07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

「自信を持て、俺たちに似ている」???!!! 

「自信を持て、俺たちに似ている」
???!!!


(一見 良さげに見えて、実は 超 上から目線)



IMG_1400_201706161603427bd.jpg





せっかくですから
日頃 心に浮かぶ それこれを
書き綴ってみようと思います。



それは と或る イギリス紳士

仕事で渡英した彼を見つけて
日本人だと分かると

たいそう フレンドリーに話しかけて来たそうな。


「お前たちは アジアの他の国とは違う。
 もっと自信を持て
 俺・た・ち・に・似・て・い・る・んだから。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・??



・・・・・・・・・・・・・・はアぁぁぁ~????



「俺たちに 似ている」・・・・って?!!!




いえ、全然 似ていませんよ。



あなた方 アングロサクソンと
日本人は、まったく その発生から
異なる人種です。


性質や 気質も まったく 異なっています。


日本人には あなた方のような
差別思想は根本的に 存在しませんし、

あなた方が インド人や有色人種にやったような
残虐な迫害はしませんでした。


ただ それを あなた方 連合国側が
自分達の罪を 皆 日本人に擦り付けただけです。



そんな あなた方が 日本人に対して

「自信を持て」・・・ですって?!!!



日本人の自信を 根底から踏みつぶし
徹底的な自虐史観を植え付けて来たあなた方が

何を 今更 いけしゃーしゃーと 
どの口が そんな ご立派な事を言えるのか、と
心底 呆れ果てています。



一見 さも 親切氣に見えてはいますが

じつは その 根底には 深い 偏見と

上から目線以外の何でもない思考が
垣間見えるのが いかにも
アングロサクソン的思想かと思われるのです。




☆感謝☆


IMG_1406_20170618200803594.jpg



スポンサーサイト

Posted on 2017/06/18 Sun. 20:12 [edit]

category: それぞれの価値観

TB: --    CM: 0

18

○日本食こそが 一番のダイエット○ 

○日本食こそが 一番のダイエット○


(動物食を止めて、
 日本食オンリーにすればいいんじゃないの?)







極端なビフォー・アフター

「わたし こんなに痩せました♪」



ど派手な宣伝をやっているので
それとなく 調べてみたら

何と!

35万円も、するのだそうなw


ユーザーの声に・・・

「食事指導が厳しくて 米飯が禁止なんです。」


(へぇ~~・・・) と思いつつ 更に 調べてみると


「リバウンドするケースが 結構あって
 リバウンドした人達への また 
 別指導があるようです。」

(別指導 もちろん 別に指導料が掛かりますw)



ま、人 それぞれですから、何とも言えませんがw

そのダイエットメーカーの発祥の地は
世界でも 名だたる肥満国家です(爆)


それが 世界でも その健康的で有名な
日本食文化を持つ国に乗り込んで来て
大々的に 痩身指導をする、って言うんですからw


しかも 米食禁止って(笑)


よその国に遠征してダイエット指導する暇あったら
自分ち国の肥満こそ 何とかせーよ!


などと 内心 密かに思うわけですよw



☆感謝☆

Posted on 2017/06/18 Sun. 19:15 [edit]

category: それぞれの価値観

TB: --    CM: 0

18

○心・この永遠の世界○ 

○心・この永遠の世界○







39_20161110192447d64.jpg






皆様、いつも誠にありがとう御座います。

(*^人^*)

お陰様で 今日も元氣に 快適な時を過ごさせて頂いております♡

まじめに生きていれば 神様は いつもお優しく
黙って 必要な時には 完全なるご加護でガードしてくださいます。


今日を精一杯 積善と感謝と共に生きる事こそが
一番 神の御心に叶う生き方で御座います。


(* ´ 人 ` *)



