05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆手作り麹☆ 

☆手作り麹☆
(出来ちゃった♪) ≧(´▽`)≦



これは もう 必要に迫られて作りました(^-^;
(人生 お初・麹です♡)
そして 出来ちゃった事に感動しました♪


☟ 今朝 覗いた時、麹の花が咲き始めているのを
   確認しました♡
2016_0629_060501-IMG_9461@.jpg


こちらは、5/3の自然生活の末尾部分でご紹介した
手前味噌作りの関連記事なのですが・・。
http://ameblo.jp/kurirakugan/entry-12156381163.html

味噌作りには、麹は欠かせません。
そこで 麹を自ら作り事が出来れば
かなりの部分 味噌作りを自前で作る事が可能となります。


ところが、この麹、やすやすとは出来てくれないそうで・・・

他の方から 事前に失敗談を聞かされていたので
そうそう たやすくは出来ないだろうと
半ば 諦め気分で あまり 力を入れず

適当に ほかしながら 作ったのが
案外、功を奏したのかも??・・・知れません(^v^;

もの事、何が幸いするか分かりませんね♡


☟ 夕方になると こんなにいっぱい
   麹の花が咲き乱れています♪
   (完成ですね♡)
1_201606291909251b9.jpg


参考にさせて頂いた書物は、
≪料理研究家≫きのこ、さんの著書で
【発酵マニアの天然工房】三五館です。



素人でも挑戦し易いように
米500グラムで作ってみました♪


お米を一晩 水に浸けて
翌朝 水からあげて 30分間
水を切ります。

玄米と白米では 多少 扱いを変えますが
詳細は、本をご覧になって下さい。



最初から 成功する事など
期待すらせずに 作ったので・・・



2016_0629_174032-IMG_9462@.jpg


蒸した布巾の中で 麹菌を混ぜあわせ・・・
(適温40度くらいだと 読んでいたのに
 この適温期を逃し 冷めてしまった状態での
 麹菌の散布です・汗)
 
☝ もう 最初っから 失敗を覚悟の上で 作って居ますので・・・


2016_0629_174220-IMG_9464@.jpg

   

夏場なら ポリタンクの中に 
そのまま入れておけばOKだと書いてあったので
そのまま 放置♪


でも、一応 乾燥しないように
布巾で覆います☆


2016_0629_174236-IMG_9465@.jpg


こんな状態のまま
時折 ポリタンクの中を
カビが生えていないか 
ドキドキしながらの確認です。


2016_0629_060501-IMG_9461@.jpg


それなのに
想像以上の出来に
感動しきりです♡


案外 出来ちゃうものなんですね~♪


感動とともに シェアしてみました♪



☆感謝☆


スポンサーサイト

Posted on 2016/06/29 Wed. 19:35 [edit]

category: 自給自足生活♪

TB: --    CM: 0

29

☆支笏湖清掃活動(北海道チーム)☆ 

☆支笏湖清掃活動(北海道チーム)☆




先日、北海道の御神縁チームとしのぶさんとで
支笏湖の清掃が行われました。
(写真提供は、しのぶさんです♪)


DSC_1390@.jpg


支笏湖清掃作業の手元を
裏面からサポートしてくれたのは、
名古屋の弘美さん♪


DSC_1377@.jpg


それぞれのネーム入りの軍手を
可愛らしく素敵に刺繍して下さいます♡

(弘美さんは、チーム関西の清掃活動の刺繍入り軍手も
 提供して下さいました♪♡)

弘美さん、北海道チームも、たいそう喜んでおられたそうですよ♪
いつも 素敵なご配慮、誠にありがとうございます♡


DSC_1376@.jpg


<空港ですでに気合いが入ってますf(^_^;)


しのぶさんが 新千歳空港に降り立った時から
すでに ヤル氣満々の面々です♪

(この気迫溢れる後ろ姿を とくとご覧下さいませ☆☝)


DSC_1387@.jpg


<車から降りて、めいめいごみ袋をもち、
<集合時間を確認し(1時間後にしました)。

<じゃあ、僕はこちらにいく、
<では、わたしはこちらに、
<わたしはこちらに、
<わたしはこちらに、

<と、各自テリトリー(笑)を決めて、
<すぐさま解散(笑)

