05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

③今こそ民が団結する時 

③今こそ民が団結する時




8_20161127192556fcd.jpg





皆様、いつも 誠にありがとう御座います(*^人^*)

さて、今日のお話も 
昨日、一昨日のお話の続きとさせて頂きます。



これは 展示会などでは 時たま 
お話する事が御座いますので
知っている方は 知っているお話ですが・・・、


わたくしの在所は 特殊な地場が形成されており
それは 神が張った結界が関係しているのです。


さて、何故 そのようなお話を 今回するのか、と申しますと

崇尾の在所には、滅多な事では 入れませんよ。


・・・と言う事を お知らせしておく必要があると
思ったからです。


(^人^)


在所だけでは ありません。

崇尾自身も 蜘蛛の糸のような
目に見えない白い糸が 軀全体に ぐるぐる巻きにされており
普通の霊能者では 霊視出来ないようになっております。


(^v-)


つまり 崇尾から情報を 取り出す、と言う事は
普通の霊能者には 出来ません。





そのくらい 強固なガード体制が
崇尾には 敷かれております。



在所自体にも 
そんな訳で 結界が張られておりますので

家が見えていても
どこから 入っていいのか 分からない

・・・と言うような現象が出る事も御座います。




この神の包囲網をくぐり抜ける事は
まず 出来ません。



それが いくら 訓練を受けた術者集団であろうが、
無理です。



それを お伝えしておきます。



【猿田彦神】
16_20161204082218624.jpg




さて、搾取の世が終焉致します。


従って
人民から 搾取した上に あぐらをかくモノ達の世が
終焉致します。


与党が倒壊しようが
野党が滅亡しようが、

それは 至って 当然の現象なので御座います。



人民を奴隷が如く使役してきたもの達が
その地位を追われる事は
当たり前の事です。



鬼の支配が終焉致します。



さて、皆様
何度も なんども 申し上げて来ておりますよ。



金万能の世が終焉する事、
すでに 耳蛸状態で お伝えしてある通りです。



中央集権国家の国体が崩壊し、
金で人民を縛り続けた
鬼の世が終焉致します。



政治家と言う職業は必要なくなります。



御霊の磨けたものが
自然と推挙されて 人々を導くようになって参ります。



その人物は
神の御神意を受けて 人々を導き
ただ 存在するだけで
人々の心のよりどころとなれるような人物が
これから 自然と 世に現れるようになるでしょう。



その移行期に 一時 混沌とする事はあるかも知れませんが、
日本人なら それを 乗り越えて行く事が出来るでしょう。



今こそ 人民が一致団結し
闇夜を乗り越えて行く時・・・。




☆感謝☆



【宇宙根元神Ⅰ】
宇宙根元神①


スポンサーサイト

Posted on 2017/06/29 Thu. 15:21 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

29

②今こそ民が団結する時 

②今こそ民が団結する時






*********************
今日の記事は、昨日の『今こそ民が団結する時』の
その後の経過報告記事です。
*********************





【建速須佐之男命】【日本武尊】
1_20160716112228e5e.jpg





皆様 いつも誠にありがとう御座います(*^人^*)
わたくしの拙くも きわどい(笑)ブログに
お付き合い下さいまして 誠に感謝申し上げます。



さて、昨日の記事の これは追記記事で御座います。



まぁ、何と申しましょうか。
タイムリーとは こう言う事を言うのでしょうか(^0^)


昨日 午前中に 政府が国家ぐるみの詐欺集団であり
国民は もう そのような腐った組織に
税金など納める必要は無いだろう
・・・と言う記事をUP致しましたら、


何と その日の午後に
地域のお巡りさんが 巡回警備に参りました(^人^;


何という ジャストなタイミングでしょうw



インターホン超しに 若いお巡りさんが
立っておりますので まぁ、これも 丁度いいタイミングかしら?
(こちらの主張を個別に聞いてもらう
 絶好のチャンスだと思ったのです。)

・・・などと思いながら にこやかに玄関ドアを開けましたw



あれこれ 談笑しながら 話は ついつい 
今の政府の政策の疑問点、
医療のあり方、年金問題、などなど
話はとめどなく 口をついて 出て参りますw


ええ、日頃から 政府への鬱憤は
溜まりに溜まっておりますので
機会があれば 堰を切ったように 
止めどなく流れ出すので御座いますw



「・・・・・それで あなたは 自分の子や孫たちが
 将来的に 自身の意思も自由に表現出来ないような
 奴隷人間、家畜人間、支配される事に
 何の疑問も抱かない、抱けないような人間に
 仕立て上げられる社会になる事に
 何の疑問も持ちませんか?
 
