06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆生き物たちは 人の言葉を理解している?!☆ 


☆生き物たちは 人の言葉を
   理解している・・・(?)☆





IMG_0657.jpg





すずめさんとトカゲさん、カラスさんとの小話です。


① 或る日 庭に出てみると 突然 右側から
  大騒ぎする(暴れる)声が聞こえます。

  びっくりして 声のする方に 目を向けると
  
  何と! 一羽の雀が フライリボン(蠅取りリボン)に絡まって
  もがいています。

  (田舎ですので、蠅も結構 いるのですw
   小さな羽虫を除去する為に 薬品を使わずに
   昔ながらの方法で 蠅取りリボンを 庭先に吊る下げています♪
   これが かなりの優れものでして♪
   とっても 氣に入って ずっと使っています♡)


  驚きました。

  ・・・で 咄嗟に (あぁ・・助けて欲しいのね・・)
  ・・と思い、

  「わかった、分った。今 助けてあげるから・・・
   ちょっと 待ってて・・」


  そう言いながら 手袋を嵌めました。

  素手で触るのが恐かったんですw

  (鳥類のあの爬虫類系の足が苦手なんですw
   爪も刺されたら痛そうでしょ?w)

  ・・・で いざ 取り外す、と言う時

  「動いたら ダメだよ! ジッとしててね!」

  そう 諭すように言うと 不思議な事に そう言われた事が分ったのか
  ジッとしています。

  助かりました。 暴れられたら 助けられるものも
  助けられなくなりそうでしたのでw

  人間の言葉が 分ったのかな?
  ・・と思いましたw(^▽^)



IMG_1406_20170618200803594.jpg


  

②  また 或る日、庭の水道場の桶に
   何と! トカゲが落ちてしまい 這い上がれなくなって
   もがいていました。

   (さて・・困った・・・爬虫類系は 見るのも あまり・・・
    まして 触るなんて とっても・・・)

   ・・・と、一旦は 見て見ぬ振り?をして 立ち去ろうとしたのですが、

   (今日は暑いからね・・・
    このまま 放置したら きっと トカゲさん
    プラスチックの桶の中で 茹で上がっちゃうわね・・・
    それも 可哀相か・・・)

   ・・・と、勇氣を出して
   トカゲさんごと 桶の水を 庭に勢いよく撒いてあげました。

   そして、

  「今回は 助けてあげるから その代わり
   家をちゃんと守りなさいね!
  いい?分った?!」


   そう言って 一目散で逃げて行く トカゲの後ろ姿に
   声を掛けておきました。

   その一件以来 そのトカゲさんを
   家の庭で 見かける事が無くなりましたw

   でも 外の敷地の石の下とかw
   鉢底で ちゃっかりと生活している姿を
   目撃しています♪^^

   トカゲやヤモリは、家を護る守り神だと
   以前 聞いた事があります。

   我が家の庭では よく トカゲさんを見かける事があって
   それが 長い事 苦手で ならなかったのですが、

   或る時、建御雷神さまが 虫とか爬虫類などに変化して
   人の前に 姿を現わす事がある、と言う事を知って

   なるほど・・・!

   確かに そんな事も有りかも?!

   ・・・と思い直して
   トカゲさんを あまり嫌わない様に 
   氣を付けるようになりました♪

   大神が 仰るように
   神目線ですと 生き物と言う観点から見れば
   蟻も人も大して変わらない
   むしろ 逆らわない分、蟻の方が 素直で可愛いくらい

  ・・・だと聞いてw

   家の中に侵入して来ない限りは
   大目に見てあげよう、と言う考え方に
   段々と変わって行きました(^人^)

(家の中は、人間のテリトリー
 外は 人と生き物の生活域・・・と捉えています^^)




IMG_1416.jpg



③ つい 先日の事です。

   庭先で育てている<大豆の苗>
   種から蒔いて 苗を育成しているのです。

   どうやら それに 近所のカラスが目を付けて
   食べようと ちょんちょん・・とにじり寄って参ります。

   追っ払う事は簡単ですが、
   カラスとて 感情があるのですから
   無闇に追っ払われたら きっと 不快に感じる事でしょう。

   なので カラスさんに 諭すように言ってみました。

   「こっちに来ちゃ ダメだよ。
    ほらっ あっちに行きなさい。」

   そう言いながら あちらへ行くように誘導してみました。

   すると カラスは 何の抵抗もせず
   素直に また 元に ちょんちょん、とステップしながら
   戻って行きます。

   それきり 今の所 大豆の芽を食べようと
   狙って来ていませんので、

   あぁ・・・これも また 人の言葉が分るのかな~?