<余分な会話もなくもくもくと作業。

<一時間後に、めいめい収穫物を抱えて再集合。

<さすが、大神さまが認められたかた。
<仕事が早いし見事な連係プレーでした。


 ~以上、 しのぶさん、からの御報告より~



DSC_1390@.jpg


<持ち上げているごみ、サンダルが写っているものがありますが、
<サンダルと一緒に写っているのは、ひしゃげた灯油缶です。
<中身がなかったのが救いです。



1_2016062710494221f.jpg



この他にも 関西チーム 中部圏チーム
しのぶさんを交えたり
単独、或いは 地元の方々で集まりながら
独自の清掃活動をなさっておられるようです。

そして、神戸の御神縁さまは、
清掃活動の神戸支部を開設なさったそうです♡


また 守屋山の一件から 独自に清掃チームを開設された
関東圏の御神縁さまグループ♪

それに 合流して 共に清掃活動をされたり♡

すべてを こちらのブログでご紹介してはおりませんが
皆さん それぞれの在所で
それぞれに出来る精一杯の善行で
この地球の浄化活動に勤めておられます。


誠に素晴らしい限りで御座います(*^-^*)


そして、こちらは ご褒美だったのでしょうか?♪
いずれのお方なのか、コーヒー缶の差し入れを下さったのだそうです♡
(良かったですね♪)
DSC_1402@.jpg



さて、一方 この日のタカオは、・・と申しますと、
皆さんが 各々の在所で 
各々の御神業に勤めておられるのと同じ頃

早朝5時から 一人農業
勤しんでおりました♪

先日来 ずっと 氣にかけていた
在所の周辺の細長い小さな空き地を
(幅60センチ 長さは10メートルほどでしょうか)
早朝から 丸一日がかりで 開墾して
【エゴマ】の種を蒔いたのです☆


1_2016062711274261f.jpg


石でゴツゴツの荒れた土地を
辛抱強く掘り返して 石を取り除き
25リットル入りの園芸用土を
6袋ほど 混ぜ入れました。


エゴマの種まきは、5月~6月中旬ころまでと伺っております。
時期としては もう ギリギリですので
氣は急いておりました。


蒔いた上から 濡れた新聞紙で覆います。

芽が出るかどうかは 分かりませんが・・・
(何しろ エゴマの栽培は、生まれて初めてです・汗)

蒔いておけば 何とかなるでしょう☆w


【咲耶】(木花咲耶姫)
@1_201606271155411b3.jpg

 
さて、神々が 再三に亘って
【自給自足生活】の大切さを
知らせて来られるのは

何も 食糧難が巻き起こる可能性が
大きいから、だけではありません。

すでに 多くの植物の種に
遺伝子操作が施され

植物が本来持つ 天賦の滋養が
意図的に歪曲されてしまっている事もあるからなのです。


【まともな食料を 口にする事すら出来なくなる。】

それら 意図的に 歪められた遺伝子は
人の細胞を痛め付け
人本来に備わった生命エネルギーを
奪い取り 生氣を吸い取って行くのです。

わたくし達は今、この【闇】を かいくぐって 
生き延びなければならない時代に生きています。

次の世界へ 無事 辿りつける御霊が いかに少ないか・・・
その事からも 分かろうと言うモノです。


さて、その様に申しますと、
『わたしは 食料生産出来ないから 
 ダメだわ・・・』

・・・と悲感される方が 必ず出て来ます。


何度も申し上げておりますが
何度でもお伝えしておきます。


氣付かねばならないのは
淘汰のサイクルから いかに離脱して行くか、
・・・と言う事です。


地球が 様々な環境汚染によって
今にも 滅亡しようとしている時、

ある者は、いち早く 自覚して 立ちあがり
母なる地球を護る為に
行動を起こす事が出来た者。


また もう一方は、
目の前の現実から 目を逸らし
問題に向き合う事無く
この惑星地球の滅びと
命運を共にせねばならぬもの・・・。

(抽象的な物言いを致しますと
 今いち 分かりずらいかも知れませんので
 分かり易い様にお話ししますと、

 この世は 写し世であり 想念によって 
 創られる世界でもあります。

 つまり 自らが 善に目覚め それに向けて行動を起こした時
 目の前の現象が 善に変わり始めます。

 陰徳の大切さを 何度も説くのは、
 陰徳を行うと言う善の波動によって
 善縁を持った仲間が 自然と現れるようになって参ります。

 自分が良くなって行く為の繋がりが
 自然と出来始めて行く・・・。

 それが 陰徳を積み続ける事の
 大きな成果なのです。)

