05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

♡自家野菜のカレーライス♡ 

♡自家野菜のカレーライス♡






このカレー
使用されている野菜は すべて 
我が家で栽培された野菜たちです♡



IMG_1560@.jpg




毎度の事ながら
下手な手料理をUP致しまして 恐縮です。


注目して頂きたいのは
お料理では無く・・・(^人^;


使われている野菜です♪



こちら・・・



IMG_1559@.jpg



すべて 我が家で栽培されたものたちです!


(ニンジン・・ジャガイモ・・タマネギ・・・ニンニク・・・・)



全部 自分で 育てました♪


+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚




・・・信じて頂けますでしょうか?!


(でも 本当なんですw)



もちろん、キューリとトマトも自家製です♪ 

☝( ◠‿◠ )☝




↑ 実は、昨年 磐長姫さまに 
  無事 お出まし頂けた後からは
  ようやく 次の世への準備モードに入りまして、

  それからは 相当 本氣で
  自家栽培に取り組んで参りました。

(今のうちに 金銭を必要としない
 自給自足して 生きて行く為の基盤を
 何としても 作らねば!!!)

・・・と言う一念で御座いました(^人^;


とは言え、まだまだ ほんの序の口ですが、w
  







ただし!!



画像で見ると まとも、そうですが(笑)

実物は たいそう 小さいです(^0^;



ま、試作品1号、って事で(笑)




人生 お初の自家野菜カレー♡
何だか 感無量です・・・(*˘︶˘*).。.:*♡




この感動が
次の努力と工夫を導き出すのです。




*・゚゚・*:.。..。.:*゚:*:✼✿(ღ✪v✪)。゚:*:✼.。✿.。キラキラ♥





今日も善き日♡善き時を♪
スポンサーサイト

Posted on 2017/06/21 Wed. 10:44 [edit]

category: 自然と共に生きる

TB: --    CM: 1

21

○健康的♡自給自足生活&(おまけのお話し)○ 

○健康的自給自足生活
    &(おまけのお話し)○








夏の朝は 早めに起きる事にしています。

(*^人^*) 実際 ここの所、4時起きしています♪
         鶏よりも早起きです(笑)



早朝の空氣は たいそう 清々しいですね♡

身も心もリフレッシュ♪・・・って感じが致します。



さて、わたくしの自給自足生活では、
農薬や化学肥料に頼らない 自然農法を行っているので
虫による食害との戦いは
毎朝の日課となっております。 (^人^;


すでに 何本 野菜の苗木を 根元から
食いちぎられた事やら?!


(TーT; ふふ・・・・・



それでも 農薬のかかっていないキャベツの葉っぱで
カレンのお食事を作ってあげられる事は 最高の喜びです♡



今日 採種した自家野菜♪(^v-)/☆


IMG_1551@.jpg



枇杷が 毎日 たくさん採れるので
美味しく頂いております♪


その他にも 1個や2個づつ程度ですが、
新鮮な茄子やキュウリ、シシトウ、ピーマンなどが
採れ始めました。


丁度 お蕎麦があったので
今日のメニューは、つけ蕎麦メインのお総菜です♪


IMG_1553@.jpg



野菜や果物は、皆 自家栽培されたもの達です♡



そして、自身のお野菜を摘みながら
カレンちゃんのお食事用のお野菜も採種します♪



IMG_1550@.jpg


キャベツは、下葉を1枚採って来て、
ニンジンは、小さいですが
ようやく カレン用のお食事に使えるようになりました♪
(ニンジンの葉は、カレンには 与えていません^^)


お芋さんだけは 購入したものです。


(この量が カレンの一日分のお野菜となります♪)


歯の悪いカレンの為に、
フープロで 細かく刻んで
最後にドッグフードと混ぜ合わせて
与えています♪





IMG_1394_20170616160000ef0.jpg




さて、ここからは ちょっと 余談になります。

(・・と言いますか、結構 ハードですw)

付いて来れる方は 限られるでしょうが、
大丈夫な方だけ お付き合い下さい。


わたくしが 動物食を頂かなくなって
もう 何十年にもなりますが、

或る時、ふ・・と この様なイメージを感じた事がありました。


レプティリアン達、爬虫類人間は、
人間の血を飲んだり、人肉を食したりしますが、

ま、実におぞましい事ではありますが、

思ったんです。


人だって 豚や牛、馬を食べる・・・。

もし、彼ら レプティリアン達が
人喰いを 
人の肉食と同感覚で捉えていたら?


