09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

湯タンポ♡カレンさん♪(自給自足生活) 

湯タンポ♡カレンさん♪
(自給自足生活)





*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************





さて、久しぶりに カレンちゃんネタの投下です♪


1_20161031115346a3c.jpg



寒くなって参りましたね~
我が家のカレンは、それは もう 寒がりで・・・

毎年、暖房器具無しでは 過ごせません(><;



そんな訳で 昨年までは 電熱器が欠かせませんでした。

☟ 敷物の下には、電熱器が敷かれています。
2016_0104_113400-IMG_7254@.jpg


でも!  今年は、

何としても 出来得る限り

電氣を使用しない生活
確立して行かねば!!!


・・・と、決心し・・・


4_201610311153441cd.jpg


カレン用の【湯タンポ】を購入致しました♡


使ってくれるか どうか?!

・・・は、分かりませんでしたが・・・


恐る恐る(^0^; カレンのマットの側に
そっと 湯タンポを置いてみました。

(備え付けの袋の上から 
 着古した フリースを そのまま 巻き付けています♪)


2_201610311153466fa.jpg


何となく・・・良い感じ♪ ♡


1_20161031115346a3c.jpg



どうやら 氣に入ってくれたみたい♪♡



3_2016103111534823a.jpg


やった♪ 大成功♪♡

背中が ぬくぬく ぽかぽかで
氣持ちがいいみたい♪




夜 眠る前に もう一度 湯タンポを温め直していますが、
朝起きると すでに 湯タンポの暖かさは
なくなっていますので、

カレンの為に もう一度 早朝
湯タンポを 温め直してあげています♡

厳冬期には もう少し 頻度をあげて
湯タンポを 温め直してあげなければならなくなりそうですが・・・

それでも 天然のぬくもりに 電氣の力は及びません。


・・・と言いますのも、
長時間、電熱器の上に 動物を置いておくと
どうしても 体調を崩しやすくなります。

(他の方は どうかは 分かりませんが
 我が家のカレンには、向かないようで
 日中には ふらふらになったり
 失禁しやすくなるのです。)


6_2016103112575185c.jpg



生き物は、年齢を重ねれば どうしても 体調を崩しやすくなります。
それは 人間も 同じ事・・・。

今年に入ってからの カレンさんは、
時々 癲癇の発作を起こす事があって
いったい それが どこから来ているのか

何が悪いのか 掴めずにおりますが、

先日 思い切って ミルクを与えるのを止めました。


2_20161031125852372.jpg


ミルクを生産している方々には 申し訳ありませんが、
やはり 乳牛の飼料が 他国に依存したもので
まして それが 遺伝子操作された飼料によって
生産された ミルクであるならば

やはり 考えねばならない事だと思ったのです。



1_2016103113003799b.jpg



それと おそらく 農薬が散布されているであろうものを
与える事も 止めました。


今現在 主に カレンに与えている生野菜や果物類は
自宅の庭で採れた 自然栽培の根菜や
近所で頂いた 天然の果物にするよう心掛けています。


自然に栽培された 滋養豊富な食料が
手に入りにくい世の中になっています。


自らの肉体を守るものは
他の誰でもなく自分自身です。



5_201610311302140c4.jpg


さて、この初夏からようやく(*>_<*)ノ
本格的に始めた自給自足生活です♪

やはり 何事も 実際にやってみなければ
分からない事ばかりです。


8_201610311302215e7.jpg


様々な野菜には、連作障害と言うものがあって
毎年 連続して 同じ作物を栽培出来ない事が分かって来ました。

(何せ トウシロウのにわか農業ですから
 玄人筋の御仁からみれば 誠に笑止千万でしょうが、
 どうぞご容赦下さいませ。)

ですから 植え付けにしても 種蒔きにしても 
次に何の作物を ここで栽培するか・・と言う事まで
考えた上で 次の作物の栽培計画を立てなければなりません。


6_20161031130217bf7.jpg


(なるほど・・・自給自足生活を軌道に乗せる為には 
 それなりの土地の広さも必要になって来るのか・・・)

などと 考えて行くと おのずと 
今まで 何の手入れもして来なかった
家の周囲の些細な空き地までが
皆 貴重な畑予備地に観えて来る訳です(笑)


7_20161031130217367.jpg


そうして つくづく 思う訳ですよ。

(自らの力で 生きて行く・・・って
 こう言う事なんだなぁ~・・・・・)

・・・って。^人^


10_20161031130221ed1.jpg


とりあえず、この秋から 冬にかけて
栽培出来る野菜類を植え付けてみました。

(実際 食せるような 代物が出来るかどうか?
 ・・・は、分かりませんが)

 (;´▽`A`` 


大切なカレンと 守るべき家族、
そして、知人にも おすそ分け出来るように
出来る限り 開墾しながら 栽培を行ってみました。






9_20161031131953d32.jpg


さて、自然との共生、共存共栄の精神に目覚めた方々は
ブログなどを拝見していても 
皆、同じように 自給自足生活に
眼が向くようになって来ています。

それは きっと
御霊が磨けて来ると 自然と 意識が
そちらの方へ 向くようになるのでしょう。

それは 至って 自然な流れなのだろうと思います。




♡今日も善き日を♡




☆感謝を込めて☆
スポンサーサイト

Posted on 2016/10/31 Mon. 13:48 [edit]

category: 自給自足生活♪

TB: --    CM: 0

31

☆猿カニ合戦☆ 

☆猿カニ合戦☆



*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************



【吉備津大御神】(きびつのおおみかみ)
32_201610282358080bf.jpg





神々は、昔話や童話の中に
来るべき日、この国の民が
どう 有るべきか 

そして、どのようにして
乗り越えて行ったらいいのかを

昔からの言い伝え、として
残して置かれました。


昔話【猿カニ合戦】も その一つです。


狡猾な赤ら顔の猿が
勤勉で実直なカニを言いくるめて
カニの持っている 美味しそうな おにぎりをだまし取って
柿の種と交換させたあげく

カニが丹精込めて育てた 柿の木が
やっと 美味しい実を 実らせるようになると
猿は またしても 言葉巧みに カニに近づき

赤く熟れた美味しい柿の実ばかりを取り尽くして
カニには まだ青い渋柿を投げ付けて
とうとう カニを殺してしまう、と言うお話し

この時、猿は、
『柿の種は もともとは 俺のものだ!』
・・・と 言い放つのです。

種から せっせと 根氣よく育てた
カニのお母さんの苦労など ものともせずに・・・です。

しかし 結局 最後に 狡猾な猿は 
カニの子供達に 仇討されて
成敗されてしまうと言う昔話です。



【建御雷神】(たけみかづちのかみ)
35_20161023160745a4d.jpg



民話や昔話の中には
様々な暗示的な形で 
比喩が 取り入れられています。


もともとの日本民族は、
カニのような四角い顔をしていたそうですから

カニとは、生粋の日本民族を比喩したものでしょう。

では、赤ら顔の狡猾な猿は?



【経津主神】(ふつぬしの神)
41_201610231607472c0.jpg




さて、神は 
【いよいよ 猿カニ合戦が始まる】

・・・と 示して来られました。

だいぶ前の事です。

その時には ピンと来ていませんでしたが、
(それきり すっかり 忘れ去っておりました^^;)

それが、先の出雲展の直前に 
再度 降って参りまして、
ようやく 点が線となって 繋がったのです。




神が 伝えて来られる事を
人が理解し 腑に落とすまでには
それ相応の日数も 必要なのです。



【建御名方神】(たけみなかたの神)
31_20161023160516dca.jpg



カニのお母さんは 狡猾な猿に 殺されてしまいます。
けれど 殺されたカニのお母さんの
割れた甲羅から生まれた カニの子供達は、

ハチに導かれて 臼や馬フン、栗と共に
母カニの敵打ちを致します。


ハチが 連れて来た仲間は
およそ この世の役にも立ちそうにない、と思われていたような
栗や臼、馬フンでしたが、

この 一見 単独では 何の力も無い、と
思われていたようなもの達が
連携し合う事で 見事なチームプレイを発揮し、
狡猾で 残忍な 赤ら顔の猿をも 掃討・対峙するのです。



この昔話が 何を意味しているか
お分かりでしょうか?




