06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

◇光の精神世界へ◇ 

◇光の精神世界へ◇



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ





次なる<光の精神世界>には
政治も政治屋も必要ありません。



搾取の世を終わらせねば
次の世界は訪れません。


けれど 今だに 大多数の方々の意識は
物質世界の、搾取の世のルールから
解放されておりません。


皆さんは 仰います。


「次の選挙では 自民を落とす!!」

・・・と。


けれど その発想こそが
物質世界の影響を色濃く繁栄したものであると
断言せねばなりません。



自民を落としただけでは
何も変わりません。



政府を終焉させ 政治屋をすべて廃業させ
中央集権国家の国家体制を崩壊させ
鬼の支配を根絶させねば いつまで経っても
この世界から悲劇は無くなりません。



ただ 次なる鬼の傀儡(野党=野盗)が
日本を乗っ取って 好き勝手に
この国を蹂躙し尽くすだけです。


阪神淡路大震災も時も
東北大震災の時も 
そうでした。


何も変わりません。



今の鬼の世が 続く限り
悲劇が何度でも
繰り返されるだけです。




今の政治屋達は 皆
裏面で鬼と繋がっており

日本を破壊・壊滅させる為に存在しているだけの
金銭に黒い乞食集団に過ぎません。


今のシステムは 鬼達が
長州の朝鮮人達をそそのかして
日本を乗っ取るために、

そして、世界を牛耳る為に造ったシステムです。


鬼のルールで世を動かしているから
この世は 血なまぐさい戦争ばかりが
世界中で耐えません。


そして、人々は 日々 ありとあらゆる食品に
巧妙に≪毒≫を混入させられ

月日を重ねる毎に
狂って来ております。


我が子の内蔵が 1/5まで 縮んでしまうほどに
壮絶な虐待が出来る神経は
もはや 人のそれではありません。


こんな鬼の世を
根本的に壊滅させる為には
金銭の流れを遮断するしかありません。


それには 当然 大いなる痛みも伴います。


その痛みを 耐える事の出来ないものは
ただ 大人しく 鬼の奴隷となって
日々 毒を盛られ 狂わされて行く人生を
歩むしかありません。



そんな鬼が造ったシステムの中で
いくら 世の変革を訴えたとしても
根本的な改善など

何も出来ない、と言う事に
氣付かねばなりません。


ですが、今だに 氣付け無い方が
殆どです。




そう言った方々は

「自分こそは
大いなる変革を求めているのだ!」


・・・と思い込んで
精一杯 発信をしているのでしょうが、


それは ただ 鬼の手のひらの上で
転がされているだけなのだ、と
氣付けねば 次の世界へなど
到底 歩を進める事は出来ません。


けれど その事に
どうしても 氣付け無い方は


もう一度・・・
いえ・・何度でも 疑似3.11を繰り返して

何度でも 政治屋達に欺されて・・・

その度に煮え湯を飲まされて・・・


何もかも 失って ようやく
政治も政治屋も

結局 自分達を助けてくれるようなモノ達では無く

ただ 自分達を奴隷が如く使役し

搾取し放題 搾取して

挙げ句の果てには まるで 壊れたおもちゃのように

投げ捨てられるだけなのだ、と、

氣付く事が出来ればいいのですが、


それでも 氣付けないまま

タイムリミットを迎えて

次の世界への通行手形を貰いそこなって

結局 似たような 搾取の3次元惑星に転生させられて

何度でも 学びの人生を 繰り返させられるのでしょうか・・・。



さて お話を戻しましょう。




次の光の精神世界では 搾取が無くなります。


今のように 役割分担が はっきり分かれている訳では無く

基本的に 自らの食料は 自ら生産する、と言う事が
大前提にあって

その上で 各々の特技や技能を
世の為 人の為に 与え合う、と言う世界に
移行して参ります。


ですから 今のように

朝から 晩まで 
働く人は ただ 働くだけとか、


「自分 医者ですから 一日中 
 ただ 患者さんを診察するだけです。」



・・・ってのは 無くなります。


それに そんなに病人も居なくなりますので

医師専門、と言う職業は 必要無くなるのです。


自ら 食を生産するので
食べる為に 必死で働く、と言う
追い詰められた状況が無くなります。


歩道や町並み、山にも 土地がある至る所に
実の成る木が たくさん 植えられ
人々は だれでも それを 
自由に採って食べる事が出来るのです。


そこに 飢えはありません。


飢えた子供も もちろん 一人も居なくなります。


飢えから解放された人々は

心の底からの自由を謳歌し始めます。


そして、心にゆとりが出来るので

人々は 穏やかに 平和に暮らし

お互いを支え合い、助け合って 生きるように

自然となって行くのです。



それには まず 自ら<食>を
生産している、と言う土台が必要なのです。


誰かの作ったものを
お金を出して 手に入れる、と言う発想を
今だに 捨てきれない方もまた


意識が ちょっと 追いついていないかな・・・と
言ったところなのです。



☆感謝





光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



スポンサーサイト

Posted on 2018/07/09 Mon. 21:11 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

