01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

現金収入だけに捉われないで・・・☆ 

現金収入だけに捉われないで・・・☆


8_20150227203429449.jpg




今日のお話は、ちょっと 耳の痛い方もいらっしゃるかも・・・?

(@^人^@;

そうですね・・・昨年あたりから 時々 キャッチ(?)していた
お話で・・・展示会場にいらして下さった方々には、
お話している内容なのですが・・・

とは言え、その時々のタイミングなので、
聞いて下さった方と そうでない方
それぞれだろうと思います。


よろしかったら お付き合い下さいね☆
(こう言うお話が 苦手な方は、ここで引き返して下さいね♪~)


5_20150227203426f25.jpg




*************************************

外に働きに出る事だけが 稼ぎのうちでは無いのです。
(ちょっと下世話な言い回しで恐縮ですが・・・)

女性の職場は、本来 家の中なのです。
(とは言え、その人それぞれ 状況は違うでしょうから
 一般的には・・・と言う捉え方をして下さいね)


女性が しっかりと家の中を管理し
修めていてこそ、家族は皆、安心して 外へ出て行く事が出来るのです。

視点を変える、と言う事も 時には大切な事なのですよ(^人ー)☆


その女性たちを 無理やり外で働かせるように仕向けて来たのは
一体 誰の陰謀だったのでしょう・・・?

そう、すべては《経済モンスター》達の計略からでした。

彼らは、男性ばかりでは飽き足らず
働ける者(金融奴隷)に仕立て上げる事が出来る者はすべて
自分達の支配下に置く事に 全力を注いで来たのです。

《専業主婦なんて・・・》
・・・と言う《負のイメージ》を植え付けて・・・。


実際 女性が 家の中で毎日行う家事労働は
フル労働より ずっと価値があると思います。

もちろん、家の中で ろくに掃除もしないで
満足な食事も作らないで 毎日 お菓子をかじりながら
テレビに釘付け・・・何て専業主婦は論外ですが。


ちょっと 厳しいですか?


・・・でも、毎日 たいへんな思いをしながら 
家族を護る為に 外へ働きに出て行く
お父さま方の苦労を考えたら
それは もっともだと思いますが、如何でしょう・・・?


男性は、外に出て 家族を護る為に
必死で働いて来る

そして 女性は、その家族を護る為に
毎日 家族が心地よく過ごせる住環境を整えて
家族の健康に配慮しながら 
季節の食材を使って 

贅沢はせずとも 栄養価のある
添加物の混入していない 家族が毎日
安心して食せる食事を 一生懸命手作りする。

子供が産まれたら 愛情を注いで
一生懸命 子供を育て上げる

当たり前の事ばかりですが、
昨今 こんな当たり前の人の原風景が
時代遅れ、とか 

なにやら 斜め目線で観られる傾向があるようで

そろそろ この問題も 提起せねばならないのかな・・・?
・・・と 思った次第です。


神は、世の荒び(すさび)は、
【人災】だと 仰って居られます。


1_20150227203426ac1.jpg




女性は、家の中にあって
ここ(家の中)が 自分の職場なのだ、と思って
一日 精一杯 働いてみて下さい。

実際、家事労働と言うのは、
果てしなくあるものです。


などと申しますと、
『そんな事してたら 生活出来ない!』
・・・って仰る方も いるかも知れませんが、

ちょっと 視点を変えてみて下さい。


人生は、目先の損得だけで
測れるようなものではありません。


家族の絆とて 同様です。

女性が きちんと 家庭内を納める事が出来ていれば
何も 外でお惣菜を買う必要も無くなり
安全で経済的な食事を 
安心して家族に提供する事が出来る様になるのです。

そうなれば、家族の病氣へのリスクも押えられますし
何よりも 子供の心が安定致します。

そう言った 長い目で観た時の【利益】は
計りしれないものがあるのです。

また そう言う風にして
金銭的な収益のみで 物事を捉える視点を
心に焦点を置きかえる事で

これから もし 万が一
貨幣価値が 下落して行くような事が起こったとしても
慌てずに 心の準備を整える事が出来るのです。


ご自分で 味噌など お作りになってみて下さい。
実際 作ってみると 驚くほど簡単で びっくりさせられますよ
(^人ー)☆


現金収入だけが 収入のすべてでは無い
・・・と言う事に 氣付く事も
これから よりスムースに 精神世界に移行して行く為には
大切な氣付きとなる事でしょう(^-^)☆


