06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆神様のお話し☆ 

☆自ら悟り、自ら行動する☆






@と或る南方の荘厳なお社にて
IMG_3284@




正神は 人に何かを 無理強いする事はありません。

ただ ヒントを ソッと与えて

当人が 自ら 氣付いてくれる事を

願って(待って)いるのです。


なぜなら それは 

<自ら氣付いた>・・・と言う学びを経なければ

<悟った>事にならないから、です。



けれど それにも タイムリミットと言うものがあり・・・。



神に何らかの提案をされたなら

次には 言われずとも 自ら氣付き 自ら動く

そう言う人になって行く事が大切なのです。


何度も 何度も 神に がっかりさせているようでは

到底 神の御用は 勤まりません。



また、そう言う人になって行けねば

いつまで経っても 神と人・・・


神人合一でのお働きが出来ないのです。



**********************



IMG_3286@





<追記です。>




すでに ご承知の方も多いでしょうが、

高級神靈になれば なるほど

その人宮となられる方は

靈肉共に 精錬されておらねば

神は 人と一体には なれません。


(それは 細胞レベルで 浄化されている者でなければ
 高級神靈の人宮は勤まらぬ、と言う意味です。)



☆感謝☆




1_20160103220806f2b.jpg


スポンサーサイト

Posted on 2018/07/13 Fri. 15:04 [edit]

category: 神様のお話し

TB: --    CM: 0

13

◇②人の心が魔性を産む◇ 

◇②人の心が魔性を産む◇





@40_20180529160042518.jpg




さて、先日 7/6の①記事

と或る湖の畔の お社に棲み付いた
<邪蛇(蛇の魔物)>のお話の続編です。


そのお社へ 出向く事になったのは
他のお社に用があって・・・


・・・で、せっかく そちらへ行くのであれば、と
その湖の畔のお社へも 久しぶりに出向いてみよう、
と ふ・・と その様な氣になったのでした。


振り返れば それも 必然だったのでしょう。


今度 行くのなら 3度目になる・・・


そして、今度こそ この<邪蛇>の事を
神社関係者に話さねばならない!!



・・・そんな風に思っていました。


社務所では その<邪蛇>を龍神だと思い込んで
画集まで保管している始末です。


(もう 最悪です。><;)


過去に 2度
そのお社には 出向いていましたが、

結局 言う事が出来ないまま

(一度目は 何も知らずに・・・
 二度目は 知っていたけれど 
  何も言えないまま・・・

ただ そっと 見守るしか無かったのです。



・・・と言うのも 画像を持って居るだけで
祟って来る様な<厄介な蛇の魔物>ですよ。


迂闊に関われば どんな災難に
巻き込まれるか分りません。



以前 他の方のブログで
邪蛇に巻き付かれて
身動き出来ず 吐血して
這って 移動せねばならなかった、と言う方の
記事を目にしていたので、


そんな 恐ろしい光景が
脳裏をよぎっていたのです。


今度 詣でれば 3度目となります。


出向く日が近づくに連れて
不安が よぎります。


そして、何度も 何度も 大神に確認しました。


(ほ・・本当に やるんですか?!)

(やるのなら 何が何でも 護って下さいよ!!
 お願いしますね! お願いしますね!!)



そう 必死でお願いし続けましたw

(今でこそ 苦笑ものですが、その時はもう
 必死でしたw)