09

◇精神世界へ移行する為の第一段階として◇ 


◇精神世界へ移行する為の
  第一段階として◇






(スサノオ命・宇宙根元神・日本武尊)
1_20160103220806f2b.jpg





まずは それぞれの 地域の代表者となれる
御霊の磨けた指導者を
民の推挙によって 決める所から始まる。





さて、それでは 国民自ら この国を治める
民による自治に関してです。



わたくしは そのイメージのみ降ろしますから
後は その資質を持たれた方々で
各々のやり方を模索して下さい。



まず 心有る方々、有志によって
それぞれの地域、地域の代表を推挙します。



このイメージは だいぶ前にも
お伝えしてありますが、

再度、現時点でのイメージを
お伝えしておきます。



すでに 国政が機能していないので
政治屋を必要としない国を

日本国民 自らの手で
立ち上げねばなりません。



最小単位として
集落単位から 中規模単位、
そして それを 更に大きくさせた
大規模な範囲と


それぞれを 指導する人徳ある
民からの信任の厚い方が

それぞれの地域 地域を治めて参ります。


縄文時代の集落のイメージです。



そして この姿に移行して行きながら
人々は それぞれ どちらの世界へ
歩を進めるのか、自ら選択して行くのです。



これが 物質世界、と精神世界への
分かれ道となります。



阿倍ら 欲によって
集まった魑魅魍魎たちと


自然と共存共栄する
次なる世界を視野に入れた集まりと


段々と分かれて行く事になるでしょう。



まずは それぞれの地域の代表者となる方々を
あなた方 自らで 選んで下さい。


その方(代表者)が また 他地域の代表者の方々と
連絡を取り合います。


そうして それぞれ 地域ごとに 
自治は行われますが


そこには 搾取も租税もありません。



まずは そこから。


簡単ではありますが、
これが 第一段階として
降りて来ているイメージです。



つまり もはや 外道政治屋を
必要としない 新しい世界の構築です。



最終的に 神が必要な啓示を
示して来られます。



それに それぞれの集団の指導者となれるような方は
御霊が磨けているので

神と1対1で 交信を取り合う事が出来るでしょう。


次なる精神世界は そう言う世界です。



まずは 日本から その変動の波が起こり
やがて 世界に伝播して行くでしょう。



大波乱は起こりますが
自らの内なる光を信じて

しかと この闇世を
乗り越えて参りましょう。



☆感謝☆




宇宙の根元神・陰陽①

Posted on 2018/06/28 Thu. 22:19 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

28

◇人、本来の生き方◇(ママ名刺?) 

◇人本来の生き方◇

     (ママ名刺?)




IMG_9899_20170601225902ae5.jpg






先日 と或る投稿から
<ママ名刺>なるものが存在している事を
初めて知りました。


へえ~~っ・・・


・・と思いながら 読み進めておりますと


何でも その家の家族構成やら
職業やら 子供の進学先だのと

何やら 肩書きが どうの、
収入がありそうな家だとか 何だとかw

およそ くだらない(失礼w)事で
他者と優劣を付けようとする
姑息(これもまた失礼w^0^;)な名刺だと判明w


まぁ、決めつけてはいけないのかも知れませんがw


よくも まぁ、こんなくだらないものを
次から 次へと 考え出すよねwww


・・・と。


世の中 暇人が多いのか?w



自分だったら まず こんなくだらないものには
関わらずに過ごす事だろうw


嫌な思いしてまで
そう言った氣に染まない集まりに
関わる事 無いんじゃないですか?


