06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆ニゲラ☆(観賞用とハーブとしての万能薬) 

☆ニゲラ☆(黒種草)




2016_0513_060357-IMG_0268@.jpg


******************************
◎天上の美・島根/出雲展のお知らせは、こちらから
******************************

*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************






昨年、ネットで【ニゲラ】の記事を目にして
秋のうちに 種をゲットして 栽培していた
庭先のニゲラの花が 咲きました。

(ただし、こちらは 観賞用のニゲラだったようです。

2016_0513_060316-IMG_0266@.jpg



観賞用として 最も普及している品種が
ニゲラ・ダマスケス(クロタネソウ)と言い

(たぶん 今回 わたくしが知らずに栽培した品種かと思います。)

☝ あちゃ~・・・です (^v^;

(てっきり 食用に出来るものだとばかり思っておりました

観賞用のニゲラとして多くの園芸品種の繁殖親となっており、
5枚の花びらを付けます。
単にニゲラというと本種を指します。


1_201605131150131be.jpg


一方、様々な効能を持ち、ハーブとして
多大な恩恵を人々にもたらすニゲラは、
ニゲラ・サティバ(ニオイクロタネソウ)と申します。

ニゲラ・サティバは、種がハーブとしての利用されるニゲラの種類
西洋社会では古くから死以外のあらゆる病を治す万能薬として知られ、
中東やインドを中心にスパイスとして利用されます。


ブラックシード、ブラッククミン、黒種草、いろんな名前でヒットします。



2016_0513_060357-IMG_0268@.jpg


【ニゲラ】と言えば、1種類しか無いと思い込んでいたわたくしは・・・
この記事を書くにあたって
初めて ただ観賞するだけのニゲラと
ハーブとして 様々な優れた薬効を持つ
ニゲラサティバがある事を知りました。


もう 栽培の時期は 過ぎてしまいましたが
【ニゲラ】の栽培にご興味のある方は、
こちらのサイトを参考になさってみて下さい。

ニゲラ・黒種草の育て方
http://www.yasashi.info/ni_00001g.htm




ニゲラ・サティバの効能を知れば
おそらく誰でも一度は、その苗を栽培してみたい、と
思わずにはいられないでしょう。


2016_0513_060346-IMG_0267@.jpg



【ニゲラ(黒種草)の効能】
(ハーブとして食用に適するニゲラサティバ

この控えめな植物の種は、MRSAを殺菌し、
化学兵器に毒された身体を癒し、糖尿病患者の
すい臓内の死にかけのβ細胞の再生を促すほど
非常にパワフルなものですが、
それでいてこのスパイスの存在はあまり、知られていません。

<効果のある疾患>
(しかし これは そのほんの一部分にすぎません)

*鎮痛作用(痛み止め
*抗菌作用
*抗炎作用
*抗潰瘍作用
*抗コリン作用
*抗かび作用
*降圧作用
*抗酸化作用
*抗けいれん作用
*抗ウイルス作用
*気管支拡張作用
*グルコネオゲネシス抑制作用(抗糖尿病作用)
*肝臓保護作用
*低血圧
*インスリン感作
*インターフェロン誘起物質
*ロイコトリエン拮抗薬
*腎臓保護作用
*腫瘍壊死因子α阻害薬




ヘリコバクターピロリ感染:

ブラックシードは、臨床的に抗Hピロリ活性を有しており、三次の根絶治療に匹敵します。

てんかん:

ブラックシードは、昔からけいれんを防止する効果があることが知られています。


高血圧:

ブラックシードの抽出物を一日二回、100および200mg、
それを二ヶ月投与したところ、軽い高血圧のある患者の血圧を
下げる効果があることがわかっています。

ぜんそく:

ニゲラ・サティヴァ(ブラックシード)に含まれる主な有効成分の一つ、
チモキノンは動物モデルのぜんそくに対して、
製薬のフルチカゾンよりも効果があります。

人間を被験者にした別の研究によると、
ブラックシードを沸騰している湯で抽出したものは、
ぜんそく気道に対して、比較的高い
抗ぜんそく効果があることが判明しました。

重度のへんとう咽頭炎:

ほとんどの場合はウィルスが原因であるへんとう腺や
喉の炎症(喉の痛みなど)には、ブラックシードのカプセル
(コミカンソウ属のチャンカピエドラと併用)を摂ることで、
喉の痛みを和らげ、痛み止めの必要が抑えられることが判明しています。
(人間が対象)

化学兵器による負傷:
任意抽出の人間を対象にした、化学兵器による負傷患者に対する
プラセボ対照試験によると、ブラックシードを沸騰した湯で抽出したものには、
呼吸器症状や胸がぜいぜいという症状、
そして肺機能の試験値を低減させ、
医薬品による治療の必要性を下げることがわかりました。

大腸がん:

細胞研究から、ブラックシードの抽出物は、
大腸がんの増殖を抑える効果の点で化学療法薬の
フルオロウラシル(5-FUXX)に遜色がないにもかかわらず、
安全性プロフィールはずっと高いものであることがわかっています。

動物研究からは、ブラックシードのオイルには、
対象のネズミの大腸ガンに対して顕著な抑制効果があり、
目に見えるような副作用はなかったことが判明しています。
MRSA (メチシリン耐性黄色ブドウ球菌):

ブラックシードには、MRSAの臨床分離株に対して、抗菌作用があります。

アヘン中毒・アヘン製剤離脱:

35人のアヘン中毒者を対象にした研究において、
ブラックシードはオピオイド依存の長期的治療の
治療薬として有効であることがわかっています。


*青字部分は、他の方の記事を引用させて頂きました。(感謝)



ニゲラ・サティバ以外の品種の種には
アルカロイド系の毒が含まれており、
摂取すると中毒症状を起こす恐れがあるので
注意してください。




もし 『知らなかった!』・・・と言う方々いらしたら
参考になれば幸い、と UPする事に致しました。


特に注目すべき効能は、なんと言っても
<化学兵器による負傷>にも効果がある事でしょうか。
備えあれば憂いなし!

これからの世、益々何があるか分かりません。

化学薬品の限界を もう多くの方々が周知する所です。

身近な薬草や植物が秘める薬効成分は
けっして 侮れないものが御座います。

それらを 是非 有効活用させながら
皆さまの健康に役立てて頂きたく存じます。



2016_0513_060435-IMG_0270@.jpg



ニゲラサティバの種は、今日 発注しておきました(^0^;
種まきは、秋口になるでしょうが、
来年こそは、ハーブとしての薬効が期待できる
ニゲラサティバの種をゲットしたいと思っております☆
(リベンジです


でも ま、こちらは こちらで
お花が綺麗で可愛くて
それは それで たいへん満足していますが・・・♪♡(^0^)



************************************



そして、もう一つ♪

こちらは、天然の甘味料としての【ステビア】です。

(昨年末に5株 取り寄せて
 1株だけが顕在で 元氣に育っています♪)


今年の春先に 追加で3株 取り寄せました♪


2016_0513_060632-IMG_0274@.jpg


ご神縁の方が 昨年 ご自身のブログで紹介しておりましたので、
さっそく 参考にさせて頂きました♪


葉を摘んで 甘味成分を抽出します。

一時 不妊効果がある、と注意を促されたステビアですが、
現在では 否定されています。
ただし、一度にたくさん摂取し過ぎる事はお止めになった方が
よろしいようですよ。


【ステビアの葉っぱを使ったシロップの作り方】

【材料】
ざっくり切ったステビアの葉と茎 3カップ
水 3カップ

【作り方】

葉と茎をカップ1杯分の水に24時間浸しておく。
 (水に浸す時間は48時間がリミットとのこと。)
味見をして物足りなかったら、12~24時間さらに浸す。
漉しながら鍋に移し、水を2カップ加えて20分間煮詰める。
火からおろし、冷ます。


様々な食品の甘味として お試しくださいませ♪



*************************************


♡今日のカレンちゃん♡


5_20160513160510a01.jpg


さてさて、今日もカレンは、
一日 のんびりと 過ごしておりました♪~


6_20160513160509450.jpg

東向きの広縁が 大好きなカレンちゃんです♡



今日も善き日、善き時を♪



☆感謝を込めて☆




1_20160513160910a2e.jpg


【事代主命】
44_20160513161130372.jpg


【大山祇神】
46_20160513161132003.jpg



関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/05/13 Fri. 16:20 [edit]

category: 自然と共に生きる

TB: --    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form