 あなたは 我が子を 奴隷にしたいですか?
 
 それが あなたの望む日本の未来ですか?

 どうですか?」




すると その若いお巡りさんは

「自分は 今 この制服(巡査の)を着ていますので
 あくまでも 中立な立場でいなければなりません。
 この制服を着ている以上は 自分の意見は言えません。」



・・・と、申します。


ならば、


「では、年金問題はどうでしょう?
 今 政府が 世論をどのように動かそうとしているのか、と言えば
 老人達のせいで 今の若者が年金をもらえないような状況になる、
 
 ・・・と、誘導しているのですよ。

 でも、違うでしょう?

 老人達は皆 真面目に年金原資を支払って来ているんです。
 もらうのは 当然の権利です。

 それが 何故 もらえないような状況になったのか、と言えば

 年金原資を私的に流用して それを焦げ付かせてきた
 政治家なり 担当者たちなりが居た訳でしょう?

 内部には、着服するものとて 多く居たのですよ。

 そんな いい加減な事をやっていて 
 ほとんど 年金原資を使い果たしてしまい

 人民に年金が支払えない状況になれば
 今度は それを 何の罪も無い老人のせいにしようとしているんです。

 あなたは そんな事、許せますか?
 どうですか?」


・・・と たたみ掛けましたら、ようやく


「それは 許しがたい事だと思います。」


・・・と、ただ その部分だけは 同意してくれました。


(^人^;



そして、せっかくだから


「それにしても あなた、ずいぶん タイムリーよね?
 今日の午前中に 政府関連のブログをUPして
 その午後には 自宅を訪問して来るんだから

 上の人間から 言われたんでしょ?

 あの家を見て来い、・・・て。ww」



そう ハッキリと申しましたら


「いえっ! 違います!
 今日は 巡回で この辺りを回っているんです。
 先に あの家を訪問して そして、そっちの家を訪問して
 それから こちらに来たんです!」



などと 必死で申しますw



ええ、まぁ、それなら それでも 良いでしょう。(^人^)
(それにしても タイムリーだこと・・・w)


そう言うの 結構 慣れてますからw
何かに変装して 自宅を下見に来る人って
だいたい 何となく勘で分かるんですw



それでも 話の流れで そのお巡りさんは
この様な事も ぽつり、ともらして行きました。


「そんな 危険な事をやっているんですか・・・」


・・・と申しますので、すかさず 



「何が 危険なのよ!
 こちらは いたって 真っ当な主張をしているだけよ!
 危険な事をやっているのは 政府の方でしょう?

 生まれたての赤子に 水銀入りのワクチンを打たせる事が
 どれほど危険な事か分かってる!?」



・・・と たたみ掛けますと、


「自分は、この制服を着た状態では 
 自分の意見を言う事が出来ません。」




・・・を何度も繰り返します。



そうね。あなたの氣持ちも分かるわよw
自分の親分の方が 実は 真性の 悪党だった!!
・・・なんてこと、信じたくない、でしょうし

その氣持ちは よく分かります。




(でも 事実なんだから 
  しょうが無いじゃない。)





そして、そのお巡りさんは、こうも仰いました。


「でも あなたは 別に
 反社会的な事しているわけじゃないんだし
 べつに 主張する分には いいと思いますよ。」



などと とりあえずは 理解してくれた?
ような 事を言って 去って行きました。



そりゃ そうでしょうよ。
自給自足生活しながら
いたって 地道に 穏やかに生きているんですもの。

ブランド品を買う訳で無し、お金を貯め込むでも無し
贅沢する訳でも無い いたって 質素な生活を
着々と 日々 積み重ねている人間ですからね。


どこぞの外国の隠し金庫に
数百億円もの隠し資産を持つような
真っ黒黒助とは 根本的に異なりますよ。


(^人^)