 


つまりは、
行動を起こせる者と起こせぬモノ。

誰かが何とかしてくれる、事を
ただ 待っているだけのモノと
自ら何とかする為に 立ちあがる事の出来る者。

依存心を捨て去る事の出来る者と出来ぬモノ。



各々の波動によって
それは 一瞬で分かれます。


どちらへ 行くかは 自らの御霊次第なのです。





☆感謝☆


【建御雷神】(たけみかずちの神)
たけみかづちの神

Posted on 2016/06/27 Mon. 12:32 [edit]

category: ご神業

TB: --    CM: 0

27

【神のご用をする者】 


【神のご用をする者】





******************************
◎天上の美・島根/出雲展のお知らせは、こちらから
******************************

*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************





今朝、1カ月ほど前に 植えておいた
【紫甘藷】の花が咲いておりました♪

(実際 実を付けてくれるかどうかは 分かりませんが
  とりあえず 嬉しいです♪)(^0^)♡


2016_0622_062019-IMG_9438@.jpg


それにしても・・甘藷の花って 初めて観たような氣が・・・
・・・と思って よくよく ウイキを読んでみたら・・・


<花はピンク色でアサガオに似るが、
<鈍感な短日性であるため本州などの温帯地域では開花しにくく、
<品種や栽培条件によってまれに開花する程度である。



そうか!!

まれに開花するのか!!

(何だか 感激です
 滅多に観れない甘藷の花を
 見せて頂きました♪)


それにしても 甘藷って 
昼顔のような花を咲かせるんですね♪


調べてみたら なるほど、
≪ヒルガオ科サツマイモ属の植物≫
・・・と 明記されています。



1_2016062209570705a.jpg



以前 どこかで伺った事がありましたが・・・
万が一 輸入がストップした場合
国内で賄えるものは、

【米】と【イモ類】のみ!!


・・・だと申しておりましたが、

わたくしは、米と芋があれば 上等!!

・・・だと思っております(笑)


2016_0622_062210-IMG_9441@.jpg



人間は もともと 粗食の生き物です。
現在の飽食が不自然なのです。

粗食の時代が来たら ただ それに 
速やかに 順応させればいいだけの事。

どうと言う事はありません。

それは 常日頃からの心掛けです。


2016_0622_062223-IMG_9442@.jpg



豊かな時にこそ 飢餓を想い 食を慎み
飢餓の時には、今までと同じように
つつましやかな 生活を 粛々と継続すれば
いいだけの事・・・。


アップダウンの無い日常を・・・。
平穏で穏やかな生活を・・・。
規律正しく つつましやかに・・・。



それが 出来るか出来ないかで
進む世界と 見えて来る未来が異なって参ります。



2016_0622_061952-IMG_9437@.jpg



【神のご用をする者
 世間が慌てだしてから
 一緒に慌てているようでは
 とても神のご用は勤まらぬ】




2011_0322_120046-黎明 のコピー


何事も 一足先に
【その時の為の準備を整えておくように】
・・・と。



ですが、そうは言っても
皆が皆、食料生産体制を整えられるか、と言えば
そうとは限りません。


そこで 神は、

【自給自足体制を整えられぬものは
 地球を護る為の善の行動(陰徳)を実践し
 波動をあげておきなさい。
 そうすれば その輝く御霊の縁によって
 逃げる先、移動した先で
 何故か自然と助けられる縁に
 繋がる事が出来るのだ】


・・・と その様に仰います。



2_20160622100108fe8.jpg


今を刹那に、短絡的に生きているだけの御霊では
到底 越せぬ 大きな時代の壁を
乗り越えて行かねばなりません。




各々の在所で
各々に出来る無理なき範囲で
けれど 精一杯
出来る限りの事を実践し続ける事・・・。


その誠心誠意の真心が
神仏の御加護を導くのです。


1_2016062210134829d.jpg


【いざと言う時
 自らを護るものは 自らでなく
 我ら神である事を
 忘れるでない】




☆感謝☆

Posted on 2016/06/22 Wed. 10:20 [edit]

category: 随神(かんながら)の道

TB: --    CM: 1

22

≪人の虚栄心を煽る商法≫ 



≪人の虚栄心を煽る商法≫



1_20160621171100252.jpg



『特別に選ばれたあなたを
 紳士淑女の会へ お招き致します。』



そんな お誘いを 時たま 頂戴する事が御座います。


もちろん 参りませんが・・(^-^)