☆感謝☆



9_201502272034282ed.jpg




スポンサーサイト

Posted on 2015/02/27 Fri. 20:36 [edit]

category: 二極化して行く世界

TB: --    CM: 0

27

【賢さ】とは・・・。 

【賢さ】とは・・・。



5_20150207131400fcf.jpg




立て続けに言の葉が降りて参りますので、

恐らく 伝えねばならない時節が来ているのでしょう。

そうですね・・・。

必要な方には、お伝えせねばならないのでしょうね・・・。


*******************************


【賢さ】とは、

決して 学校での学問のみを指して言うのではありません。

ある一つの物事を 表面的にしか捉える事が出来ないか、

或いは 

一つの事象を観て、その深奥にある

【核心部分まで見通す事が出来るか否か】

・・・と 言う事で、


とは言え それは、決して 透視能力のような

<サイキック>能力を指しているのではありません。


すべては この世の学びを積み

波動が上がって行き、

目の前のすべての事象には、

皆 意味があって

それらは 皆、

自らの魂の学びの為に用意されている環境なのだ、と

あらがう事無く

ただ、真摯に受け入れる事が出来るようになった時、


自然と見えて来る様になる

この世の真実、実相なのです。


この 物事の本質までをも

見抜く事が出来るようになった境地を指して

【賢い人物】・・・と言うのです。



☆感謝☆



1_201502131500293be.jpg

Posted on 2015/02/25 Wed. 21:42 [edit]

category: ご神言

TB: --    CM: 0

25

③波動が高いとか、低い、とか・・・って。 

③波動が高いとか、低い、とか・・・って。



@今日、ご紹介の画像は、埼玉県にあるお社です(^-^)/
  こちらのお社の神様の御使いは、うさちゃん♪です♡
2015_0216_090149-IMG_9922のコピー






今日のお話は、前回の続きなのですが、

日中 他の作業をしている時に 魂に降って来た言の葉です。

よろしかったら お付き合い下さいませ(^-^)



1_201502241836319cf.jpg






【《悪》や《闇》を声高に糾弾する者

そなたが 言えた義理か。】



まず このイメージが ドン・・・と降りて参りまして・・・

黒い者(身の内に闇をたくさん抱え込んでいる者)ほど 
他人の荒さがしに余念が無いそうですよ。

そして、黒い者ほど 闇を恐れ 必要以上に攻撃しようとするのです。
それは 身の内に潜んでいる自らの闇が
内外、呼応しあうのを 無意識のうちに恐れるからなのでしょうね・・・。

ですから、光が強くなって来た方は、
闇など対して 恐れもせず、無用な攻撃もしなくなるものです。

(とは言え、決して 悪を肯定しているのではありません)



2015_0216_092136-DSCF7608のコピー





【それは、牛や豚を食べる者たちが 

 他国の魚肉文化を非難するのと同様

 偽善であり、厚顔無恥な行為なのだ。】




人は生きているだけで 意識する、しない、に関らず

皆、大なり 小なり 何らかの罪を犯しながら生きています。

(だから 人が悪だ、と言っているのではありません
 だからこそ、陰徳を積む事の大切さに 氣付かねばならないのです)



2015_0216_092605-DSCF7665のコピー






だからこそ そこに 他への【愛】を学ぶ 

原点があるのです。

完全では無い肉体を頂いて この世にやって来て

一人では生きる事さえ出来ない未熟な肉体を纏って・・・


(生まれたての赤子は 一人では生きられませんよね)



2015_0216_092543-DSCF7662のコピー




【その完全では無い肉体を 纏って 

 生きねばならない宿命の中にこそ

 人が 人として 他への感謝の心や 

 愛を学ぶ為の原点があったのだ。】


(完全体として 自分一人で生きる事が出来る肉体だったなら
 他への感謝の心を学ぶ必要が無いからです)