などと 思った訳です。




主張する為には その根拠を
しっかりと把握しておかねばなりません。



そして、自らが それを 主張出来るだけの
生活も確率されていなければなりません。







さて、○HK(犬HKとも言われている)が 
偏向報道三昧になっている事で
すでに 多くの心ある国民から
そっぽを向かれている 今日この頃です。

(恥を知れ!!・・・って言ってやりたいです。)

何故 そうなったのか、と言えば
すでに 国民の方を向いていない報道に
偏ってしまったからです。


国民の為にある筈の報道が
国民の方を向いていない放送を続ければ
それは 国民からそっぽを向かれるのは
しごく 当然のことであります。


政府とて 同様です。



国民は、奴隷ではありません。


まして 日本人は 世界一
民度の高い国民性を有します。


それを 無視して 圧政を敷けば
いずれ その反動が 政府自らに
大きなブーメランとなって
跳ね返って来る事でしょう。







☆感謝☆







【宇宙根元神Ⅰ】
宇宙根元神①



Posted on 2017/06/28 Wed. 16:25 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

28

○原点に立ち返って○ 

○原点に立ち返って○





【国常立尊】(くにとこたちのみこと)
45_201610231529387e8.jpg





皆様、いつも 誠にありがとう御座います(*^人^*)

さて、巷では たいした変化など
起こっていないかのように
世の中は 動いておりますが、

実際 その底流では 大きく潮目が分かれ始めているのです。


心の眼が 開いている方々には 何となく その動きを
感覚で 捉える事が出来るのですが、

そうでない方々(失礼)には、相も変わらず 世は
お祭り騒ぎに浮かれまくっているように見えている事でしょう。



この日本は 光の最後の砦ですから
鬼達の陰湿な攻撃は 
あいも変わらず 執拗に繰り返されております。

自分達のゴミを 秘密裏に
日本の山奥へ 投棄させたり

後々 大量の産業廃棄物となるであろう
ソーラーパネルのゴミなど

電気自動車に搭載されている電池なども
たいそうな廃棄物となるそうですね。


いずれにしても、です。

次世界への 画期的な発明は
強制的に 闇から 闇へ 葬り去っておいて

将来的に 人々が ゴミ問題で
苦しむ事になるであろう
問題を抱えた技術こそを  

大々的に推進させる姑息さには
失笑致します。



日本の神々は それらを
ただ 黙って 傍観されております。


別に 何もしないのでは無く

<やりたければ すきにするがよい>

・・・と言うのが 日本の神々のスタンスです。



それは ひとえに
この日本民族に
真に目覚めてほしいいから

自ら 立ち上がってほしいから

ただ 黙って 見守っているのです。




その氣になれば 一瞬でカタが付くだけの
神力を お持ちの神々ですから

いよいよとなれば
太陽光パネルの廃棄物など

一瞬にして 地底深く マグマの中へ
落とし込む おつもりのようです。



ええ、一瞬にして、
跡形も無
く・・・・です。



この惑星・地球を
龍体になって 修理・固成された程の
神力を お持ちの神様が

この日本を裏面からご守護されているのです。


その力は 到底 鬼達の及ぶものではありません。



<よいか。
  闇は、決して
  光には 叶わぬのだぞ。

  その事を 
  決して 忘れるな。>




それは もう ずいぶん前に
大神が 降ろして来られた言の葉です。



光と闇は、常に表裏一体です。

ですから 

光(神)は、闇をも使役するのです。


<この道理、理解出来ぬもの、
  御霊が浅いぞよ。>




本物は、常に 表舞台へは
出て参りません。


ですから 神のご用をするモノが
表舞台(マスコミ)などに 出て来るようになった時は
神に見捨てられた時。

それこそ 一瞬にして <邪>が取り憑き
骨の髄まで 喰らい尽くすのです。



ですから
神のご用をするようなモノが

マスコミに登場し始めた時は、
有名になる時、などでは無く

実は 地に落ちた時
(或いは、3流4流程度のモノが)
マスコミに出るようになるのです。



その マスコミ自体が
すでに 邪に乗っ取られた存在だと言う事を鑑みれば
それは 当然と言えば 当然の事なのです。




根底まで 真っ黒に染められたマスコミなら
一度 まっさらに解体して
一から 出直した方が 良いのです。


マスコミが 闇に乗っ取られた、と言う事は
マスコミ自体にも 闇に付け入れられる要素が
あった、と言う事です。


それらを リセットさせるには
大いなる長刀を振るわねばなりません。


この日本の国で
これほど 優秀な民族が 治めている国でありながら

何故 在日勢力などに
勝って気ままな事を させているのでしょうか?


