05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆猿田彦神社☆ 

☆猿田彦神社☆
(偶然 立ち寄ったお社にて)




猿田彦さまを御祭りしているお社は
この日本全国
数え切れないくらいありましょう

(それだけ お力がお有りだって
 証でもありますが♪)

このお社もそんな数多き
猿田さまのお社の一つです。



【猿田彦神】
1_201506110933479b3.jpg




実は、鈿女さまのお社へ
ご挨拶に行く途中
偶然 見つけたお社なのです。


(・・・って事は やっぱり 
行かねばならないって事かしら?
やっぱり 夫婦神だしね・・・
意味があるのかしら・・・?)




などと 独り言をつぶやきながら
急遽 目的地を変更致します。



【猿田彦神社】

2015_0625_125829-IMG_2395のコピー



猿田さまのイメージは
何となく バンカラな感じ♪

サックバラン、とでも言いましょうか・・
(*^-^*)



4_20150630204052e5b.jpg



【おいおい!
 せっかくここまで来て
 前を通りかかったんなら
 寄ってけばいいじゃん!】


・・・みたいな?(笑)

まぁ、ちょっと砕け過ぎ?
かも知れませんが(^0^)


猿田さまには そんな
親しみやすさを感じます♪




***************************

けれど 親しみは感じても
だからと言って 決して 
安易に近寄れるような方々ではありません

神様方と言うのは
そう言う方々なのです
 
親しくお声掛けして下さる事はあっても
人とは 常に 一線を引いて
決して 何人と言えども
迂闊に 懐に入れる様な事はなさいません

***************************


2015_0625_130007-IMG_2399のコピー




そうそう♪

椿大神社(猿田さまのお社)
・・・へご挨拶に出向いた時には
その大きさに驚いて・・・


【椿大神社】
9_201506302045376c7.jpg


心の中で

(凄いなぁ~~!
 猿田さまって
 こんな荘厳なお社に
 住まわれているんだぁ~~!!)


・・・って びっくりして ビビっていたら

なんとなく こんな感じが
波動で響いて来ました(笑)


【へへん♪ どうだい、驚いたかい?
 俺様の御殿は 立派だろう?】


**********************
なんか まさに 自分の事
【俺様】・・・って(ジョークで♪)
言ってそうな感じがする、猿田さまって(笑)
(^人ー)☆
**********************


・・・みたいな波動が響いて来て
思わず 苦笑いした事があったのですが・・・



【猿田彦神】
2_201506302100239b1.jpg






神様方って
なかなかにして 
お茶目な方々なんですよ(^人ー)☆


決して 尊大ぶったり
偉そうにふんぞり返ったりしておりません。

至って 普通で・・・


(偉大な方ほど 
 自分を大きく見せようなどとなさいません)


フレンドリーでもありますが、
さりとて 同化はなさいません。


あぁ、これって、
以前 神様が仰っていた
立ち位置そのものだわ・・・と
つくづく思ったのですが、




2015_0625_084005-IMG_2245のコピー



人の人生に寄り添いはしても
人の人生に同化せず
人の手の届きそうな所にはいても
決して 人の手の届く人であってはならぬ



2015_0625_130058-IMG_2401のコピー




まさに その立ち位置を
神さま方は キープしておられるのです

さりとて もちろん 
威厳のお有りになる方々ですが
同時に 様々な感情や感性を持たれていて
それが 実にちょうどよく バランスを
保たれていらっしゃるのです



【椿大神社】
7_20150630213946150.jpg





そう、

中庸ですね。
ニュートラルなんです。
どちらか 片一方にぶれる、と言う事が無くて


すべてを網羅していて
すべてに精通して居られながら
けれど 決して どちらにも
片寄る事無く
常に中庸をキープしておられる


絶妙なバランス感覚


2015_0625_125822-IMG_2394のコピー





神々の波動とは 
何事にも決して 片寄らず
常に一定のバランス感覚を
キープし続けられる
ブレ無い精神力と堅固な意志の力・・・



これは 一見
簡単そうに見えて
おいそれと 
誰にでも出来る事ではありません






☆感謝を込めて☆




1_201506302143148dc.jpg
スポンサーサイト

Posted on 2015/06/30 Tue. 21:53 [edit]

category: ご挨拶参りの旅

TB: --    CM: 0

30

ご挨拶詣りの旅へ⑤ 

ご挨拶詣りの旅へ⑤
(信州二の宮・小野神社)