いえ、



人が肉食をする事が
彼ら レプや鬼達に 人喰いをする事を
正当化させる事だったとしたら・・???!!!




そこまで 考えが 及んだ時、
こうも 思ったのです。


鬼達は、人に 殊更 肉食を進める。

テレビ業界などは
 「肉!!」と 叫んでさえいれば
仕事をもらえる世界、だと

言い過ぎかも知れませんが
わたくしは そう 思っております。


確かに 肉食は霊性が下がります。

けれど それ以上に
もっと 深い意味があるんじゃないか・・・?!



鬼達は、人に寄生する事でしか
存在出来ません。



これは 事実です。


実際、彼らは 何一つ 
自らは生み出しませんし、
生み出せません。



あくまでも 金銭と言う 木の葉の小判によって
人を洗脳して あたかも 人の長であるかの様に
見せかけている 幻影に過ぎません。



人が居なければ 存在すら出来ない鬼達が
人に 殊更 肉食を させ続けるのは

もしかしたら、


肉食をしている人間の方が
レプティリアンや鬼達の食料として
適した肉となるから?!


などと いろいろと思いが巡る訳ですw


ならば 迂闊に 肉食なんて
出来ませんよね?w


などと 思ったりする訳ですよ。



さて、ところで、です。

ついでですから この様なお話も
付け加えておきましょう。



以前(だいぶ 昔の話です) 
と或る知人が 職場で 献血を
勧められたのだそうです。

その方は、もともと 軽い貧血があって
他者に 血液を分けられる程は無い方だったそうですが、

その時の医療関係者の方が

「どうしても!」・・と、
強く勧めるので 仕方なく

「では、一度だけなら・・・」
仕方なく 献血をする事にしたそうです。


献血する時って
一応 血液検査をするんですね。


・・・で 以外な事に その方は
検査をした事で 献血出来ない体質だと言う事が
判明し 医療関係者の方から
お断りされたのだそうです。


なんでも また聞きの話ですので
詳しくは覚えておりませんが、
何とかと言う成分が 入っているとか いないとか、
・・・と言う事が 献血を断られた理由だったそうです。


献血に不向きな血液成分って あるんですね~
・・・って その話を聞いた時、思ったんです。


でも、なんで その成分が 
入っている、とか いない、とかで
献血 不向き、と言う事になるんでしょうね?


・・・で、また ここで 勝手に想像した訳ですw


もしかして、その成分って
レプ達が 飲血する時
有害な成分になるんじゃないか?!!・・・って。


あながち そうだったりしてねw



だったら その成分を
レプに 何らかの形で 輸血するなり
飲ませるなりすれば
絶滅させられるんじゃないの?!


・・・などと 思ったりする訳ですよw



まぁ、お話が 飛躍しましたねw



************************
*この余談部分は、
 先の5/18の輸血に関するお話とリンクしています。
ここから5/18の記事へ
http://takao15.blog.fc2.com/blog-date-20170518.html
************************




自給自足生活のお話から
とんだ脱線ですw
(いつもながらでは ありますがw)



☆今日も善き日、善き時を☆


自給自足生活から
超重いレプの飲血の話まで しておいて
何が 今日も善き日をじゃ~!!

・・・との 突っ込みは無しでw(^0-)☆




IMG_1400_201706161603427bd.jpg

Posted on 2017/06/16 Fri. 16:06 [edit]

category: 自然と共に生きる

TB: --    CM: 0

16

○生活保護の盲点○ 

○生活保護の盲点○






【吉備津大御神】(きびつのおおみかみ)
32_201610282358080bf.jpg





皆様、いつも 誠にありがとう御座います(*^人^*)

さて、今日のお話も 再度 角度を変えながら
お伝えしておかねばなりません。

生活保護に関して ですね。


さて、正確な数字までは 把握しておりませんが、
生活保護を受給している方々の
1ヶ月の支給額は だいたい 8万円くらいだと
記憶しています。


それに対して 国民年金受給者の受給額が
確か 6万円くらいだったかと思います。
(正確には5万5千円くらいだそうです。)