先日 ネットを閲覧しておりましたら
この様な記事に 目が留まりました。


≪白○宴≫



2_20160621171102d47.jpg


初めて知りましたが
これ、参加費用だけでなく
パーティ会場へ 自らテーブルや花、電氣
ロウソクまで用意しなければならないとか。

しかも 会場へは 車は禁止
あくまでも公共機関での参加です。

・・・と、ここまで読んだだけで
すでに わたくしのような 凡人には
疲れる内容で御座います(苦笑)

そして、心の中で 思いっきり

(ご苦労さま!!)

・・・と 人知れず 叫ぶ事になるのです(笑


3_20160621171103a17.jpg



おそらく、わたくしなどは 一生かかっても
このようなパーティへ 呼ばれる事はないでしょうw

何しろ 会場へは 主催者からの招待客と
その知人しか 入る事が出来ないそうですw

『どうしても 行きたい!』・・・と言う方は
自らネットで申し込んで 返答を待つしか無いようですw

つくづく かったるいシステムですwww・・・



こんなものが[世界中で人氣]
・・・だと 紹介されているのですから

わたくしなどは 人知れず
(ほんとかいな??!!!)
・・・と、一人突っ込みを入れながらの閲覧となる訳ですw




13_20160621171245746.jpg



それにしても 主催者って 
いったい どなたなんでしょう???


公共の場に この様な特設会場を設営する事が出来て
これだけ 大がかりな運営をする事が出来るのですから

ま、だいたい 予想は付きますが・・・。


21_201606211722193e0.jpg



世界中の経済が 縮小して行っている中で
持てないものの目の前で
自らの持てるものをひけらかす発想

・・・と言ったら 語弊がありますでしょうか?


それは 人々の見栄や虚栄心
優越感や 自尊心をくすぐりながら
人の欲望に付け入って 煽るやり方に観えるのです。


31_201606211723420a8.jpg





この世のしがらみを
手放せるものと手放せないもの・・・

欲を昇華出来たものと消化不良のままのもの・・・


これも また
次の世界への【精査】の一つです。





☆感謝☆



【弁財天】(八臂弁財天)
@1_201606211724220a2.jpg










Posted on 2016/06/21 Tue. 17:33 [edit]

category: 二極化して行く世界

TB: --    CM: 0

21

☆☆しじみ蝶☆☆ 

☆☆しじみ蝶☆☆




2016_0620_072018-IMG_9427@.jpg


庭先に しじみ蝶・・・☆


2016_0619_141258-IMG_9416@.jpg


小さな【愛】の形を刻んで
次世代へ 命を繋いで行きます。


2016_0619_154804-IMG_9421@.jpg


こんな風に 穏やかに・・・
静かに流れて行く 時を
心から愛おしいと感じます。


1_20160621154936b4b.jpg


この世の二極化が 
ますます顕著になって来ております。


2016_0611_181148-IMG_9316@.jpg



今までは 魂の学びの為に
意に添わぬものとも 共に生活をする事がありましたが、
これからは はっきりと 同じ価値観、
似たような人生観を持った者達が

その魂の輝きに導かれて
同じような御霊を持った仲間の元へ
自然と導かれ 集まって参ります。


2016_0408_074804-IMG_0240@_201606211557557f4.jpg


別離を恐れずに・・・


(新たな人生が ここからスタートするのだ)・・・と。

(次なる 新たな出会いが ここからはじまるのだ)・・・と。

そう 目の前の現象を
前向きに捉えて下さい。


2016_0408_074822-IMG_0241@.jpg



あなたの人生観
あなたの生きざまに見合う集合体へ


自然と導かれて行く事でしょう・・・。




☆感謝☆





【大宜都比売】
@1_201606211606383b5.jpg




Posted on 2016/06/21 Tue. 16:10 [edit]

category: 森羅万象の画像

TB: --    CM: 0

21

☆優しい炎☆(ロウソクで自然な熱源を) 

☆優しい炎☆
(ロウソクで自然な熱源を)