けれど 不完全であるからこそ 人は、

完全な存在となる為に 他への愛や感謝の心を学ぶのです。


そして、その中にこそ 魂の昇華のヒントや

波動を上げて行く為の学びがあったのです。



2015_0216_092328-DSCF7635のコピー




そして、不完全な肉体を 育て はぐくんでくれた

自分をとりまく 人々や 地球と言う惑星に 

【徳】をもって 恩返しをして行くのです。

それが 神が 再三再四 降ろして来られる、

【陰徳を積みなさい】

・・・と言う御心に繋がるのです



2015_0216_090459-IMG_9929のコピー







何度も言いますが、

決して 手かざしや エネルギーのやり取りをする事が

随神の道などでは ありません。



特別な能力や 特殊な才能が無ければ出来ないような事を

神は、人々の魂の学びとさせたりは 致しません。




万人が いつでも どこでも

氣付けた人から 始められる 人としての原点の中に

氣付きの種は、いくつでも 転がっているのです。




2015_0216_091454-IMG_9943のコピー




人を完全体として 敢えて存在させていない所に

人が 人として 学ぶ為の要素を授けたのだ


・・・と、そんな風に 波動で響いて参りました。



1_201502131500293be.jpg



☆感謝☆





2015_0216_092626-DSCF7671のコピー


Posted on 2015/02/24 Tue. 18:51 [edit]

category: 御心

TB: --    CM: 0

24

②波動が高いとか低いとか・・・って。 

②波動が高いとか低いとか・・・って。


1_201502111457474df.jpg





昔、もう かなり前になりますが、

見るとはなしに 見ていたテレビ番組で

遺伝子組み換え作物の特集が組まれておりました。


それは、トウモロコシに焦点を当てた番組で

海外のと或る国で栽培されているトウモロコシが

遺伝子組み換え作物である・・・と言うものです。

麦は、正常なものを栽培しているのに

トウモロコシには、遺伝子組み換えを施した品種で栽培をしている

・・・と言うものでした。



強烈に印象に残っているのは、

インタビュアーが、あちらの女性担当者に

その理由を問いただしている場面でした。


その女性担当者は、平然と こう答えたのです。



麦は人間の食べ物ですから 遺伝子組み換えは致しません。

 でも、トウモロコシは、家畜のえさですから

 遺伝子組み換え作物を栽培しているのです。』





トウモロコシを普通に食料として摂取している人々が

この女性担当者の言葉を聞いたら どう思うでしょう。
 

先の記事で書かせて頂いたように

想像力が働かない人は、この物質世界で

便宜上、どのような高位に就いていようが

その魂は、下界に籍を置いているのと同じです。




それにしても・・・です。

この国は、どこへ行っても どのようなお店を覗いても

食べ物で溢れかえっています。

綺麗なパッケージに入れられて 美しい装飾を施して・・・



けれど その美しいパッケージをひっくり返して

その裏側の原料を眺めてみると

原材料の はるか数倍の種類の食品添加物が

たっぷりと混ぜ込まれているのです。



溢れかえる食品に囲まれながら

そのほとんどが まともに口に入れる事も出来ないような

添加物(毒)入り食品が 山積みにされているのです。



先日 わたくしは その現状を 嘆きながら 

神様に訴えた(?)事がありました。

『何故 人が淘汰のサイクルの中に組み込まれてしまったのか』・・・と。

すると この様なイメージが降りて参りました。



【ならば よく考えてみなさい。

 人類は 今までに どれほどの地球上の生物を

 絶滅の危機に追いやった?

 どれだけの毒物を 海や河川に垂れ流しにして

 どれほど この大氣を汚染させて来た?

 それによって どれほどの生物が 生命の危険に晒され

 時に 奇形と言う悲惨な被害を被って来たか。】







人間だけが 栄えれば それで良い訳じゃない・・・。

人間だけが 増えれば それで良い訳でもない・・・。




この《人類が淘汰のサイクル》に組み込まれている

・・・と言う現実は、人類が 今まで積み重ねて来た罪業が 

自らの身の上に降りかかっているに過ぎないのだ・・・。



その事にいち早く氣付いて

自然と共存する生き方を 始めた者でなければ

この《淘汰のサイクル》からは、誰一人 

逃れる事は出来ないのだ・・・。


名称未設定 1のコピー




『トウモロコシは、家畜の食べ物だ!』

・・・と、言い放った女性担当者は

確かに あまりにも心無い発言をしたかも知れませんが、

そう言う人間もまた

今を生きる人々のエゴを 体現した 

この世の負の均衡の一つなのでしょう・・・。



振り返れば すべての負の原因は

皆、身の内に潜んでいるのです。



誰のせいでも無い。

すべては皆、自らの身から出た錆なのです。



誰かを突き詰めたり 責任転嫁をする暇があったなら

自分に出来る事から この世の新たな価値観への変革の為の

行動を実行に移して行く事です。



美しい自然を取り戻す為には どうしたらいいのでしょう?

