07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

【女王・日巫女(ひみこ)】① 

【女王・日巫女(ひみこ)】①


女王・日巫女さま

お出ましになりました。


(まだまだ 細部の手直しは残っていますが

 取りあえず【完成】と言う事で ご紹介させて頂きます)





女王・卑弥呼1


<卑弥呼>と言う呼称は、外国の方々が この御方を指して

そう呼んだだけで、実際 この国には、<卑弥呼>と言う名の女性は

存在していなかったようです。


女王・卑弥呼2


わたくしが感じる≪ひみこ≫さまのイメージは

日に仕える巫女・・・日の巫女・・・日巫女(ひみこ)・・・・・・と、相成る訳です。

ですので、神絵の名称も【女王・日巫女】と させて頂きました。

とりあえず、今の所 仮題と言う事ですので、

当ブログをご覧になって下さっている方の中で

「いや、わたしは こう思う。」・・・とか、「いやいや 自分は この様に考えるよ」・・・など

諸論あるかと思いますので、その時は、メアドの方へ 直メッセ下さいませ(^人ー)☆


女王・卑弥呼3


実は、こちらの【日巫女】さまの下絵を描いている最中に

氣付いた大切な事がございます。

それは・・・


マリア・卑弥呼1


実は、マリア観音(観音菩薩)さまと女王・日巫女さまが

対のお姿だった・・・!!

・・・と言う事。


(今までに、光輪を描きたくなったのは、こちらの2柱のみです。)



そして・・・!

描きながら もう一つ とっても大切な事に 氣が付きました☆


@1


今まで 単独でお出ましになったのだとばかり思っていた【マリア観音(観音菩薩)】さまが・・・

実は、神柱の中の一柱だった・・・!!!

・・・と言う事に。


・・・と言う事は、これで 神柱が【6柱】勢ぞろいした・・・!!

・・・と言う事になる訳ですね。

6柱①


とは言え、ここで終了ではありません。

神柱を何柱で描くかは、わたくしの裁量に任せて頂いております。

あと数日後には、いよいよ 神柱の全容が明らかになります。

本日のご紹介は、まずは 6柱目の女王・日巫女さまのご紹介でした。


☆感謝☆



女王・卑弥呼1

スポンサーサイト

Posted on 2014/08/31 Sun. 21:05 [edit]

category: 作品紹介

TB: --    CM: 0

31

夢のお話し 

夢のお話し


先日、娘が

『不思議な夢を観たの・・・』

・・・と、メールをよこします。

2014_0801_090020-IMG_0652のコピー


詳細は、省略しますが、

だいたい このような夢だったそうです。

わたくし(タカオ)が ご縁のお社へ 豆の煮物を たくさんお供えしたら、

【作物をお供えすると、来年 その作物が 豊作になるよ】


・・・と、教えて頂いた夢だったそうです。


2014_0801_081409-IMG_0626のコピー


神様に 作物をご奉納する夢・・・

何やら 啓示的な・・・とでも申しましょうか。

昨今、天侯異常が常態化しておりますから・・・

心ある者は、今から 神に作物や御奉納などをして

来るべき時に備え、神にお詫びをして ご加護を願いなさい


・・・って、意味なのかな・・・?

・・・とか、いろいろ考えたんですが、

さて、どうでしょう・・・? σ(^_^;)


2014_0801_090017-IMG_0651のコピー


解釈は 幾通りも あると思うんです。

それぞれの御霊相応の解釈が あるのではないでしょうか・・・。

・・とは言え、ただの夢、と言えば まったくもって ただの夢ですので、

まぁ、笑い話として受け取って下さっても まったく構いません(^人ー)☆


5_20140830223453794.jpg


余談でした♪


ありがとうございました♪~ (*^人^*)

2014_0730_184847-IMG_0540のコピー


☆皆さま、いつも ご訪問 たいへんありがとうございます☆
 心より感謝しております(^-^)
 神絵制作に没頭していて なかなか お返しも出来ずにおり
 申し訳ありませんが、
 新作発表も 後1~2日?・・・くらいで出来るのではないかと
 思っております(*^-^*)










Posted on 2014/08/30 Sat. 23:32 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 0

30

鹿島神宮・式年大祭御船祭(再UPです) 

鹿島神宮・式年大祭御船祭
       (再UPです!)