2015_0625_113119-IMG_1394@



こちらのお社は、④でご紹介した
矢彦神社に隣接したお社
【小野神社】と申します。




2015_0625_111841-IMG_2389@.jpg




【小野神社】と申しますと
ついつい
(ご祭神は、瀬織津姫さまかしら?)
・・・と思いがちですが、



【瀬織津姫】
@1_20150630164516256.jpg




ちゃんと調べてみましたら
建御名方神さまが
御祭神になって居られました。



【建御名方神】
2_20150626073514825.jpg



でも、あながち
瀬織津姫さまと無関係、と言う事は
無いと思いますよ☆


だって、矢彦・小野、両神社の手水舎の
素晴らしい事を鑑観れば
水を司る【瀬織津姫】さまが
ノータッチとは考えにくいですよね。



【矢彦・小野神社の手水舎】・・再UP♪
2015_0625_103600-NEC_0644@_20150627213804ce3.jpg


ふるさとの水 20選にも
選ばれている程の名水ですし♪



2015_0625_103600-NEC_0643@.jpg



水の清浄な土地は
波動が素晴らしいですね♡


この土地は守られている
・・・そんな想いを 強く感じました


2015_0625_111637-IMG_2371のコピー


境内には 神々の息吹が
溢れています



2015_0625_111708-IMG_2378のコピー


しばらく滞在して
心地良い波動に抱かれてみました♡



2015_0625_111801-IMG_2387のコピー


ところで、

神のご用を携えて
この世に降りて来る御霊は
たいへん 多いのだそうです。

けれど そのほとんどが
途中でリタイアしてしまい
最後まで 正神と繋がり続ける
事の出来る者が
ほとんど居ない事



2015_0625_111655-IMG_2375のコピー


物質の世に降りて来て
物質の誘惑は 強烈なのでしょう

ほとんどのモノは、
願いが叶う状況を手にすれば
一瞬で狂います。

神のご用を持って
この世にやって来るモノのほとんどが
与えられない、認められない、と言う
極限の行をかけられているので


欲望を実現出来る状況を与えられると
まず その<欲望>を満たす事に
狂奔してしまいます。

理性は、欲望の前で
一瞬にして 
吹き飛んでしまうモノが
ほとんどです。


そこに この世の行の
何たるか、が御座います。

ありとあらゆる<欲望>を
自己制御出来ずして
真の先導者には 成れませぬ



神は ありとあらゆる者の
一挙手一投足を
すべてご覧になっておられます。

3次元世界で生きている
大方の人々にとっては
この感覚は ちょっと
理解出来にくいかも知れませんが


高次元世界の意識体の方々と言うのは
何でもあり、だとご承知おき下さい。

そう言う<意識レベル>を
持たれた方々なのです。

(誰も見ていないから・・・)は
一切 通用しないのです。



タカオごときが
このような発言 僭越かとは思いますが

けれど 記事が消えなかったので

おそらく
伝えてほしいのだと思います。

末筆ながらではありますが
参考になれば幸いです☆(^人^)☆



☆感謝を込めて☆



@1_20150630164516256.jpg




Posted on 2015/06/30 Tue. 17:49 [edit]

category: ご挨拶参りの旅

TB: --    CM: 0

30

ご挨拶詣りの旅へ④(信州二の宮・矢彦神社) 

ご挨拶詣りの旅へ④
(信州二の宮・矢彦神社)