さて そんなある日の事です。

いつもの様に お食事を頂きながら
動画サイトを閲覧していた時の事、



それは 昔 たいそう マスコミでもてはやされていた女性の
転落人生と不審死・・・に関してでした。

そこに至る切っ掛けは、と或る人の連帯責任者にさせられた所から、
だったそうですが、

それは まるで 坂道を転げ落ちるように・・・・。


こういうケース、時折 耳にしますね・・・。


マスコミは、その人物の将来の事なんて 
何も考えません。

ただ 今が良くて 今 最高に輝いている一瞬だけを
切り取って 華々しく 人に魅せるのです。


成功のまっただ中に居る人間の
光の部分だけに スポットを当てて
多くの一般聴衆を 成功と言うトリックで 洗脳するのです。


人生の絶頂期には、部屋中 足の踏み場も無いほどに
幾つものブランド品が 転がっていた様子など、


まだ 人として 悟りを 幾らかでも得ていないモノが
急に成功して 大金を掴むと

一様に はまりこむ これは、罠とも言えるでしょう。


品物や金銭に 執着し
それに 魅入られてしまった人々の
悲しい末路を いくつも見せられて参りました。



その程度の差こそあれ、
闇のアイテムである<金融>と言うものの持つ
これは 非常に恐ろしい負の側面です。

 

これは 芸人さんでも よく聞きますね。

人生の最盛期に 後輩を引き連れて
海外旅行へ全額肩代わりして 連れて行ったとか・・・。



そうして 何年か後



あ・の・頃・は・良かった~・・・
 当・時・の・月・収は、○○○○万円でした~♪」




などと おそらく もう二度と 訪れないかも知れない
人生の絶頂期を また マスコミネタとして提供するのです。

・・・・・( ´_`)




それも まぁ、人それぞれです。



魔的成功の陰には、常に
魔的滅亡が セットで付随します。



そう言う人生で 自分は満足出来るのか、否か、
と言うところでしょうか。





2016_0508_090530-IMG_9120@





人の価値観は 千差万別です。

一概に 何が どうとも言い切れませんが・・・

ただ、神が示して来られる 人の生き方の
最善と言えるものは、
 

<その人生の最期に 
  満足して世を去れるか否か・・・>



・・・だと、仰います。





ほんの数ヶ月や 数年・・・
よくても わずか 数十年と言う 
人生の ほんの一瞬の快楽や自己満足の為に

永遠の魂の学びの旅を捨てるのでは無く、

心の中にこそ 在る
永遠の幸福を掴む為の旅を
是非 選択してほしく願います。






鬼の作った世界は、
この豊かな地球から
消費と言う形で貪り尽くすばかりの
疲弊社会、

それは
満たされる事の無い
飢餓社会です。


心が満たされないから 人は物で 
心の空白を埋めようとするのです。


ですが、それこそが
終わることの無い
負のスパイラルの中に
自ら 身を投じているに過ぎない、のだと言う事・・・。



形あるもの、
すべて 壊れる・・・。


物質社会に存在する すべてのものは 皆
いつかは 手放さねばならぬ
壊れる宿命を持つ 限りある物ばかりなのです。



永遠を願うのであれば
心の中に・・・。


永遠とは 常に 
心(精神)の中にこそあるのです。





☆感謝☆

Posted on 2017/06/09 Fri. 14:24 [edit]

category: それぞれの価値観

TB: --    CM: 0

09

☆金融奴隷からの解放☆ 

☆金融奴隷からの解放☆




*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************





幸福とは、金銭で計れるものではありません。

こんな事、分かり切った事ですが、
こんな当たり前の事が なおざりにされている昨今です。


この世を 紙切れや数字と言う洗脳で支配している鬼達が
世界の富のほとんどを手中に収めて
嬉々としている、と言う動画を 時々目にします(苦笑)


だから?


紙幣は 所詮 紙切れでしかありません。


自らは 何一つ 生み出す事の出来ない鬼達が
人間を奴隷にして 食い物にする事でしか
生きながらえる事の出来ない鬼達が

実態は ただの紙切れや単なる数字の羅列をひけらかして
一部の見抜けない人々を欺き続けているのです。

バカバカしいにも ほどがあると思いませんか?



【大国主命】
42.jpg




今の経済社会は、鬼たちが作ったかりそめの世界です。



これを まっさらにするために

一旦 経済が破綻し
政治も滅亡し
すべて 鬼達が作り上げてきた かりそめの世界が
終焉する、と言う経緯を辿ってでなければ

真の光の世界は来ない、と言う事は
ご理解頂けるでしょうか?



9_20160106070503e1d.jpg



さて、だいぶ以前から わたくしは 
今の教育が 実は 奴隷養成所となりはてている事、
お伝えしてある通りです。


ですから この教育の現場では 
徹底的な個性の否定が行われるのです。



そして、鬼達に都合のよい
事実を隠蔽し 改ざんされた教育が施される、
・・・と言う寸法です。


すべてが そうだとは言いませんが、
死なせる程に いやがる子供達を
無理に通わせる程 
価値のある教育機関ではありません。



【咲耶】【大山祇神】
7_201601060704568c1.jpg




さて お話は変わりますが、
先日、お嬢さんを 看護師学校へ進学させた、と言う親御さんと
お話する機会が御座いました。


親御さんは 仰います。


「失敗した・・・!
 こんなに学費がかかるとは 思わなかった!!