ここの所、制作に没頭しておりまして ブログの更新が滞っておりますが、

今日 再度UPさせて頂いたのは、この8月末から始まる

鹿島神宮さまの式年御船祭です


(日が迫って来てますからね♪)

鹿島の神様も 12年に一度の大祭に 出来るだけ多くのご縁の方に

参加して頂きたいと思っておられる事でしょう



御船2 (2)







12年に1度開かれる、と言う

鹿島神宮最大のイベント【式年大祭御船祭】が

丁度 今月の8月末から 9月の始めにかけて

盛大に取り行われます♪



 こちらが その日程
御船3


タケミカズチさまとのご縁を感じておられる方は

どうぞこの機会を お見逃しなく♪



12年に一度しか開催されない【鹿島神宮の御船祭】

今年が その 12年に一度の年に当たっています♪



 ピンク色で示された場所が 見学に適した場所だそうで、
   この場所に陣取っていれば観る事が出来るのだ、と 
   宝物館の受け付けの方が教えてくれました(^0^)

御船2 (1)

名称未設定 6のコピー


12年に1度の大祭ですから

建御雷神さまにご神縁を感じていらっしゃる方々は

是非 行かれてみて下さいね(^人ー)☆



御船祭4


御船祭5のコピー


御船祭6



☆感謝☆


お陰さまで【神柱】制作、の方は、とっても順調に進んでいます。

・・・と言うよりも もの凄~く急がされています(;^_^A 

もうすぐ 新作発表となりそうな気配です☆

いつも ありがとうございますo(〃^▽^〃)o



2014_0801_090020-IMG_0652のコピー










Posted on 2014/08/28 Thu. 19:15 [edit]

category: ご縁のお社へ

TB: --    CM: 0

28

建御名方神さま所縁(ゆかり)のお社にて 

建御名方神さま所縁のお社にて



さすが【建(たけ)さま】♪


何と言う ご立派なお社にお住まいなのでしょう・・・♡ (惚れ惚れ・・・♡)


2014_0730_101529-IMG_0475のコピー

初めて参拝させて頂きましたが、

その荘厳さに 目を奪われました (♡▽♡)



2014_0730_095030-DSCF4044のコピー


お社の荘厳さもさることながら・・・

境内に溢れる【歓迎のしるし(?!)】には、感動と感激です♡


2014_0730_094802-DSCF4021のコピー
 
今頃になって やっと ご挨拶させて頂いたご無礼を

何卒 お許しください・・・m(_ _ )m



2014_0730_094943-DSCF4035のコピー


たけ様も 大好きです♪


神様は、『大好きです♡』・・・て言うと お喜びになって下さるんですよ♪(^人ー)☆


2014_0730_094952-DSCF4037のコピー


この日、たけ様のお社は、

春宮から 秋宮へ 御移りになる準備に追われていたようです。

(7月末にご参拝させて頂いていたので☆)



2014_0730_102919-DSCF4062のコピー


不思議なえにし、で たけ様のお姿を描かせて頂いて

今、現在のご縁がございます。


2014_0730_102852-DSCF4053のコピー



始めは、たけ様の御名すら 知りませんでした

す・すみません・・・  (。>0<。) 


2014_0730_102902-DSCF4056のコピー


今では、日本全国の展示会場での 警護神として

常に会場の警護を担当して下さっています♡

有難い限りです♡


2014_0730_102904-DSCF4057のコピー


こちらのおばさまも まさか 自分の身の回りに

これほど大量のオ―ブが降り注いでいるなど

氣付きもせずにいらっしゃるのかも知れませんが・・・

(そう言うわたくしも 肉眼で観えている訳ではないので

 氣付きませんでしたが・・・^-^;;)