2015_0625_105237-IMG_2321@.jpg





こちらのお社は、次のお社への移動の途中
偶然 見つけたお社なのですが・・・


1_20150627213804bb7.jpg



信州の二の宮と言う 誠に立派なお社です。

すぐ隣には、小野神社が隣接して建立されていますが
今回は 先に 矢彦神社の方をご紹介致します☆


2015_0625_105945-IMG_2339@


正殿には、
大国主命さまと 事代主命さま
お祀りされております☆



<出雲三大将>

【大国主命】
3_20150627220726f40.jpg

【少彦名命】
1_20150627220725011.jpg

【事代主命】
2_20150627220726df7.jpg


そして、建御名方神さま

2_20150626073514825.jpg


それぞれ これからの出雲の復活に際して
重要なお働きをなさる神々さまです



2015_0625_104518-IMG_2314@

お水もたいへん素晴らしいご神水です



2015_0625_103600-NEC_0644@_20150627213804ce3.jpg


さっそく 有難く
お分けして頂いて参りました♪



2015_0625_103600-NEC_0643@.jpg


境内に溢れる 清々しい氣・・・


2015_0625_110638-IMG_1387@



これほどまでに 立派なお社に
参拝者がタカオ一人しかいない!
・・・と言う事が 実に不思議です・・・。



2015_0625_111224-IMG_2343のコピー


しかも!
これほどのパワーを秘めたお社を
御守りされている宮司さんも
巫女さんもいらっしゃらない・・・

誠に 奇妙な現象です



   2015_0625_111130-IMG_2341@


どうぞ 地元のお社を大切にして下さい


2015_0625_111313-IMG_2350のコピー


神はちゃんと居られます



波動ですから 肉眼で見る事は叶いませんが


2015_0625_111337-IMG_2356のコピー



その存在は たしかに いらっしゃるのです


2015_0625_111346-IMG_2358のコピー



そして 正しい行いには 頬笑みを
誠実な行動には 慈愛の祝福を



2015_0625_111402-IMG_2361のコピー



どれほど 世が荒びを増して来たとしても
永遠に普遍で在り続ける事が出来るのは

心の中に 真実を貫き続ける事が
出来た者だけなのです



☆感謝を込めて⑤(小野神社)へ☆

Posted on 2015/06/27 Sat. 22:15 [edit]

category: ご挨拶参りの旅

TB: --    CM: 0

27

ご挨拶詣りの旅へ③ 

ご挨拶詣りの旅へ③



建御名方神さまの お祖母さまのお社が
長野にはあるのだ、と言う事を知ったのは
先日の長野展でのご縁が切っ掛けでした☆



2015_0625_100816-IMG_2305@


展示会の帰路に 一度立ち寄って
その時に受けた印象が
とても強烈だったので、
なんとしても もう一度 詣でてみなければ!

・・・と思っていたのです。



2015_0625_100319-IMG_2285@


不思議にも 前回 感じたような
不可思議な違和感は消えて居りまして

(ホッとしました♪)

参拝している間中
ずっと 爽やかな風が 
そよいでおりました♪



2015_0625_095954-IMG_2283のコピー


こちらのお社へは 何としても
【建御名方神】さまのご神水を
撒いて差し上げなければ
・・・と思っていたせいなのか・・・。


ご覧の通りの美しいオ―ブが♪



2015_0625_100616-IMG_2289のコピー


この光は 前回は、ご神木の所でしか
撮影出来なかったものだったので、
嬉しかったですね♡

やっと お社の所で撮影出来ました♪



2015_0625_100620-IMG_2290のコピー


神様は肉体と言う【物質】を持たないので
自ら動く事が出来ません。
そこ 不思議に思われる方も
いらっしゃるでしょうが(笑)


『どこでも お出まし出来るのに 何故??!!』


・・・って(^0^)

ええ、不思議ですよね~

でも 神様って 波動ですので
物質(肉体)を持ちません。


ですから 自分で 何かを運んだり
出来ないのです。

なので、神の力を水に写して
ご縁の方を通して 
その水を目的のお社(神様)まで
運んでもらって
神の力を 他のお社へ 移す


・・・と言う事をなさるのだそうですよ(^人ー)☆



2015_0625_100733-IMG_2301のコピー


それから ちょうど 地元の方が
このお社の近くにいらしたので
確認致しましたところ・・・


2015_0625_101722-IMG_2308@
(建御名方さまの御祖母さまのお社)