   と、思ったのでした。



別に 鳥や動物と会話が出来る訳ではありませんがw
ただ 案外 生き物たちは 人の言葉を理解出来ているんじゃないかな~?

・・・と思ったのでした。




生き物たちとの ささやかなふれあいを
ご紹介させて頂きました。


閑話休題です♡(^v^)/



☆感謝☆





IMG_9024@.jpg
 
スポンサーサイト

Posted on 2018/06/09 Sat. 13:06 [edit]

category: 閑話休題

TB: --    CM: 0

09

☆猿田さまのお社の参道にて☆ 

☆猿田さまのお社の参道にて☆




*********************
◎神絵のお迎えに関して
*********************

********************
◎神代文字のお迎え、お申し込み方法
********************

*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************





猿田彦神
1_201502131500293be.jpg






先日の事です。
この様な事がありました。
(余談ですから 笑って読み流して下さいw)


その参道には ちょっと変わった小父さんが経営する
石屋(宝石店)があって


その石屋さんを知ったのは
前回 こちらのお社にご挨拶に出向いた時からです。




一風 変わった小父さんで
お客とみれば 軽口を叩く 商売っ気の無い
不思議な小父さんです。


寄るつもりも無かったのですが、
お店がまだあるのを見たら
ついつい 覗いてみたくなって・・・

(・・と言うよりも あの偏屈な小父さんに
 会って見たかった、ってのもあるwww)





(=゚ω゚)ノ「こんにちは~~
     ちょっと 見せて下さいね~♪」



などと言いながら 店の中に入って行きました。



それまで 店の奥に 引っ込んでいた小父さんが
お客の気配を感じて
奥から出て来ます。


(=゚ω゚)ノ 「翡翠、って書いてあるけど
      糸魚川翡翠 置いてあります~?」


・・・と聞くと


(´・ω・`) 「あるよ。
       だけど 糸魚川翡翠って言って買うと
       偽物 掴まされるよ」



(=゚ω゚)ノ 「・・・・・・・!」



(´・ω・`) 「ミャンマーの翡翠も 糸魚川の物も
       同じものが採れるんだよ。
       ただ 採れる場所が違うってだけでさ。」



(=゚ω゚)ノ 「はぁ・・そうなの?」



・・・と言いつつも どれが 糸魚川のものか
見せようともしないので、



(=゚ω゚)ノ 「じゃあさ~ この中から どれが糸魚川のものなのか
      自分で探せ・・って 事なのかなぁ~~?」



(´・ω・`)  「そうは 言って無いけどさ、
        あんたらの目じゃ 
        見分けは付かないだろうって事さ。」




(=^ω^)ノ 「・・・・ふ・・ふ~~んw
       そっかぁ~~ じゃあ わたしの目じゃ
       探せないって事ね~~w」



(´・ω・`)  「そう言う意味じゃ無いけどさ~」


   (・・で、この辺から すでに 
    笑いを堪えるので必死で御座いますwww)



内心 くすくす 笑いながら 
それでも 軽いジャブのような会話を交しながら
店内を一周見ておりますと 
アメジストの原石の塊を見つけました。



(=゚ω゚)ノ 「おっ! 安いね~~ この原石が
      こんな値段で買えるの~~?!」
・・・と言いますと



(´・ω・`)  「安いと感じるか 高いと感じるかは
        人 それぞれだよ。
        まぁ、名古屋の街中じゃ その値段じゃ買えないね。
        ここは 山の上だから その値段なんだよ。」




(=^ω^)ノ 「へぇ~~ 」 (なんで名古屋なの?!)