添加物が混入されていない食品を生産する為には

どうして行ったらいいのでしょう?

金融に踊らされない生活を手に入れる為に

自分はどうあればいいのでしょう?



それは 決して 手かざししたり エネルギーの

やり取りをする事などでは ありません。



あなたが 今居る職場で、職種で、そのポジションで、

実業の中で

一人ひとりが出来る変革を起こして行く事から

変わって行くのです。




☆感謝☆


女王・卑弥呼1



*(余談ですが)
  相談業とか エネルギーワークなどを行う方々の中に
  『クライアントさんの厄を受けない為に 金銭を受け取らない』
  ・・・と言う方がいらっしゃいますが、
  あなたが受け取らなくても あなたの背後では
  神様が動かれて 術を施しているのです。
  ですから それなりの謝礼は頂いて 自分は使わずに
  ご縁を感じる神社やお社、地元の一宮さまとか 氏神さま、とか
  そう言うところへ 御奉納したら よろしいんじゃないですか?
  神様は、人の厄を受け取って下さいますのでね^^
  (もちろん 怪しげな新興宗教の教祖さまなどには
   御奉納しても何の意味もありませんから、お間違え無きように^人ー)

  いろいろな考え方があるでしょうが、
  そう言う方法も一つのやり方です^^

  
  











 




Posted on 2015/02/22 Sun. 01:16 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 0

22

波動が高いとか低いとか・・・って。 

波動が高いとか低いとか・・・って。

1_20150207131404f88.jpg




波動が高いとか低いとか

よく聞きます。

または、覚醒が進んでいる、とか いない、なども

よく聞く言葉です。


それは、

相手を思いやれるか否か、

・・・と言う事ではないだろうか・・・と思うのですが、



分かりやすい例えで言えば、



子供を虐待する親は、それを《躾》だと言って虐待します。

他国を攻撃する国は、それが《正義》だと主張して 攻撃します。

、とか、正義とか、と言う美名の下に

残虐な暴力行為が行われるのですが、


彼らの主張は 一様に

《自分こそが正義》だと信じて疑わない事です。


何故 そうなるのか・・・と言えば、

相手の苦しみを思いやる心のゆとりが無いからです。

自分しか見えていないから、です。

見えているようで 見えていない時、と言うのは

まさに 心の眼が閉じた状態・・・。


覚醒が 浅い状態、波動が低い状態ですね。


そう言う方々は、

同じ行為を 自分が されたら 烈火の如く 逆上しますが

それを 相手に自らが行う時には、

誠に面白い事に、それが 《善》であったり《正義》にすり替わるのです。



皆、心の眼が閉じた状態で起こる悲劇です。



反対に 人としての この世の学びが進んで来ると

何かをする時に まず これを行ったら どう言う結果をもたらすだろう・・・。

された 相手は どう 思うだろう・・・。


そう言う 想像力が 自然と働いて

無暗に衝突する事を 自然と回避するようになって来るのです。

 