建御名方神さまの御祖母さまは
この鳥居の付いたお社だそうです。

けれど ほとんどの方は、
こちら(鳥居の無い墓石)の方を
御祖母さまのお墓と勘違いしている、と
その様に話されておりました☆



こちらの墓石は、先祖代々の宮司さんと
そのご家族の陵墓なのだそうです。

(地元のおじ様に確認して善かったです♪)

きっと 御祖母さまも 皆さまの勘違いを
訂正なさりたかったのでしょう☆


2015_0625_101811-IMG_2310@
(先祖代々の宮司さんの陵墓です)



それにしても 今回は お社の裏側から入ったので
マレットゴルフ場の全容を
それはもう はっきりと
見回す事が出来ました(^-^;



2015_0625_095229-IMG_2272のコピー

地元の方が仰るには
『親しみをもってゴルフ場にしているのです』
『その地形が丁度適しているので、
 他にもこのようにしているお社はありますよ』

・・・との事でした(^-^;

2015_0625_095644-IMG_2280@

ちょっと 微妙な氣は致しますが・・・


2015_0625_095307-IMG_2273のコピー


何はともあれ、ひとまずは
感謝と言う事で
穏便に納めておく事に致します♪

(*^v^*)♡




☆感謝を込めて④へ☆


























Posted on 2015/06/26 Fri. 17:40 [edit]

category: ご挨拶参りの旅

TB: --    CM: 0

26

ご挨拶詣りの旅へ② 

ご挨拶詣りの旅へ②
(諏訪大社・前宮)



2_20150626073514825.jpg


ありがたいご縁を頂けて
諏訪の神様の御姿を描かせて頂いた時から
こちらのお社さまへは
不思議なえにしを
(勝手に・笑)
感じさせて頂いておりました。


2015_0625_085117-IMG_1382のコピー



こちらには 本当に素晴らしい
清浄なご神水があって



2015_0625_085133-IMG_1383のコピー


これから始まるご挨拶詣りの一番最初に


2015_0625_090112-IMG_1384のコピー



是非ともこちらの聖水をお分けして頂きたくて♡



2015_0625_090129-IMG_1385のコピー


お天氣にも恵まれて
お社も一段と 輝きを増して居るかのようです



2015_0625_084334-IMG_2262のコピー


こちらのお社へ ご挨拶に来させて頂いたのは
もう複数回になりますが・・・



2015_0625_084223-IMG_2253のコピー


こんなにもたくさんのオ―ブに
歓迎を受けたのは
今回が 初めてかも? 知れません(*^v^*)


(雨降ってたり、曇っていたりして
 なかなか お日様が出ていなかった事もありますが・・・)

2015_0625_084342-IMG_2264のコピー




ここまで辿りつけた事を
娘に写メで知らせようと 携帯を構えると・・・



2015_0625_084800-NEC_0641のコピー


携帯の画像には、
この様な光が 写り込みました♪



2015_0625_084600-NEC_0637のコピー


こちらはこちらで
また 一味違う美しさがありますね♪


ご挨拶詣りの旅は まだまだ続きます♪





2015_0625_091800-IMG_2270のコピー

諏訪大社さま周辺に咲き乱れる美しい花々♪


2015_0625_091735-IMG_2269のコピー



清浄な聖地の周辺には
たいがい この様に 
美しい草花が咲き乱れています♪

磁場がよろしいのでしょう♡



☆感謝を込めて ③に続きます☆

Posted on 2015/06/26 Fri. 08:01 [edit]

category: ご挨拶参りの旅

TB: --    CM: 0

26

ご挨拶詣りの旅へ① 

ご挨拶詣りの旅へ①




目指すは信州♪

途中、朝霧高原を抜けて
富士の艶姿に しばし車を停めて
記念写真です♪


1_20150625193657899.jpg


ここは 絶好のシャッタースポットね♪



・・・と ふと足元をみると!


