03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆守屋山・清掃登山のその後の活動報告です☆ 

☆守屋山・清掃登山の
   その後の活動報告です☆





******************************
◎天上の美・島根/出雲展のお知らせは、こちらから
******************************

*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************





【建御名方神】(お諏訪さま)

31_20160527142330c3d.jpg





さてさて、本日 ご紹介させて頂きますのは
お諏訪さま(建御名方神さま)関連記事です。


二組の御神縁、ご縁の方からの清掃活動の御報告を
頂戴致しました。


皆さん、各々の在所で それぞれに
自分に出来る事で この地球を護る為の活動に
一生懸命に取り組んでおられます。




まずは、名古屋の御神縁の弘美さんよりの御報告です。


<守屋山ゴミ拾い登山より無事に自宅に帰宅しました!
   \(^-^)/

<朝9時に守屋山の杖突峠
<杖突峠駐車場に車を止めて出発しました。
<昨日出会った人から、大祭後守屋山の歩登山道の清掃を
<地元の方がされた と聞いたので、途中のキャンプ場までは、
<あえて車が通れる道を約一時間かけて歩きました。

13281699_898738356904103_1849306788_n.jpg


<こんな道ですが、見えないところに沢山のゴミが落ちていました。



13275800_898738746904064_290006034_n.jpg

13281982_898738800237392_185933511_n.jpg

<あまりに大きいゴミなので私達ではどおすることも出来ませんでした。

13282145_898738873570718_677599532_n.jpg


<キャンプ場までの約一時間にこれだけのゴミが!!


13281877_898739410237331_86451065_n@.jpg


<ここからは歩いてしか登る事が出来ない登山道です。
<けっこう重量もあり、この荷物を持っての登山は正直大変でした。



13282038_898740383570567_1268219589_n.jpg


<山頂までの歩登山道にはほとんどゴミはありませんでした!
<西峰山頂から東峰山頂まで!


13293048_898741343570471_1755328444_n@.jpg


<東峰山頂から西峰山頂を経由し同じみちを戻りました。
<杖突峠駐車場に戻るまで五時間かかりました。

<写真を撮り忘れましたが、途中一斗缶が2つあり、
<その中に栄養ドリンクのような茶ビンが
<満タンに入った物が棄てられていました。
<拾って持参するには重すぎるので、そのままにしてきましたが、
<気になって仕方ありません。


<駐車場に戻ると、残された車は一台だけでした。
<駐車場には吸殻が何百本も棄てられていました。
<たぶん登山される方が、車の灰皿の中の吸殻を棄てたのでしょう。



13292906_898746466903292_2088764447_n.jpg


<まん中のゴミは駐車場の吸殻
<少なく?見えますが結構の量のゴミです。


<大変でしたが景色も良く、「こういう登山もいいねっ!」って
<言ってくれた主人には感謝の気持ちでいっぱいです。



13220138_892345764210029_97894754_n.jpg


ご神業、ご苦労さまでした。

このご報告を頂いた時、わたくしの脳裏に
或る神様の御姿が浮かび上がりました。

たぶん、大山祇神さまではないかと思いますが、
白い衣装を纏って 両手を後ろ手にして
満足そうに にこにこと頬笑んでいらっしゃる御姿です。

うん、うん・・・と 頬笑みながら 頷いていらっしゃる・・・。

山の清掃に入ってくれた こちらの御夫婦を
嬉しく思って下さっていたのでしょう。

神様、とても お喜びでしたよ♡
お役目 大義で御座いました(*^▽^*)/




【大山祇神】
46_201605251352463da.jpg





さて、お次は、守屋山、清掃チームを発足した
ご神縁の方々と地元のご縁の男性からの
初顔合わせ、清掃登山の御報告です。


<三人で諏訪大社前宮に参拝した後に守屋山へ登拝して来ました。
<登下山の途中は、三人が各々に持ったゴミ袋に
<目に付いたゴミを入れながらでしたが、
<予想した程にはゴミは散乱しておりませんでした。
<問題の車道は通行止めの為に区域内には入りませんでしたが、
<以前現地調査された○○○さんの話だと冷蔵庫が数台有るとの話でした。
<全体としての印象は、登下山は別のルートを意図して選んだので
<2コースの様子を見た限りではありますが、
<決して御山が疎かにされている様では無い感じを受けました。

<この様な貴重な経験をさせて頂く機会を設けて頂き、
<心から感謝致しますm(__)m



こちらこそです。
ご縁をありがとう御座います。




2016_0508_090523-IMG_9118@




そして、ご神縁の方。



<守屋山の奥宮に行ってまいりました。


<今度は前宮のお水2リットルを奥宮の周りに撒いている
<イメージがあったので、諏訪大社前宮でお水をいただき撒いてきました。


<実は、先週、自分が水を撒いている場面をイメージしていたところ、
<今にも消えそうな白い龍がみえたので、なんらかの理由でパワーがなくなり
<困っているのかな?と感じたからでした。

