11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

吉備津大御神・絵ハガキ奉納 

吉備津大御神・絵ハガキ奉納





吉備津日子さまのお姿で
唯一 販促品としての制作を 許していただけたのが
絵ハガキのみだったのですが

実は 先日、その絵ハガキを500枚
すべて吉備津神社さまの方へ 奉納させて
いただいて参りました。


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


先日もこちらのブログで
はっきりと明記した通り

この作品に関する一切の権限を
吉備津日子さま、並びに 吉備津神社さまへ
移譲させていただいて参りました。


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


実は この日
絵ハガキを お届けに 
こちらの神社を参拝させていただいた時


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


こちらの宮司さんが
『絵は、本殿に展示してありますので
 よろしかったら ご覧になって行って下さい』

・・・と、仰って下さいます。


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


実のところ、私はこの日迄
実際に この目で確認させていただくまでは・・・
ちょっと信じられなくて




光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ




光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


『実は 最近 絵のご奉納が とても多く・・・
 本来ならば そういったものを
 本殿に展示する事は無いのですが・・・

 これも ご縁だと思いますので・・・』


お若い宮司さんは 控えめに
そのようにお話し下さいました



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ




私、崇尾の作品は
外国の神絵画家・マーク エステルさんの絵と並んで
吉備津神社の本殿 左側に展示されてございます

ちなみに この マークエステルさんと言う方は
日本の神々のお姿を描くのが たいへんお好きな画家さんなのだそうで、
この下の作品は、疑似絵と言う技法で描かれていて 
ようく目を凝らしてみると 作品のところどころに 
魚や鳥、ウラの姿などが隠し絵のように描かれています



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



そして 私の作品に関しては
『あなたの作品は とても 色彩が美しかったので・・・』
宮司さんは、その様に仰って下さいました(//・_・//)



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ




作品は、本殿に昇殿しないと ちょっと見えない場所に
展示されてございますので

こちらの 吉備津日子さまとの ご縁を お感じになって居られる方は
是非 本殿への御昇殿が許される日などを ご自身で調べてから
行かれるとよろしいかと思います。

ちなみに 毎月1日の早朝に
朔日詣りというものがあって
この日ならば 本殿への御昇殿が許される、とHPに明記されていたそうですよ
(娘の情報です)




光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


実は、今回の《絵ハガキ奉納の旅》も
前回同様 娘に同行してもらったのですが・・・


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


絵ハガキを奉納するだけで いっぱいいっぱいだった私とは違い(/ω\)あせる
娘の方は、後から
『本殿の左側から 強いエネルギーを感じたから
 もし作品があるとすれば 絶対 左側にあると思ったよ』
・・・とか


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


『《吉備津宮》と書かれた文字が あまりにも立派だったから
 見入っていたら、ふと
《文字にも神は宿る》・・って言葉が身体に降りて来てね、
 なるほどなぁ・・・って思ったよ』


などと、後から申しておりました


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



先の11月に 絵をご奉納させて頂いた時に
吉備津日子さまから言われた通りに
瀬戸の海に立ち寄って 娘に写真を撮ってもらった時以来・・・



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



もう二度と 吉備津日子さまとご一緒に
ツーショット写真など 撮れるチャンスも無いだろうと
諦めていたのに

この日 思いもかけず 再度、
しかも 吉備津日子さまのご立派なお社の中で
一緒に写真を撮影させて頂けるなんて!




光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


それに関しても 後から 娘が
この様に申しておりました

『神社へ上がって行く時
 あぁ、吉備津日子さまと一緒に 写真を撮ってあげなくっちゃ!
 ・・・って、思ったし

 あの時 ママは ただ 写真を撮っただけで
 そのまま帰ろうとしたけど
 その時も 咄嗟に 吉備津日子さまが 教えて下さったんだと思う

 だから あの時 一緒に写真を撮ってあげる、って言ったでしょ?』

そんな風に申しておりまして、

まぁ、何と 娘とは ありがたいものだな、と
つくづくと 思った次第でございます






人は 神と一体となって
 世に活躍する事が可能となり

神は 人に敬われて
 神徳を現わしたもう





*画像や記事のコピーは、一切なさらないで下さいね
スポンサーサイト

Posted on 2012/12/16 Sun. 22:33 [edit]

category: 御神縁

TB: 0    CM: 10

16

~カレンちゃん~ 



~カレンちゃん~


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



この子は、先日 我が家の末娘になったばかりの子で、
名前を《カレン》と言います☆


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


以前の飼い主さんから 育児放棄を受けて
と或るペット保護施設に預けられていた子で


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


施設が この子を保護した時には
体重が10キロもあって(超肥満児です汗 )歯の健康状態も悪く
ほとんど 抜歯しなければならないような状況だったそうです


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


施設では、それから 悪化していた健康状態を
通常の状態に戻す為のリハビリと
手厚い看護を施して ちゃんとした治療を済ませてから

先日 私の元へ 届けて下さったのです


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


こんなに可愛い子を 捨てる何て!
むかっ<怒>


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


人が来ても 吠えません (^▽^;)
性格はミラクル・スーパー・穏やかです


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


まぁ、ポジションとしては
クラッカーマスコットガールクラッカーと言う事で 如何でしょうか?