2_201506251937213c6.jpg


おやおや、どなたが 捨てたのかしら?


まだ 旅の途中だけれど
こんなに雄大な絶景を前にして
ゴミを観過ごす事も出来ませんでしたので・・・



3_20150625193702fae.jpg


まずは、いつも持ち歩いているゴミ袋を取り出して
しばし<ゴミ拾いに専念です♪>




4_201506251937023dd.jpg


ゴミが無くなった富士山の景色♡
美しさが更にUPしました♪


一路 信州を目指して北上して参りますと
次の景色は 果物(桃)の木に
たわわに実った 
薄紅色の美味しそうな桃の実が~~~


7_20150625194715a53.jpg



「わたしを 食べて~♡」

・・・って 誘っているようで・・・♡ o(〃^▽^〃)o




5_20150625193716666.jpg


・・・って 氣付けば 目の前に

「ここ ここ! わたしは ここよ~♡」

・・・って、桃さんが 呼んでいる♪
 ☚ 勝手に・・・;


6_20150625194711b74.jpg


氣のいいおじいちゃまが お店に立っていて
桃を一箱購入したら
『はい! これ おまけね♪』


・・・って、スモモを1パック
おまけしてくれました♪


思わず、
『よっ!! 男前!!♪』
・・・って 声掛けそうでしたが
そこは にこって 微笑んで
一路 次の目的地へ♪



☆感謝を込めて ②へ続きます♪☆
(^人ー)☆




Posted on 2015/06/25 Thu. 19:58 [edit]

category: ご挨拶参りの旅

TB: --    CM: 0

25

☆随神の道☆(或る出会いから) 

☆随神の道☆
(或る出会いから)




blog_import_53e61c5db1851.jpg




この様なお仕事をさせて頂いておりますと
実に様々な出会いが御座います。


その中に この様な出会いがございました。


その方が仰るには・・・
『或る日、メッセージを頂戴して
 <もっと人々に宇宙の事をお知らせしなさい>
 ・・・と言われたのです。
 ですから それから 一生懸命 5年間かけて
 出会った方々に 宇宙のお話を語って参りました。』




【女王・日巫女】

女王・日巫女②


なるほど・・・
正直、お話しをお伺いしながら
かなり驚きましたが
そこは 表情には一切出さず
あくまでも 平常心で 
その方のお話を伺っておりました。



『でも 成果は 何もありませんでした。
 仕舞には 偽善者だと非難されました。』




【須佐】
須佐①


うつむき加減で話すその方に
それでも わたくしなりのお言葉を
お掛けせねばなりませんので

それは ちょっと 厳しいお話しも
せねばなりませんでしたが
正直な氣持ちを お話しさせて頂きました。



【建御雷神】
たけみかづちの神




ジャンルこそ違えど
現象こそ異なっておれど

その方と 似たような事を(方向性を間違って)
それが 神の望む道なのだと信じ切って
一生懸命 突き進む方が
結構 いらっしゃるんです。


何故 そうなるのか、と言えば
功を急ぎ過ぎるからです

いきなり大きな事をしようと
(まだ その力が備わっていないにも関らず)
一足飛びに 


人から認められたい
人から尊敬されたい
大きな手柄を立てたい
自分を大きく見せたい


そんな内なる功名心が
そう言う方々の内面には 潜んでいて
その思いに 呼応するように
人の虚栄心を巧みに操りながら


<闇>は周到に 人の心のひだに
もぐりこんで来るのです。


それ故に
物事がよろず カラ回りして行くのです。



【猿田彦神】
1_201506202312490f9.jpg



あなたとて いきなり宇宙の話をされたら
ちょっと 引きませんか?


わたくし達は この地球で
現在 地球人として生活しております


何故、地球人として 
この世界に生きているのでしょう?