   などと思いつつ ゆっくりと店内を見回しているうちに
   30代くらいの男性が お客として 入って来ました。


そのやりとりを 聞くとも無しに 聞いておりますと・・・



(´・ω・`)  「その石は もう 採掘していないんだよ。
        だから もう手に入らない。
        うちには 商店の人間が買い付けに来て
        大量に買い込んで行くんだよ。

        何年か先になれば それが 何十倍にも
        価格が高騰するから まとめて 100万単位で
        買っておく、って言う利口なやり方もあるよね。

        ま、生活に余裕があるなら、って事だけど。」


などと話しております。
それを 聞きながら 内心


(そんなに経済が持ったらいいけどね~
 石なんて いくら持ってたって
 いざと言う時 食べられないじゃん!w
 紙幣同様、ただの紙とただの石でしょ?w)


などと 思いながら 店内をゆっくり見て廻っておりました。
 ↑  やな客でスマソですw



そのうち 店の入り口に とても破格値のお香を見つけて
それが たいそう リーズナブルだったので
(香りも良かったです♪)
まとめて 買い求める事にしました。

何かの折りのお土産にも成るわよね♪
・・と、思ったのです。



(=゚ω゚)ノ 「これ 白檀って書いてあるようだけど
       どんな香りなの?
       一つ買うから 香り嗅がせてよ。」
・・・と言いますと



(´・ω・`)  「買わなくてもいいから
        嗅がせてやるよ」




そう言って ストックしてあった見本を取り出して
目の前に付きだして来たので つい
手に取ろうとしてしまった瞬間
パシッと 手を払いのけられましてw

それが あまりにも早業だったので
一瞬 何が起こったのか分らずw

(小父さん、武道でもやってたの?!)
・・・と思ったのは 後からですwww



この辺りで すでに 笑いが押さえられませんw



(=^ω^)ノ 「わぁ~~ 良い香り~
        じゃあ これを 1セット 頂いて行こうかな~♪」




・・・と言いますと



(´・ω・`) 「賢い買い物だよ。
       今 お土産に饅頭なんて 貰ってもね~・・・
       こういうのが一番だよ。」



そんな事言いながらも
笑いを抑える事が出来ず にこにこしているわたくしを見て



(´・ω・`) 「人の話を よく聞くね。
       名古屋の人間でしょ?
       人間が柔らかいからさ。」



(=゚ω゚)ノ 「えっ? 違うよ。静岡の人間だよ。」


(´・ω・`) 「静岡? へえ~ 人間が丸いからさ
       名古屋の人間かと思ったよ。
       静岡でも 浜松の人間は 我が強いし キツいし
       人の話を聞かないね。」




(=^ω^;)ノ 「そ・・そう?w」
       (それは 浜松の人に失礼かもw
        知り合い 居るしw)



(´・ω・`) 「人の話をちゃんと聞くし
       人間は柔らかくて 丸いけど 
       芯はしっかりしてるね
       人間が出来てるよ

   あぁ、ただ 年とってるだけか?」



などと申しますので 
(小父さん ひと言 余計だよw)
などと思いながらも もう おかしくて おかしくて
笑いが止まらずおりましたら


(´・ω・`) 「・・・そして、笑って誤魔化す

      

     (とどめのひと言で御座いますw)

(=^ω^)ノ 

    この時点ですでに 決壊状態で御座いました。
    もう 大爆笑ですw


別に 誤魔化して無いしw



後々 思った事です。


猿田さまの参道には
ちょっと似つかわしくないかな?・・とも思えた石屋さんですが、
何故 猿田さまが この小父さんを
長い事 参道で商売をする事を許可されているのか

分ったような氣がします。



無理な商売はしません。


無理に売りつけようともしません。


法外な値を付けている訳でもありません。


ただ 必要とする人間が
この値段なら買おう、と思える
適正な価格で 正直な商売をしているのです。



商売とは そう言うものなのではないでしょうか。



儲けとは 誠実な取引の先に
その誠実さへの正統な対価として 
支払われるものではないでしょうか。





☆感謝☆


Posted on 2018/04/18 Wed. 12:51 [edit]

category: 閑話休題

TB: --    CM: 0

18

☆神様と崇尾の関わり方☆ 

☆神様と崇尾の関わり方☆

(久しぶりに 神様のお話でも
 してみようと思います♡)