とは言え、です。

大神が <参る!>と 仰る時には

必ず やり遂げられる、
と言う確固たる自信があっての事なのです。


成敗せねばならぬ、
浄化させねばならぬ、

時節が到来していたのでしょう。



わたくしが そのお社に到着し

社務所の方々に 意を決して

伝え始めた時、最初は

怪訝な表情をしていた 社務所の方も

やがて ようやく 事情を飲み込めたようで

みるみる 表情が青ざめて行くのが

はっきりと分りました。



そして、しっかりと お伝えして参りました。



「画集は お焚き上げするなり
 お祓いするなりして
 直ぐさま 焼却処分して下さい。

 宮司さんが体調を崩されたのは
 このせいなのです。

 これ以上 放置すれば 命すら
 危険になりかねないと判断し 
 本日 お伝えする事にしました。」





崇尾は ただ 神々のエンターとして
社務所の方にお伝えさせて頂きましたが、

その背後では 数多の日本の神々が
邪蛇相手に果敢に奮闘して下さっておりました。



日本の多くの神々に 後方援護を頂いて
ようやく 御用の幾ばくかを
勤めさせて頂けております。


お陰様で 当初 心配していた
その後の霊障もなく
健康で 穏やかな 日々を
今日も 滞りなく 過ごさせて頂けております♡



誠に有り難い限りです。



さて、では 次回の最終章③話では
何故 この湖の畔のお社に
邪蛇が棲み付く事になったのか

そのお話をお伝えして

最終話とさせて頂こうと 思っております。



☆感謝☆




【宇宙根元神Ⅰ】
宇宙根元神①

Posted on 2018/07/11 Wed. 20:03 [edit]

category: 神様のお話し

TB: --    CM: 0

11

◇大神さまの赤いオーブ◇ 

◇大神さまの赤いオーブ◇






皆様 いつも誠にありがとう御座います(*^人^*)☆

本日は 大神様のお話をさせて頂こうと思います。

厳しいけれど とてもお優しい方なのですよ、大神様は・・(^v-)/☆



先日 UFOの画像を公表させて頂きました。


こちらですね。

IMG_3002.jpg

IMG_3004.jpg



その時には、
(なんで こんなに 分かり易い姿を見せてくれたんだろう・・・?)

・・・と思ったのですが、(だって バレバレじゃないですかw)


その翌々日くらいだったでしょうか。

波動で ふ・・と、


<そなたの為に 見せた・・・>

・・・と響いて参りました。


はた!・・・と 思ったのですが、

(肉体を持った 崇尾に 世の流れのすべてを
 網羅出来ている訳ではもちろんありません。)

それらを 補って下さっているのが 大神さまであり
多くの神様方なのです。


・・・で、時に 神が 必要だと ご判断された時には
何氣に さらり・・・と 波動で 伝えて来られるのですが、


何故に 明らかなUFOの姿を見せたのかと言えば、


どうやら 巷には、ある一部の動きとして
崇尾を何らかの罠に嵌めようとする動き・・・?

あれは偽物だよ、と吹聴させようとする気配・・・?

その様な陰謀が蠢いている・・・事を事前に察知して
あらかじめ それら 陰の動きを封じ込める為?

または 闇の陰謀を阻止する為に?

(偽物などでは無い)・・と言う証明の為に


<見せたのだ>



・・・と 波動で降りて参りました。



確かに 崇尾は、一寸先は・・・と言うような
実にきわどいお役目を させて頂いてはおります。

 
決して 望んでさせて頂いている訳ではありませんが、
ここまで 首を突っ込んでしまった以上は
やるしか無く、ただ 大神のお導きを信じて
共に 歩ませて頂いているのみで御座います。



そんな こんなの ある日の事、

大神は、ちょっと 気まずそうに、

<後悔しているか・・・?>

などと バツの悪そうに 訪ねて来られた事がありましたがw


崇尾が 独り言のように

(とんでも無い事 引き受けちゃったよ~~~!!

・・と 呟いているのを 聞いておられたのでしょうw



わたくしは 思わず、苦笑しながら


(後悔も何も 無いじゃありませんかw
 ここまで 首を突っ込ませておいて
 今更 辞めます、なんて 言える訳ないじゃありませんかw)


・・・と、心の中で 返した事を覚えていますw


大神は 苦笑いしていたようですがw



もはや 苦笑するしかありませんが、
最初から この様なお役目をせねばならない、と知っていたら、

(いえ、一番 キツいお役目をせねばならない、とは覚悟していましたよ。
 でも まさか これをやらねばならなくなるとはね!・・って感じですよ


いったい 誰がこの様なお役目を
自ら志願して やったと言うのでしょう?w


内心、 何度

(誰か 他の人、やってよ~~!)