わたくしは それが 不思議でなりません。





日本人は 日本人だけのテレビ局を
また 一から 作り直したら 
いいんじゃ無いですか?
 

原点に立ち返って、


この日本人なら それが 
出来るんじゃないですか?





☆感謝☆



1_20161029000323e27.jpg

Posted on 2017/06/21 Wed. 15:24 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

21

<追記>○生活保護の盲点○  

<追記>○生活保護の盲点○






【吉備津大御神】(きびつのおおみかみ)
32_201610282358080bf.jpg







これは 先の6/15に投稿した記事の追記です。

この記事を投稿した翌日の朝
庭先で作業をしていた時

自然と魂に降りて来た言の葉です。


必要な事かと思われますので
早めに追加しておくべきと思いました。





鬼達は、人を お金で縛るのですが、
それが 奴隷として搾取するか
与えて 飼育するのか、いずれかだ、と
前回 6/15の記事で お話しましたね。



これは 与えて飼育する、と言うのは
お金と言う<金銭>(餌)を 与えて家畜として飼育する、
と言う意味なのだそうです。



ですから



奴隷として搾取する、か
与えて 家畜として 飼育するか、の
どちらかに 人を分類しようとしているのだ
、と



そのように 波動で降りて参りました。



ですから



奴隷にもならない、
家畜にも なろうとしないものは、

彼ら 鬼達にとっては
まことに 厄介な 目障りなもの達なのです。



反対に言うならば


奴隷にも家畜にもならないものが
もっと 今の世に増えてくれば

鬼達が生息出来る場所が無くなる、
と言う事なのです。



よろしいでしょうか?


奴隷にも家畜にもならない生き方


そう言った生き方を目指して
これからを 生き抜いて下さい。




正当な理由もなく
ただ 働きたくないから、と言う理由で
適当に保護金を貰っている方々は  

次の世界では 鬼達によって
家畜に変えられて
飼育される運命に変わるのだ、と
覚悟しておく事です。



☆感謝☆

Posted on 2017/06/18 Sun. 20:40 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

18

○実質を尊ぶ○(組織に縛られずに生きる) 


○実質を尊ぶ○
(組織に縛られずに生きる)







【オアシス】(慈母マリア)
1のコピー






さて、皆さんは 
何故、日本民族が 天賦の使命として 
次の世を創るお役目を仰せつかって 
この世に存在しているのか、と言う事を
ご存じでしょうか?


それは、

日本人には<邪氣が無い>からです。


さて、そのように言われても
イマイチ ピンと来ないかも?知れません。


では、わかりやすい お話を致しましょう。


鬼達にとって 日本人と言うのは 誠に厄介な民族です。
霊性が高いので 滅多な事では
鬼達の思惑通りになりません。

例え 悪意で 圧力をかけた、としても
日本人は、(基本的に)愚痴や文句も言いませんので

一時 困ったり 難儀はしても
結局 あれや これや 試行錯誤しながら
無理難題を クリアしてしまったりするのです。


その勤勉さ故に
戦後の焼け野原から あっという間に
世界の一等国の仲間入りも果たしてしまいました。

あまりに勤勉だったので
うかうかしていたら
日本が世界を席巻してしまう程の勢いだったので
鬼達は 慌てて 日本人の事を

「エコノミックアニマル」だの「働き蜂」だのと揶揄して
徹底的に潰しにかかったのです。



その姑息な潰し工作は
今もなお 継続して 続けられております。




【市杵嶋姫】
5_20160716111706335.jpg





ところで、です。
話は 少し逸れますが・・・。



<鬼と言えども 
全く 邪氣の無い者を襲うことは 
出来ない。>

(殺める事は出来ない。)

・・・と言う事は ご存じだったでしょうか。



神は、時として
心の奥底に 邪心を持ったモノに

(表面的には さも 善人であるかのように
見える者、と言うようなケースですね) 