 総額600万だと思っていたら
 実習ごとに 10万円の支払い、

 そして、時に25万円を支払わなければならない事もあり、

 それだけでなく、その学校専門の白衣を
 8万円で購入しなければならないのです!

 でも、こんなに学費をかけたって
 国家試験に受からなかったら 
 元の木阿弥なんですよね・・・!」

・・・と。


返す言葉もありませんでしたが・・・


(白衣1着で8万円って?!!
 もう 詐欺としかいいようがありませんが・・)


これほどまでに 学費と言う名目で
金銭を搾り取られても

それでも 大方の人々は
我が子への愛、と言う 
<愛を逆手にとった 奴隷制度>
には、氣付けません。

我が子の為に・・・と、
自ら 進んで金融奴隷に墜ちて行くのです。


これを 墜ちる、と言う言葉で表現したら
きっと お叱りを受けるでしょうが・・・


両親 揃って すでに ぼろぼろです。

その学費の支払いの為に
髪を振り乱して 必死で働き続けるのです。



そんなにまでして やっと 看護師になれた、としても
その先に 本当にバラ色の人生が待っているのでしょうか?


本当に?



【猿田彦神】
16_201601130927107fd.jpg


今や、2人に1人が 癌・・・と言う名目をでっち上げられて
医者や医療機関に殺されている時代なんです。


その国家公認の合法殺人の現場に
毎日 我が子が 立ち続けなければならない事

いったい どれだけのご父兄が
理解しているのでしょうか?



【経津主神】
41.jpg



愛しい我が娘が 息子が
癌患者だとされた 普通の人々に
猛毒の抗がん剤を投与し続けるのです。


悶絶して苦しみ
その果てに 命を落として行く 癌患者を毎日 
目撃し続けながら・・・

例え それによって 多くの給与を頂けたとしても
それが 本当の人の幸福だと言えるのでしょうか?


ナースは 生命の灯火を灯す尊いお役目だとして
その旅立ちには 各々 ろうそくの炎を手に掲げて
卒業式を迎えるのだ、と見聞きしました。


それが 今や 人々の生命の炎を
費やす為に 自分の仕事がある、のだと言う
猛烈な矛盾に 氣付いてしまった時


いったい 人は どうあるべきなのでしょうか・・・。



【国常立尊】
45.jpg



幸福とは 金銭で計れるようなものでは
決してありません。



使い切れない程の大金に囲まれながら
決して 満たされることも 
満足する事も無く

尽きる事のない 永遠の渇望の中に生きる
鬼たちもいるのです。


そういうモノ達は
端から いくら満たされているように見えていても
本人は、決して 満足する事が出来ないのです。


そんな人生が 
人の幸せだと言えるのでしょうか?




【大宜都比売】
29_201601160922040fd.jpg



さて、教育は大切ですが、
万人に高等教育が必要だとは
わたくしは 思いません。


まして それが 自らや 自らの家族に
多大な金銭的な負担を強いるものであり

それによって 人本来のあるべき生活すら
満足に送れないような状況にあるのなら
無理して 受けるようなものではありません。


そして、こんなにまで 必死になって
働き続けて せっせと収めた税金が
鬼の本拠地であるアメ○カに
ありとあらゆる裏工作を経て
湯水のように送金され

その日本人の血税によって
異民族への殺戮に使われているのだと言う事が
もっと 多くの日本人に周知されれば

自分たちが 知らぬ間に
どれほど 残虐な行為に金銭的に荷担させられていたかが
はっきりと分かるでしょう。


それを はっきりと認識した時
わたくしは 必要最低限以外の金銭を
持つ事を止めたのです。


自給自足生活を 本氣で始めたのも
それが 大きかったのです。


それ故に 我が家には 
まとまった金銭は いつも 御座いません。
(^-^)


けれど その代わり
≪幸せ≫なら 
たくさん御座います♡




2015_0822_091635-IMG_3930のコピー






先日 何氣なく 一人、こう つぶやきました。


(わたし・・・幸せです・・・♡)


