・って お社は 疑ってみる必要があるのかも知れません。



つくづく思うんです。

神様は これら 邪悪な動きのすべてを承知していながら
何故 今だに 放置したままなのか・・・。


確かに 神が動く時には 一瞬でカタが付きます。


でも じれったいじゃありませんか。


・・・で たまに じれて 神様に直訴する事があるんですw


そしたら 叱られましたw


<頭を冷やせ!>


・・・だそうです。
まだ 時期を見計らっておられるようです。


じれったいですよね・・・(^-^;



ここまで 来ていても まだ 
大多数の人々が目覚めないんじゃ

もう 手遅れなんじゃない?
・・なんて 思うんですけどね。


大神が 計っておられるタイミングと言うのが
どう言ったものなのか
おそらくは 万人の意表を突くような
時期とタイミングなのでしょう。



IMG_1860@.jpg




以前 宮司が嫌だと 御奉納する氣にすらならなくなる
・・と仰っていた方が居て

それに対して 神は

<ケチな事を言うなw>
・・・と笑っておられました。


それは


<宮司がよろしく無くとも
 人の真心は ちゃんと 神に届いておる。>

 宮司に問題があるのであれば
 人が御奉納した分のカルマ(因縁)は
 真面目にお勤めして来なかった宮司が
 肩代わりせねばならなくなるのだから
 心配せずともよい。>




・・・と言うような事を
仰っておりました。


本来 神に捧げられるべき 奉納金を
神の取り次ぎのお役目を仰せつかった宮司が
勝手に悪用した場合には

その宮司が 人の因縁の肩代わりをさせられる
・・のだそうです。

だから 何も徳などしていないのだ、と言う様な事を
以前 大神は 波動で降ろされておりました。

なるほどな・・・と思いました(^人^)


(それでも あまりにも 金銭に黒い宮司の居るお社は
 やはり 敬遠したくなりますよねw)



 関西方面のと或る 不思議なお社のお話でした。


名前は出しませんが、
もし 

「もしかしたら ここじゃありませんか?」

・・と 心当たりのある方は
そっと 直メッセして下さい(笑)



☆感謝☆


Posted on 2018/05/30 Wed. 13:58 [edit]

category: ブログ

TB: --    CM: 0

30

◇大勝・・・?!◇ 

◇大勝・・・?!◇





わたくしは 今の政治にも 政治屋にも
まったく興味がありませんので
もちろん 最近では 一切 投票になど参りませんがw


テレビの無い我が家でも
その夜には 何となく 現政権が続投しそうだ、と言う報道は
ネットを通して キャッチしておりました。


いろいろな憶測はあるでしょうが、
わたくしが 感覚的に感じた事を
今日は お伝えしておこうと思います。


<「勝った」・・・と言うのは 表面的な現象であって
 実は そうでは無い

 ただ 因縁に引っ張られただけであり

 彼らはもはや 逃げられない
 精算のカルマの中に取り込まれている・・・>


以前 わたくしは 明治政府を 主になって造ったのは
<長州>の手のもの達であり
連中は、鬼のバックアップを受けて それを 成し得た。


・・・と言うお話を お伝えして御座います。


今の日本を ここまで混沌とさせた 張本人が
長州の手のもの達である以上

その精算をさせるのも また 長州の血を受け継ぐものである


・・・とは、すでに お伝えしてある通りです。



つまり、彼らは 勝ったのでは無く
因縁に飲み込まれて 逃げる事が出来ないのである。

この中央集権国家、衰亡の刹那・・・

砂上の楼閣が如く 衰亡する様を
最後の最後まで 目撃せねばならず
その精算を 己が身をもって 為さねばならぬ


・・・と言う意味である、と解釈ください。


いえ、わたくしの魂には
現政権が勝利した時点で
そのように 響いて参りました。


一方は、長州の末裔・・・
そして、もう一方は
皇に深く侵入し 陰から 日本を操る集団である事・・・


それは、決して 輝かしい政権運営では無い事、
厳しいようですが 何度でも お伝えしておかねばなりません。




さて、かの ノストラダムスは
自らに迫る危機を
いち早く察知し

王宮に留まる事を
かたくなに固辞しました。


地位も名誉もすべての財産すら手放して
彼は ただ 故郷のプロバンスに
帰郷する事を願ったのです。


生き抜く為に・・・!






