09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

【善悪 総抱えで 改心致す】(確固たる自己を確立する事の大切さ) 

【善悪 総抱えで 改心致す】
(確固たる自己を確立する事の大切さ)




【猿田彦神】
16_201601130927107fd.jpg




皆さま、いつも誠にありがとう御座います。
お陰さまで【神絵】制作の方は、順調に進んでおります。
今月いっぱいには 永遠を司る女神さまが
従者を従えて お出ましになられるでしょう。
これもひとえに、皆さま方のお陰です。
心より感謝です♡


【豊玉姫】
48.jpg


さて、その新作神絵を制作する過程で
必要があって ある星座名で検索を掛けたところ、
思いがけないようなブログに飛びました。

(そう言う事は よくあるのですが、
 その典型的なパターンです。)

そして!

(なるほど・・今日のテーマはこれですか!)
・・・と言う事で、ぢつは 内容が ちょっと過激です。
 
共鳴出来る主張もあれば、
(・・・・・・???)と
首をかしげる内容も御座いました。


【大山祇神】
46_201601171902482c1.jpg



その方の主張の中に この様なモノがありまして・・・。

<かつて神社で行われていた「お祭り」も、もともとは
<老若男女が裸で集まり、乱交パーティのようなことを
<していたとの説があります。
<これもまた神道が悪○崇拝から派生したものであるという
確固たる証拠でしょう



(うぅ~ん・・・ちょっとね・・・)、
神道と悪○を同一視している時点で アウトかな?・・・と。

(とは言え、光と闇は、裏と表の関係ではありますが、
 似て非なるかナ、の最たるものではあります。)

・・・な訳で、小首をかしげながらの閲覧となった訳ですが、
この方の主張が わたくしにとって 何となく
違和感を感じる内容になっているのは、おそらく
この方の論点の起源が せいぜい 江戸時代あたりから。
ま、古代からとは謳っていますが、

神道が悪○崇拝だと言うのなら それは 
もとから居たこの国の神々が
侵略者達によって 都合良く 
すげ替えられた時から始まった。
・・・と言わねば 真実とは言えませんね。

ですから、元の元の大元の
神代の時代に 国譲りの時代にまで遡って
神道を語らねば
その真相は見えては来ないと思います。


【国常立尊】
45.jpg



今の日本を語る為には、やはり 
かつて 正当な統治者であった出雲王朝が、
侵略者達によって無理やり王権をはく奪されるに至った所から
この話をスタートさせねば 今現在の神道の真相は語れませぬ。


【大国主命】
42.jpg


つまり この国が 闇に覆われるに至ったのは
侵略者たちにとって 都合のいい綺麗事で 
真実を覆い隠された所から 始まっているのです。

とは言え、大神は、
【それすらも この惑星地球が
真の夜明けを迎える為の
惑星単位での学びだったのだ】

・・・と、仰います。だから、
【恨むな。】・・・と。



【宇宙根元神Ⅰ】
39_2016011719144689f.jpg



人々の憎しみや恨みを煽るのは、
もはや<闇>でしかありません。
恨みからは 何も生まれません。

それは【天に唾吐けば 己にかかる】のと同様で
憎しみや恨みの想念は、自らの人生を縛ります。

そこからは 決して 真の成功は望めません。
魂の昇華も学びもありません


【宇宙根元神Ⅱ】
40.jpg

 
もはや 「○○が悪だ!」だの「○○が黒だ!」などと 
どっちが善で どっちが悪だなどと
糾弾・攻撃している場合ではありません。

その事を わたくしは 今までにも 何度もお伝えしています。

大元の価値観の大転換が起きる
【時代の転換期】にいるのですから。



【奴奈川姫】
名称未設定 1のコピー


他者を責めている場合では ありません。
魔女狩りをしている場合でも ありません。

その事を しっかりと認識して下さい。

悪の糾弾と攻撃に熱心なレベルの御霊では
到底 この大峠は 越せません。

【善悪 総抱えで 改心致す】

【悪もお役目】

人々に 悪の何たるかを
知らしめる為の悪とて 存在するのです。



知る事は大切ですが、
だからと言って
それを糾弾するのは筋違いだと思います。

攻撃しても 何も生まれません。

自ら 闇に堕ち込むだけです。

その事に 氣付かねば 本当の光の世界へは
道は開けて参りません。




6_201601191930484ca.jpg



大切な事は、
今、自分が どうあらねばならないのか、と
言う事なのです。

自分の為すべき事に 意識を集中して下さい。
出来る限り 善の行いを積み重ねて
例え少しでも 自らの波動を上げる為の努力を
最後の最後まで 怠らない事が大切なのです。


【経津主神】
41.jpg


ですから。

どこに 地下組織が隠されていようが
どこで 核爆弾を秘密裏に製造していようが
結局は そんな事は ただ 
『へぇ~~ そうなんだ~!!』
・・・で 終わるレベルの出来ごとでしか無いんですよ。

いとも簡単な事のように言って 申し訳ないですが、
結局は、そこなんです。

それすらも 人々に悪の本質を知らしめる為の
負の現象の一つなのです。



【建速須佐之男命】
30_201601182128023ca.jpg



その方は 言います。

『天○家は○○崇拝なんです!』

ええ、そうですか。なるほどね。
でも だから? それが何だと言うのでしょう?

だって もとは 侵略者だったモノ達の末裔ですよ。
今更 驚くような事でも ないじゃありませんか。


その○○崇拝の○○家だって この物質世界終焉と共に
闇の組織もろともに 終焉して行くのですよ。
そのカルマの全てを否応なく清算させられながら・・・。

ただし、事に拠ると 多くの人々を巻き添えにしながら・・・
最後の悪あがきをしながら 終焉して行くのかも? 知れませんが・・・。

それが 血塗られた王朝の最後の姿であるならば
それもまた 致し方ない事・・・。


【日本武尊】
34_20160118212802f78.jpg



さて、この世が精神世界に変わる時、様々な悪が 
否応なく 一気にあぶり出されます。

【それに 呑みこまれないように!!】

その時の為に あらかじめ避難場所を
事前に用意しておくように指導しているのも
その様な意図があっての事なのです。

次の世界へ残すべき人民は 一足先に 安全な場所へ 
避難させておく事が 神計りです。


【久那斗神】
47.jpg


この世の変わり目には、
3000年間の膿が 一氣に放出されます。

だからと言って 決して それに 振回されない事。


この世は 写し世・・・。

目の前の現象は、まぼろし・・・。

己の御霊相応の世界が 
そこに顕現しているだけなのです。





☆感謝☆




関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/02/08 Mon. 20:18 [edit]

category: 物質世界の終焉

TB: --    CM: 0

08

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form