そうしましたら 珍しく 大神が


≪そうか・・ならば 良い・・・≫


そう 静かな波動で 返して来られました。


これには 驚きましたが、


(大概 いつも ほったらかしにされているので
 このときには 返して来て下さった事に 驚いたのです。)



1_20160103220806f2b.jpg



今日も一日 たいそう幸せでした♡

娘やお孫ちゃん達に会って
一緒に 久しぶりのお食事をして来たのです♡

ありがとう・・・♡ 

+゚。*(*´∀`*)*。゚+

とても 楽しかった・・・♡




☆感謝を込めて☆





















Posted on 2017/03/01 Wed. 23:56 [edit]

category: それぞれの価値観

TB: --    CM: 0

01

波動が高いとか低いとか・・・って。 

波動が高いとか低いとか・・・って。

1_20150207131404f88.jpg




波動が高いとか低いとか

よく聞きます。

または、覚醒が進んでいる、とか いない、なども

よく聞く言葉です。


それは、

相手を思いやれるか否か、

・・・と言う事ではないだろうか・・・と思うのですが、



分かりやすい例えで言えば、



子供を虐待する親は、それを《躾》だと言って虐待します。

他国を攻撃する国は、それが《正義》だと主張して 攻撃します。

、とか、正義とか、と言う美名の下に

残虐な暴力行為が行われるのですが、


彼らの主張は 一様に

《自分こそが正義》だと信じて疑わない事です。


何故 そうなるのか・・・と言えば、

相手の苦しみを思いやる心のゆとりが無いからです。

自分しか見えていないから、です。

見えているようで 見えていない時、と言うのは

まさに 心の眼が閉じた状態・・・。


覚醒が 浅い状態、波動が低い状態ですね。


そう言う方々は、

同じ行為を 自分が されたら 烈火の如く 逆上しますが

それを 相手に自らが行う時には、

誠に面白い事に、それが 《善》であったり《正義》にすり替わるのです。



皆、心の眼が閉じた状態で起こる悲劇です。



反対に 人としての この世の学びが進んで来ると

何かをする時に まず これを行ったら どう言う結果をもたらすだろう・・・。

された 相手は どう 思うだろう・・・。


そう言う 想像力が 自然と働いて

無暗に衝突する事を 自然と回避するようになって来るのです。

 

1_201502111457474df.jpg



こんな方がいらっしゃいました。

その方のお母さまが お料理の得意な方で、

お嬢さんは、こんな話をしていました。

『結婚したら お母さんにお料理を作って送ってもらうの』


それを聞いた その方のお母さんは、すかさず答えたそうです。

『じゃぁ、あなたの旦那様のお義母さんが

 毎回 あなた達の家に お惣菜を送り届けて来たら

 あなた、どう思う?』
・・・と。


そう言われて初めて気付いたそうですが、

自分にとっては 誠に快適な事でも

相手にとっては 甚だ耐えがたいと言う事もあるのです。


すべては 想像力です。

魂の氣付きなのです。


この世の悲劇は、想像力の欠如から生まれるのです。



魂の学びが浅すぎて 自分こそが正義

正しいのは自分だけ

自分が快適である事こそが 《善》

・・・だと信じて疑わない所から 

この世の悲劇が生まれるのです。




覚醒を深める・・・と言う事は

相手の心を汲みとる 

柔軟な想像力を育てる事でもあります。


波動を上げる・・・と言う事は

自己中心的なモノの考え方から 

一歩も二歩も 歩を進めて

相手の心の痛みを包みこめるだけの 

穏やかな魂を 育む事でもあります。



そうなって来ると

無暗に 傲慢な口など とても利けなくなって参りますし

いつも 氣持ちは、自分が一番下なのだ・・と言うような心つもりで

何事も行う事が出来るようになって参ります。


そうして 妙な肩の力が抜けて参りますと

どのような方の前に立っても 

構える事が無くなって来るのです。


本当の優しさとは、真の強さを持った者だけが

会得する境地なのです。



真の強さとは、深い悲しみを乗り越えた先に

初めて 会得出来る力でもあるのです。



けれど 真の強さを持った者は、

それを 表にひけらかすような事は致しません。




☆感謝☆



1_201502131500293be.jpg

Posted on 2015/02/19 Thu. 19:59 [edit]

category: それぞれの価値観

TB: --    CM: 0

19