1_201502111457474df.jpg



こんな方がいらっしゃいました。

その方のお母さまが お料理の得意な方で、

お嬢さんは、こんな話をしていました。

『結婚したら お母さんにお料理を作って送ってもらうの』


それを聞いた その方のお母さんは、すかさず答えたそうです。

『じゃぁ、あなたの旦那様のお義母さんが

 毎回 あなた達の家に お惣菜を送り届けて来たら

 あなた、どう思う?』
・・・と。


そう言われて初めて気付いたそうですが、

自分にとっては 誠に快適な事でも

相手にとっては 甚だ耐えがたいと言う事もあるのです。


すべては 想像力です。

魂の氣付きなのです。


この世の悲劇は、想像力の欠如から生まれるのです。



魂の学びが浅すぎて 自分こそが正義

正しいのは自分だけ

自分が快適である事こそが 《善》

・・・だと信じて疑わない所から 

この世の悲劇が生まれるのです。




覚醒を深める・・・と言う事は

相手の心を汲みとる 

柔軟な想像力を育てる事でもあります。


波動を上げる・・・と言う事は

自己中心的なモノの考え方から 

一歩も二歩も 歩を進めて

相手の心の痛みを包みこめるだけの 

穏やかな魂を 育む事でもあります。



そうなって来ると

無暗に 傲慢な口など とても利けなくなって参りますし

いつも 氣持ちは、自分が一番下なのだ・・と言うような心つもりで

何事も行う事が出来るようになって参ります。


そうして 妙な肩の力が抜けて参りますと

どのような方の前に立っても 

構える事が無くなって来るのです。


本当の優しさとは、真の強さを持った者だけが

会得する境地なのです。



真の強さとは、深い悲しみを乗り越えた先に

初めて 会得出来る力でもあるのです。



けれど 真の強さを持った者は、

それを 表にひけらかすような事は致しません。




☆感謝☆



1_201502131500293be.jpg

Posted on 2015/02/19 Thu. 19:59 [edit]

category: それぞれの価値観

TB: --    CM: 0

19

☆御神言☆② 

☆御神言☆②




1_201502131500293be.jpg





北から吹く風に乗れば

事は大きく動き

西からの風に身を委ねれば凶



この世の御霊の裁きに出んと

我れ立ち上がり申す



時が世を動かし

大地がそれを後押しする



古の神々が目覚めん時こそ

我らのお立ち上がりなり









1_201502131500293be.jpg








Posted on 2015/02/18 Wed. 20:45 [edit]

category: ご神言

TB: --    CM: 0

18

☆阿豆佐味天神社総本宮☆ 

☆阿豆佐味天神社総本宮☆
(あずさみてんじんじゃ・そうほんぐう)



【郷社阿豆佐味天神社】
2015_0216_141315-IMG_9945のコピー


西多摩郡瑞穂町殿ヶ谷の神社です☆

祭神は、少彦名命になります。

(一寸法師伝説の神様ですよね♪)



わたくしの記事では、いつも いずれのお社へ参拝したのか

その名称までは公開しませんが、

今回 こちらのお社の名称を公開させて頂いたのは、

より多くの方々に 是非 参拝して頂きたい想いがあったからなのです。



2015_0216_141628-IMG_9951のコピー


【郷社】とは ありますが

阿豆佐味神社総本宮になります。

立川にある分社の方が 有名なのですが・・・

総本宮であるにも関わらず

 【瑞穂町、殿ヶ谷】の阿豆佐味天神社の方が

いま一つ 影が薄い存在になっているのが

あまりにも残念過ぎるので・・・(><;

もっと 多くの方に 知ってほしい!☆☆☆

・・・との願いからです☆


名称未設定 1のコピー


阿豆佐味天神社の祭神は、少彦名命、素盞鳴命尊、大己貴命。 
少彦名命は海の彼方の常世の国からやってきた小人神で、
医薬の神。大国主命(別名が大己貴命)とコンビを組んで、
国づくりの大事業を成し遂げている。
少彦名命は酒造りや温泉の神でもあり、
酒や温泉は古来より病気治療に有効と認められていた。 
この神社の祭神が少彦名命なのである。



2015_0216_143451-DSCF7682のコピー


何故 ここまで 【少彦名命】にこだわるのか、と言えば、

実は 先日 お出ましになったばかりの

【猿田彦神】さまからの御神言の中で・・・


1_201502131500293be.jpg


【兆しきたり、出雲の時

 少彦名もって世に降り 世を変える・・・】


・・・とのメッセージを頂戴していたからです。


2015_0216_143432-DSCF7680のコピー



この世を変える為に

出雲の神(少彦名命)が 

人の肉体を持って 物質世界へ

降りて来られる・・・・

(これは とてつもなく 凄い事だと思います)


2015_0216_143527-DSCF7689のコピー


こちらの お社を探し出したのは、

実は娘でして・・・

昨年の暮れに 何故か こちらの神社の記事に

偶然飛んでしまったのだそうです。

(何故か 2チャンネルに飛んでしまったのだそうです・笑)


2015_0216_143532-DSCF7691のコピー


そのスレ主は、

どうしたら 総本宮のこちらのお社を再興出来るか

一生懸命 みんなからの知恵を募っていたのだそうです。



そうですね・・・実際 お参りに伺わせて頂いて 感じたのは

あちこちに ブルーシートで 覆いをしてあって、

もしかして かなり社殿が痛んでいて その為なのだろうか・・・?