【大国主命】(おおくにぬしのみこと)
42_20161023152936a9e.jpg




先の大戦で 日本と言うお母さん(カニのお母さん)は
自らを賭して アジアの解放の為に戦いました。

そして、そのショックの為に 自らは死に(敗戦し)
後には 幾つもの アジアの国々の独立を導いたのです。

ここは、連合国が どのように 人々を洗脳しようが
日本の神々は、その様に ご覧になっておられます。



ハチや臼、馬フン、栗・・・


これこそが 一見 何の力も無いと思われているような一般の人々

けれど その 何の力も無いと思い込んでいたような
一般の人々が それぞれの特技、能力を要所、要所で発揮し、
その力を集結させた時、

それは 強大な力となるのだ、と言う事。

それこそが
 この国の民が【龍】に変化(へんげ)する時
・・・なのです。



【国常立尊】(くにとこたちのみこと)
45_201610231529387e8.jpg




闇は、この国の民の底力を 心底 恐れて
それこそ 戦後 疲弊したこの国の民を
徹底的に 洗脳し 自虐史観を植え付けて参りました。



それこそ あきれ果てる程に
それは 姑息なやり口でした。



この辺りの事実関係に関しては
<敗戦利得者>と言うキーワードで
ご自身で検索をかけてみて下さい。




7年間の占領政策の間に
闇が どれほど 卑劣な手段を弄して
この国を洗脳して行ったか
その手口の一端が お分かりになるでしょう。




☆感謝☆



1_20161029000323e27.jpg

Posted on 2016/10/29 Sat. 00:07 [edit]

category: 猿カニ合戦

TB: --    CM: 0

29

闇夜を乗り越えて行く為に 

闇夜を乗り越えて行く為に





*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************







皆さま いつも 誠にありがとう御座います(*^v^*)
今日も穏やかな一日の始まりです。

例え そうで無かったと思う日でも
眼の前の事象は、すべからく 想念で出来ているのだ、と

幸も不幸も 自らの心が見せる【幻影】なのだ、と

そう 善に捉える事が出来るようになった時

自らの人生の課題を クリア出来た時なのだ、と

その様に 判断されたなら よろしいのではないでしょうか。




【女王・日巫女】
18_201610231511585c0.jpg




先日 と或る方のブログに 偶然 行き着きました。

年齢は分かりませんが、まだ お若い方かと思われます。

創作活動をしながら 生活の為に
歩合制のアルバイトをしています。

その方のメッセージの行間からは 生活苦が滲み出ています。


『売り上げの1/3しか 手元に残らない・・・』

『自分は どうして こんな生活を
  するようになってしまったのだろう・・・』



読んでいて こちらが 苦しくなって来るような、
それは 切実な メッセージでした。


おそらく、食べて行くだけで 精一杯で
とても 年金の支払いまでは 及ばないのではないでしょうか・・・。


実際、国民年金の未払いは、4割にも達しているそうで、
その4割の方々の内訳は、非正規雇用、と言った方々が 
その大半を占めているのだそうです。



2016_0901_131158-IMG_9777のコピー




ところで、もう 数年前になりますが、
わたくしの所へ 年金基金の方から 連絡が届きまして、

誠に 驚く事に、

<年金基金に加入すれば 
   更に多くの年金が貰えますよ>


・・・との お誘いです。


・・・が!


これだけ 年金に関する不祥事が多発している中で
更に 支払うだけの価値があるのでしょうか?



【猿田彦神】
16_20161023151200d61.jpg



さて、横道に逸れました。
先に ご紹介の男性です。

似た様な思いを抱きながら 日々を悶々と
過ごしておられる方は きっと 
ネットの向こう側にも 多くいらっしゃるのではないでしょうか。


かつて わたくしも 似たような想いで
一時期を過ごした事がありますので
その心情は よく理解出来ます。



2016_0901_130148-IMG_9763の9




人が 土から 切り離された時
自ら 食物を生産する術(すべ)を奪われました。

ほんの 数十年前までは
この国の 殆どの人と 大地は 
常に共に在ったのです。

そこには、質素でも 自ら生産した
新鮮で安心な食材がありました。

こう言った 質素で穏やかな生活こそが
人の幸福の最たる姿だったのです。



【天宇受売命】
17_201610231512019ca.jpg



さて、残念でならないのは 街路樹です。

あれを すべて 実の成る木に植え替える事が出来れば
いったい どれほどの人が 飢えをしのぐ事が出来るでしょう・・・。

そして 公園や学校の校庭などの
公共施設に植えてある樹木を 
皆 実の成る木に植え替えたり
花壇には ただ 観るだけでは無い、
花の付く野菜などを植えれば
観ても 食べても楽しめますよね。

これを 給食に使ってもいいですよね♪


そうなれば 今のような 人の食べ物と思えないような
添加物たっぷりのおやつや食事を 食べる事も無くなるのです。

そして、いざ 災害が起きた時にも
人々の飢えを しのぐ事の出来る非常食にもなるのです。


また、それらを 今日 食べるものが無い人でも 
自由に 取って食する事が出来れば
何も 金銭の有る無しで 今一時を あくせく する事も無いのです。


人々が 金銭無くしては 食料さえ 
手に入れる事が出来ないような社会を
作り上げて 陰でほくそ笑んでいるのが
闇の一派たちなのです。



今の政治家達は ただ その手先となって
人民を搾取・管理する 闇の番頭と成り下がっているのが
その実体なのです。


莫迦げた事だと 思いませんか?



闇は、さも もっともらしい<屁理屈>を並べたてて
人々の食糧自給への道を次々と奪い取って行ったのです。



この広大な土地は 誰のものでもなく
わたくし達 国民のものです。



その事を もう一度 
しっかりと ご自身の腑に
納めておいて下さいませ。



3_20161023151703c0c.jpg




さて、その一方では 取り手の無い木の実が
住む人の居なくなった民家の軒先で 
真っ赤に熟れたまま放置されています。

誠に天然の資源の無駄使いです。

この現状を神様方が どれほど憂慮されている事でしょう・・・!



【大山祇神】
46_201610231529392a1.jpg




ところで 以前 ご紹介した【物々交換会】です。

どこぞの市町村で 物々交換を 
広報で取り扱ってくれないだろうか?・・・と
先日来 ずっと考えておりました。


例えば、です。

【○○さん家の庭の雑草の刈り取り作業を手伝ってくれた方
交換条件として 秋になったら 庭の柿、○○キロ差し上げます。】


・・・とか。

それで OKと言う方が 手をあげて
お手伝いに行ったらよろしいのです。

そう言った 物々交換情報を 市町村の広報で
告知したり 集めたりを 住民サービスの一環として
行って頂けたなら 有難いんですが・・・。



やって下さる市町村、ありますでしょうか?