1_20160620204847c58.jpg




ずっと昔、防災用に蓄えた【ろうそく】が
大量に押し入れの奥から 出て参りました。

蓄えた時から 20年ほど 経ったでしょうか・・・。

このまま 押し入れに入れたままにしておくのも
あまりにももったいないので
有効活用させてみようと思い立ちました。


こんな小さな炎のくせして
以外にも熱量の大きい事に 驚かされます☆

そこで 光源としてだけでは無く
熱源としても活用出来ないだろうか、と考えまして
あちこち 見回したら 食器戸棚の上の隅に

昔 一時だけ流行った【チーズフォンデュ】のセットが
そのまま残っておりまして

(いや~ 捨てないで良かった♪)

これを 使って お味噌汁やカレールーなどを
温め直す道具にして見ようと思い立ったのです♪


ろうそくで調理する時のコツは
ろうそくの炎が 鍋底に届かないようにする事です。

(そうしないと 黒い煤が なべ底に付着して
 後の洗い流しに難儀します) (^0^;


2_20160620204849aa0.jpg


使用する土鍋と三脚の高さに炎が合う様に
調節する必要があります。

炎がなべ底に着いてしまってはいけないし・・
かと言って 離れすぎたら 熱量が届きにくくなってしまうので・・・


丁度良い炎を得る為に
一端 ろうそくを溶かして 自分仕様のろうそくを作りなおしてみました♪


2016_0615_133450-IMG_9387@.jpg


ろうそく、は 湯煎で溶かします。



3_20160620211952d9f.jpg


ろうそくの芯を 割り箸で固定させた上から
溶けた蝋を 流し入れます。
(下に新聞紙などを敷いておくといいですよ。
 氣を付けていても どうしても 蝋がこぼれますので。)


4_20160620211954821.jpg


娘たちが 昔、どこぞのテーマパークで
買い集めたキャラクターカップがたくさんあったので
それを ろうそくポットに致しました♪


余った ろうそく、は ろうそくチップにして
ろうそくカップの中の蝋が少なくなった時に
順次 足しながら使います。

その方が ろうそくの炎の高さを
調節し易いのです。


1_201606202116108e6.jpg


さて、こちらの三脚も 以前 100均で購入してあったものですが、
もう 長い事 戸棚の奥底にしまいこまれており

もう少しで 清掃センター行きになっていた所を
奇跡的に 残っていたものです。

(何がいつ どのように必要になるか
 本当に わかりませんよね~^0^;)





さて、
最近のろうそくの価格は知りませんが、
燃焼時間6時間10分と言う ちょっと太めのろうそくが
4本入って 220円(20年前の価格です)
・・・と言う値段がついておりました。

それを ざっと計算すると
6時間10分×4本=24時間40分 

24時間40分 燃え続けて 220円と言う価格は
電氣と比較すると どれくらいになるのでしょう?



6_20160620204853a1c.jpg



 この国のトップは 結局 原発を止める事が出来ません。

トップになるだけの 資質を持たないモノが
国を動かしているのです。

そもそも そこに大きな負の原因があるのですが・・・

その原発で造られた電氣を 使用し続ける事に
わたくしは 大きな疑問を感じています。

フリーエネルギーが 一般化するのは
もう 目前まで来ておりますが、

出来得る限り 電力を使用せずに
生活をする為の これは ささやかなアクションの一つです♪

お急ぎの時には 間に合いませんが
ろうそくの暖かな炎に
しばし 癒されてみませんか?

ちょっとした 温めものや
ザッと加熱した煮込み料理などの仕上げに
他の用事をしながら 
ろうそくの炎で ゆっくりと煮込むと
旨味が凝縮されるように感じます。


自然なろうそくの炎の なんと 優しく暖かな事か・・・♡






☆感謝☆

Posted on 2016/06/20 Mon. 22:13 [edit]

category: 自然生活

TB: --    CM: 0

20

【生き物の命を想う・・・】 

【生き物の命を想う・・・】





これは ネットサーフィンをしている時に
偶然 見つけた動画です。

全13分ほどの長いものですが、
動物に興味をお持ちの方々には
考えさせられる内容でしょう。

さて 一説では  動物が長い事 人間に飼われると
最後に 人の言葉を話す様になる、と聞いた事があります。

これは そんな 不思議なお話し・・・。

そして、最後に びっくりハプニングがあり
思わず微笑んでしまうと言う
何となく ほっこりと暖かくなるお話しです。

よろしかったら お付き合い下さいませ。






ちなみに、動画中に出て来る【猫又】

猫又、猫股(ねこまた)は、日本の民間伝承や古典の怪談、
随筆などにあるネコの妖怪。
大別して山の中にいる獣といわれるものと、
人家で飼われているネコが年老いて化けるといわれるものの2種類がある