・・・と、願ったか知れませんw 。(´д`lll)




【宇宙根元神Ⅰ】
39_2016011719144689f.jpg




大神とは ずっと 二人三脚のような感じで
歩を進めさせて頂いて参りました。


この方(大神)と 離ればなれになる事など
もはや 考えられない事でした。


(もちろん 崇尾が途中で お役目を辞退すれば
 その時点で お別れせねばならなかったでしょうが・・・)


その分岐点とて もちろん御座いました。


大神と共に進むか
或いは ここで お役目を辞退して 大神と離ればなれになるか

・・・の分岐点に立たされた時


やはり それが どれほど茨の道であったとしても
もはや 大神と離ればなれになる選択肢は
御座いませんでした。


あの時 約束した言の葉を・・・


<何があっても 付いて行くと言ったではないか!>

ヘタレそうになると カツを入れられますw
弱音を吐こうとすると そう 音響のように
何度も 魂に・・・



<何があっても 付いて行くと 言ったではないか・・・
  言ったでは ないか・・・
    言ったでは ないか・・・!!>


・・・と響いて参りますw


そう、それほどまでに
神との約束と申しますのは
重いものなのです。



それまで 少し 遠巻きに
崇尾を見守って下さっていた 大神が

しっかりと 崇尾の背後に付いて下さったのは
それまでの崇尾の守備体制が 防御一辺倒から
攻撃が加わった時でした。


つまり もはや 防戦一方ではなく
時に 攻撃もせねばならない状況になってきてる
・・・と言う時期と重なります。


その頃から 
崇尾の写す画像に
赤い六角形のオーブが写り込むようになったのです。


この赤い六角形のオーブこそが
大神さまのお印であり、攻撃を司るオーブです。


(これは 展示会にいらして下さった方には
 お見せしているものです。)


たぶん その頃だったのでしょう。


身近に居た複数から
こんな事を言われた記憶が御座います。


「変わったね・・・」
「人が変わった・・・」




それは 以外な言葉でしたが
自分では 何も氣付いていなかったのですが、

身近な人間からは
確かに 人が変わった、と
感じられたのでしょう。


そう たぶん その頃に
わたくしのご守護に 大神がしかと
付いて下さったのだろうと・・・。




【最強軍団・三神様】(スサノオ様・根元神様・日本武尊様)
1_20160103220806f2b.jpg






さて、最後に一つ
付け加えさせて頂きます。


大神は たいそう 負けん氣の強いお方でもありましてw
負けず嫌いwとでも申しましょうかw

向こうっ氣が強い(?)とでも言うのでしょうか?w


こちらが 何氣に ポソッと 呟いたような言の葉にまで
時に むきになって(?)言い返して来られたりする事があって 
とても 微笑ましくなりますw

たかだか 崇尾ごとき 一介の人間相手に
シカトすればいいのに
案外 お茶目な所がお有りなのだわ・・と
くすり、とさせられるような時もあるんですよw♪


これは 大神の とっても人間っぽい一面ですね♡




今日も善き日、良き時を♪


☆感謝☆



Posted on 2018/05/17 Thu. 20:08 [edit]

category: 神様のお話し

TB: --    CM: 0

17

◇大神のイメージ◇ 

◇大神様のイメージ◇



【宇宙根元神Ⅰ】
39_2016011719144689f.jpg







先日 新たに正式な御神縁に繋がられた方と
アトリエで お話する機会が御座いまして


(崇尾のアトリエに 直接 お招き出来るのは
 正式な御神縁に繋がっている方のみで御座います。)


これからの為に 必要と思われるお話を
幾つかさせて頂き、

いつものように ごく普通に
大神さまのお話になりました。


(皆さんも 大神様の事
 もっと お知りになりたいんじゃないか、と思いまして^^

 時々 頂戴するんです。この様なメッセージを^^

「神様との関わり方を教えて下さり
 ありがとう御座います。」・・・・って^^)



崇尾が波動で感じている 大神さまのイメージは
神絵の中の御姿よりも もっと ずっと<ワイルド>で
そして、いぶし銀のような・・老練な感じ・・・。


それを 分かり易いように どなたか人で
例えられたなら・・・と、お話をしながら
意識の中でイメージしておりますと・・・




何と!!