それは 今生、人として
この世の学びをする為に 
この地球にやって来たのです。


(なんて 言い方をすると すでに タカオも
 危ない人認定でしょうか? 笑)


【奴奈川姫】
名称未設定 1のコピー



人として 地球人として
この世界に生かせて頂いている事に
何故 宇宙語を話せたりする必要が
あるのでしょうか?


宇宙の事は 知識の一つとして
知っていても もちろん差し支えないでしょうが


さりとて 
それで 自分は特別な存在、だとか
自分たちは選ばれた人間だ、などと
歪んだ特権意識を持たれるようなら
話はまったく違ったものになると思います。



【大宜都比売】
1_20150611094901451.jpg




5年間 宇宙の話を一生懸命して来たけれど
何の成果も無かったと 肩を落とすその方が


もしも

その5年間を ささやかなりとも 陰徳を
毎日 コツコツと積み重ねて来ていたなら

どれほどの徳を この世に積み重ねる事が
出来ていたでしょう。



【菊理姫】
1_20150611094411bbb.jpg


もしかしたなら タカオと出会わせて頂いた時には
すでに 正式なご神縁さまとして
神がお認めになられていたかも知れません。



いえ、別に ご神縁さまを
殊更 氣にする必要は もちろんございません。



どう言う生き方、どのような活動の形態で在ったとしても
それが 正しい随神の道を歩んでいるのであれば


ルートこそ違えど
到達点は 必ず 光へ 連なって行く事でしょう。


5年間 やって来た事に 何の成果も得られなかった
・・・と言う事は 紛れもなく 
方向性が違っていた、と言う事なのです。



【大国主命】
3_201506110938131cb.jpg



何度も 何度も わたくしは
このお話しを させて頂いておりますが、




神は求めるものではありません。


求める心には<欲心>が生じます。

その<欲心>に呼応するものは
<邪>でしかありません。



ただ 一心に 
まっさらな真心を捧げる存在こそが
神なのです。

とは言え、決して 
大上段に構えるようなものでもありません。




【天宇受売命】
2_20150611093342a57.jpg




毎日を 感謝と共に生き
ただ淡々と ただ 粛々と
誠心誠意 生き抜く日々の中にこそ
随神の道は 連なって行くのです。




☆感謝☆


【八神様】
神柱・正

Posted on 2015/06/23 Tue. 09:27 [edit]

category: 随神(かんながら)の道

TB: --    CM: 0

23

☆日本は世界のひな型☆ 

☆日本は世界のひな型☆


須佐①





皆さんが

『世界がたいへんな状態だから

 世界を助けなければ!