2014_0730_102910-DSCF4059のコピー


神は、大切にして し過ぎる、と言う事は 無いと

わたくしは 思っております。

神を大切に想い、日々感謝を捧げながら

つましやかに生きる生き様の中に

随神の道は 自然と繋がっているのだと、

わたくしは思っています。


2014_0730_103332-DSCF4090のコピー

☆感謝☆

2014_0730_103400-DSCF4095のコピー

blog_import_53e630a5f19ed.jpg


















Posted on 2014/08/23 Sat. 23:46 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 0

23

随神の道 

随神の道




すべての道は 我ら神代が 決めておる


3_2014082021055975e.jpg


意識乏しき人間に

どのような目をかけようか



須佐 全体のコピー


我らに背くものおれば

我らとて手出し出来ぬことぞ



3_201408182220278c7.jpg


そなたの周りの 神愛しき者に

親愛かけるも早時の産物なり



@2.jpg


これぞ 我らが求めた綱がりぞ


三天女(高天原)のコピー



1_20140820211607182.jpg








Posted on 2014/08/20 Wed. 21:21 [edit]

category: 随神(かんながら)の道

TB: --    CM: 0

20

正式なご神縁に繋がると言う事 

正式なご神縁に繋がると言う事



以前、フェイスブックの方でも ご紹介した、お迎えし易いサイズの【観音菩薩(マリア観音)】さまは

すでに 2柱とも お迎えになられる方が決まり、

(一柱は、すでにアトリエまでお迎えにいらして下さって お渡し済みです
 もう一柱は、秋から始まる全国巡回展会場にて お渡しする事になっております)


今現在は、3柱目と4柱目のお姿を制作させて頂きながら
同時進行で 神柱も制作させて頂いております

(こちらは、サイズが前回よりも大きいです
 そして、すでに完成待ちで お迎えされる方が お待ちになって下さっております
 有難い限りです(*^-^*)


 もう少しで 完成致しますので、いま暫らくお待ちくださいね☆♪



1_20140818211226d30.jpg

わたくしは、基本的に (絵はがき以外の)複製画は 制作しておりません。

すべて わたくしが 一柱、一柱、手描きしておりますので、

必然的に 手描きの速度を上回る受注は、お受け出来ません。

(よくしたもので、その辺りの事情は、神様の方でも ちゃんと心得ていて
 わたくしが 困らないような 速度で 自然とご縁が繋がって来ております)


5.jpg

正式なご神縁に繋がらせて頂く、と言う事は すでに 神の綱がかかったお方、・・・と言う事ですので

ご神縁の記念として、

今では すでに【 レアもの?!】 (なんて 言い方を果たしてしてもいいものかしら・・・??)
・・・になってしまっている【吉備津大御神】さまの絵ハガキを 記念品として お付けしております。
(そう言う形でしか すでに お譲りする事が出来なくなった絵ハガキが・・☟ こちらの吉備津大御神の絵ハガキです)


吉備津大御神

迂闊に 本物の画像を UPする事すら 許されておりません ><;;
ですので、画像をUPする時は、かろうじて絵ハガキにしたモノを やっとUPさせて頂くのみです。

それほどに 神との誓約の下に 描かれた神絵、と言うのは
厳しい規律を守り抜かねばなりません。

(ですから それだけの厳しい約束を 生涯、守りぬける氣概を持った者にしか
 神は、この様な依頼はして来ません)



2.jpg


先日 正式なご神縁に繋がられた女性が 希望されて アトリエにいらっしゃいました。
(すでに 神のお言葉を お取次して 独自に神のご用をなさっておられる方です。)

そう言う時には、事前に その方の現在の状態を 神様にお伺いしておきます。

すると、だいたい そうなんですが・・・

神のご用をすでにやっていらっしゃる方には、神様は とても厳しいです (^-^;;;