納得出来ない数字ですよね。

これ 他の方々も 指摘していますよ。

「真面目に 40年間 年金を支払って来て
 生活保護費よりも 安いって どうよ?!」


・・・って。


ええ、その主張は、ご尤もだと
わたくしも思います。




或る方などは、
「6万円なんて 莫迦々しいから
 年金もらえる年齢になったら
 生活保護に切り替えた方がいい!」
・・・と 主張する方さえ 居る程です。




【建御雷神】(たけみかづちのかみ)
35_20161023160745a4d.jpg






さて、そこです。


神が仰る<生活保護>の盲点について
今日は お伝えしておかねばなりません。



生活保護と言うものは、そもそも 
乞食(失礼)制度です。




ちょっと 言い方が キツ過ぎますが、
大切なお話をせねばなりませんので ご容赦下さい。



以前 似たようなお話を 当ブログでお伝えした時、

「生活保護や 何らかの生活補助金を
 (余程の事情が無い限りは)
迂闊に貰ってはなりません。

 楽して ただ 頂いた金銭は 決して
 人を豊かには致しません。

 それだけで無く、保護金を貰ったと言う記録が
 人の魂に残ってしまい、
これが 蜘蛛の糸のように魂に取り付けられ、

 世が精神世界に移り変わる時、
 その糸によって 物質世界に引き戻され
 次の世界へ 移行出来なくなる。」


・・・と言う事。



そして、鬼達に 
<お金によって飼育された>
・・・と言う記録が
魂に刻印されてしまい


生まれ変わっても また 鬼達の奴隷として
次の生を生きねばならなくなる、と言う事。


その事を すでに 以前 お伝えしてあります。





【経津主神】(ふつぬしの神)
41_201610231607472c0.jpg





さて、今回は、もう少し かみ砕いて
その辺りのお話をしようと思います。


楽して ただ 貰って 8万円
40年間 せっせと働いて 年金原資を納めて 6万円


これは、
<生活保護(乞食生活)に誘導する為の飼育制度>
・・・・です。


そもそも 鬼達は、人のすべて・・・
とにかく 何から 何まで 一切合切
人を束縛し 監視し 管理したい、と言う
歪んだ願望を持つモノが 鬼達の習性です。


国民年金に加入している方々とは、
詳細に書けば 第1号から第3号被保険者まであるのですが、
ここでは ざっくりとしたお話をさせて下さい。

だいたい、を 把握していれば よろしい、との事ですので。
そもそも 今は闇夜の時代です。


神的には、
<闇夜の経緯など詳細に覚えておく必要はなかろう>
<そもそも その歴史自体が 間違っている
(改竄された歴史など 覚える価値もなかろう>

・・・と言ったスタンスですので


いつもながら ざっくりとしたお話ですが、
ご容赦下さい。


大別すると 自営業者と会社員の違いですね。


この方々が 頂いている それぞれの年金額が
およそ、


<実際に支給されている国民年金(自営業)の
平均月額は5万5千円、
厚生年金(会社員)は14万7千円>

・・・だそうです。


ざっと 3倍近くの差が開くのが
誠に面白いですが・・・これ 以前 お話しましたね。


人を組織に組み込む為の誘導政策だ、と。


それを お金で釣る訳です。



最近では、霊性の下がった人が増えて来た為
お金で安易に釣られる人が 非常に増えました。



「ほら! お勤め人の方が 年金支給額が
 ずっと高いですよ! 自分で仕事なんてしないで
 組織に入りなさいよ!」




つまりは、組織や囲いの中に組み込まれて
収入のすべてを管理されながら
大人しく 一生涯を 金融奴隷として過ごしなさいよ

・・と言う 奴隷誘導政策なのだ、と 
お伝えしてある通りです。




【建御名方神】(たけみなかたの神)
31_20161023160516dca.jpg





鬼達は、人のすべてを掌握せねば 氣が済まない
歪んだ願望を持つもの達です。


自分で独立して 勝手に生活する者など、
連中にしてみたら 目障り以外の何ものでもない訳です。


連中は、
人間を 自分達の思いのままに 操る為に
飴と鞭を 上手に使い分けます。

そして、お金(欲)で 釣るのです。


生活保護8万は、ただ その金額だけ見れば
一見<良さげ>に見えるでしょうが、

ここに闇の大きな落とし穴が
ぽっかりと 口を開けているのです。


生活保護とは、乞食(失礼)制度です。
(言い方がキツくてすみません。)


