01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆娘の描いた未来図☆ 

☆娘の描いた未来図☆






******************************
◎天上の美・島根/出雲展のお知らせは、こちらから
******************************

*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************






手前味噌で恐縮です・・・(^-^;

こちらは 数年前に 娘が卒業制作として 
(たぶん 1年がかりで制作した)
娘が描く未来図です。


5_201606131900325de.jpg


実物は、一辺1メートルほどの大作ですが、
すでに処分してしまい 残骸しか残っていません・・・
(○○ちゃん ごめんね


それを 今日 どうして ご紹介しよう思ったのかと申しますと・・・


6_20160613190452a49.jpg


娘が描く 理想とする未来生活が
縄文時代をモデルとして制作されたものだったからです。

(コンセプトを読んで 初めてしりました!)
迂闊にも程があります(><;



17_20160613192232d49.jpg



<コンセプト

<土の上で暮らす・・・とは?

<時代が流れるにつれ 人は常に進化をし続けてきた。
<生活は効率化が進み 人間関係は合理化して行った。
<都内のコンクリートが一面に敷かれた温度を感じない
<冷たい地面の上で暮らす事が当たり前に思っていても
<一人ひとりの温度が寄り添う事無く過ぎて行く事に
<孤独を感じて来た。
<そんな現代で、縄文時代のように土の上で生活をすると言う事は
<人が生きると言う事の原点回帰にあたるのではないかと考える。

<縄文時代、肩書きなんていう虚勢は存在しなかった。
<土の上で暮らし、火を囲み、食べ物は分け合っていた。
<争いも競争も無く、他を思い、氣にかける心がそこにはあった。

<同じ温度を共有し、互いの温度を感じる事で
<人と人は寄り添い合えるのではないかと考える。

<土の上と言う人間の原点に立ち、交流する事で、
<自分のルーツに戻り、よい意味でのリセットが出来る場所を提案する。

<農村体験を通して 都市と農村の交流に重点を置いた
<長期滞在出来る宿泊施設を計画しました。




9_201606131924415e0.jpg



その建物は、竪穴式住居が元になっている
地下1階から地上2階までの3層構造になっていて、


1_20160613192444731.jpg


地下1階は、皆で火を囲みながら
交流を深めるパブリックスペースになっているのです。


3_20160613192442235.jpg



そうして 畑を耕したり、
子供達は トンボやせみを追いかけたり・・・


8_20160613193554b3f.jpg


自由でのどかな生活が そこに展開されていたのです。


4_201606131937570f4.jpg



あなたとは ゆっくりと話をする時間を設ける事が
ほとんど出来ずにいましたが、

その考え方の あまりにも 母と近しい事に
驚きました。


12_201606131940499c9.jpg


本当に素敵な構想ね♡

勉強して来た方向とは 
今は違う世界で生きているあなたですが、
こんなに素敵な構想を描けるあなたなら

きっと どのような世界でも
自分の居場所を見つけて
しっかりと生きて行く事が出来るでしょう。



14_20160613194918521.jpg


母は あなたの数年間に及ぶ頑張りを
記事にして 記憶に残しておこうと思いました。


最後まで お付き合い頂いた皆さまに
心からの感謝を込めて♡


7_20160613193301f39.jpg




世は 少しづつ 
人が生きる原点に 戻りながら
人本来の生き方へ 帰着しつつあります。


10_20160613194919f58.jpg


どこぞの政治家が
『若者が安心して働ける社会を維持する為に!』
などと力説しておりましたが、

わたくし達は もう 氣付いてしまったのです。

お金をたくさん稼ぎ出す事が 幸せなどでは無い事を・・・。


物質を追い求める事は
限りない負のスパイラルの中へ
自ら身を投じるに過ぎない事を・・・。




☆感謝を込めて☆




☆狛犬カレン☆
2_201606131956209cb.jpg


1_20160613201707f81.jpg



スポンサーサイト

Posted on 2016/06/13 Mon. 20:05 [edit]

category: 感動は魂の栄養素

TB: --    CM: 0

13

☆感動は魂の栄養素☆ 

☆感動は魂の栄養素☆





******************************
◎天上の美・島根/出雲展のお知らせは、こちらから
******************************

*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************







2016_0223_140642-IMG_7832@



皆さま、いつも誠にありがとう御座います☆
本日は、梅雨の晴れ間
頭上には、爽やかな青空が 広がっております♡

先ほど と或るメディアを ながら聴きしておりましたら
或る業界の方が この様なお話しをされておりました。


『涙を流す程 感動した作品って
 まったく 覚えてないでしょ?
 記憶に残っていませんよね?

 でも、違和感を感じたものや
 疑問を抱いた 不可思議な作品は
 いつまでも 心に残ってる。

 だから 作品とは、人の心に残るような
 違和感や不信感を抱くようなものこそが
 本物の作品だと思うんです。』

・・・と。



2_20160610133741cb8.jpg



その言葉を聴いた時、
わたくしの心の中に 或る想いが生じました。

それが 大神の波動からなのか
はたまた 自分自身が感じている感覚なのかはわかりません。

ですが、それは この様に・・・。



【涙ぐむほど 感動したり 感激した感情は
 そのまま 魂の栄養素として 消化(昇華)吸収される

 だから 記憶には 残らない

 反対に 不快感や不信感を抱いた感情は
 いつまでも 疑念として 消化されず
 消化不良を起こしたまま

 いつまでも 記憶の奥底に 残り続ける】



その方の持論を伺っていて
わたくしが 何となく 納得出来なかったのは
その辺りに原因があったのかも知れません。

ただ、感情も感覚も人それぞれですから
一概に どちらが どうとは言えません。


ですが、ただ、

グロテスクに他人を殺めたり、
残忍な殺戮シーンやショッキングな映像に
わざわざ金銭まで支払って 観たり、

高額な制作費を費やして
それを制作しようとする方々の氣持ちを
わたくしは 理解出来ないだけです。



2_20160610133741cb8.jpg



以前 当ブログで  この様なお話しを
ご紹介した事が御座います。


【心に 常に 天国的想念を持って 生活をする者は
 この世で生を全うしながらも
 その魂は 常に この世と天界を行き来し

 例え 一時 不遇に喘ぐ事があったとしても
 必ずや窮地を脱出し 見事 
 大輪の花を咲かせるのである。

 だが 反対に 心が常に 
 地獄的想念に覆われているものは
 この世に籍を置きながらも
 魂は 常に地獄とこの世を行き来しており

 例え 今、一時 
 この世の春を謳歌する時があったとしても
 その末路は、とん挫、挫折に喘ぐ終生を
 迎えねばならなくなるのである。】

・・・・・と。



5_201606101341149c7.jpg




さて、話が逸れますが・・

或る女性芸能人のお話しです。

ホラー全般が大好きで
家の中は、ホラー漫画がぎっしり、だったとか。

そんな彼女の家の壁に
或る時から 不可思議なシミが 浮かび上がって来たそうな・・・。

ま、あまり詳しくは申しませんが、
(氣色のよろしく無いお話しですので。)

スカル柄やホラーもの、残忍なシーンてんこ盛り画像には
やはり 闇のものを引き寄せる負のエネルギーが御座います。



感動や感激、喜びの感情は
人の魂の栄養素となって
消化吸収され 記憶には ほとんど 残りません。

ただ 必要な時に
その感動が蘇って来るようになっているのです。





☆感謝☆




7_20160610134313255.jpg




Posted on 2016/06/10 Fri. 13:47 [edit]

category: 感動は魂の栄養素

TB: --    CM: 2

10