【神の言葉を伝える者、他の範とならねばならぬ】・・・と仰って、

普通の実業をされている方よりも ずっと厳しい採点が降りて参ります。


(  ゚ ▽ ゚ ;):『まさかの駄目だしですか~??!!』・・・と、

その方も ショックを受けられておりましたが・・・(^0^;;


そうですね・・・

神の御心を理解している、と言う点では 及第点を頂きましたが

では、実際 神に向かう姿勢(態度)としては どうか、と申しますと

誠に残念な 評価が下りまして・・・(^0^;;

(まぁ、時には そう言う事も ありますよ ^人ー ☆

けれど よろず 前向きな女性ですから、そこから 気持ちを切り替えて

今、一生懸命 神様からの及第点を頂くべく 日々 努力精進をなさっておられます(^-^)/

【生活を 現在の半分の規模にしなさい】・・・とのお言葉を頂いた、とお話されていました。


3_201408182220278c7.jpg

お取次の方を通して わたくしが 伺う神々の嘆きは

それは 深いものがあって・・・ 中には、とてもご紹介出来ないほど

厳しい内容も含まれている場合が ございます。

その中に この様な内容があって・・・


【神の力を 利欲に使う者が 多すぎる】・・・と言った 神々の深い嘆きです。


(念のために、
  わたくしは、神絵では 生活しておりませんので、ご承知置き下さいませ。
  その辺りの詳細に関しては、ご神縁で繋がらせて頂いている方には すでにお話している通りです)



【静かなる 神の恩恵を 悪が貪るように 喰らい尽して行く】

【神のものである自然を 破壊している人間たち】

【子供の生氣(希望)を 吸い尽くす 大人社会と親】




これからの世には、【賢者】が 必要である事・・・。


氣付いた方から どうぞ 1抜けして行って下さいませ。

いつまでも 意図的に造られた 箱庭世界で生きるのではなく

この世は もっと 広くて 深くて そして、もっと クリアなのだ、と。

人為的に操作された情報をうのみにして 暗闇で生きる生活を脱ぎ捨てて

本当の光の世界を掴んで下さいね。



☆感謝☆




 

Posted on 2014/08/18 Mon. 22:44 [edit]

category: 御神縁

TB: --    CM: 1

18

メッセージに感謝♪(今日の空の画像に寄せて) 

メッセージに感謝♪
(今日の空の画像に寄せて)


2014_0817_152521-IMG_1070のコピー

今朝のお天気メールでは、<一日ほとんど曇りです>・・・との予報でしたが

以外にも 丸一日 晴天でした♪

2014_0817_102100-IMG_1042のコピー

あまりにも強い日差しと 綿菓子みたいな ふわふわした雲の造形に魅せられて

出掛ける度に ついついシャッターを押してしまいました♪

(コンパクトカメラが迷子になってしまって・・><;;

 こちらの画像は、すべて一眼での撮影画像です)


☟ こちらの右端の雲、小鳥が雲の上に留っているように見えませんか?(^人^)♪
    そして、その頭上に紫色の光が降り注いでいるんです♪

     (紫色の光が降り注いでいる画像は、今回 2枚のみ撮影出来たのですが、
           そのうちの1枚です♪)

2014_0817_102151-IMG_1048のコピー

さて 先日の 8月15日の記事、以外にも好評で、

複数の方から 『感激しました!』 メッセージを頂いて

わたくしの方こそ、【感激致しました♪】

2014_0817_150956-IMG_1066のコピー


<自らの足で立ち上がること、の記事を拝読しました。
<これって、僕にも当てはまることだと直感しました。

<自ら言うのも変ですが、こんなに苦しいのに、何故神様は助けてくれないんだろう?

<でも、それって、神様が与えた気づきなんだろうなと思います。

<これまでの自分の生活はどうだったか?
<他もだけど、自分のこと、これまで大切にしてきたの?
<身体が悲鳴を上げてるぞ!
<何度も挫折して落ちて、自分にしっかり向き合ってきたか?