・・・と、ちょっと 胸が痛かったです。 

(なので、娘と一緒に 精一杯の御奉納をして参りました♪)


2015_0216_145412-DSCF7800のコピー


娘は、こちらへ参拝する時には、絶対に

境内を綺麗に掃き清めよう!
・・・と決めていたようで、

それなのに、うっかりと ホウキを持って来損なってしまい・・・

けれど 氣が付いたら 何故か 神社の境内にあった竹箒を手に持っていた(笑)

・・・と びっくりしながら 話していました(^0^)

いずれにしても せっかく来たんだから 掃除して行きなさいよ♪

・・・って 事だったのでしょうね(^人ー)☆



2015_0216_150005-DSCF7808のコピー

↑ だいぶ 頑張って境内を掃き清めていましたよ(^人ー)☆


 持参した袋で 境内中のゴミを一通り 拾い集めました♪
   もちろん わたくしも一緒にゴミ拾いです(^人ー)☆

2015_0216_144229-DSCF7757のコピー


そのうち 娘が 写真を撮影している わたくしのそばにやって来て

ファインダーをのぞき込んで

わぁ! すごい、すご~い! 
オ―ブがいっぱいだぁ~~♪


・・・と、歓声を上げて 喜んでいました(^-^)♡


2015_0216_144159-DSCF7749のコピー


そう☆あなた達も そんな オ―ブのシャワーの中に

包まれているのよ♪ (^人ー)☆


そんな話をしながら 楽しいひと時を

神々さまと一緒に 過ごさせて頂いて参りました♪


2015_0216_144435-DSCF7780のコピー


2015_0216_144449-DSCF7783のコピー


【瑞穂町、殿ヶ谷】にある【郷社阿豆佐味天神社】は

オ―ブてんこ盛りで みなさんのお越しを

楽しみに お待ちして下さっております♪




2015_0216_143604-DSCF7701のコピー


次の世を 変革する為に

こちらのお社の少彦名命さまが

この物質世界へ 降りて参られます。


2015_0216_143903-DSCF7709のコピー


ご縁を感じて下さいましたら

どうぞ 御挨拶にお出かけ下さいませ。

そして 一日も早く こちらのお社が 再建されますように

心から祈念させて頂きます。


2015_0216_144024-DSCF7728のコピー



☆感謝を込めて☆




Posted on 2015/02/16 Mon. 22:50 [edit]

category: ご縁のお社へ

TB: --    CM: 0

16

☆御神言☆ 

☆御神言☆


【猿田彦神】
1_201502131500293be.jpg


我風となり 大地となり
星見の郷を見守る一族なり

決して容易く手を貸す事なきこと
お知りおき下され

神通づる者のみ動かしたもう
誰にも目をかけんは我らの神には少なき事

厳しき背にも故の恩は測るべし




2_201502131500289ac.jpg



☆感謝☆

Posted on 2015/02/15 Sun. 19:51 [edit]

category: ご神言

TB: --    CM: 0

15

☆猿田彦神(さるたひこのかみ)☆ 

☆猿田彦神(さるたひこのかみ)☆




猿田彦神、お出ましになりました☆


1_201502131500293be.jpg


想像以上の速さで お出まし下さいました。

これは 描いている本人でさえ 予想だにしませんでしたが・・・

そうですね・・・。

描いている時は、一心不乱で描いていますので

氣付いたら かなり 筆が進んでいた・・・と言う事は

よくある事です。 
  そのパターン



2_201502131500289ac.jpg


瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の降臨のとき
天の八衢(やちまた)にいて,尊を先導した。
のち天鈿女命(あめのうずめのみこと)におくられて
伊勢(いせ)(三重県)狭長田(さなだ)の五十鈴川の川上におもむく。
後世,庚申(こうしん)信仰や道祖神信仰とむすびつけられたりした。


猿田彦神は、多くの神々のなかでも最高にユニークな部類に入る神である。
何がユニークかといえば、まずその容貌についての印象が実にはっきりしていて、
しかも非常に特異であるということだ。