IMG_2305@@@.jpg



先日 夕方になって
ちょっと 買い物に出かける必要が出来まして

(最近では 夕方に出かける事は
 滅多にしないのですが、)


一瞬 迷いました。


こんな 薄暗くなってから 買い物なんて・・・
でも、車で行く程の品物じゃないし・・

ほんのすぐ近くのお店だし・・・


どうしよう・・・と迷って


家の中で 一人
大きな声で 訪ねてみました。


「今から ちょっと 出かけて来ますけど~
 大丈夫ですかぁ~~??」



すると 一呼吸置いてから 波動で


<大丈夫だー!>


・・・と。(^人^)♪

(返事が返って来るのが 不思議で 
  楽しくて仕方がありません♪)



ふふ・・♪



男性的な波動でしたから
いずれかの 男神さまでしょう(^v-)/☆


最近では こんな 何気ないやりとりを
神様方と させて頂いております♡






<あなたが 辛き時 苦しき時
 頼りにするもの、我ら神代のみ・・・>



この世界に 自然と入って行った 最初の頃に 
神様から 伝えられたお言葉です。


<あなたと同じ人は この世に 一人としておりません。
 故に 君よ我と言うなかれ>




それ以来 自分には 師と仰ぐ人は
この物質世には 存在しないのだと
覚悟(納得)致しました。




さて、神は よく 他のご神縁の方々に

<氣付け無いのだから 言ってあげなさい>

・・・と、仰います。


けれど それは 大概 本人には
とても 言いにくい事であったり、

言えば きっと 大きく傷付くであろう事だったりする訳です(^-^;


そんな憎まれ役なんて、
誰がやりたいもんかい!!
・・・って 思いますよね?


だから 心の中で 訴えるんです。


(こんな憎まれ役 したく無いです!
 放っておけば いずれ 世間から 非難されて
 否応なく 自分で氣付くでしょう?)


・・・と 心の中で 神様に訴えますと、


<いや、他人から 非難されるのを待っている
 時間が無い  そんな猶予は無い>



・・・と、仰るので 仕方なく 憎まれ役をするわけです。

(><; 嫌じゃぁ~~~!(本心)



ずっと 前なんて 
「悪魔に取り憑かれて そんな事言ってるんですね!」
・・とか 言い出した人もいたしなぁ~~・・・トホホ・・・
つくづく 損なお役目ですよね・・・orz





わたくしは すべてを 我が身で実体験させられております。
失敗して 氣付くまで・・・
つまずいて 大きな 傷を作って
ようやく 自ら 氣付くまで 誰も 教えてくれる人は
居りませんでした。


それが どうしてなのか、
ようやく分ったのが 最近です。


わたくしに 師が居ないからです。


師が居ない、と言う事は
教えてくれる人が 誰もいない、と言う事です。

それ故に すべて 自ら学んで 経験して
失敗の中から 自ら 悟らなければならない宿命を持ちます。


そうして それに ようやく 氣付いた時


(あぁ・・・ずいぶん 神様は 辛抱つよく
 長い時間をかけて 崇尾の成長を
 見守っていて下さったんだなぁ~・・・)


・・・と しみじみ思ったものです。


なるほど・・・下積み期間が 50年もかかったわけですw


厳しいけど・・・深いなぁ!! ・・・と。




☆感謝☆




【宇宙根元神Ⅰ】
宇宙根元神①

Posted on 2018/01/05 Fri. 00:21 [edit]

category: 閑話休題

TB: --    CM: 0

05

☆閑話休題☆ 


☆閑話休題☆






皆様、いつも 誠にありがとう御座います(*^人^*)☆

お陰様です♡
相変わらず マイペースで 我が道を
ゆっくりと 進ませて頂いております。

名よりも 実を尊ぶ

・・・そんな 生き方を 心がけている毎日です


(*^人^*)