<神様は何もしてなんかない。
<ちゃんと僕にもチャンスを与え続けてくれていたんだと直感しました。

<そして何度でも立ち上がるチャンスも与えてくれていた。
<神様、何もしてなくはないんですね。しっかり見ていてくれている。

< 崇尾さんのこのブログを読んで、メッセージしずにいられませんでした。
< やっぱりみなさんに、ありがとうございますです。 (^_−)−☆



ご丁寧なメッセージをありがとうございました(^-^)

少しでも何かの氣付きとなれたようで、何よりでした☆


2014_0817_154551-IMG_1078のコピー


<崇尾 青見 様へ
<今回の記事について
< あーー!まるで私と同じような体験をされている!
<そんな風に深く深く感じ入りました。
<何度も何度も読み返しました。
<何度読んでも初めて読むかのように涙が溢れてきます。
<染み入ります。 ありがとうございます!!!
<深い深い魂よりの感謝を込めて



こちらこそ 素敵なコメントを ありがとうございました(*^人^*)
感激です☆


2014_0817_102155-IMG_1051のコピー


<ブログを読んで、私なりに感じたことは、
<全ての答は、外にあるのではなく、自分の心の中にあるのだと、
<最後は蒔いた種は自分が刈り取るしかないこと、
<人生は自らが生きるのであり、お客様ではないと思いました。

<自分の随神は、地域の神社のゴミ拾いと
<雑草取りを真心を込めて、見返りを求めず、
<ひっそりと行っております。

<コンビニの一円募金も続けています。



こちらの方は、正式なご神縁に繋がっておられる方で
ご縁が出来るまでの1年間
そして、ご縁が出来てからも
陰徳を積む事を大切にしながら
日々感謝の毎日を送っておられる方です。

真っ直ぐすぎて 時にはハメを外してしまう事も
ありますが、きっと これから 更に心の豊かさを
増して行かれる事でしょう。


2014_0817_110612-IMG_1063のコピー


たくさんの素敵なメッセージを ありがとうございます(*^▽^*)


☆感謝を込めて・・・☆


2014_0817_102217-IMG_1054のコピー










Posted on 2014/08/17 Sun. 23:05 [edit]

category: 森羅万象の画像

TB: --    CM: 0

17

自らの足で立ち上がる事。 

自らの足で立ち上がる事。


blog_import_53e62e9e9bf37.jpg


正式なご神縁で ご縁を頂いている 或る女性が

自らの課題を乗り越える為に 必死で頑張っておられます。

この世の【行】は、様々ありますが、

大別すれば、【物質行】と【精神行】になるでしょうか。

彼女が課せられた【行】は、前者の【物質行】

その中でも、肉体行【病気など】になりますか・・・。





わたくしは そんな彼女の姿を 遠くから見守らせて頂きながら

時に歯がゆく、

(神は 何故 彼女の状態を分かっていながら 

  ただ 黙って見守っている事のみ なさらないのだろうか・・・)

そんな思いを抱きながら もんもんとした時を過ごしておりました・・・

自らも 様々な仕事に追われていたので、

その事は 心の片隅に ずっと留まっていたのでしょう・・・。


blog_import_53e630598968f.jpg

それから しばらくして

以前、(こちらも正式なご神縁で 繋がらせて頂いている男性からでしたが、)

或るメッセージを頂いていた事を思い出しました。


『自分は 電車の中のような人ごみの中にいると

 何故か おう吐をもよおしてしまいそうなトラウマで

 もう数十年来 悩み続けて来ています。

 何とか このトラウマを 解消する方法を教えて頂けませんか?