<昨日も、消えそうな白い竜をイメージしたところ、今度は3~4匹の白い子供の龍が
<嬉しそうに泳ぎ回っている感じがしたので、今日のお水も何かお役に立っていれば
<いいなぁと思っているところです。


<途中、3人でゴミ拾いも行いました。

<山中は、アメの包み紙等が少し落ちている程度で思ったよりきれいでしたが、
<道路沿いに若干ゴミが落ちていました。


<そういえば、○○さんが撮られた写真に青い線が写っていたようです。
<今日やった事へのご褒美かな?と勝手に解釈しております。

<またなにかわかりましたら、報告させていただきます。




ご神業、誠にご苦労さまでした。
素晴らしい御活動に 神様方も
たいそうお喜びでいらっしゃる事でしょう♡




さて、最後は、この守屋山清掃活動のチームを
発足する切っ掛けとなるお言葉を
神様の方から 直接頂いたHさんです。



<本日、○○さんと○○さん3人で初めて顔合わせをし、
<守屋山に登って参りました。

<守屋山の活動には○○さんや○○さん、
<その他私達以外に7名ほど参加したいという
<お申し出を頂いております。


ご苦労さまでした。
今回 清掃登山チームの3名の方々が行かれた方面は
思ったほどのゴミの投棄は無かったようで、何よりでしたが、

けれど 先の弘美さん報告のように
どうやら それ以外の場所には、
まだまだ 厄介なゴミや 少人数では
運び出せないような大型のゴミが
投棄されたままになっているようですね。


地元の方々も 守屋山を護る為の活動を地道になさっておられるようで
誠に素晴らしい限りです。


まだまだ 神が提示した
【守屋を何とかしてほしい・・・】
とのメッセージの答えは
解けないままですが、

現時点で 出来る精一杯の事を
精一杯 やり続ける事が
神の御心に 例え少しであっても 
応える事の出来る生き方なのかも知れません。



☆感謝を込めて☆



2_20160527142507291.jpg
スポンサーサイト

Posted on 2016/05/27 Fri. 14:33 [edit]

category: 守屋山の清掃活動

TB: --    CM: 0

27

モリヤ山と諏訪大社の御神事 

【モリヤ山】と【諏訪大社の御神事】



**************************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
**************************





今日のお話しは、長野県にお住まいの方
そして、また お諏訪さまにご縁を感じておられる方々へ
お諏訪さまからの伝言を お伝え致します。




先日、ご神縁の方を通して
お諏訪さま(建御名方神)からのメッセージが
伝えられました。


【モリヤ(守屋山)を何とかしてほしい・・・】


そこで その方が現地まで 足を運びますと・・・


o0480064013612758433.jpg



ご覧の通りの惨状です。


相次ぐ不法投棄により
守屋山への入山すら
困難な状況になっていたのです。


そこで わたくしは 現地の御神縁の方に
この事をお伝え致しました。
すると その方は、まず ご自身で
お伺いを立てられたそうです。



<「モリヤについて教えてください」と
<頭の中でお願いした時、私の方を向いた、
<30センチ位の茶色と緑のガマガエル?
<・・・が一匹見えました。
<カエル???


そこで、彼女は、彼女なりの独自のルートを使って
お諏訪さまが 何を望んでおられるのかを
調べて 教えて来て下さったのです。


<タケミナカタ様に問いかけたところ、
<タケミナカタ様が姿を現し、広げた手の上に、
<緑のアマガエルを見せてくださったそうです。
<いろいろお尋ねしても答えてはくださらなかったようです。
<お言葉はいただけなかったのですが、
<雰囲気的に、「カエルの数が減ってきているので
<どうにかしてほしい」と感じられたそうです。



なるほど・・・
段々と今回の問題が浮き彫りにされて参りました。


お諏訪さまが 指し示す【蛙】は、
諏訪大社で行われる御神事に使用する
大切な【贄】なのです。


その【蛙】は【守屋山】で
採取されているのです。



その【守屋山】が 不法投棄によって
汚されております。






【守屋山】(@画像はお借りしました)
moriyasan-map.gif





さて、その前に お諏訪さまで行われる御神事について
以前 わたくしは 当ブログでもご紹介して御座いますが、
だいたい この様な内容です。


諏訪大社の御神事
http://takao15.blog.fc2.com/blog-date-20150429.html



諏訪大社の御神事は、
まず 初めに 白装束の神官が
子供を神に【贄】として捧げる為に
その命を絶とうとする所が再現されます。

その時、もう一人の神官が現れて
子供を殺める事を止めさせるのです。

その代わりの 【贄】として
鹿や蛙などが 捧げられるのですが・・・

これは そのまま
建御名方神さまが それまで
この地方を掌握していた(おそらく邪神)が
子供の【贄】を欲する事を止めさせた
その経緯を そのまま 御神事として
再現させたものなのです。
(血を欲するのは、紛れもなく邪神です)


その事実を そのまま
御神事として残されている・・・!!