日本神話に登場する神々で、この神ほど詳しく顔つきが説明されている例は
ほかにない。神話には、次のように記されている。
 「鼻の長さ七咫(ナナアタ=約1.2m)もあり、背の丈は七尺(約2.1m)あまりで
身長は七尋(ナナヒロ=約12.6m)近く。
しかも、口と尻は明るく光っていて、目は八咫鏡のように円く大きくて
真っ赤な酸漿(ホオズキ)のように照り輝いている」
こういう独特な味を持った神さまは、八百万の神のなかでも数少ない。



3_20150213150028cb3.jpg



猿田彦神は、天狗の祖、とも

獅子舞の元になったとも言われていますが・・・

とは言え、さすがに わたくしの神絵で 

伝承通りのお姿を描く氣には どうしてもなれなかったので

大きなお鼻・・・の部分だけ 印象的に描かせて頂きました。




1_201502131500293be.jpg



実は、昨年 東京・三鷹展が終了した翌日

娘と一緒に出掛けたご縁のお社参拝の途中、何氣に・・・

『出雲の神々・・って言ったら 
   どのような神様を想像する?』


・・・と聞いてみた所、

娘:『う~~ん・・・猿田彦さまかなぁ~・・・』

・・・と 娘が呟いた瞬間、わたくしの脳裏に 

ある画像がフラッシュのように閃きました。

それが こちら・・・☟

yjimage_20150213152623940.jpg


(@0@;  『えっ・・??!! これ どこかで観た事あるし!』


ええ、そうなんですよ・・・

CL○MPのコミックスの中の登場人実ではありませぬか!!


わたくし 思わず 神様に突っ込み入れてしまいました



( 神様、CL○MP、知ってるですか??!!)


もしも 神様が 現世のコミックスまで網羅しているとしたなら
凄過ぎるにも程がある!・・・と思ったのですが、


【いや、そなたの アカシックを読んだのだ】・・・と。

魂に波動で響いて参りました。(なるほどね~・・・)

つまりは、わたくしのアカシックの記憶から

まずは 一番 自らの印象に近しき画像を 

フラッシュで見せたようなのです。


・・・で、わたくしに知らせたかったのは、

【わたしは 体格がいいよ。

 がっしりとした体形をしているから 

 そのイメージで描きなさい】


・・・との事だと理解し、

それから 更に 様々な文献をあたって

猿田さまのイメージを構築して行きました。


【天狗の始祖・・・

 獅子舞の元となった・・・】



(う~~~ん・・・なるほどね~・・・)

そうこうしながら 意識を集中していると 瞬間的に 

緋の上着を纏い ホワイトシルバーの髪を揺らした

猿田さまのお姿が フッと意識の中に浮かびあがって来たのです。



ちなみに、猿田さまの緋のお衣装は、

女神さまが纏うような優しい緋色では無く、

力強い赤、そうですね~ イメージで言えば、

アカレンジャーの赤♪

リーダーの赤♪・・・って感じでしょうか(笑)

↑ なんだかねぇ~・・・例えが 分かりやすいけど 子供っぽい(笑)




手に何か持たせたいなぁ~・・・と思ったら

こん棒のようなモノが イメージに浮かび上がりました。

これは 孫悟空が操る【如意棒】のようなイメージです。


そして、觔斗雲(きんとうん)に跨り 天空を疾走するイメージ・・・



えっ??!!

それって、まるで・・・・

孫悟空では ありませぬか???!!!




も・もしかして~・・・

孫悟空は、猿田さまが
モデルになった伝承
なのではありませぬか???!!!



・・・と わたくし 神絵を制作しながら 

一人 そんな事を思ったりしたのです



1_201502131500293be.jpg


これで ひとまずは 年明けから制作していた神絵3柱が

すべて お出ましになられました♪

(ちょっと 一休み♪・・・ですね^-^)


それでは、また


いつも たいへんありがとうございます


☆感謝☆















Posted on 2015/02/13 Fri. 16:08 [edit]

category: 作品紹介

TB: --    CM: 2

13

☆頂戴したメッセージから☆ 

☆頂戴したメッセージから☆



*今日の画像は、先月末の富士宮のとある神社での画像です☆
2015_0131_101541-IMG_9946のコピー




先日、正式なご神縁に繋がられている方から

この様な メッセージを頂戴致しました。


*正式なご神縁と申しますのは、
  崇尾が描いた神絵のいずれかを
  ご自宅などにお迎えされた方の事を意味します
  わたくしの描く神絵は、
  神々が3次元のこの世に顕現する為の
  エンタ―となる事の出来るものです