<勝新太郎>さんが イメージの中に
浮かび上がって参ります。



82katu_1[1]
*すみません。画像を勝手にお借りしました。



Σ(゚ω゚ υ)  ・・・ えっ・・?!!


(か・・勝新さん?!)



・・・って いくらなんでも 強面(こわもて)過ぎでしょう?


(´ω`;)


・・・と、さすがに その時は とても口に出せず
そのまま 心の中に封印してしまいました。



その時には どうしても
この方 ↓ と・・・




【宇宙根元神Ⅰ】(大神様)
宇宙根元神①



この方のイメージが ↓


f13ab16c9001e281ec115ae6cfa92ccc[1]
画像、勝手に使わせて頂きました。
ごめんなさい(><;)



ど~~~しても
リンクしなかったのです。
(イメージが降りてきた直後はね^^;)



けれど その後 何度か 立て続けに
勝新さんのイメージが 波動で降りて来て


ようやく、大神様が
<自分のイメージに一番 近いのは勝新太郎だ>
・・・と 告げて来られている事を 理解したのです。



この記事を読んで下さっている方々の中にも
驚かれている方が きっと いらっしゃるのでは
ないでしょうか。



そのくらい 大神のイメージは
わたくしにとって 衝撃的でした。



(なるほど・・・!
 勝新なら それは 恐いわけよね~~)


。(´д`lll)


(いよいよとなったら 行政に鍬もって 突撃する、
 なんて発想は、なるほど・・・!
 勝新的大神さま ならではの発想ですw)



こんなお方から


<俺に逆らおうってのかっ?!!>・・・とか、

<いい氣になるなよっ!!>


・・・などと 波動で凄まれたら それは もう

震え上がりますよね?w


(ええ・・・最初の頃の崇尾は そんな感じでしたw)


今でこそ ようやく 慣れましたがw


意思の疎通がスムースに
計れるようになった、と言う事でしょうか(^人^)



さては ともかく
一日も早い 精神世界の幕開けを
心より祈念して・・・




☆今日も善き日、善き時を☆







*********************
◎神絵のお迎えに関して
*********************

********************
◎神代文字のお迎え、お申し込み方法
********************

*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************








Posted on 2018/05/13 Sun. 11:47 [edit]

category: 神様のお話し

TB: --    CM: 0

13

大神様のお話&タカオさん家の自然生活 

大神様のお話 & 
タカオさん家の自然生活






1_20161029000323e27.jpg
↑ ≪最強軍団≫







時々 こんな事を聞かれます。

「神様に好かれる為には
 どうあったらいいのでしょうか?」


・・・と。


先の笠間展でもお話しましたが
その内容に もう一つ 付け加えると

<食べ物を大切にする人>

・・が 神様方は 大好きですよ♡
(特に大神さまは そう言うお方ですw)


・・・と お伝えしておきますね。(*^人^*)



それを 如実に現わしている こんなエピソードが御座います。



画像では、自給自足生活のご紹介をしています^^
IMG_9124.jpg
@パクチーは他植物の生育を助けてくれるのだそうです^^



以前の事です。

食べきれなかったご飯が 冷たくなって残っていました。
もちろん 勿体ないから 一生懸命に頂きましたが、

一通りは頂きましたが、それでも ご飯粒が お茶碗に
幾つか こびり付いたままで 
シンクの桶の中に入れて置いたのです。

しばらくしてから 洗おうと お茶碗を見たら
そのお米の粒が 水で膨らんで
増えて居るように見えたんですね。


その瞬間  自然と口から

≪勿体ない!!≫

・・・と言う言葉が飛び出して来たのです。

その時、
(あっ! 今 仰ったの 大神様だ!)・・・と 瞬間的に思いました。


(あちゃ~~~っ!)
・・・って感じでしたね・・・(><; ← 面目ない



IMG_9125.jpg
@梅の効能は多大ですね♪
 今年こそは 何としても沢山収穫しようと
 昨年より 肥料を何度か撒いて 大切に育てて参りました。





昔から それなりに 食べ物を
大切にする習慣は身に付いてはいましたが、

それ以来 更に 更に 
食べ物を大切にしようと言う心が強くなりました。



例え 一粒のお米でも
絶対に粗末にしない!!