*ウィキへは、コピーして飛んで下さい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%AB%E5%8F%88



☆感謝☆

Posted on 2016/06/18 Sat. 21:11 [edit]

category: 不思議なお話し

TB: --    CM: 0

18

☆輝きの強い人☆ 

☆輝きの強い人☆



2016_0614_130757-IMG_9350@




昨日 FBを閲覧しておりましたら
他の方が この様な投稿をされていました。


『輝きの強い人って 
 同じだけの闇も持っているんですよね。』



それに対してのコメントに


『そう、だから 輝き続けていればいいんだよ。』

・・・とか 様々なコメントが寄せられておりましたが、

昨夜 その言の葉が ちょっとした違和感と共に 
魂に引っ掛かっておりまして・・・

それが 昨夜の時点では、
今いち はっきりとしなかったのですが、

今朝になって 昨夜の言の葉が
再度 魂に響いて参りました。

その時 波動で感じたものが、こちら・・・


【同じだけの闇を(今現在)
 同時に持っているのでは無く

 その闇は すでに
 昇華(消化)されているからこそ
 光の人となりえているのである】


 故に 

 【同じだけの闇を乗り越えて来た人】

・・・と言う解釈の方が よろしいのだと
波動で響いて参りました。


光も闇も 裏と表の関係であり

光が あれば 常にその裏側には
闇が存在しております。


ですから 


【真の光を放つ事の出来る者は

 真の闇を乗り越えて来た者であり

 闇ですら 魂の糧とし 

 昇華(消化)する事の出来た者こそが

 誠の光を放つ事が出来るのである】


・・・と言う解釈が よろしいようです。



参考までに♪




☆感謝☆




******************************
◎天上の美・島根/出雲展のお知らせは、こちらから
******************************

*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************







【建御名方神】
@1_20160617080905e81.jpg

Posted on 2016/06/17 Fri. 08:11 [edit]

category: ご神言

TB: --    CM: 0

17

☆光のお社☆ 

☆光のお社☆
(画像のみのご紹介ですが
 よろしかったら お付き合い下さいませ♡)






******************************
◎天上の美・島根/出雲展のお知らせは、こちらから
******************************

*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************







月参りをするには ずいぶんと
日が経ってしまいましたが・・

丁度よいタイミングでしたので
本日 出掛けて参りました☆


あまりのオ―ブの大群に
ただ 感動で 言葉も御座いません・・・。



2016_0614_131830-IMG_9366@


何と言う もったいないほどの
美しい光・・・♡


2016_0614_133707-IMG_9383@



さて、朝、目覚めた時
空が赤く照り映えておりました。

朝から 何やら 特別な日のような氣がしておりました。


1_2016061421014409f.jpg


対の方向に目をやると 
大きなアーチ形の虹が出ていたのです。


2_20160614210206055.jpg


撮影ポイントの位置的に
全体を写す事は出来ませんでしたが、
それはそれは 見事なアーチでした。



2016_0614_130714-IMG_9346@


さて、ご縁のお社に ご挨拶に出向く日は
特に決めてはおりません。


4_20160614210518e28.jpg


(行こう!!!)


・・・と、思い立った時が ご縁の日♡


2016_0614_130757-IMG_9350@


ご神水も 丁度 終わったところでしたので
頂きに行くタイミングでもあったのです。


5_201606142116536da.jpg



2016_0614_131910-IMG_9370@


水面に映える【太陽光】の煌めいて
それは まぁ、 美しい事♡


3_20160614210906690.jpg


断捨離も滞りなく進み、
身辺整理もひと段落致しました。

出雲展の衣装も ほぼ完成しております。
(後、ホックを取りつけて完成です♡)