もし 交換条件が 合わなかった場合には、
同じように 物々交換に参加している他の方からの
サービスを受け取ったりも出来る、と言うシステムが
あったら楽しいですよね。


そうしたら 例えば、

「家は、レモンが庭で成るから レモンを提供出来るわよ。」・・とか、
「わたしは 庭仕事でも 草取りでも 時間が或る時には
 お手伝い出来ますよ。」
・・・と言うように

お金では無く 自らが持てるサービス、労働、或いは
生産している作物と交換し合えるシステムがあれば
今のような お金で 人が縛られる事も無くなるのです。

いえ、すぐには 変わらないでしょうが、
少しづつ 変化して行く事でしょう。

それには、まず 地域からですね。


2人や3人の 少人数での物々交換会では無く
神は もっと 壮大な交換会のイメージを
降ろして来られているのです。

技術や労働力を交換しあったりする事で
一つの村落が成立するようなイメージですね。


【大国主命】
42_20161023152936a9e.jpg




物質(金銭)は、闇が 人を奴隷として使役する為の
闇のアイテムだと、
すでに 何度も 当ブログで ご紹介しています。


金銭に 使役され続ける限り
人に 真の安息は 訪れません。




【国常立尊】
45_201610231529387e8.jpg




さて、闇は ここに来て 更に その本性を露わにし始めています。


3.11の時、義捐金だとして 実に多くの団体が
寄付金を集めました。

それは 誠に素晴らしい事。

でも!


その中の某・血液会社では 集められた寄付金の
何と! 6割を 懐に入れてしまったそうです。(驚愕です)
そして、集めた寄付金を 実際に 被災者に渡すのが
2年先、3年先だと 知った時の絶望感!!

(よくも これほどまでに あこぎな事が出来るものだ、と
 怒り心頭でした。)

「その都度 渡していると 先に貰った人と
 後から貰った人とでは 
 差が出来てしまい不公平だから。」


・・と言うのが あこぎな手口の言い分なのだそうですが・・・



屁理屈にも程があります。



リアルタイムで間に合わない様な支援なら
そもそも集める意味がありません。



そんな 矢先、
先日 用事で出掛けた と或るお店の入り口に
べったりとへばりつくように 年配の男性・女性複数人が
口ぐちに 募金を叫びます。

遠目でも それと はっきりわかる
義捐金搾取6割の血液会社です。

(これほどまでに 被災者を喰い物にしておきながら
 まだ 足りないか!)・・・と 心の中では怒号です。

しかも この団体は、毎年 ほぼ強制的に
地域から 寄付金を もぎ取って行ってますよね。


まことに どこまでも 金銭に黒い団体です。




【建御名方神】
31_20161023160516dca.jpg




その他にも 知ってびっくり 搾取6割は
とても身近なところにもあって
あの<宝くじ>も 6割が胴元に吸い上げられます。

残り4割を くじを買った人間が分けあうのです。

CM打ったり 人件費やら、何やらと 
それなりに 経費はかかるのでしょうが、
それにしても!

6割って どう考えても ぼり過ぎですよね?!


【建御雷神】
35_20161023160745a4d.jpg


そこで・・・です。

そこまで 思いが巡った時、はた・・と
あるイメージが脳裏をよぎりました。


闇に覆われた今の世で
闇や胴元に流れる資金が 6割ならば

この国だって

実質的には、国の運営を 税収の4割で行っていて
実は6割が  闇に吸い上げられているのでは???

・・・と思っても 不思議ではないような氣が致します。



【経津主神】
41_201610231607472c0.jpg



その道の専門家ではありませんので
正確な数字は分かりませんが、
どなたか 正確に計算できる方がいらしたら
是非 このあたりの正確な数値を
算出願えれば幸いに思います。


日本が 長い眠りから覚めるには
まず 闇のクサビを 自ら解き放つ必要があるのです。


さて いったい どれほどの人が
この地球規模での試練を
乗り越える事が出来るでしょうか・・・。



☆感謝☆



宇宙根元神①

Posted on 2016/10/23 Sun. 16:50 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

23

☆金融奴隷から解放される為に☆ 

☆金融奴隷から解放される為に☆





*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************





【あけぼの】
1_2016101813525794a.jpg





皆さま いつも 誠にありがとう御座います。
  (*^v^*) 

今日も 穏やかで 幸せな一日の幕開けです♪


多くを望まなければ 生きる事は
喜び そのものです。

朝日と共に 眼を覚まし
日没と共に 一日を 静かに閉じる・・・。


晴れた日は 田畑を耕し、明日の糧を栽培し
雨の日には、家の中で出来る作業に 勤しむ・・・。


生きる為に必要なもののほとんどを 
自ら 生産する術を持っていれば
何もあくせくと 金融奴隷に成り下がる必要もありません。


今の世は、闇の謀略によって
生きる為に 金銭が無くてはならないような世界に
意図的に誘導され、操作されています。


その為、普通に生活していても
どうしても 金銭が無くては ならないような
歪な社会にされているのです。



1_201610181351299e4.jpg



ところで、昨年の夏、
自宅の大型冷蔵庫の冷凍機能がダウンしました。

業者を呼んで修理を頼んだ所・・・

『冷蔵庫の耐用年数は、だいたい10年です。
 この機種は、すでに15年経過しているので
 もう買い替え時でしょう。』


・・・と 呆気なく 申します。


・・・・・ (;´༎ຶД༎ຶ`)・・・・・


いろいろ 考えましたが、
今までなら そこで しぶしぶ 新機種を購入したでしょうが
今の自分ですと、業者の言いなりになって
そのまま 高額な新機種を 購入する氣には

どうしても なれません。


そこで 発想を転換致します。


(そう言えば・・・以前より ネット経由では
 大型家電による電磁波の悪影響が叫ばれている。
 これを機に 大型冷蔵庫を 家から排除する好機なのでは?!)


・・・と。


(よし!
 それならば このまま 自然に壊れるまで使い切って
 完全に壊れたら その時に 廃棄しよう!!)


・・・と、決心し
修理も何もせず そのまま 使っていたら
いつの間にか、自然と直ってしまいました!(驚)

(° ꈊ °)✧˖°オホッ! 不思議~・・・



1_20161018135212b21.jpg




さて、今年に入ってからも この様なアクシデントがありました。
玄関のカメラ付き玄関ブザーです。
これが 突然 作動しなくなり、
急いで 購入した電氣店に電話で確認したところ・・・

『玄関の電動チャイムの耐用年数は、だいたい5~6年です。
 10年もったのなら 買い替え時ですよ。』


・・・・・(o´・ω・`o)・・・・
(またしても 買い替えですか・・・



『そうですね。カメラ機能付き玄関チャイムですから
 だいたい 4~5万くらいでしょうか。』



・・・・・(゚ロ゚;)エェッ!?



【まほろば】
3_20161018135457d08.jpg




金融奴隷からの脱却は
出来得る限り 消費に踊らされない生活を
確立して行く事なのです。

その為に

『これからは 極力 
 消費に頼らない生活をしよう!!!』


╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !・・・そう、心に決めたのです!


安易に 消費に依存しない生活こそが
金融奴隷から 解放される道!

(何とか この様な 高額な出費をせずに
 この問題を解決したい!!)

・・・と、一心に 考えあぐねた末 ある 一つの名案が浮かびました♪


手動玄関ベルです♪

RS=^ADBo1VEgYLCWsxP1
@画像は、お借りしました☆

 
これなら 数千円の出費で済みます♪
金融奴隷度・低ですね♪(^-^)
(しかも、滅多に壊れる事は無いでしょう♪)


ネットで調べてみたら 
あまりのレトロぶりに 訪問販売も恐れをなして
滅多な事では ベルを鳴らさない、と
書いてありました♪
(それなら なお、好都合♡)╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !


そこで、これを ネット注文しようと あれこれ 物色していたら
いつの間にか 電動玄関チャイムが 
自然と直ってしまいました(驚!)