目先の損得だけで 
自らの大切な魂を 切り売りしないように・・・。




【大国主命】(おおくにぬしのみこと)
42_20161023152936a9e.jpg





納得出来ないかも知れませんが、
それでも 最後の最後まで
人としての尊厳は 決して失わないで頂きたいのです。


目先の金銭に釣られて 
乞食になり下がりませんように・・・。


公的機関からの 補助金のお誘いには
(余程の事情がない限りは)
安易に飛びつきませんように。


人の幸福とは、決して金銭などで 
推し量れるものではありません。


本当の幸福とは 常に
心の中にこそ あるものなのです。




☆感謝☆



<追記>

鬼達が どのように 人間達を管理下に置くのか、と申しますと
せっせと低賃金で働かせて どっさりと税金と言う形で搾取するか、

または 収入が少なすぎて 税金として 搾取出来ないモノ達には
反対に税金から お金(と言う餌)を与えて 飼育するか、の
どちらかの形になります。

搾取か飼育かの どちらかですね。
いずれにしても 金銭による呪縛が掛けられる、と言う事なのです。




ですから この中間、どちらにも所属しない者たち、

税金を支払う程は、収入が無いけれど
でも 金銭に頼らずに生活出来ている者

・・・に対しては 補助金支給のお誘い、と言う形で
金銭による支配下に置くための工作を致します。

有るモノには 有るなりに。
無い者には、無いなりの
お金による支配のもとに 人民を呪縛しようと言うのが
鬼達の人民支配の方法です。


ですから 自給自足生活などして
食べて行けるぎりぎりの収入で
生活などされたら それこそ 
鬼の支配が届かなくなるため

何としても 補助金を受け取らせたい、と言うのが
本心なのです。

これに 安易に乗りませんように。

罠です。






Posted on 2017/06/15 Thu. 17:16 [edit]

category: 自然と共に生きる

TB: --    CM: 0

15

☆枇杷の種から杏仁豆腐☆ 

☆枇杷の種から杏仁豆腐☆




庭先の枇杷が たわわに実を成らせています♡

さて、枇杷は、果実だけで無く、
その葉も種も たいそう 薬効に優れているとの事で、

まずは 実を堪能した後、

その種を使って
杏仁豆腐を作ってみました♪



IMG_1549@.jpg



他の方々も たくさん紹介していますね♪

(*^人^*)♡



IMG_1520@.jpg




また、枇杷の葉には、
アミグダリンと言う ビタミンB17と同様の成分が含まれていて
末期癌にも効果があるとの事です。

このビタミンB17は、
枇杷の種の仁に 多く含まれているのだそうです。

でも だからと言って 
取り過ぎは 要注意だそうですよ。

枇杷の種は、一日 3粒までが
適量なのだそうです(^v-)/☆


その他 様々な自然療法の紹介は

あなたと健康社・発行の
東城百合子氏・著
家庭で出来る「自然療法」に
詳しく取り上げられておりますので
興味のある方は どうぞ そちらの書物で
ご確認くださいませ。

(^v-)



☆感謝☆


Posted on 2017/06/15 Thu. 17:15 [edit]

category: 自然と共に生きる

TB: --    CM: 0

15

②自然と共に生きる(本当の豊かな生き方へ) 

②自然と共に生きる
(本当の豊かな生き方へ)






*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************






お陰様です。
今日も 満ち足りた時を過ごさせて頂いております♡

毎日 感謝ばかりです。


先日 ニンニクの収穫を致しました(^v-)/☆


IMG_1488@.jpg


驚きですね☆
今まで まったく 放置状態だった
駐車場の片隅を開墾して

試しに植えてみただけのニンニクが・・・!

こんなに立派に育つなんて!


(大きな物は、にぎり拳くらいあります♡)



感動ですね☆

貴重な国産ニンニクが こんなに 
たくさん収穫出来たのですから!





とは言え、すべてが すべて 
この様に順調に育つ作物ばかりでは
決してありませんし、中には 明らかに 失敗!!

・・・と言う作物もありますが・・・(^0^;w・・・

それも また 学びなのでしょう・・・(*゚ェ゚*)






さて、こちらは ジャガイモさん♪



IMG_1505@.jpg



確かに まだまだ 小粒です。

でも! それよりも 何よりも

今まで 何の手入れも為されて来なかったような
この様な 僅かな空き地で

作物が実際に収穫出来る!!

・・・と言う事に 驚いたのです☆(*゚Q゚*)




IMG_1491@.jpg




この小さな成功は、

わたくしの 手探りでの自給自足生活へ
大きな自信と確信をもたらしてくれました。


やれば 出来る!!


土地さえあれば 
何とかなる!
(生きて行ける!!)