物質世界 終焉の時・・・
そこに 地位も名誉も金銀財宝も
何の意味ももたらしません。


それらは かえって
人の御霊を重く曇らせ
魂の輝きを闇に閉じ込めてしまうのです。



この<勝利>は
ただ 見せかけだけのもの・・・


その実は
ただ 自らの祖先が犯した罪を
購うが為の現象に過ぎない事・・・



☆感謝☆





建御雷神
たけみかづちの神

Posted on 2017/10/25 Wed. 18:53 [edit]

category: ブログ

TB: --    CM: 0

25

☆オンライン家計簿☆ 

☆オンライン家計簿☆


お読み頂きありがとうございました。
この記事は、時限記事でしたので、
先ほど 削除させて頂きました。

更に詳しい内容に関しましては
展示会場にて お話し致します。

ご縁を感じて下さる皆様がたは
どうぞ 展示会場まで
お越し頂けましたら幸いです。



☆感謝☆





Posted on 2015/10/04 Sun. 18:55 [edit]

category: ブログ

TB: --    CM: 0

04

☆群馬のと或る古民家カフェ☆ 

☆群馬のと或る古民家カフェ☆



◆◇◆◇◆◇◆◇【おしらせ】◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【石川・加賀】10/9(金)から始まります

会場:加賀市美術館
   石川県加賀市作見町リ1番地4
   (JR加賀温泉駅前)
   ☎0761-72-8787

会期:H27年10月9日(金)~10月11日(日)
   10/10・11の二日間のみ
   会場にタカオが居ります。

     (10日=AM10:30~PM5:00
       最終日の11日は、4時迄)

《アクセス》 
北陸本線 JR加賀温泉駅 徒歩2分(150m)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



☆群馬のと或る古民家カフェ☆




2015_0829_121943-IMG_4421@.jpg


こちらのカフェは、群馬での
水源をめぐる旅の途中
偶然 見つけた【古民家カフェ】☆♪♡



2015_0829_131938-IMG_4436@.jpg


こんなところに こんなに素敵なカフェがあったなんて♪
店内の画像が無くて申し訳ないですが・・・

お若い方々や お洒落なカップル、家族連れで
たいへんな賑わいです♪




2015_0829_131710-IMG_4430@.jpg


中には ちょっとした【地場野菜マルシェ】などがあって
野菜好きには たまらない 穴場スポットです♪


2015_0829_131725-IMG_4431@.jpg


カフェがメインのようですが、
お昼時には 體に優しい ベジタリアンなメニューで
おもてなし、して下さいます。

(しかも、とってもリーズナブル♡)


名称未設定 2のコピー


懐かしい【おふくろさん】のメニューです♪


2015_0829_123324-IMG_4423@.jpg


後から 氣が付きましたが、
のどかな庭園には(畑・併設♪)

小さくて可愛らしい【祠】があって♡


2015_0829_131640-IMG_4427@.jpg


もしかしたら こちらの祠の主が
【これこれ、お腹 空かせてるんじゃろ?
 ちと ここに寄って行きなさい
 美味しいランチがあるからね】


・・・と お声掛け(勝手に・苦笑)
下さったのかも?

・・・知れません♡



何にしても 思いがけず
滋養豊富な地元の食材を使っての
昔ながらの和食の提供は
たいへん 嬉しゅう御座いました♡



♡(@^人^@)♡感謝♡


2015_0829_140253-IMG_4459@.jpg


2015_0829_140413-IMG_4465@.jpg


上記のカフェの場所のヒントは こちらです☟(*^v-*)
2015_0829_132735-IMG_4440@.jpg




Posted on 2015/09/07 Mon. 03:18 [edit]

category: ブログ

TB: --    CM: 0

07