・・・・・(•ө•)♡・・・・・不思議な事が 続くものです・・・




4_20161018135705ba2.jpg



この家も 建ててから かれこれ 30年近くが経過しています。
歳月の流れには 抗えません。

いくら 大切に使用していても
様々なものが 経年劣化して参ります。


つい先日、今度は ガスコンロが点灯不能になりました。

急いで 業者に修理を依頼すると・・・

『こちらの商品は ビルトインタイプのスポット商品で
 メーカーでは たった 2年間しか製造されていなかったようで
 部品の方は、8年間しか 保存されていなかったようです。
 部品の在庫も確認したのですが、
 すでに まったく 残っていないそうです。
 修理は不可能ですね。
 似たような新品を購入しますと だいたい○万円ほどになります。』




 ま・またしても 金融奴隷への罠が・・・・・



製品自体は、25年前の製造です。
まず 部品は残っていないのだそうです。

一応 業者に リサイクルで出されていないか
探してくれるよう依頼しましたが、

もし 皆さまで 心当たりの方がいらしたら
少し 氣にかけて頂けますと幸いです。

機種は、
(株)ハーマン
DG3001 LPガス用
0、670 Kg/h
91、10-000178

・・です。(^v^)


とは言え、もう 25年も前の機種ですから
ほぼ 諦めてはいますが、


先の話を ガス屋さんに話したら
『じゃぁ、今度も いつの間にか 直ってしまうかも知れませんよ♪』
などと 大笑いしながら 冷やかされます(^-^;



【黎明(覚醒)】
5_201610181359126ed.jpg




そうですね・・・

直るか どうか、は 別として

娘の方は さらり、と このように 申します。



(。☌ᴗ☌。):『3口コンロなんだし、一つ 使えなくったって
       残り二つがあるんなら それで いいんじゃない?
       家のコンロだって 2口しか無いのよ。』



・・・・・(。・ω・。;)!・・(ま、それも そうだけど・・・)
          『じゃあ、もし 二つ壊れちゃったら どうするの?』



(。☌ᴗ☌。):『その時は、残りの一つで 煮炊きすればいいじゃない。
        コンロ一つで生活している人だって
        大勢 いるんだから ものは 考えようでしょ?』



(。・ω・。;):(なるほどね~・・・)
        『じゃあ、じゃあね、もし 全部 
         コンロが壊れちゃったら どうするの?』



(。☌ᴗ☌。):『うん! そうなったら 土間を作って
        カマドで煮炊きしなさい、って 事なんじゃない?
        ママ、そんな生活したい、って いつも言ってるじゃない。
        きっと それが 転機になるんだと思うよ~。』





・・・・・Σ( ̄ω ̄;)・・・・・・!




黎明(覚醒) お顔 ユーチューブのコピー




ガス屋さんが言うには、
『今の機具の耐用年数は、だいたい 10年なんですよ。
 昔なら 25年くらいは もったんですけどね。』



そうですね。
最近の家電にも 耐用年数が明記されていますね。


また このような話も耳にした事がありますが、
ソ○―タイマーとか言うものが
家電にセットされていて
ある一定の年数が経つと
自動的に 壊れるような細工が
為されているのだ、とも聞きます。



【須佐】
須佐 全体のコピー



日本の技術を持ってすれば
例え 50年だろうが 100年だろうが
使い続ける(修理したりして)事が可能なはずです。

それを 敢えてさせないのは
人々を 永遠の消費サイクルから
決して解放しない、と言う
闇の思惑からなのでしょう。


人々の生活に ありとあらゆる家電が行き渡り
人々は 新たに ものを購入しなくなりました。

そうすると メーカーでは
何とか 商品を買ってもらう為に
ま新しい機能を搭載して
新機種を売り出します。

そうやって 次から 次へと
人々を消費に駆り立てるのですが・・・


そう言った生活が 本当の人の幸福でしょうか?


電化製品 一つだって
それを 廃棄するのは たいへんな作業です。

市町村の清掃センターは いずれも
莫大な家庭ごみに 喘いでいます。



物が売れ続ける事が そんな 大切な事でしょうか?!

環境を破壊してまでも?



三天女(高天原)のコピー




さて、3.11の時、
人々の消費意欲が 一時 たいそう 冷え込みました。
国やマスコミは 焦って 一大キャンペーンを打ちました。

消費が冷え込むと 国力が落ちる
東北を助けられなくなる!

・・・若干 内容が違っているかも知れませんが
だいたい そのような内容だったかと思います。


でも!

本当にそうだったでしょうか?

わたくし達が 消費を回復した事で
本当に 東北が助けられていたのでしょうか?

本当に?


東北は 今でも まだ 様々な問題を抱えたままです。


消費が冷え込む事で 本当に困るのは
東北では無く、実は<闇>なんじゃありませんか?

そして、その<闇>に使役されている<現政府>では
ありませんか?


人々の消費が 冷え込む、と言う事は
闇の搾取が 途絶える、と言う事に繋がります。

そして、実は 国力が 衰える、と言う洗脳は
<闇>の勢力が 削がれる事を 恐れて
人々をそう 洗脳し続けているのではないでしょうか。


金融は、闇の血脈である、と言う事は
今までにも 何度も お伝えしている通りです。


さて 皆さんは どちらの生き方を選択なさいますか?




今日も善き日を♪




☆感謝を込めて☆




1_20161018140243a6c.jpg

Posted on 2016/10/18 Tue. 14:04 [edit]

category: 消費者からの脱却

TB: --    CM: 0

18

☆光に連なる生き方☆ 

☆光に連なる生き方☆





*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************





皆さま、いつも誠にありがとう御座います。
今日も 誠に素晴らしい日本晴れ

空を眺めていると 心まで踊るようです

さて、今日のお話しは もう ずいぶん昔の出来ごとですが・・・
今日、他の仕事をしている時に
久しぶりに ふ・・・と、思いだしたので
備忘録を兼ねて 記事にしておこうと思います。 
(*^人^*) 




2016_0901_135807-IMG_9810@



さて、こちらは もう ずいぶん昔の話となります。

と或る<霊能者>のお話しです。
その方は、当時 テレビにも出演したり
ずいぶん 華々しい活動をされている方でした。

その方に 或る時、信者さんの脱退騒ぎが巻き起こったのだそうです。
或る方が 仲間を複数伴って(信者の引き抜きですね)
まとめて 会を 抜けて行ったのだそうな・・・。

その出来ごとが在った後、その教祖(?)さんは
たいそう悔しがって、
自分の信者を引きぬいて行ったものを 
とても 憎んだのだ、と 風の噂で 聞きました。


こう言う事、巷では ちょくちょく あるのだそうですよ。


でも、わたし 思うんです。

人って 波動が変われば 自然 別れて行くものです。

多くの信者さんを ひきつれて 出て行った方も
考えようによっては 教祖さんと波動が異なる様になったから
自然の摂理で 離別が起こったのだ、と

そう 善に考えれば 何の事は無く

誰を恨む必要も 何かを憎む事も無くなる訳です。



@タケルさまのお社にて
2016_0901_135014-IMG_9800@




でも、タカオは 会を作らないので
そう言うのからは 無縁なんですが・・・(๑◔‿◔๑)

もちろん 会報とかも作らないし・・・
(ブログが会報替わりです♪・笑)

従って 年会費とか 何とか
わずらわしい 後のちの出費が 一切御座いません♪


(かつて 自分自身が そう言う組織に所属していた時に
たいへん 煩わしい思いをしていたので、
同じ思いを 他の方にさせたく無い、との配慮なのです。)