そう言ったモノに、
己が御霊の内なる邪を認識させる為に
神は 敢えて 罪を犯させて
自らの 心の奥底にある闇を
自覚させる事が御座います。

それは 自分は善だけで出来ている、と
思い込みたいモノ、
また 自らの闇を正視しようとしない者、に
敢えて この荒技を 経験させるのです。


どのように経験させるのか、と申しますと、

例えば、邪心のまったく無い者を 
そのモノに添わせて、課題を与え
その動向を見定めるのです。

そのモノは、自らがこの世に持ってきたお役目と言えども
おいそれとは出来ない訳です。

なんだかんだと自分に言い訳をして
逃げようとしたり 仕舞いには、責任転嫁して
罪を 他に背負わせようと 画策したりする事も御座います。

結果的に 重大な罪を犯す事も出てくるんですね。
それも そのモノの心の弱さから 来るものなのですが、


これ、ちょっと 理解出来ないかも知れませんが、

自分を善としか 捉えようとしないモノは、
何か問題が起こると 他に責任転嫁する傾向が強く出ます。

そうして 他を非難、攻撃する事で
自らを正当化しようと画策するのです。

そこで 罪を犯す訳ですね。

けれど その犯した罪こそが 
自らが 自らに打ち込んだクサビ、となるのです。

自らの心の弱さが招いた 大きな十字架を
ここで 背負う事になるのです。

けれど 皮肉な事に この十字架が
いよいよとなった時のストッパーの役目を果たします。

かのモノが 今にも 闇に飲み込まれようとする時
かつて 自分が犯した罪が 
闇に飲み込まれようとする 自分自身を
引き留めるのです。


さて、その時、囮(?、と言っていいかどうか、は 別として。)
となる方は、まっさらな 
邪心の無い者で無ければなりません。

そうでなければ 反対に 襲撃されるか 殺られてしまうからです。
ですので、全く邪心の無い者を かのモノに添わせ、
かのモノの動向を見届けるのです。


神がお遣りになることは、
この様に たいへん 奥が深く
とても 人間の浅薄な技量では
押し計る事も出来ぬ領域なのです。

(ちょっと難しいでしょうか?)






【伊豆能売神】
@2_20160716110940061.jpg





さて、話が大きく逸れましたが
ここで 本題に戻りましょう。

日本民族が 鬼達と対峙せねばならぬ天賦の使命を持って
存在している、と言う事は
上記の様なケースに 似ている、とお考え下さい。


この日本民族が 過重な負担、過ぎたるハードルを
その都度 ぐちぐちと文句を言うような民族であったなら
とても この課題は 乗り越えらなかったでしょう。

邪心の無い民族であるからこそ
鬼の策略を乗り越える事が出来るのではないだろうか?

・・・と言う事で 選ばれし民族として
今 この時を 存在しているのです。


さて、鬼達は いよいよ 日本の経済を
根こそぎ 乗っ取ろうと かかって来ています。

ありとあらゆる 姑息な嫌がらせが
国を牛耳る番頭達(政治屋など)
を操って 行われております。


日本人を 馬車馬が如く 使役して
低賃金で 奴隷労働をさせよう、と言うのが
連中の腹のようですw

(悪党のやり方は いつの時代も 
変わり映えしませんねwww・・・)




【黎明(船出)】
17_20160704203123130.jpg




さて、そこで・・・です。


そう打って出たら こう 返す。
こう 叩いて来たら こう かわす。



その方法を しかと 会得して行って下さい。


絞めてきたら 手放す。

押さえてきたら 放棄する。




これです。



正社員として雇用せず 生涯 派遣として
低賃金でこき使われるくらいなら

正社員になど こだわらず、
必要な分だけ アルバイトやパートなどして
無理して働かず、従って 
無駄に税金を 搾取されないような生き方をすればいいのです。


連中は、金銭に黒いですからね~w

この国の民は、いくらでも 搾り取れると
たかをくくっているのでしょうが、

それなら それ、

連中を締め上げるには、金銭で絞めるのが
一番 効果があるのです。w


働く形態に もはや こだわる必要は ありません。

いずれにしても 日本人を 奴隷が如く
低賃金で 使役するつもりで
国政や経済界を牛耳って来るのであれば
心ある国民は、
そんなものに こだわらず 自由な生き方を
各々 始めればいいだけの事なのです。