何も つるむ事だけが
人付き合いじゃありませんよ。


次元は どんどんと上昇しているのですから、
意識が上がって行く世界に
馴染めない人は 自然 淘汰されて行くのです。


人を愛し、自然を崇拝し
小さな生き物に 愛情を注ぐ・・・


それは 何も 常に多くの人々とつるんでいなければ
出来ないような事ではありません。



(波動の合わない人と
 無理につるむ必要は無い、と思いますよ^^)



会社組織や学校組織
そう言った 囲いの中で
窮屈に 自我を押し殺して生きる事が

どうしても 馴染めない人だって
結構 たくさん 居るのです。


組織に馴染めない事は
決して 落ちこぼれなんかじゃありません。


ただ いつの間にか 実に巧妙に仕組まれた
鬼の奴隷養成機関が
魂レベルで 受け入れがたいだけ

・・・と言う事だって 有るんです。



奴隷になどなりたく無い、と
強く願うのであれば

それらから 離脱する生き方だって
有るのだと言う事。


そして、それこそが 人本来の
心豊かな生き方であったりするのです。





☆感謝☆

Posted on 2018/06/09 Sat. 17:43 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

09

◇地上天国◇ 

◇地上天国◇





5_2016010607045234a.jpg






こんにちは(^-^)
皆様、いつも誠にありがとう御座います。

本日は、昨日とはうって変わって
暖かで穏やかな一日のスタートです。

毎回 お伝えしていますがw
我が家には テレビなどと言う<洗脳装置>
御座いませんので、

それは もう、過激、刺激、悲惨、不快
・・・と思われる映像や情報を 直接 目にする機会が無い分
とても 穏やかな日々を過ごせております。
(お陰様です^^)


後は、あの<腐れ行政>と 一切 関わらずに生活する為に
自分で出来る一切の事は 自分で行い、

病氣をしないので、病院通いをする事がありませんが、
それでも 万が一 通院せねばならなくなった時には
<自費>で診療を受けようと思っています。

とは言え、常日頃から 
<現金や財産と言えるようなものは
必要最低限しか持たない>
・・・と言う生活を貫いておりますので

(まぁ、興味が無い、と言うのもあります。)

余録が出た時には、御縁のお社へ
御奉納する、と言う毎日が続いております。


もはや 今までのような 個人的な願望では無く
全国規模、、世界規模になって来ている

<世の大転換>・・・


精神世界へのスムースな移行を願っての
心願成就に遷り変わっております。


わたくしの命は すでに 神に委ねて御座いますので・・・

金銭では無く ただ 神のご加護の上に
身をお任せする、事にしたのです。



さて、日本から始まる経済の崩壊によって
(すでに始まっています)

それでも 尚、金銭にしがみつこうとするモノ、
(安易に目先に金銭にしがみつこうとするモノ)


また 潔く 金銭を捨てて
金銭を 出来るだけ 必要としない生活へ
シフトさせようと 思考を転換させる者、


それも また 二極化です。



わたくしは もちろん、後者の
<金銭をより必要としない生活へのシフト>
を提唱して 人々にお伝えし続けております。


まだまだ 少数派ではありますが、
けれど それは 確実に増えて来ております。

ただ 鬼の世が 人々の意識の変化を
受け入れようとしないだけです。


鬼の世に 都合の悪い情報は
皆、隠蔽するか 握り潰しているのだそうです。
人民からの声にしても 同様です。



そして、鬼の出先機関と化した<行政>からの
納得出来ない高額な<税>と言う搾取を
徹底的に拒絶しつつ 尚且つ <腐れ切った行政>に依存もせずに
生き抜く為に どう有るべきか、と言うテーマに添って
日々 生活を営ませて頂いております。


そんな 腐れ切った行政と 地元自治会の癒着

それに 口裏を合わせようとする
地元のまとめ役・・・

皆、ウンザリな人々でした。


(こんな人達と関わり続ける事に
 何の意味があると言うのだろう・・・?)



それは 深い、ふかい、疑問でした。


信頼関係を結べないような人々と、
波動が明らかに異なる人々と、
繋がり続ける事は 不快以外の何ものでもありませんでした。


そう言った もろもろから 一切 距離を置いて
関わらずに生きる生活、と言うのは
たいそう快適な生活です。


ただ それを 成し遂げられるだけの意志の強さと
行動力が必要となりますが。


誰にも出来るものでは無いかも知れませんが
その覚悟さえあれば もちろん 誰にでも出来る事です。

(ただ、出来ない、と 自分自身に封印を掛けているだけなのです。)