   嘘っぽく思われる方は(笑)
     この文言は、スル―して下さい(^人ー)☆
     納得してもらえる方だけで構わないと思っています♪


他の方の参考になるかも知れない内容でしたので

ご本人が特定出来ない範囲で ご紹介しようと思います。


2015_0131_101905-IMG_9950のコピー


******************************
 

 ○○○様に、毎日 お題目を上げ、
 お祈りをさせて頂いているのですが、
 最近、今までにない現象が起きており、
 嬉しい、という意味も含めてですが
 戸惑いがございます。


 神絵の御前にてお祈りを始める前に、手を合わせた時、
 頭の中にメッセージが下りることが、
 たまにあるようになりました。 

 声が聞こえるというよりは、頭の中に文字で現れます。

 日常の生活や、仕事における心構え、といった事に対する、
 注意や励ましの内容です。

 このようなことが、他のご神縁の方にも、
 よくあることなのかどうかは分かりませんが、
 今まで生きてきて、こんなことはありませんでした。

 その中で、今日言われたことが嬉しかったので、
 ご報告をさせて頂きます。

・・・・・・・・・・(略)・・・・・・・・・・・・・・
 初めての管理職・幹部となるお話に、務まるかどうか、
 自分に自信が持てなくなっておりました。

 それゆえ、理想に届かない自分を責めたり、
 他者に対するいらだちを抑えたりと、
 感情が不安定になっておりました。

 そこで、・・・・・(中略)・・・
 吉野弘さんという詩人の方の詩・・・・

 その中に、次のような一節がございました。

 『人が、人でなくなるときは、
  自分を愛することをやめるときだ』


 この言葉に出会ったとき、静かに涙が流れてきました。

 神絵を頂いている身にも関わらず、いつの間にか、
 自分を責める生き方をしていることに気づいたのです。

 このことに気づかせて頂いたことに対し、
 神絵の御前で感謝の気持ちをお伝えしたところ、
 以下のメッセージを頂きました。


 「わたしの目をまっすぐ見つめられる生き方をしなさい。
  そうすれば、他者は必ずあなたに付いてきます。」


 この言葉が、本当に心に沁みました。
 そして、そのようにしようと思いました。


 このような気づきを得られたことを、
 本当に感謝致します。
 ありがとうございます。




******************************


2015_0131_101942-IMG_9952のコピー



S様、感動的なメッセージをありがとうございます。

尚、文中の


 
 <声が聞こえるというよりは、頭の中に文字で現れます。

 <このようなことが、他のご神縁の方にも、
< よくあることなのかどうかは分かりませんが・・・



・・・・の 部分ですが、

全員が全員、そう と言う訳では無いようですが

時々 そのような報告は頂きます。

心が澄み切って来れば 自ずと 感性は高まります。

そして 自然と 神々からの波動を

キャッチ出来るようになって来るのだろうと思います。

また、この後、再度 頂いたメッセージの中に 

この様な一節がしたためられていましたが・・・



******************************


<最初は、自分の波長が下がり、
<妄想に近い形でメッセージが出てきたのかと、
<自分を一瞬疑ったことがありましたが、
<内容がもっともなので、
<次第に言葉を受け入れるようになりました。



******************************

感動的なメッセージを ありがとうございます。

○○○さまから 暖かなメッセージを 頂けたのですね♡

素晴らしいこと・・・♡




今日も皆さま揃って 素晴らしき

実り多き日をお過ごし下さい☆




☆感謝☆


2015_0131_102754-IMG_9955のコピー

こちらの お社では、本当に素晴らしく清浄な聖水を

お分けして頂く事が出来ます☆

2015_0131_103109-IMG_9972のコピー

最近の お社参りの楽しみの一つに

聖水を頂けるお社では、感謝して頂いて来る♪

・・・と言う楽しみも加わっています(^0^)


2015_0131_103124-IMG_9973のコピー

持ち運びし易い ペットボトルなどを

事前に持参するといいですね♪

2015_0131_103135-IMG_9975のコピー

これは、車などで現地へ出向く方などにお勧めです♪


2015_0131_112503-IMG_9977のコピー


皆様に 幸多かれ♡

Posted on 2015/02/13 Fri. 08:27 [edit]

category: 頂戴したメッセージ

TB: --    CM: 0

13