とはいえ、水田を持っていないので
お米を栽培する事が出来ません。

それに 栽培したとしても
それを精米する技術を持ちません。
(機材もありません^^;)



******************
でも、そもそも 稲作って 弥生時代から 
取り入れられたものですよね。

縄文時代には 無かったものですから
何も 稲作に こだわる事は 無いと思ったのです。

縄文時代は、ドングリを主食にしていた、とか
御神縁の方が 話しておりました(^v^)
***************:***



農業初心者には、小さすぎる作物
(米とか麦、ゴマとかエゴマとか)は
まだまだ ハードルが高いかな・・・?

・・と言ったところでして、

ならば、しばらくは、初心者でも何とかなるような・・・

主食にとって代わる事が出来るような
芋類(サツマイモ・ジャガイモ・里芋など)
の生産に主力を置いて

少しづつ 様々な作物の生産技術をマスターして行こう
・・と考えた所です。

*ジャガイモは、二毛作が可能です。
(①初春に種芋を植えて 6月に収穫
 ②秋9月頃 種芋を植えて 12月に収穫
 ・・・の年2回 収穫する事が出来ます。)



そうして 豆類・トウモロコシ・かぼちゃ・
ニンジン・タマネギ、などなど・・・
(その間に 葉物を生産致します)
様々な作物を 上手に組み合わせながら

食料をスムースに調達出来るように
土地のローテーションを工夫しようと考えました。



食事は もちろん 菜食中心の
健康的なメニューです♡



小さなジャガイモを そのまま使った
肉無し肉じゃがw

IMG_1495@.jpg



小さなニンニクを使って
葉物をフープロで細かくした物と炒めて和えた
ジェノバソースもどきw

麺は、お蕎麦を使っています♪


IMG_1478@.jpg



裏庭のアシタバは・・・

IMG_1526@.jpg


収穫した タマネギと一緒に
自家製・めんつゆを割りしたにして
卵とじにして頂きました♪


IMG_1528@.jpg



初物のキューリと 小さな紫タマネギは・・・

IMG_1525@.jpg




頂き物のマカロニと一緒に和えて
これまた 昨年 手作りしてあった
柿酢で作った ノンオイルドレッシングを掛けて
美味しく頂きました♪

(ゴマは、頂き物ですが、国産です♪)


IMG_1531@.jpg



ホウレンソウも・・・


IMG_1527@.jpg


春物は、これで最後となりますので、
出しつゆを掛けて お浸しにして 美味しく頂きました♡


IMG_1530@.jpg



庭先の山椒の葉で、山椒ご飯♪


IMG_1480@.jpg



家の周りには、いざとなれば
何でも 食料の足しになれるような
植物が 所狭しと植えられております♡




********************



葉物のグリーンが 目に鮮やかかと思いますが、
緑黄色野菜、貴重です☆


根菜と緑黄色野菜は
わたくしの毎日の食生活に欠かせません。

これが 不足すると
途端に体調が 思わしくなくなります(^-^;


・・・と言う事は それくらい
体調維持に 欠かせない食品なのだろうな、と
思っています。


それと 以前 お伝えしましたが、

七草なずな、の童謡(?)は、
世に毒が蔓延して来た時の為に
常日頃から 軀を守る為に

七草なずな、のような青物を常食しておきなさい、と言う
戒めの歌なのだ、と
古書にも 残されている通りです。


今は、ケムトレイルだの
放射能だの、添加物だのと言った毒が
巷に溢れかえっている時代です。


自らの身は、自ら守る気概なくして
この世の大異変は とても乗り越えられません。


テレビを代表とする マスコミの扇動に
踊らされる事なく、

ただの ムードだけで 判断するのでは無く、

今 自分にとって 何が一番大切なのか

しっかりと見極めた上で
何事も 選択為さいますように。


加工食品や 添加物が含まれていない
清浄な食品を 常食しておりますと

ほんの少しの毒物の混入にも
軀が敏感に反応して それを 
拒否してくれるようになります。

(毒物を消化吸収せず そのまま 体外へ
 排出してくれるようになります。)


五感も鋭敏になって参りますので
様々な 感覚が 研ぎ澄まされて来るようになります。

この感性は、日本人が 他民族よりも
ずっと 優れた素質を持っております。


そう言った 日本民族に与えられた
天賦の素養が 十二分に発揮されるようになるためにも

<食>の改善、改革が 何としても
必要なのです。 



<食、大事だよ。>


フランクな物言いですが、
これは 日本武尊さまから
承ったお言葉です。(^v^;





今日も善き日、善き時を♡



☆感謝☆

Posted on 2017/06/06 Tue. 21:25 [edit]

category: 自然と共に生きる

TB: --    CM: 0

06