つい 先ほど ネットニュースに
昨年の税金の無駄遣い、874億円

・・・との記事が載っておりました。


やれやれ・・・ですね。


金銭に黒いばかりの 烏合の衆の寄せ集め集団が
今の日本の中央行政を牛耳っておりますので
金銭の正しい使い方も ろくに分っていないようです。


使い方も ろくに 分って居ないので
ことある毎に 増税! 増税!・・・と
莫迦の一つ覚え、よろしく

毎度 おなじみの 何とかの一つ覚えを
連呼するしか 脳が無いようですw


そんな もの達に 任期4年で 一人 
ほぼ 1億円もの大金を与えて
<飼育してやっている>・・・のですから
もはや バカバカしくて やってられません・・・状態です。(^-^;


(しかも! そんな連中の中には
 背乗り疑惑の政治屋までが 混ざっていますw
 もう、どんだけ 国民を舐めれば氣が済むのやら?w
 ・・・って 感じです。)


↑  犯罪者じゃん!



ばかばかしいので
もはや 行政は
あてにもせず、関わりもせず
・・・のスタンスを貫いておりますw




さてさて、ところで です。
いきなり 話題が変わりますが・・・(・Д・)ノ



先日 面白い雲を見つけました♪


空に浮かんだ 巨大なびっくりマークですw


IMG_2323.jpg



( えっ・・・??!!)  ( ̄□ ̄;)!!  マジですか?!



いえ、本当に 浮かんでいたんですよ。
お空に <びっくりマーク> が・・・!!


IMG_2324.jpg




西の空にね~♪ (^▽^)



いやはや 面白いですよね♪



人生 生きていれば 楽しい事もたくさんあります・・w(^0^)

最近 つくづく 思います。

(生きていて よかったなぁ~~♡)

・・・って (〃▽〃)



生き残っていたから
今では 可愛い お孫ちゃんズを 抱く事も出来ています♡


死んでしまっていたら
そんな事も出来なかったんだなぁ~~~・・・ってw


まぁ・・九死に一生を得る・・・ような
奇跡の連続が重なって
わたくしが 今 ここに 生きる事が出来ています♡


振り返れば 首の皮 一枚でw
生き残れた半生でしたw


(´∀`*;)ゞ えへっ・・・




さて、最後に おまけ記事を一つ♪



先日 たいそう 美味しいケチャップを頂戴したので
久しぶりに ピザ風トーストを作ってみました♪

(タマネギたっぷりです♪)



IMG_2260.jpg




左上のお飲み物は、
豆乳入りのカフェオレです♪


昔は コーヒー頂かなかったんですけどね。
最近、自給自足生活を始めて

コーヒー殻が お野菜の肥料としても
無農薬農薬の材料としても
また 虫除けや センチュウ避けになる事を知って

その有用性に目覚めてからは
コーヒーを愛飲するようになりました♪


時々 <猿田彦コーヒー>を
頂戴する機会があるんです♪

(たぶん、猿田さまって コーヒー
 好きなんだわ、きっと!)

・・・って いつも 想いながら
頂いております♡



さて、付け合わせには
豆乳で作る シェントウジャンです♪


IMG_2262.jpg


レシピは、こちら IN YOU のレシピを使用させて頂きました♪
http://macrobiotic-daisuki.jp/taiwansosyoku-62256.html


美味しかったですよ♪




今日も善き日を♡


☆感謝☆

Posted on 2017/11/08 Wed. 21:27 [edit]

category: 閑話休題

TB: --    CM: 0

08

☆夢のお話し☆ 

☆夢のお話し☆





娘が時々
夢で観たと言う神様方のお話をしてくれます(*^人^*)

(わたくしは 結構 それを聞くのが楽しみだったり致します。)