@@3




今現在では まず 
滅多な事では 大神のご神縁として
お迎えさせて頂く事はしておりませんが、

それでも 大神が お仲間として 受け入れられた方は
その方が ご自身で離脱されて行かない限りは
何度でも 出来る限りのご指導をさせて頂いております。



39_20161016162150f76.jpg





一方、しのぶさんが 品川サミットと称して
日本全国のご神縁さんや ご縁の方々を
繋ぐお役目を独自に行って下さっております。

タカオは これには 直接 関与はしておりませんが、
その都度 ご連絡は 頂いておりますよ♪

ご縁の方々とを繋ぐ 有難い活動ですね(^v-)☆


その他にも ヒカルさんと ほかりさんは
守屋山の清掃神業を

きよみんさんも 三木さんも 弘美さんも
それぞれ 独自に清掃活動を 在所周辺で
継続されております。

東北のアメジストさんは
引っ越した先の住まいを
地上天国にするための活動を

同じく 東北の文子さんも

九州にお住まいの花輝さんも

皆さん それぞれに ご自分に出来る事で
精一杯のご神業に励んでおられます♡









@@1






人は もともと 自由です。





神と人とは もともと ダイレクトに繋がりあっておりました。

そこに 教祖と呼ばれるような
仲介者は 必要なかったのです。



2016_0901_131158-IMG_9777のコピー



それにしても、フリ―エネルギーや 麻が 
一般化される日が 待ち遠しいですね・・・


解禁されるのは、現政府が崩壊した時かなぁ~?・・・とか、
いろいろ 考えてしまいますが・・・



現政府が 崩壊する時には もしかしたら
3次元では 闇の精査の為の戦争が勃発するかも?
・・・知れません。

そこで 闇に 飲みこまれたもの達の精査が行われるのですが・・・


わたくしが 当ブログを通して
出来得る限り 皆様にお伝えしてるのは
戦争と言う凄惨な禊を経ずに
いかに 速やかに 精神世界へ 移行して行くか・・・と言う
心構えを お伝えしております。


世は、物質に呑まれた 3次元世界と
意識改革の進んだ方々が 行かれる 
少し波動の上がった世界へと 
自然に進路が分かれますので・・・。



7_2016101616415077b.jpg




さて、その為に 特別な事をしようと
焦らないで下さい。

神は 何も 特別な事など 望んではおりません。

また、多額な金銭も 求めてはおられません。

今の自分に出来る事を 出来る範囲で・・・。

長き眠りから 目覚めようとする惑星・地球の為に
今 わたくしたちが 為さねばならない事、

この母なる地球を守る為に

個人 個人で出来る事。

「自分一人が やったって 何も変わらない。」

・・・では 無く、

「まずは 自分 一人からでも 始めよう!」

・・・に 意識を転換させて行く事からです。


そうして 善に目覚めた方々が
各々の在所で 陰徳を広げて行く事で
その地域、その場所が 浄化され
波動が上がって参ります。


その上がった波動によって
自らも お引き揚げを頂けるのです。


これは 金銭ではありません。

心の在り方 そのものです。


間違えないで下さいね。


高額なセミナーを 無理して受けたり
高価なスピリチュアルグッズを 買い漁る事が 
次世界への扉となるのではありません。



金銭や知識量で行かれる世界では無い事
よくよく 心に留め置かれて下さいますように。



☆感謝を込めて☆

Posted on 2016/10/16 Sun. 16:46 [edit]

category: 光へ連なる生き方

TB: --    CM: 2

16

♡質素で天寿♡ 


♡質素で天寿♡






*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************





皆さま いつも 誠にありがとうございます
(@^v^@)

ここの所、急に 肌寒くなって参りましたね☆
何やら 一足飛びに 冬支度に突入~・・・みたいな感じですが、

そんな矢先、メールボックスに 某大手通販会社から
ネット通販への お誘いメールが届いておりまして
本当に 驚いてしまったのですが!

 (゜д゜;) !・・・いったい どこで調べて来たのやら???

まぁ、ネットは すべて どこぞの某が一括管理している事は
承知の上で使用してはおりますが・・・

それにしても 商魂たくましいですね・・・( ̄Д ̄;;

こんな小規模な活動を 
地道に行っている絵師の商品など
取り扱ったところで 知れたものだろうのに・・・


それでも 旨味があるとでも勘違いしたのか??
或いは、リサーチを兼ねての商談のお誘いだったのか???

いずれにしても、せっかくのお誘いではありますが、

まったく 取引するつもりはありません!


神絵に関する一切を 見知らぬ第三者に
委ねるつもりも 
販路を拡大したい、などと言った
欲も、一切 御座いません。


そう言った性格の作品群でも無いと思っています。



そもそも 神の御姿を描かせて頂く事すらも
畏れ多い事であり

それを 金儲けの道具にするなど
言語道断!!

儲けたくて やっているのであれば
到底 この様な神絵を
描かせて頂けるご縁にすら
繋がる事は なかったでしょう。



わたくしには 大きな望みなどは無く
ただ 質素でも 穏やかで 静かな生活を
粛々と送れれば それで 満足♡

この世に持って来た 仕事の幾ばくかを
精一杯 勤めさせて頂く事が出来て
それを まがりなりにも 
やり遂げる事が出来れば十分です。



1_20160928234656f18.jpg



この仕事が 本格化して行く時に
大神は 敢えて もう一度
肉体を持つ わたくし自身に
波動で 確かめました。

(もちろん すでに 魂には 確認しているハズです)


【莫大な富を得て 短命で終わるか!
 質素でも 天寿を全うするか!
 どちらが よい  答えよ!!】



そうですね。
厳しい 波動で そのご神言は 魂に響いて参りましたが、

何の迷いもありませんでしたね。
即決でした。


(質素で天寿!!!)
 

これしか ありませんよね♡♪


質素でも 穏やかな生活を
この世を去る その瞬間まで 感謝と共に生きて
天寿をまっとうして 静かに この世を去る・・・


これこそが 人の理想的な人生であると
わたくしは考えるのです。



2016_0821_180907-IMG_9690@.jpg





さて、時折 某ブログ経由で
いかにもなサイトから 時々 コメントを頂きまして・・・
(さすがに 最近では無くなりましたが・・・)



「文章の書き方が参考になりますね。
 わたしのブログにも 遊びに来て下さい。」
・・・とか、

「こう言うブログもあるんだな~って思いました。
 わたしは こう言うブログを書いています。
 わたしの所へも 遊びに来て下さいね。」
・・・とか、

まぁ、お誘いの文言は 様々ですが・・・

いつも 思うのは、

(なるほど、アフイリエイトしてるのね~・・・)

・・・って 事ですね。


ごめんなさいね。
そう言った文言が 入っているコメント主のブログへは
絶対に行きません。


物質への執着が強い人とは
進む方向性が 異なると思うからです。



展示会でも・・・ それから 
これから開催するかも?・・知れない 
講話&茶話会でも
入場料を頂くつもりは まったくありません。


儲ける事が目的では無い、と言う事は
今までの記事でも 発信している通りです。


まぁ、今時、そんな ちょっと 風変わりな人が
一人や二人くらい居たって いいんじゃないですか?