9月に 出雲にて ネットの向こう側の皆さまに
お目にかかれる日が
今から待ち遠しいわたくしです♡


ご縁の皆さまに 
 多くの祝福が降り注ぎますように・・・♡


今日も善き日を♡





2016_0614_132048-IMG_9375@



☆感謝を込めて☆



2016_0614_133140-IMG_9379@



2016_0614_131830-IMG_9366@



【磐長姫】
1_20160221150303090.jpg


Posted on 2016/06/14 Tue. 21:34 [edit]

category: ご縁のお社へ

TB: --    CM: 0

14

☆娘の描いた未来図☆ 

☆娘の描いた未来図☆






******************************
◎天上の美・島根/出雲展のお知らせは、こちらから
******************************

*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************






手前味噌で恐縮です・・・(^-^;

こちらは 数年前に 娘が卒業制作として 
(たぶん 1年がかりで制作した)
娘が描く未来図です。


5_201606131900325de.jpg


実物は、一辺1メートルほどの大作ですが、
すでに処分してしまい 残骸しか残っていません・・・
(○○ちゃん ごめんね


それを 今日 どうして ご紹介しよう思ったのかと申しますと・・・


6_20160613190452a49.jpg


娘が描く 理想とする未来生活が
縄文時代をモデルとして制作されたものだったからです。

(コンセプトを読んで 初めてしりました!)
迂闊にも程があります(><;



17_20160613192232d49.jpg



<コンセプト

<土の上で暮らす・・・とは?

<時代が流れるにつれ 人は常に進化をし続けてきた。
<生活は効率化が進み 人間関係は合理化して行った。
<都内のコンクリートが一面に敷かれた温度を感じない
<冷たい地面の上で暮らす事が当たり前に思っていても
<一人ひとりの温度が寄り添う事無く過ぎて行く事に
<孤独を感じて来た。
<そんな現代で、縄文時代のように土の上で生活をすると言う事は
<人が生きると言う事の原点回帰にあたるのではないかと考える。

<縄文時代、肩書きなんていう虚勢は存在しなかった。
<土の上で暮らし、火を囲み、食べ物は分け合っていた。
<争いも競争も無く、他を思い、氣にかける心がそこにはあった。

<同じ温度を共有し、互いの温度を感じる事で
<人と人は寄り添い合えるのではないかと考える。

<土の上と言う人間の原点に立ち、交流する事で、
<自分のルーツに戻り、よい意味でのリセットが出来る場所を提案する。

<農村体験を通して 都市と農村の交流に重点を置いた
<長期滞在出来る宿泊施設を計画しました。




9_201606131924415e0.jpg



その建物は、竪穴式住居が元になっている
地下1階から地上2階までの3層構造になっていて、


1_20160613192444731.jpg


地下1階は、皆で火を囲みながら
交流を深めるパブリックスペースになっているのです。


3_20160613192442235.jpg



そうして 畑を耕したり、
子供達は トンボやせみを追いかけたり・・・


8_20160613193554b3f.jpg


自由でのどかな生活が そこに展開されていたのです。


4_201606131937570f4.jpg



あなたとは ゆっくりと話をする時間を設ける事が
ほとんど出来ずにいましたが、

その考え方の あまりにも 母と近しい事に
驚きました。


12_201606131940499c9.jpg


本当に素敵な構想ね♡

勉強して来た方向とは 
今は違う世界で生きているあなたですが、
こんなに素敵な構想を描けるあなたなら

きっと どのような世界でも
自分の居場所を見つけて
しっかりと生きて行く事が出来るでしょう。



14_20160613194918521.jpg


母は あなたの数年間に及ぶ頑張りを
記事にして 記憶に残しておこうと思いました。


最後まで お付き合い頂いた皆さまに
心からの感謝を込めて♡


7_20160613193301f39.jpg




世は 少しづつ 
人が生きる原点に 戻りながら
人本来の生き方へ 帰着しつつあります。


10_20160613194919f58.jpg


どこぞの政治家が
『若者が安心して働ける社会を維持する為に!』
などと力説しておりましたが、

わたくし達は もう 氣付いてしまったのです。

お金をたくさん稼ぎ出す事が 幸せなどでは無い事を・・・。


物質を追い求める事は
限りない負のスパイラルの中へ
自ら身を投じるに過ぎない事を・・・。




☆感謝を込めて☆




☆狛犬カレン☆
2_201606131956209cb.jpg


1_20160613201707f81.jpg



Posted on 2016/06/13 Mon. 20:05 [edit]

category: 感動は魂の栄養素

TB: --    CM: 0

13