 また、このトラウマを消してくれませんか?』
・・・と。


blog_import_53e62f377b806.jpg


わたくしは 加持祈祷 呪術などは 一切行いませんし、

その為の行も習得して来てはおりません。

今世での わたくしのお役目は、あくまでも 【神絵】と言う形で

人々に 神々の御心を お伝えする事が 仕事です。


blog_import_53e62f6b61e09.jpg


ご縁の男性には、はっきり お伝えするしかありませんでした。

『そのような方法はございません。

 トラウマは、苦しくても 辛くても その困難を試行錯誤しながら 

 自ら乗り越えてこそ 克服出来る事であって

 何かの法力や 誰かに 頼って 一時だけ 改善したように思っていても

 それは 自ら 克服出来たと言う 魂の学びになるものでも無く

 ましてや 人としての 大きなステップアップに直接 繋がるわけではありません。』


blog_import_53e6302b17cfc.jpg


神が 本気でご用に使うつもりでいる者には、

決して 中途半端な覚醒は、させません。

生半可な手助けも 致しません。


自ら乗り越える経験。

自ら 闇を断ち切る意志の鍛練。

他に依存せず、自らの足で 立ち上がる氣概。

何度も 何度でも 落とし・・・。

何度も 何度も 落とされて・・・。



涙と 嗚咽と 絶望と 深い悔恨と・・・。

涙でかすむ眼(まなこ)の先に 初めて 見えてくる世界が あるのです。




そこまで 行かなければ 観えない世界があるから

神は 仰るのです。


【立ち上がりなさい。何度でも、何度傷ついても。

 失敗する事は 何の恥ではないのだ】
・・・と。


blog_import_53e63054a72f7.jpg




そこまで 意識が 繋がった時

初めて 心にかかっていた ご縁の女性の状態を 納得出来たのです。

【放置しているのではない。

 この行は、かの者が、一人で乗り越えなければならない試練である。】



もちろん、こんなに はっきりと仰るわけではありませんが、

ただ その様に仰りたい、と言う事は わかります。



大切な事は、自ら乗り越える、と言う経験。

誰かに依存するのでも無く、誰かの責任にして逃げるのでも無い。


いざと言う時には、すべての責任を 背負うだけの覚悟をもって

事にあたる事の出来る 精神力と胆力。


自らの足で しっかりと 立ち上がる 自立した自己を 確立しておく事。


blog_import_53e630497604c.jpg


これから 世は、大きな変革の刻を 否応なく 迎えねばなりません。

悪しき世の悪習も 次第に淘汰、清廉されて行く事でしょう。

人間が 便宜上作った 様々なシステムも権威も

また それに便乗する事で 利権を得ていた人々も

蜜月期の終焉の目撃者とならねばなりません。


氣をつけねばならないのは、その過渡期です。


『世が変わる(≧▽≦)/♪』・・などと ただ無暗に浮かれていては なりません。


世の変わり目には、様々な膿が 一氣に放出も されるのだ、と言う事を

覚悟せねばなりません。

【悪】も暴れます。

どうぞ 巻き込まれぬよう ご用心なさいませ。


☆感謝☆


@2.jpg


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 タカオ作品の動画です(楽曲が付いておりますので、楽曲共々 ご視聴くださいませ)


you tubeへは、ここから飛んで下さい

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

Posted on 2014/08/15 Fri. 12:43 [edit]

category: 御神縁

TB: --    CM: 0

15

『神様って厳しいね・・・』 

『神様って 厳しいね・・・』



今日のお話は、先日UPした 8月4日の記事【お役目違い】の続きです。


大宜都比売(おおげつひめ)
blog_import_53e630598968f.jpg
 





先日、娘が里帰りをしていて、(もう帰りましたが・・・)

『せっかく実家に帰って来たから 地元のお社へご奉納に行きたいんだけど♪』

・・・と申します。


2014_0814_132905-IMG_1006のコピー


あぁ・・そうね~・・・そう言えば、この前

『これから 毎月 ご縁のお社に ご奉納しようと思うんだよ♪』


・・・って、言ってたっけ~ (^人^)

2014_0814_132254-IMG_0979のコピー



前回 娘が 自分の結婚式のご祝儀から ご奉納をさせて頂いた時

龍神さまが お出ましになって 【ニッ!】・・・と笑ってくれたって 喜んでいたので・・(^0^)

ええ、その後 慌てて撮影したと言う その【龍神さまの形をした雲の画像】を

見せてもらったのですが!