・・・って わたし、思うんですよ♪

(*˘︶˘*).。.:*♡




2016_0801_063140-IMG_9588@_201608011752383e1.jpg



ところで、神絵ハガキですが、
これは ご注文を頂いた時点で 
お振込を確認していなくても
先に発送するようにしています。


すべては 皆、神が裏面で動いて下さっておりますので
正直に為す人も そうでない(???)人も
その行いのすべては 皆 神々が ご覧になって居られます。



すべての事象は 神が タイミングを見計らって
動かして下さいますので

人は、と言えば、そのご配慮を頂くに
ふさわしい生き方を貫き通す、事が望まれるのだと
その様に わたくしは考えるのです。


正神と繋がり続ける為には
人の持つ ありとあらゆる欲望を
一つづつ手放して行く事。

 

物質世界が崩壊するのですから
あの世に持って行けないようなものを
たくさん 貯め込めば それが 執着となって
身軽には なかなか 成りきれないのではないでしょうか・・・。



今日も善き日を♪



☆感謝を込めて☆





Posted on 2016/10/14 Fri. 01:04 [edit]

category: 人生が動く時

TB: --    CM: 0

14

続・支笏湖・清掃神業 

続・支笏湖・清掃神業








守屋山清掃神業と並行しながら
ご神縁の方々を中心として

この日本の各地で芽吹いた陰徳が
様々な場所で 定期的に開催されております。



さて、この清掃神業は、すでに 出雲展の前(9月の上旬)に
ご報告を頂いていたものです。

北海道チームの頑張りを
再度 当ブログでご紹介させて下さいませ。

☆*。:゚ヾ(*゚∀゚*)ノ.゚。+*☆




@画像提供とご報告は、しのぶさんです♪
DSC_2048_201610112204494f5.jpg



支笏湖・・・

縁あって わたくしも 昨年の秋に
こちらの湖に ご挨拶に出向かせて頂きました♡



遠目で見れば これほどまでに 美しい湖なのですが、
近くに寄って よくよく見てみると
誠にゴミの投棄が多いのです。

波打ち際なら まだ 拾う事も出来るのですが、
湖の中には 拾う事も出来ないような
白いビニール袋が 無数に捨てられています。




今回もまた こちらの湖の清掃神業に
立ちあがって下さったのが
いつも 誠に 頼もしい 北海道・ご神縁チームの面々です♡


DSC_2051_201610112204509bc.jpg


皆さん、本当に善い表情をしていらっしゃいます♡

さて、早速 湖や その湖を見守っておられる
神様のお社の清掃に各自 取り掛かります。


DSC_2038_20161011220331950.jpg


皆さん たいそう 手際が良いそうですよ♪


(しのぶさんのご報告より)
<今日のお掃除は、私の勝手なお願いを聞き入れて頂き、
<まず支笏湖神社にご挨拶させて頂いてからお掃除場所に向かいました。
<神社の境内にはいればみなさん当たり前のようにお掃除を始め、
<私含めて四人いましたから、あっと言う間に綺麗になりましたよ!
<それから、めいめい神様にご挨拶をさせていただき、
<わたしは支笏湖のお掃除をさせていただくご挨拶とお礼、
<そしてご神縁のみなさん方へのご加護をお願い致しました。



DSC_2037_201610112203297da.jpg


<支笏湖畔はバーベキューの網やら花火のあとやら、
<結構なゴミでしたよ。
<多少は綺麗にできましたが、元々の水がきれいなだけに、
<悔しくて涙が出てきました。
<近ければ隔週でも毎週でも通いたいのですが、
<遠くて叶わないのが非常に残念です。
<わたしたちが水辺でめいめいゴミを拾ってるすぐそばで、
<バーベキューしてる親子がいたり、日光浴してる若者がいたり、
<ギャップが笑えましたが、みな、まわりがなにしてようが、
<自分達をみていようが、気にすることもなくもくもくと拾い歩くのですよね。
<素敵なお仲間たちだと改めて思いました。
<なんとなくですが、わたしは、浜にいらっしゃる方々の近くを通りかかるときは
<笑いかけようと思い、実際にそうしたのですが、
<そうしますと、笑い返してくださるかたもいらっしゃいましたし、
<子供などは近くのゴミや枝を持ってきてくれたりするんですよね。
<楽しかったです。



DSC_2036_201610112203285d0.jpg



<白鳥の写真が一枚紛れ込んでいますが、こちらは、
<ウトナイ湖で遊んでいた白鳥です。
<慣れているようで、近づきすぎない限り逃げることもなく
<日光浴をしてました。


DSC_2032_201610112203278b2.jpg




<最後に添付した写真が、神威岬です。



@神威岬
DSC_1964_20161011220325e69.jpg


<後ろのかたに言われました。
<神威岬は、神の岬なのだと。
<あなたにこの神の岬を、
<神が守ってきた色(=水の色)を見せたかったのだ、と。

<神威岬は、積丹半島と言うところの最先端で、
<積丹ブルーといううつくしいブルーの海が見られることで
<有名らしいのですが、
<さすがに今回はみることは叶わなかったようです。
<残念だったなと思っていたら、後ろのかたが
<もう一度見にきたらよい、だそうです。
<エッ?( ; ゜Д゜)でしたよ…。f(^_^;)




素敵な景色を見せて頂けましたね♡
神の粋な計らいでしょうか・・・✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。


神様から頂くご褒美は
決して物質などでは無くて・・・

滅多に見せて頂けないような
誠に美しい光景ですよね・・・♡


:*:・( ̄∀ ̄)・:*: 



清掃神業、誠にご苦労さまでした♡

ちなみに この日の成果は、こちらのゴミ袋だそうです

DSC_2041_201610112204473b9.jpg



北海道・ご神縁チームの皆さま
本当にご苦労さまでした♡

皆さまに更なる祝福が降り注ぎますように・・・♡




☆感謝を込めて☆

Posted on 2016/10/11 Tue. 22:35 [edit]

category: 清掃神業

TB: --    CM: 0

11

知らぬ間に、仕立て上げられている<恐怖> 

知らぬ間に、仕立て上げられている<恐怖>







*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************




2016_1006_163952-IMG_0208@.jpg




皆さま  (。 ・ v ・ 。)ノ コン二チワ♪

いつも 誠にありがとう御座います♡


さて、タカオの最後の神絵展示会
先日の【天上の美・出雲】で 無事 終了致しました♡



これも すべては 皆さま方のお陰さまです♪


(この後は、展示会形式では無くなります☆)


そして、その展示会の開催中に
次の会のイメージが 波動で降りて参りました。


それが、講話と茶話会のイメージです。


いつから スタートするのか
時期的な事は まだ 少し先のお話しになろうかとは思いますが・・・


(灬╹ω╹灬)

(大体の概要は、こんな感じです☆
 お移しする神絵は、大神様を筆頭として、総数3柱前後、
 これは、会の閉会後、タカオが一人で 搬出作業まで
 こなせる規模になります。)


2016_1006_162811-IMG_0197@.jpg



さて、出雲から 帰って しばらく致しますと
出雲展で話した内容 プラスアルファのメッセージが
次から 次へと 魂に波動で 降りて参ります。


(こう言う時は、神様が 一刻も早く
 人々に知らせてほしい時です)



2016_1006_162820-IMG_0198@.jpg





ところで、少し 横道に反れますが・・・

先日 何氣にネットを閲覧しておりましたら
どこぞのネット知恵袋で タカオの神絵ハガキへの質問が
為されておりました。

投稿されたのは、今年の初め頃
(まったく 氣付きませんでしたね~・・・)

その質問者への これは 回答の一部分なのですが、


<件の絵葉書は崇尾青見という人の作品と想われますが
<(この人の作品のシリーズ名ですから)
<主に日本神話を絡めた、スビリチュアルがかった作品を発表し続けて
<いて “光” に非常にこだわりを持っているので、こういうタイトルを
<つけたものと想われます。



╭( ・ㅂ・)و ̑̑  なるほど!!
崇尾の事を よく 観察していらっしゃる!
(さすが、カテゴリーマスターを冠するだけの事はありますね♪)

などと 妙に感心しながら このコメントを読み入ってしましました☆
╭(๑◔v◔๑)و ̑̑



2016_1006_162936-IMG_0202@.jpg




さて、本題に戻りましょう。




それにしても・・・です。
テレビは自宅から 消えましたが、
この世の流れは 何となく
ネット経由で分かりますからね・・・



肌感覚で感じるのは
いよいよ 日本の神々による
闇への反撃が始まったな~・・・と。


もともと 日本の神々の霊格
たいへんお高くていらっしゃいます。
(日本の神々には 本来 姿や形は無く、
 光そのものであり、波動です。)


わたくし 崇尾は、そう言った
光だけの存在である日本の神々の御姿を
人の姿で描いてはおりますが、
もともとは ただ 光だけの波動の方々です。




2016_1006_163042-IMG_0206@.jpg



さて、これは 展示会に出向く前のお話です。
どこぞのスター女優が 反日映画を制作した、と知りました。


そして

展示会から帰ってしばらくすると
そのスター女優が ブーメラン効果?
・・・なのか どうかは分かりませんが、

映画制作における 主要スタッフ同士の
自身への評判がリークされてしまい
立ち直れないほどの精神的な痛手を受けて
引きこもり状態にある、との記事を目にしました。


光が輝きを増せば
闇は更に 深味を増して参ります。



そうですね。正確には、
日本の神々による反撃と言うよりは
因果応報、と言う言葉の方が
より 適切ではないでしょうか・・・?