そんな生き方は 今現在の一般的な感覚からは
まだまだ 大きく乖離している様に見えるでしょうが、

それが わたくしが 次へ歩を進める為の 
<人間関係の整理>でした。


そうして 多くの・・・


自分にとって 必要で無い、

むしろ 負にしかならないような
歪な人間関係の一切を精算し 今を生きています。


借金は致しません。

無料(ただ)と言うものにも 飛びつきません。

もちろん 無料飯にありつこうなどと言った
浅ましい考えも 一切 持ち合わせておりません。




必要があって 外食を他者と共にする時には
例え 1000円、2000円でも 自分で支払います。

神は、金銭に締まりの無い人物には
絶対に 御用はさせません。



そうして 自分の生活から 不要と思えるものを
ドンドンと 切り離して行きました。


そう言った生活を営み続ける為には
もちろん 徹底した自己管理が出来ていなければなりません。


そこで 病氣に罹らない為の生活
歯の健康を維持し続ける為の食生活


それが 日々のテーマとなって行きます。


より 自然に・・・
より 健康的に・・・



医とか 薬と言う ものから
切り離された生活・・・



日常の生活のすべてが
自らを自己管理して行く事に
意識が集中して参ります。


別に それを 負担だとは思いません。


ただ 主張を貫く為には
それを 実現し続けられるだけの
意志の力が必要なのだ、と言う事です。


毅然と生きていれば
誰も 何も文句は言えませんし
迂闊に 手出しは出来なくなります。


そうして 生活して居ると
自分が生きている<ここ>が
地上天国へと 変容して行くのです。


地上の天国とは
自らが 創り出すもの・・・。


自らの意志と想念と
そして 努力によって
地上に天国が創造されて行くのです。






☆感謝☆



【最強軍団・三神様】(スサノオ様・根元神様・日本武尊様)
1_20160103220806f2b.jpg

Posted on 2018/05/14 Mon. 08:33 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

14

◇自ら開ける精神世界への扉◇ 

◇自ら開ける精神世界への扉◇





*********************
◎神絵のお迎えに関して
*********************

********************
◎神代文字のお迎え、お申し込み方法
********************

*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************










さて すでに お氣付きの方もいらっしゃるかも知れませんが、

わたくしが 今現在 行っている
<行政からの離脱>と言う試みが

実は、次なる世界への扉・・・

「鬼の搾取のサイクル」の中から 
自らの意志で離脱し
次なる精神世界への扉を開く為の
<試金石になっている>・・・と言う事に
どれほどの方が氣付かれたでしょうか。



以前、もう 数ヶ月ほど前になりますが、
わたくしは 当ブログの中で

「これからは 借金をしてはなりません。」
「返せなくなります。」
「借金の為に戦場に駆り立てられるような事が
    起こるかも知れません。」

・・・と言う様なお話をさせて頂いておりますが、


鬼も悪のお役目の一つであり
世の崩壊の一役を担います。


そして、人民を締め付けながら
自らも 潰えて行く定めをもつもの・・・。


今後 税金の搾取が 収入の6割を上回るようになる
・・と言うような記事を どなたかが書いていた事を
覚えて居ます。


実際 税と言う名の搾取は
呆れる程に 多額です。


まともに払っていたら
自分が生活出来なくなります。


年収 数百万とか 数千万円も貰っているような
搾取する側の立場の人間達が
100万や200万円で つましやかに生活している
一般の老人や人民から
平氣で 最期の生活の糧を 奪い取って行くのです。


それでも 大方の皆さんは まだまだ 動きませんw


いよいよ 自らのお尻に 火が点かなければ
動けませんか?w


家や家財を 税と言う名の搾取によって
奪い取られようとしていても
まだ 立ち上がれませんか?





さて、この現象を つぶさに観察してみて下さい。


はっきりと 「これで 物質世界は終わるんだよ!」
・・・と 告げているじゃありませんか。

人々が 普通に働いて(お勤めで)
生活出来ない程に 税の取りたてが過酷化して行く、と言う事は

もはや 「勤め人と言う 生活形態が終焉するのだよ。」
・・・と言う意味なのです。


そうして いよいよ 生活出来なくなった時
人々は ようやく 今のお金至上主義社会を捨てて
生きる原点に目を向けるようになるのです。


まずは 搾取する側、される側・・・の振り分けが為され
そして そのどちらへも 所属したく無い!
・・・と思った方から


自ら 搾取のサイクルを 大いなる決断をもって
捨て去って行くのです。


それには 戦わねばならぬ事も出て来ます。


自らの生活を守り抜く為には
強さと覚悟が必要です。


それが 出来ぬ者は、
これからも ずっと 搾取のサイクルの中に
取り込まれたまま

次なる世界への扉は 開かれない
・・・と言う事になろうかと思います。


それは「誰かが 何とかしてくれる」
ただ 待っているだけの人には

到底 開ける事が叶わぬ
新たな価値観を宿した世界、
光の精神世界への扉です。





☆感謝☆






1_20150207131404f88.jpg

Posted on 2018/04/27 Fri. 14:30 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

27