そう心に誓いました。



IMG_9128.jpg
@三つ葉は日陰でも育つ植物ですので
 塀の裏側で 昨秋から 栽培しています。
 越冬してくれたので 暖かくなってから
 時々 葉を摘んで 有り難く頂いています♡





 

その他にも こんな事もありました。


家の周囲の耕作地を増やしていた時の事です。

土を肥沃化させる為には イネ科か豆科の
植物を植えるといい、との事で
ライ麦の種を蒔いてみました。


 

IMG_9129.jpg
@カモミールもコンパニオンプランツの一種です。
 多くの野菜の生育を助けてくれるのです。
 なので あちこち 自生するがままに 放置しています^^






ところが!!・・です。


植えたはいいですが、
脱穀が出来ません(><;

(トウシロウには 小さな種を
 取り出す技術が御座いません


どうしても、どうしても、
ライ麦を脱穀する事が出来ず
泣く泣く 廃棄する事に致しました。


・・・と その時です。


<本当に いいのか?!>


自然と口から出て来た言の葉ではありますが
明らかに 自分の言葉では無い


そう! 大神様の叱咤の籠もったお言葉です。
(その瞬間は イマイチ 氣付け無かったのですが・泣)



IMG_9130.jpg




ただ 堆肥桶に 麦粒を入れる瞬間
口から飛び出した・・・


<本当に それで いいのか?!>


・・・と言う言の葉 に

その時は 反射的に

「いいです!
 (だって 脱穀出来ないんだもん
  しょうが無いですよ・・・)



・・・と 応えてはいましたが、


後から 振り返ると
あれは まさしく 大神の叱咤のお言葉でした。



IMG_9131.jpg



そして、後から つくづく思ったんです。



例え その時には脱穀出来なかったとしても
それなりに 苦労して 種を蒔いたり
世話したりして 数ヶ月 育てて来たものを
あんな風に 簡単に 手放しては いけなかったんだなぁ・・・


・・・と。



IMG_9133.jpg




そんなやりとりが 何度かあって
その度に 深く 深く 考えさせられて


(大神様に あんな事 言われてるようじゃ
 ダメなんだなぁ・・・・)


そして 自分なりに 反省したり
お詫びしたり




そんな風に 大神様から
とても 多くのものを学ばせて頂きました。

学びは今も  ずっと続いています。(^v^)


IMG_9134.jpg




最初の頃の大神様は すごく恐いお方でしたがw

(今でこそ 笑い話ですがw)

ちょっとでも 逆らおうものなら


<この俺に逆らおうってのか?


・・・みたいな 波動が ドドン!・・と
降って来るわけですよ


ほんと、マジで恐いですから


良い子にしていれば
本当に お優しい方です。
大神さまは、(^人^) 

良い子にしていないと
裏で神々が身動きが取れなくなるのだそうです。

だから いつも とっても
良い子♪・・にしていますよw



IMG_9136.jpg




何せ 何でもあり!
・・・のお方ですから

もう シチュエーションも 自由自在に設定為さいますし・・・


そんな大神は、

<人に付けられた 名は 無い>


・・・と仰いますので、
わたくし達は ただ 大神様とお呼びしております。


その大神様の印象は 神絵の中の
凜とした強さの中にも
もっと ずっと ワイルドな感じが致します。





☆感謝☆




【宇宙根元神Ⅰ】(大神様)
宇宙根元神①

Posted on 2018/04/15 Sun. 17:40 [edit]

category: 神様のお話し

TB: --    CM: 0

15