さて、闇が 益々 くっきりと
あぶり出されて来ております。


何度も 申し上げますが、
この世には 幾つもの次元が存在し
それらは 別段 隠すものでも 奇異な事でも
何でもありません。


至って 普通の事であり
皆、当たり前の事なのです。




2016_0505_090124-IMG_9025@




闇は、人々を 【光】から切り離し
未来永劫 闇の奴隷とするべく
光に連なる一切の情報を 覆い隠したのです。


かの悪名高き<魔女狩り>も 
その負の洗脳の一つです。



☟ もはや 狂っているとしか言いようの無い
   魔女狩りの実体です。
http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/kaiki2/106majo.htm



闇は、血と恐怖とによって
人々を波動の低い世界へ 
光から 切り離された世界へ
縛りつけたのです。




2016_0317_133105-IMG_8054@




人は本来
もっと ずっと 高い霊性を持っていて
現在のような 宗教や 教祖など
中間のお取次役など 必要とせずに

直接 高次元の存在と
交信する事が出来たのです。


【磐長姫】
3_201610071805024b3.jpg



ですが、その能力は 闇にとっては
厄介な能力でした。


人間を自分達の奴隷として使役する為には
自分達こそ 絶対的な存在として
また 神に匹敵する存在として
君臨する必要があったからです。



【国常立尊】
3_20161007180627260.jpg




さて、先日のサンタ=サタンの記事の追記ですが、

赤い服を着て 子供達にプレゼントを配るおじさん
このサンタの言葉が・・・

『欲しい物の目録を作れ』・・・です。

つまり サンタクロースとは
人々の物欲の象徴的な姿でもあるのです。


【豊玉姫】
9_20161007180758b3d.jpg



ただ もう一度 このサンタクロースや
ハロウインに関しての<悪魔崇拝>について
疑問を呈しておきたいと思います。


わたくし達は 何も深い事を知らずに
ただ 上っ面のお祭騒ぎだけに狂奔させられています。


ですが、これら 悪魔のお祭を
知ってか 知らずかに 関らず
行っていたとしても
それが いつしか 自分自身が
悪魔崇拝者に仕立て上げられるのだと言う事を
是非とも 念頭において頂きたいのです。


さて、わたくしの神絵師ブログでは
あまりにも グロテスクな内容を
そのまま掲載する事は 差し控えております。


ですが、実際
多くの方々が 何も知らずに
マスコミに 扇動されるがままに
毎年 そのバカ騒ぎぶりがエスカレートしている
ハロウインの陰では、
誠に おどろおどろしい
生身の子供の生贄を使った悪魔儀式が
一般の人の眼に触れぬ暗闇で
実際に行われている、と言う事を
念頭においておいて頂きたいのです。


あなた方は、その事実を知ったら
果たして ハロウインなどと言った
魔物の祭になど 狂奔 出来るでしょうか?



真実から 目を逸らしてはなりません。

今を刹那に生きては ならないのです。

今 実際に この世に起こっている様々な出来事は

皆 あなた自身の問題であり

決して 人ごとなどではないのです。




☆感謝☆




【久那斗神】
6_20161007181120243.jpg

Posted on 2016/10/07 Fri. 18:11 [edit]

category: 真実を見抜く目を培う

TB: --    CM: 1

07

憂鬱な季節・・・ 

憂鬱な季節・・・





*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************






2016_0829_161543-IMG_9738@.jpg



今年も また この季節がやって来た。

  
ハロウインとか言う一見 楽しげ(?)を装った西欧の悪霊が
神国・日本の国中を 我が物顔で 跳梁跋扈する季節だ。

このおどろおどろしい化け物達の祭の
表向きの宣伝文句は<悪魔祓い>と言う事になっている。

・・・が、

果たして 本当にそうだろうか?


わたくしには 悪魔祓いどころか

むしろ

魔物を召喚している儀式にすら見える



2014_1024_154158-DSCF5457のコピー





さて、この記事を書くにあたって
この祭の真相を幾つか調べてみた。



そして、その内容は とても 
わたくしのブログで
ご紹介出来るような内容ではありませんので。

真実に関しては 各自 
検索して頂きたいと思います。


「ハロウインの真実」で検索すれば 
幾つか ヒットして来る事でしょう。



2016_0614_130714-IMG_9346@



さて、そのハロウイン。

この時期、町と言う町中、
店と言う 店の軒先やら 店内に

巨大で不気味な黒蜘蛛のオブジェやら
血塗られたコスチュームやら

化け物の顔にくりぬいたカボチャやらが
我が物顔に展示される。


こんな事を言えば 炎上ものだろうが
あえて 言わせて頂くならば

こんな西欧かぶれしたバカ騒ぎは
自分のような田舎者にとっては
不愉快以外の何ものでも無いわけである。



2016_0614_131830-IMG_9366@



日本では、この月、十月には

国中の神と言う神が
出雲へ集結する時節なのだ。

それで 出雲以外の地域では
神が居なくなった月と言う事で
神無月

反対に 神々が 一同に集結する出雲では
神在月と称す。


その、日本の神々が 出雲へ 
一同に集結する【神無月】の隙をかいくぐって

西欧の悪霊たちが
神国日本の国で 蹂躙の限りを尽くす月

・・とでも 言うのだろうか。




2014_1024_154444-DSCF5476のコピー



それを はやし立てる マスコミも
また それに 乗せられる多くの民も

まことに おめでたい、とでも申しましょうか、

まぁ、辛口で申し訳ありませんが、
様々な食品に混入された
<添加物と言う名の毒物>と
医薬品に混入されている有害な重金属やら
毒物などなど・・・

それら 複様々な複合汚染によって
もはや 物事を 深く 掘り下げて見詰める洞察力も
行間を読むと言う推察力も 

著しく 劣化してしまい

神人民族としての
本来の使命すら忘れ去って

日々 虚空の仮想世界で生きるようになると

今 目の前の現実さえ 幸せなら
その後の人生など 考えられない、

また 考えたくもない・・・


『どうせ 100年先なんて みんな
 死んじゃって いるんだから・・
 今を狂ったように 踊って過ごしましょう・・・』



・・・と言った 刹那的な生に
のめり込んでしまうのかも?知れません。


いえ、正確には、
そうなる様な意図的な誘導が
為されている、と言った方が
よろしいかも知れません。


2016_0218_172101-IMG_0020@.jpg




さて、そして、この魔物の祭が
やっとの事で 終わると

今度は 年の暮れに
魔物の大御所が 登場して来る、と言う寸法です。


言わずと知れた クリスマスですが。

などと申しますと 驚かれる方も多いでしょう。


そうですね。
わたくしも 子供の頃は 何も知らずに
ただ、ケーキが食べられる日♪

・・・くらいの認識しか無かったのです。


けれど 詳しく調べてみますと この祭の真相は・・・

実は、キリストの誕生日などでは無く

悪魔王サタン(二ムロド)の誕生日であると言われています。

(詳細はご自分で調べてみて下さい。)