 世界へ援助しなければ!』


そう仰るお氣持ちは よく分かります。

否定はしません。

ですが、ならば 何故 

世界がこの様に混沌を極めているのでしょうか。

それは 日本が

ガタガタの状態になっているからです。

日本は、世界のひな型です。

その【ひな形】である日本が

大本の国である日本が

心棒を見失って

あたかも大海を漂流して居るかの如くな

状態になっているから

世界が混迷の度合いを増しているのです。

世界を この世を

根本から 改善したい、と

心底 願うのであれば

まずは この国から

この日本の国を

元のまっとうな価値観を宿した国に

戻す事から 始めねばなりません。

その為に

あなたの足元を固めて下さい。

いきなり 大きな事をしようと

まして この世を変革しよう、などと

大上段に構えるのでは無く

小さな変革を あなたの身の廻りから

草の根的な活動を

コツコツと積み重ねる事から

始めて下さい。

例え どのようにささやかな変革(善行)であったとしても

それを毎日 毎回 コツコツと積み重ねて行く事で

あなたも あなたの周りの人間も

確実に 少しづつ(善い方向へ) 変化して参ります。

その善の変化は

波動となって 

この世に広がって参ります。

特別な事をしようと焦るのでは無く

まずは あなたの足元から

あなたに出来る事から

焦らずに 確実に 善の変革を

起こして行く事の大切さに

どうぞ 氣付いて下さい

世界を 真に変革出来るのは

この日本の国だけです

他のどの国よりも

大きなお役目を持って

この国は存在し

だからこそ

他のどの国よりも

課題が大きいのです

他のどのような国よりも

試練が苛酷なのです

けれど その試練を乗り越えられるだけの

天賦の資質を

この国の人民は 生まれながらに持っているのです

その事に どうぞ 氣付いて下さい

世界に真の目覚めをもたらす事が出来るのは

この日の元の国

日本の国だけなのだ、と

万人が まずは 氣付く事から

本当の精神世界の幕開けが始まります



女王・日巫女②





☆感謝☆








Posted on 2015/06/20 Sat. 23:39 [edit]

category: 神様のお話し

TB: --    CM: 0

20

☆物質世界の終焉☆ 

☆物質世界の終焉☆



たけみかづちの神




物質世界が終焉するのですから

その【物質】に

翻弄されない者が出て来なければ

この世は 変われませぬ



1_201506202312490f9.jpg


☆感謝☆








Posted on 2015/06/20 Sat. 23:15 [edit]

category: 二極化して行く世界

TB: --    CM: 0

20

☆ご縁のお社へ☆ 

☆ご縁のお社へ☆



2015_0615_091512-IMG_1359のコピー

こちらのお社の祭神は
建御名方神の御祖母さま
大国主命さまの母神様で在らせられます。



2015_0615_091550-IMG_1360のコピー


こちらのお社へ お導き頂けたのは
先日の長野展からのご縁でした。



2015_0615_093352-IMG_1373のコピー


最近では お社の御名が
具体的に上がって来る時には
何がちかの意味がある、と
ひとまず 
心のどこかに留め置くようにしています。



2015_0615_093424-IMG_1374のコピー


それにしても・・・ 何とはなしに 
あまり手入れが行き届いていない感じ・・・


(こちらのお社は もっと 
  大切に扱われて良い筈なのに・・・)

そんな事を思いながら 精一杯
ご奉納を賽銭箱に入れて参りました。




村社とか 郷社の扱いだそうですが・・・
それにしても・・・何か 
このまま立ち去れない・・と言いますか


車から 遠目で眺めた時
小さな祠が 背後に幾つか並んでいたのを
見ていたので それを確認してみようと
背後に廻ってみて


驚きました!


2015_0615_091847-IMG_2151のコピー


境内地の中に 
パターゴルフ場が作られています。



2015_0615_092832-IMG_1369のコピー


それも 祠が建立されている
すぐそばまで ゴルフコースが
作られているのです



2015_0615_091756-IMG_2149のコピー


この光景には 我と我が目を疑いました。



2015_0615_091823-IMG_2150のコピー


いったい 誰が 
ご神域を 遊技施設に変えてしまったのか・・・



2015_0615_091906-IMG_2152のコピー


この光景は あまりにも惨く・・・


2015_0615_092916-IMG_1370のコピー


天に口無し・・・

人をして 言わしむる・・・



2015_0615_092931-IMG_1371のコピー


この光景を 神は どのような御心で
見詰めておられたのだろう・・・と。



2015_0615_092947-IMG_1372のコピー


何も言わないから いい、のでは無く
何も言わなくとも
天は すべてをご覧になっています。



2015_0615_091002-IMG_2111のコピー


それでも ご神木に ファインダ―を当ててみると
歓迎して下さっているかのような 
美しいオ―ブが たくさん写り込みました☆



2015_0615_091230-IMG_2132のコピー


神は 波動ゆえ、万人の肉眼で
見る事は叶いませんが

けれど その存在は確かに
この世界に存在しており

人々のすべてを
常にしっかりとご覧になっておられます。

そして、

善には善の
悪には悪の報いが
同じように現れるのです。


2015_0615_091251-IMG_2135のコピー



地元のお社を
どうぞ 大切にお祭りして下さい。
 
神は 大切にして
し過ぎる、と言う事は御座いません。



☆感謝☆






Posted on 2015/06/18 Thu. 19:58 [edit]

category: ご縁のお社へ

TB: --    CM: 0

18