自給自足生活ですね♪
これが 軌道に乗れば かなりの部分で
強制搾取の魔の手からは 逃れられますよ(^v-)/☆

(或いは、生活のすべてを 企業に委ねてしまわない事です。)

お勤め半分、自給自足生活半分、みたいな感じですかね。
(必要なだけ 働いて 働き過ぎない事です。
 それは 怠ける事では無く
 人として 豊かに ゆとりのある生活をこそ
 尊ぶ、と言う事なのです。)


多くの人民が そのコツさえ掴めば 
連中は 為す術も無く
やがて 自ずと 終焉せねばならない定めを
辿る事になるのです。


さて、以前も申し上げましたが、
連中は、もはや 国民に まともに 
年金を支払う氣がありません。
ありませんし、その原資すら すでに 使い果たしていますw


(たいした黒さに、お笑いですw)

まぁ、この様なもの達の末路など
どうせ まともでは無いでしょうが・・・w




ならば まじめに 年金を支払う事はバカバカしい事ですよね。
国など あてにしていても 将来 支払ってもらえないのであれば
最初から 連中など あてにせず 自ら 将来を設計しておいた方が
ずっと賢いやり方です。

お勤めをしていれば 自動的に 差し引かれてしまうので
なまじ 働いて 搾取され続けるのも 馬鹿げた話に
思える訳です。


何も 働くな、と言っているのでは まったくありません。
その労働で得た金銭が ただ 鬼達を 生きながらえさせる為に
吸い上げられるのであれば もっと 違う
人 本来のまっとうな 働き方があるんじゃないですか?

・・・って わたくしは言いたいのです。




【飛天】(スサノオ命とクシナダ姫)
@7






さて、将来 日本に 正社員が居なくなる、と言う事は
会社と言う 鬼達にとって 都合のよい 容れ物、組織に
人民が束縛される事から

ようやく 人が自由になれる 兆しなのだ、と
善に捉えてください、と言うお話を 前回 致しました。


・・・と言う事は、


人生のほとんどを 金銭を得る為だけに 
使役させられる生き方から
人がようやく 解放される事なのだ、と。


つまり、自分や自分の家族が 
食べて行かれれば それで 十分なのだ、
と言う事に どうぞ 氣付いてください。


エネルギーも 本来は 無尽蔵に存在するものです。

食料は 土地さえあれば
家族が 食べられるようなものは
十分 賄えます。


もう一度 土地と共に生きる生き方に、
人が生きる、原点に立ち返ってみてください。


子供の教育は、基本的に 義務教育までで、
中学まで 出す事が出来れば
人 一人が 一生 生きて行けるだけの知識は
十分 得られます。


余力がある、と言うのであれば 別ですが、
無理して 借金してまで 高等教育を付けさせて
子供も親も 生涯 お金に縛られ続ける

・・・と言うような 悲惨な人生だけは
どうぞ 送られませんように・・・。

今 一説では、
奨学金を支払えない学生を
徴兵に引っ張る、と言う様な話も
漏れて来ております。
(実に莫迦げた話です。)


何より、企業が 正社員を雇う氣が無いのであれば
大学まで 無理して出す必要は 無いでしょう?


それに 生涯 派遣社員として
低賃金で 働かされるのであれば
いくら 奨学金を貰って 無理して進学したところで
学費の返済など 無理でしょう。




一生涯 お金に縛られ
金融奴隷として 使役され続けるくらいなら
何の借金も持たず

家族と共に 自由に 幸せに 楽しく暮らした方が
ずっと よろしいじゃありませんか。





【建速須佐之男命】【日本武尊】
1_20160716112228e5e.jpg






人は、もともと 皆 自由なんです。




借金さえ 無ければ
人生設計は かなり 自由自在に
選べるんですよ。


わたくしも 借金だけは まったくしておりません。
(^人^)♡


ですから とても 自由です。


何事も 自分の力量の範疇の中でこなします。
自分の分を超えた無理な事は 一切 致しません。


人生は、見てくれでは無く
実質を尊ぶ事。



日々 確実に歩を進める事は
心良く 快適な生き方でもあるのです。





☆感謝☆




1_20160716110332890.jpg

Posted on 2017/06/14 Wed. 16:15 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

14