それが 本当に 確かに龍神様の姿をしてるんですよね~

例えると、ちょうど ファルコンみたいな感じでしょうか♪

目まで クリっと 飛び出していて、何だか すごくリアルなんです

yuuko.jpg


・・・で! 

『その画像をブログで紹介したいから 貸してよ~』・・・って お願いしたんですが~

『ええ~~ッ??!!』・・・って、やんわりと断られちゃいました ^▽^;;;


2014_0814_132533-IMG_0987のコピー


それから 家に戻って来て 玄関に入って

何気に 神棚の前を通り過ぎる時・・・

フッ・・・と、あるワンフレーズが 娘の心に響いたのだそうです。


【だから、って・・・】



その たった 一言だけだったそうです。

でも、『その一事だけで、すべてわかった・・』

・・・と、娘は 言っておりました。


2014_0814_132615-IMG_0990のコピー


【だから、って・・

 毎回、毎回 褒めてもらおうと 思うんじゃないぞ】


そうたしなめられたのだそうです。




【善行は、誰かに 褒めてもらいたい、とか

 認めてもらいたい、と言う 下心でやるものではないのだよ。

 何かを期待して 行うものでもない。

 ただ 真心を 真っ直ぐに まっさらな心で

 神に捧げるものなのだよ。】


神様は、そう 仰りたかったのかも知れません。


2014_0814_132654-IMG_0995のコピー


『神様、って 厳しいね・・・』

娘が ポツリ・・と 呟きました。 (^人^)


でもね、まだ 先は長いから 慌てず 一歩づつ 確実に人生を歩んで行きましょうね。


2014_0814_132951-IMG_1009のコピー


今日の画像は、庭に自生している<ささゆり>の花を ご紹介してみました。

小雨に濡れて しっとりとした花弁が 清楚な感じですね☆


☆感謝☆



2014_0814_133034-IMG_1011のコピー




Posted on 2014/08/14 Thu. 20:13 [edit]

category: 神様のお話し

TB: --    CM: 0

14

鹿島神宮・式年大祭御船祭 

鹿島神宮・式年大祭御船祭


先日の【日本全国、ご縁のお社参拝の旅】で

何か心惹かれて 日程の中に入れさせて頂いた鹿島神宮さま(建御雷神)

2014_0731_101901-IMG_0574.jpg

諏訪の建御名方神さまとは仇敵と言われていますが・・・

わたくしには、とても そうは思えません。

鹿島・諏訪

この おふた方、実は とっても仲がよろしかったのじゃないかしら・・・?

(・・・と、わたくしは勝手に思っているんですが。)

大国主のお后神となった 糸魚川翡翠の霊力を掌握する奴奈川媛

その御子神として生を受けた建御名方神

けれど、どうしても出雲へ行くのを嫌がる奴奈川媛は

追手を撒く為に 入水自殺を図った、と言う事にして逃げおおせる

そして、その母神の身代わり(?)として 出雲へ赴く建御名方神・・・

2014_0731_101958-IMG_0575.jpg


話し始めると途方も無く長くなってしまうので、間を省きましょう。

結局、建御名方神は、母神である奴奈川媛の近くへ行きたかったんじゃないか・・・?

(実際、この母子は秘密裏に会っています)

勝っていれば、出雲に戻らなければならない 建御名方神

でも、負けて敗走した、と言う事にすれば、出雲に留まる必要は無くなる・・・。

2014_0731_102151-IMG_0578.jpg

大和王朝の代表格である 鹿島の神(建御雷神)と

出雲王朝の代表格の建御名方神

この二人は、お互いの力量を認め合い、互いに一目置く存在同士だったのではないか?

それほど 双方とも強く、お互い【敵ながら、アッパレ!!】と 思っていたのではないか?