(これと 内容こそ異なれど
 意味合いの似たような御神事が
 島根の熊野大社でも行われております。
 それに関しましては、また いずれ 
 機会が御座いました時にでも・・・^v-☆)



【諏訪大社の御神事】(@画像はお借りしました)
yjimage_201604130607116fc.jpg


人を殺める事を 止めさせる為に
【蛙】の【贄】を捧げるようになった経緯を持つ・・・


その大切な【蛙】の【贄】が
手に入り難くなれば
御神事にも 差し障りが出て来ようと言うモノです。


最悪、それによって
邪神を鎮める事が 出来難くなった場合、
人の生活の根幹をも揺るがす
大問題にも繋がりかねません。


ゴミの不法投棄は、その土地の地力を弱めます。
また 磁場も悪くなって参ります。



(なるほど 最近 大神様が 
 事あるごとに ゴミ拾いの必要性
 一斉清掃の大切さを示して来られるのは
 この様な差し迫った事情もあったのでしょう。)



その悪影響によって
蛙の数が激減していると考えても
まったく不思議ではないでしょう。



2014_0730_102855-DSCF4054のコピー



そこで、です。

長野、また その近在にお住まいの方で
心ある方々のお力が
是非とも必要なのです。



今、現地の御神縁さまやご縁の方を中心として
守屋山の大清掃活動が計画されております。


一斉清掃に参加しようと言う方、
或いは、共に 現地の企業や
市町村に掛け合って 話を付けてやろう、と言う方

ご協力をお待ちしております。

軽トラックを出して下さる方など大歓迎です。

皆さまの暖かなご協力を
心よりお待ちしております。
 m(_ _ )m 



☆感謝を込めて☆



【建御名方神】
光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



<反響の大きかった過去記事>
【新たな価値観の世界へ】
2/25・光で在り続ける為に
2/18・磐長姫と童子神
明治政府の暗部①
明治政府の暗部②権威は偽造された
明治政府の暗部③(偽造された権威に支配されない生き方)
明治政府の暗部④(議員の犯罪の背後で蠢くモノ)
物質世界の終焉②
物質世界の終焉①
「秀真伝」は暗号で書かれている?
新たな価値観の世界へ②
【精神世界に移行した時の国の姿】
【磐長姫】(古伝の真相)
物質世界の終焉
☆弥勒の世へ☆
【アメリカ、この世界一 哀れな国】
【アメリカ、この世界一 哀れな国②】

共存共栄の精神
逃げる事ではなく、改善させる為の努力を
東洋一の湧水(柿田川湧水群)
ほんの少しの心の隙に
世界は一つの王によって治められる

日本は世界のひな型
世界こそが日本のやり方を真似すべき時代







≪おまけ記事≫

最近のわたくしの清掃活動です♪
その都度 画像に納めたりはしていませんが、
出先で ほんの少しの空き時間が出来た時や
何かのついでに・・・と言うような形でのゴミ拾いも
行っています。(^v-)♪


こちらは 関西に出向いた時のもので、
2016_0318_111212-IMG_8105@.jpg

境内を見回したら
幾つかのゴミが散乱しておりまして・・・

2016_0318_111527-IMG_8108@.jpg

いつも持ち歩いているゴミ袋を
おもむろにバッグから取り出すと・・・

2016_0318_113159-IMG_8114@.jpg

このくらいのゴミを拾い集める事が出来ました。

例え 少しづつでも 目についた時、
出来る時、少しの空き時間に
ゴミを拾い続けていれば

それを目にした人の中に
何かを感じてくれる方もいらっしゃいます。

そのほんのささやかであっても
灯になる事が出来れば本望だと思うんです。

この様な活動は、本来 公にUPするようなものではなく
人知れず 行ってこそ 陰徳の陰徳たる意義があるのですが・・・

とは言え、黙っていれば 伝わらないし・・・

ですので、これからは 時々
記事の末尾に ひっそりと(笑)
タカオの日常の清掃活動をご紹介して行こうと思います☆

(^-^)♡





Posted on 2016/04/13 Wed. 06:27 [edit]

category: 守屋山の清掃活動

TB: --    CM: 0

13