つい 先日の事です。

娘から電話がかかってきて・・・

(=゚ω゚)ノ:「あのね、この前 木花咲耶姫さまの夢をみたんだよ♪」


(・∀・)ノ:「へエ~ すごいね♪ どんな夢だったの?」

(=゚ω゚)ノ:「うん♪ あのね 木花咲耶姫さまの御殿はね
     
      ものすご~~~~~~~~っく大っきくて 広~~~っくて・・・

      東京都全域くらいの広さがあってね~



        (訂正です。
      ~木花咲耶姫さまより~

      咲耶さまの神殿は、
      <富士山くらいの大きさ>と言う例えが適切なのだそうです。
      東京都全域、と言う例えは、どうしても お嫌との事でした(^-^;)


     


      その広大な御殿のずっと ずっと向こうに 小さく 米粒くらい小さく

      木花咲耶姫さまが お立ちになっている姿が見えたの~

      御殿の色は 朱色だったよ~

      髪は ママが描く木花咲耶姫さまのように ふわり、とした髪型をしていてね、

      それが 遠くからでも 木花咲耶姫さまだって 分かったの♪」

      



【咲耶】(木花咲耶姫)




(・∀・)ノ:「へえ~ そうなんだぁ~ 素敵な夢だったね~♡」


(=^ω^)ノ:「うん♪

       それから つい最近 竜宮城へも 行って来たんだよ~♪
       (もちろん 夢の中で、ですが・・・^^)

       竜宮城へは、細長いU字型のボートのようなものに乗って行って来たの♪

       それが 地上より 少しだけ 浮かび上がっていてね~

      
       でも 竜宮城って 言っても 海水で溢れている訳じゃなくって
 
       普通の空間だったんだよ~♪」




【豊玉姫命】(竜宮城の乙姫さまです)
2_20150721132608ee3.jpg




変態の娘は やはり 変態で御座います(笑♪)
でも お互い 変態同士なので たいそう 氣が合います♡

そうですね・・・なんとなく 同志?・・・のような間柄です♡  





また この様な事もありました。

それは ずいぶん 昔に 娘から聞いた夢のお話です。

(詳細は省きます。)



(=゚ω゚)ノ:「ママは、濃い紫の袴をはいて 上は、白い着物を着ていたの。
      ママの袴には、六角形の御紋が入った織りが施してあってね・・。
      そして、とっても上手に その袴を折りたたんで
      す・・っと 御前に座ったんだよ。

      わたしは、朱色の袴をはいていたんだけど
      ママみたいに 上手に袴を折りたたんで座ることが出来なくて・・・」




    

などと とつとつと 夢の話を聞かせてくれます。

でも、この夢の話以来、わたくしは 娘の事を時々
≪朱袴(あかばかま)≫と言って 
冷やかしています(冗談交じりでね♪)  




さて、夢のお話ついでに 一つ 



動画サイトで 偶然 見つけたお話です。

夢見も100発100中だと かえって危険である、と。
悪者たちに 目を付けられるのだそうです。

それも 秘密裏に拉致されて 悪者達の手先として
使役されるのでしょうね・・・。

そういえば、以前 ある方から この様な話を聞いた事が御座います。


「黒服の男達に連れて行かれそうになったんです。
 まわりに 人が居るのに、誰も氣付いていないようで、
 必死で逃げました。なんとか助かったけど・・・。」


そうね・・・。そんな彼女も 相当な能力者でした。

きっと そんな能力に 目を付けられたのでしょう。


一般の人に見えないような 何らかの法力が施されている拉致
・・・と言えば、相当な権力を持つ組織の犯罪でしょうね。

だいたい 想像がつくだろうとは思いますが、

そういった術者集団を秘密裏に囲っているモノ達の仕業でしょう。

権力や財力を思いのままに使役する事の出来る立場に居るモノ達

そうですね。だいたい おわかりでしょう。

国家権力を私物化している盗人達ですよ。






さてさて 今日は、ほんの少しだけ 
コーヒーブレイクな お話で終始しようと思ってたのですが、
最後に ちょっと 意味深な題材も混ぜ込んでしまいました。

(*^-^*)


何は ともあれ 今日も善き日を♪



☆感謝☆





Posted on 2017/02/03 Fri. 19:56 [edit]

category: 閑話休題

TB: --    CM: 0

03