ちなみに、
サンタを組み替えると サタンに変える事が出来ます。




2014_1024_154506-DSCF5481のコピー




今現在の この邪神支配の暗黒の世では
調べれば 調べるほど
いかに この世界が 闇に覆い尽くされているか
・・・と言う事が 分かります。

そして、これほどの闇夜を
わたくし達は くぐり抜けて
真の光の世界へ 抜け出さねばならない使命を持つ事

<世界の主要メディアの9割を掌握した>
闇の一派が 豪語するように

もはや マスメディアから 垂れ流される情報に
信頼出来るようなものは ほぼ皆無に等しいのだ、と言う事を
肝に銘じねばなりません。

そして、そのメディアが 大々的に宣伝する時には
裏には 必ず 何らかの 黒い陰謀が潜んでいる事を
念頭に置かねばなりません。



1_20161005143633711.jpg



神国・日本の民ならば
お正月を祝ってこそ
神人民族の神人たる所以があるのです。


その根幹を忘れ去って
なにが 癒しでしょう・・・
どこが 人助けでしょうか。


もう いい加減
化け物や 魔物の祭に踊らされる事はやめて
日本人本来のあるべき姿に立ち返る時、


世界広しと言えども
世界の民の範となれる民族は
この日本民族を置いて 他には御座いません。


その波動の高い日本民族のやり方を真似て
やっと 世界が長きに渡った冬眠から目覚めるのです。


世界は今
日本民族の眼ざめの時を
固唾を呑んで見守っているのです。




☆感謝☆




7_20161005144318b8b.jpg



2014_1024_113617-IMG_8986@.jpg









Posted on 2016/10/05 Wed. 14:44 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 0

05

②出雲での素敵な出会いに感謝を込めて♡ 

②出雲での素敵な出会いに感謝を込めて♡





2016_0925_124850-IMG_0127@.jpg



出雲展、二日目の出会いに
心からの感謝を込めて♡



2016_0925_102932-IMG_0049@.jpg


この度の出雲展でも
神絵の神様から お言葉を頂戴した方が
何人かいらしたようです (✿´ ꒳ ` )♡



2016_0925_104527-IMG_0060@.jpg


何人かの方から

『大神様の神絵の前で
 涙が止まりませんでした・・・。』


・・・と 伺いまして、


2016_0925_104602-IMG_0522@.jpg


(あぁ、きっと 波動で お言葉を
 頂戴していたのね・・・(*´∀`*)


・・・と 思っておりました♡


2016_0925_105422-IMG_0067@.jpg


ところで
出雲から 在所に戻ったのは
出雲展終了後の翌日の昼下がりでした。


2016_0925_105108-IMG_0065@.jpg


帰宅致しますと 娘が この様な事を申します。

『ママが居ない間
 一度だけ 大雨警報が出てね。
 その時には、本当に びっくりするくらいの
 大雨が降ったんだよ~

 ママが家に居る時には
 大雨警報が出ている時でも
 大雨に降られた事が無いのにね~』


・・・などと 不思議そうに 申します。


2016_0925_110648-IMG_0074@.jpg


(へぇ~・・・そうなんだぁ~・・・ (。・ω・。)

・・・と、何やら ちょっと 不思議な氣が致しました。


2016_0925_112346-IMG_0080@.jpg


弥勒の世に移行すると
世は 寒暖の差が ほとんど無くなり

雨は ちょうどよい塩梅で
(一雨ほしいなぁ~)・・・と思うタイミングで
降ってくれるようになるのだそうです。

(そう言えば 最近の雨は 
 ちょうど そんな感じに 
 ほどよい感覚で 降ってくれています♪)

(✿´ ꒳ ` )♡


2016_0925_112605-IMG_0085@.jpg


更には この夏の初めから 大々的に始めた断捨離によって
ようやく 家から テレビが無くなってからは
今までにも増して 平穏な日々を 送れるようになりました


2016_0925_112855-IMG_0087@.jpg


毎日 毎日・・
テレビから 垂れ流しにされる
暴力的な映像やら・・・

心身を疲弊し 
人から活力を奪う
不協和音に溢れた音響・・・


2016_0925_113417-IMG_0088@.jpg


今更ながらに
それらから 解放された平穏な日々を
感謝と共に 有難く過ごさせて頂いております。


2016_0925_114835-IMG_0100@.jpg


さて、ネット上などでは 日夜 心ある方々によって
これほどまでに 抗がん剤の効能の無さが
叫ばれ続けているにも関らず・・・


2016_0925_115218-IMG_0102@.jpg


今もって なお、
その 効きもしない抗がん剤によって

生命の危機に晒されている方の
何と多い事か・・・と。




2016_0925_115732-IMG_0106@.jpg


有用な情報が 入るか 入らないか・・・

それが 自分にとって
多大な福音をもたらす情報であったとしても

それを 受け取る側が
キャッチ出来る状態に在るか 否か・・・

・・・と言う事も
その方の これからの生死を分かつ事に
繋がって参ります。

すべては その方の 心の在り方次第なのです。



2016_0925_120959-IMG_0109@.jpg


さて 展示会でも いらして下さった方々に
いつも お伝えしている事ですが・・



2016_0925_123527-IMG_0114@.jpg


波動を上げる、魂を浄化する、と言う事に
特別な金銭など 必要では無い、
・・・と言う事を 事あるごとに お伝えしております。


2016_0925_124636-IMG_0126@.jpg


この世界の実相や真実を知るのに
高額な、何十万も 何百万もするようなセミナーが必要でしょうか?


2016_0925_124850-IMG_0127@_20161001000219678.jpg


神は、高額な金銭を出さなければ学べないような事に
魂の氣付きの種など 落としては御座いません。


2016_0925_130841-IMG_0537@.jpg


氣付きや 学びとは
だれでも いつでも たった今からでも

その氣にさえなれば

誰にでも出来る事の中に

たくさんの 氣付きの種を
蒔いてあるのです。



2016_0925_124049-IMG_0122@.jpg



金銭や 物を得る事は
決して  人の 本当の幸せなどでは ありません。
 


2016_0925_140626-IMG_0151@.jpg


この 物質世界に存在するモノは
すべからく 朽ち果てるものばかりです。

(形あるものは すべて 壊れる・・・)


2016_0925_142049-IMG_0163@.jpg


永遠とは 心(精神)の中にこそ
存在しているもの。


2016_0925_144103-IMG_0178@.jpg


その 永遠の心の安息の何たるかを 学ぶ為に
わたくし達は、一旦
物に溢れた生活を 経験させられました。



そして、溢れるばかりの物に囲まれながらも
決して 心の安息を得られない 昨今の生活を垣間見て

『人の幸せとは 決して 
 物や金銭に囲まれた生活などではないのだ。』


・・・と言う事を 学ばせて頂いたのです。








2016_0925_124924-IMG_0129@.jpg




けれど それでも 
今もなお 物質に執着し続ける方は
大多数でしょうが・・・



2016_0925_125901-IMG_0132@.jpg





それでも わたくし、崇尾が 発信する情報は
すでに 物質の中にではなく

心の中にこそ 存在する 永遠の平和に
氣付けた方を対象にしての
メッセージとさせて頂いております。



2016_0925_150652-IMG_0560@.jpg



今日も善き日を♡


2016_0925_145423-IMG_0181@.jpg





☆感謝を込めて☆





3_2016100100062177e.jpg

Posted on 2016/10/01 Sat. 13:28 [edit]

category: 全国巡回展

TB: --    CM: 0

01