03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆たんぽぽ☆(身近な万能はーぶ♪) 

たんぽぽ
 (身近な万能ハーブ♪)






**************************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
**************************








先日 【ヨモギ】のご紹介をしたと思ったら
今度は、【たんぽぽ】だと、波動で降りて参ります(^ー^)

そうですね♪
季節は【春の野草】の季節、真っ盛りですね♡


2016_0406_144954-IMG_8598@.jpg


【たんぽぽ】の有用性に関しては
もうすでに多くの方々の知る所でしょうが、
今日は、それでも 
『まだ知らなかった!』・・・と言う方々の為に
どうしても 再度 お知らせしてほしいのだ、と
その様に魂に響いて参ります(*^v^*)

おそらく これは【少彦名命】さまからの
御伝言なのかも知れませんね(^v-)☆
*【少彦名命】さまと言えば、医薬の神様です♪


32_20160304220836d17.jpg


ちょっとバイクを走らせれば
まだまだ 自然の草花は 豊かです (o´∀`o):.*


2016_0406_144719-IMG_8595@.jpg





ネットをググれば【たんぽぽ】の素晴らしさを
ご紹介した記事は たくさん ヒットして参りますが、
ここでは もう一度 その素晴らしさを
ご紹介しておこうと思います♡

(広めてほしいのだそうですよ♪
 そうですね~・・昨今の薬物汚染には
 こう言った自然の力を取り入れて改善するのが
 最も自然で無理のない対処法なのでしょう♡)

以下、引用させて頂きました。



【万能ハーブ・タンポポの効能】

タンポポは、江戸時代には既に存在が確認されており、
災害時の食料備蓄になる救荒植物として
栽培が推奨されていました。


一切の熱毒・きず・いたみ、によい。
水腫(手足など腫がれるもの)を逐い、婦人の乳ようを治す。
あるいは、足の少陰(足の少陰の経脈)、
腎経(少陰は心腎につづく経脈)の最高薬であるという。
また鬚髪(ひげかみ)をくろくし、筋骨を壮にするともいう。

炎症を止め、熱を下げ、腫れ物を治すほか、
血液やリンパ液といった体液の浄化や循環を促し
、毒物の排泄に働くことからむくみの解消にも
効果があることが分かっていたようで、
全草を乾燥したものは蒲公英という
生薬として用いられてきました。

タンポポの根や葉を乾燥させて焙煎、
粉末状にしてドリップして飲む「タンポポコーヒー」は、
ノンカフェインのため、
子供や妊娠中の方でも安心して飲用できます。

妊娠中・授乳中にかけて不足しがちな鉄分・
カルシウムなどのミネラル・各種ビタミン類・繊維質などを
豊富に含むこともうれしいメリットで、カリウムを多く含んでおり、
利尿作用があるため、妊娠中のむくみや
産後の乳腺炎などの症状も改善してくれるそうです。




その他にも<不妊症>にも効果があると
書かれておりました♡(^v-)
婦人病の万能薬ですね♪




名称未設定 1のコピー


なるほど・・・
災害時の非常食にもなるんですね♪
【たんぽぽ】さん


*が然、栽培する氣満々です♪

\\\\(۶•̀ᴗ•́)۶////


2016_0405_164152-IMG_8592@.jpg




乾燥させて お茶として飲用してもよろしい様ですが、
わたくしは、摘んで来たものを
小さじ一杯の重曹で さっと湯がいて
タンポポの味噌和え
美味しく頂きました♪

ほんのりとした苦味があって
葉も茎も根も柔らかく
とても美味しかったです♡
٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


1_2016040812161600b.jpg


その他にも 炒め物にしたり
新芽を摘んで サラダにしたり
様々な食し方があるようです(^v-)☆


2016_0408_074804-IMG_0240@.jpg



春の野草は、長く厳しい冬を乗り越え
暖かな陽光を浴びて 一斉に芽吹くもの。

そのエネルギーは、
生命力に溢れています☆

その植物達の素晴らしい力を
体内に取り入れ
常日頃からの食品や薬物汚染、
また 放射能などの目に見えない汚染から
身を護り抜く為に
この貴重な季節の花々のエネルギーを
是非 ご家族揃って 積極的に
取り入れて下さいますように♡




☆感謝を込めて☆





《追記》
タンポポには、様々な種類がありますが、
大別すると日本タンポポと西洋タンポポに分けられるそうです。
その大きな違いは・・・

yjimage_20160408123336ed0.jpg
@画像は、お借りしました。


わたくしも 家の廻りをざっと探してみましたが
ほとんどが西洋たんぽぽにとって替わられており
日本たんぽぽをいまだに見つけられておりません(><;
(何としても見つけて、数を増やしたいと思っています!♪)

種を採取して、増やす氣満々です(笑)
( ✧Д✧) キラーン


今日も善き日、善き時を♪


ヾ(o´∀`o)ノ


《関連記事》
今年もまた《ヨモギ》の季節です☆
季節の草花を生活に(手作りハーブウオーター)







**************************
◎2016年度の展示会のお知らせは、こちらから
*誠に申し訳ありませんが、前期巡回展、 予定しておりました
  【愛媛・松山展】【新潟・弥彦展】【北海道・札幌展】
  急遽、中止となりました。 深謝  
**************************
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/08 Fri. 12:40 [edit]

category: 自然と共に生きる

TB: --    CM: 0

08

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form