だから、敢えて、負けた、と言う事にして 逃がしたのではないか?(建御名方神を)

わたくしには、建御雷神が、建御名方神を

生かしておく事を優先させたかったのではないか、と思えてならないのです。

だからこそ 建御名方神は、戦国武将達に【軍神】として

崇められた・・・のだろうと。


2014_0731_102319-IMG_0579.jpg


わたくしは、神社に詣でた時には、だいたい そのお社のおみくじを引くようにしているのですが・・・

鹿島神宮の建御雷神さまからは、想いもかけないような 歓迎コメント(^0^)を頂いて

そんな風に思えてならなかったのです☆

鹿島おみくじ
 何やら えらくお褒めのお言葉を頂戴してしまい、恐縮しきりです(@^人^@;;;




2014_0731_102528-IMG_0585.jpg


そして、何気に こちらの宝物館をみせて頂いておりましたら・・・

急に受付の方が 立ちあがって こちらに にこにこしながら 歩いて来て・・・

御船2 (2)

12年に1度開かれる、と言う

鹿島神宮最大のイベント【式年大祭御船祭】が

丁度 本年の8月末から 9月の始めにかけて

盛大に取り行われる事を 教えて下さいました♪



 こちらが その日程
御船3




旅から戻って来て やれやれ、と思っているうちに

すっかり こちらで 式年大祭御船祭のお知らせを頂いた事を忘れていましたら、

先日より 何度か 意識の中に この大祭のイメージが

フラッシュのように ピカッと輝いて 

【忘れるなよ!】・・・と、戒めを下さっているような氣になります

たぶん この12年に1度しか開催されない鹿島の大祭を

より多くの方々に知って頂きたいと・・・

建御雷神さまが 思っていらしゃるのではないか、と。




 ピンク色で示された場所が 見学に適した場所だそうで、
   この場所に陣取っていれば観る事が出来るのだ、と 
   宝物館の受け付けの方が教えてくれました(^0^)

御船2 (1)

名称未設定 6のコピー


12年に1度の大祭ですから

建御雷神さまにご神縁を感じていらっしゃる方々は

是非 行かれてみて下さいね(^人ー)☆




それにしても 興味深かったのは!!


ナマズ2 (2)

鹿島の神が 掌握していると言うナマズたち♪

(この画像は、違いますが・・・)

着物を着たたくさんのナマズ達が、大地震の際の混乱を

鹿島の神から 咎められている図でした。

ナマズ達の言い訳が・・・

『この度の大地震は、ここの所の天候不良で

 乱心したものの仕業でして、誠に申し訳ない事でございます』


・・・と、鹿島の神に 言い訳しているナマズ絵の浮世絵には、

思わず苦笑してしまいました。




そこで、興味深かったので、ナマズ絵のぬり絵も購入して来ました♪

その中の解説に この様な文言があって・・・


*******************************************

鯰絵の背景

鹿島神宮の境内に「要石」がある。

俗信では地震を起こす大鯰の頭を押さえていると言われている霊石である。

要石があるのは、鹿島神宮だけではなく。香取神宮、稲村神社にも存在するが、

鹿島神宮の要石が有名である訳は、やはり古い歌の

「ゆるぐとも よもや抜けじの要石 鹿島の神のあらん限りは」からであろうか。


*******************************************


さて、この度の鹿島神宮さま、建御雷神さまへのご挨拶の道中では、

12年に1度の大祭が 今年開催される、と言う時に参拝させて頂きまして、

また その告知を 広くご縁の方々へ お伝えする、と言うお役目(勝手にww)を

仰せつかりまして、ご紹介させて頂きました(^-^)

心に ピン!・・・と響いた方は、是非 行かれてみて下さいませ


2014_0731_173938-IMG_0604.jpg


鹿島さまから 次の目的地までの道中、

黒姫高原(妙高の近く)のSAで見せて頂いた

剣のような眩い光!!

真っ直ぐに 天を射貫くような 強い光が中央に 一筋

射していたのが印象的でした。



2014_0731_173942-IMG_0605.jpg

☆感謝☆










Posted on 2014/08/13 Wed. 06:39 [edit]

category: ご縁のお社へ

TB: --    CM: 2

13