               カレン:『いやん! 太陽がまぶしいの!』
光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


暖かな日中は お外に出してあげて
ゆっくりと暖かな日差しを 浴びさせてあげています


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ

2Fのベランダから 『カレン!』と声を掛けると
くるりと振り返って こちらを観てくれます音譜



陽が沈んで 辺りが寒くなって来たら
ゲージに入れて 玄関に入れてあげます


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


お散歩は、朝晩の 一日2回
その時に 上手に おトイレを済ませてくれます



でも 思えば
前の飼い主さんが 育児放棄をしてくれたお陰で
私達家族は この子と出会う事が出来ました



すべての事象に感謝を込めて・・・ラブラブ

Posted on 2012/12/07 Fri. 21:52 [edit]

category: カレンちゃん♪

TB: 0    CM: 8

07

あとがき・吉備津大御神 

あとがき・吉備津大御神



この度は 12月3日付けでUPさせていただいた
《吉備津大御神(きびつのおおみかみ)の記事に 
たいへん多くの皆さまのご訪問
並びに コメントを頂戴し 本当に ありがとうございました。

実は、当記事は、時限ブログでございました。

吉備津日子さまから ブログへのUPを許された期間は
ただ2日間のみでございまして、


《必要な人間は、この期間にきっと観るであろうから
 公開期間は その2日間でよろしい》


との事でございましたので、その様に きっちり2日で〆させて頂きました。

何卒 よろしくご了承の程、お願いします。



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



六角形の虹色のオーブは、
このブログのプロフィール欄で 少しだけ ご紹介しています。

もっと たくさん いろいろな神聖な場所で撮影していますが
やはり 個展会場か巡回展会場などの
タカオが在所している時のみ
希望者に実物をお見せする事と致します。




さて、如何だったでしょうか?

ご縁のあった皆さまは
おそらく この2日間を 何故か不思議なえにしに
引き寄せられて

このブログをご覧になったのではないか、と思っております。

記事自体を消してしまいますと
せっかくいただいたコメントまで 
消滅してしまいますので、

記事をそっくりそのまま交換させていただきました。





光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ




大丈夫かとは思いますが
このブログを ご覧になった方の中で

先の12月3日の記事や画像
こっそりとコピーしたり プリントしたりして

手元に残したりなさっている方は
いらっしゃいませんよね?



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



もちろん、信頼しては おりますが
神が お許しになっていない方が

勝手に コピーして手元に残したり
配付したり致しますと 神は たいへん御立腹なさいますので

どうぞ その点は くれぐれも
お気をつけ下さいませ。




今回 吉備津の神が お許し下さったグッズは
絵ハガキのみで、

制作者自身でさえ 《着色したものを持たないように》
との厳然とした 誓約のもとに制作させていただいた作品です。

どうぞ よろしくご理解の程 お願い致します。




心からの感謝を込めて・・・ラブラブ



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ

Posted on 2012/12/04 Tue. 23:47 [edit]

category: 御神縁

TB: 0    CM: 8

04

吉備津大御神(きびつのおおみかみ) 






吉備津大御神(きびつのおおみかみ)



この記事は、神様から 2日間のみ限定で 
公開を許可していただいた 時限ブログでしたので

今しがた 削除させて頂きました。

ご覧になってくださいました皆さま、
本当にありがとうございました。

心からの感謝を込めて・・・。

@尚、いただいたコメントなどはそのままの状態で
 残させて頂きました。



********************************


@天の川 ユーカラさんのブログで 当記事をご紹介いただきました

ユーカラさんのブログより抜粋


どんな宗教とも無縁の私ですし

古事記であろうが~なんであろうが

他人の創作まがいの情報は好きではない。

でも彼女の画を観ていると

日本の神々と共に動いていこう

霊的や宗教的な意味ではなく

とても深いところ 魂の奥底から 生命が揺さぶられれ

大きな生命力が湧いてくる。

イニシエーターとしてのビジョンが

めくるめく、湧いてきます。



********************************

さて こちらは ☟ 島根巡回展にて お目にかかった方から
ご丁寧な直メールをいただきましたので
ご本人が特定出来ない範囲で ご紹介させていただきます


先程、崇尾先生のブログにて吉備津日子様の御姿を拝見させて頂きました。
一見の感想としては「なんというイケメン!」という神様に対して使っていい言
葉かわからないのですが、こういう感想が浮かびました。
涼やかで凛々しい御姿に感嘆しきりです。
崇尾先生とのお話の中で「剣を持った男神」とお聞きした時に浮かんだのは従来
よく見られる髭面の強面でしたので、このような麗しい御姿を拝見できて私の中
のイメージが刷新されてよかったです(^^;)。
ブログも読ませて頂きましたが、なんとも素晴らしいお仕事だったのですね。

これからも素敵な神様が崇尾先生の筆から現れますようお祈りいたします。



ご丁寧な感想、ありがとうございます
《イケメン》との感想に 吉備津日子さま
きっと とても楽しげに 微笑んでおられる事でしょう♪

私が 瀬戸の海で ツーショット写真を撮らせていただけるご提案をいただき
狂喜乱舞した時にも 実に楽しそうに笑っておられたそうですから・・・(*^.^*)

もちろん私も最初から(どえらい美形に描いてやる!!)
なみなみならぬ意気込みではいましたけどね(*^▽^)ノ



*********************************

Posted on 2012/12/03 Mon. 01:04 [edit]

category: 御神縁

TB: 0    CM: 26

03