03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆晴耕雨描☆ 

☆晴耕雨描☆



******************************
◎天上の美・島根/出雲展のお知らせは、こちらから
******************************

*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************



【菊理姫】【火水(かみ)】
9_20160525140151f09.jpg




皆さま、いつも 誠に有難う御座います♡

なかなか 記事の更新が出来ずにおりますが
お陰さまで 元氣に暮らさせて頂いております♡

:..(o´∀`o)



わたくしは 神絵画家ではありますが、
とは言え 毎日 絵ばかりを描いている訳では御座いません。


以前、と或る、
著名な織物作家のおじい様も仰っておられましたが、

【晴耕雨織】だそうで、
これを 崇尾に当てはめれば

【晴耕雨描】・・・となる訳です。 (*^▽^*)

でも、今は 出雲展の衣装を制作しておりますので
【晴耕雨縫】とでも言うのでしょうか?

(もうすぐ 仕上がります♪)



【瀬織津姫】
24_201605251404065c0.jpg




さて、【生きる】・・・と言う事は現実です。
決して 綺麗事ではありません。


弥勒の世では、
基本的に 出来る事は 何でも自らこなします。

もちろん、得手不得手は御座います。

ですが、今現在のように
役割分担が はっきりと分けられて

常に 誰かに 何かに 依存してでなければ
生きて行く事すら出来ない状況では無くなって参ります。


誰かに 依存せずに
自ら生きられる環境は 強みです。


そう言った生き方こそが
自給自足生活と言われるものなのですが・・・。


これからは 
徐々に その様に生活を変化させて行かねば
生きる事すら 厳しい状況になって行く事でしょう。



【天宇受売命】
17_20160525140536c29.jpg



さて 先日 誠に有難い事に
またもや しのぶさんが タカオの一人農業の助っ人さんに
いらして下さいました♪

有難い限りです♡

しのぶさんの何にでも一生懸命な姿には
感銘を覚えます。


ヤル氣満々♪
まずは、いでたちから しかと 成り切り農民です♪

2016_0605_125136-IMG_9239@


とは言っても あいにく この日は 
雨が降ってしまったので 予定を変更して
急遽、高架下の草取りに出掛けました♪


2016_0605_131027-IMG_9242@.jpg


広大な空き地には、手入れが行き届かず
雑草が生え放題になっております。

二人して頑張って こんなに綺麗に刈り取りました♪~

(結構な肉体労働です ^0^;)

2016_0605_141431-IMG_9244@.jpg


まずは 雑草を刈り取って
穴を掘って 埋め入れます。

何しろ 距離がありますから
とても 二人で出来るような作業ではありません。

(><;



*************************
どなたか お手の空いている方がいらしたら
是非、健康と陰徳の為に
草取りを始めてみて下さい。
*************************





植えられている バーベナが
雑草に埋もれて・・・

いくら氣を付けていても
ついつい 一緒に刈り取ってしまいます。

。(´д`lll)  あちゃ~・・・


*今日の頑張った成果です♪
2016_0605_153044-IMG_9246@.jpg



それでも 出来る限りの事を
精一杯 やって参りました☆

雨がさらさら・・と 降り続いていたので
ご覧の通り、泥だらけ(笑)

二人して その 泥だらけぶりに 大爆笑♪


それなのに やり終わった後は
どうして こんなに 爽快な氣分なんでしょう♡



2016_0605_173150-IMG_9250@.jpg




しのぶさんが 帰る頃には
そらは 明るくなって参りまして・・・


2016_0605_173202-IMG_9251@.jpg



何やら【鳳凰】のような雲が
頭上いっぱいに広がっています♪


2016_0605_173230-IMG_9255@.jpg



人は、土から切り離されては生きて行けません。

人の命の糧となる【食品】は
その大部分が お土から生産されているのです。

土と共に生き、土と共に歩む事は
人本来の生き方そのものなのです。



さて、余談ですが、
ちょっと 思う事があって
市町村に問い合わせをする機会が御座いました。

市の焼却ゴミの最終処分場が もう満杯状態で
多額の予算を投入して 他市町村で受け入れてもらっていいるそうです。

<<可燃ごみを減らしましょう!!>>

そう 市の広報が 廻って参りました。


そうですね。

ならば せめて 自分で燃せる自然ゴミ、
紙や木くずなどなど

天然からのゴミなら 自宅の庭をお持ちの方でしたら
庭先で 燃せるでしょう。

市でお願いするゴミは、プラスチックとか ビニールゴミなど
一般家庭では燃やせないものにして

個々人が出来る事を 各々 行う、と言う方向も
検討して頂けたら 如何でしょうか?

・・・と申しましたら、

『ですが、一般家庭の庭先の 小さな焼却炉で
 ものを燃やす事は 禁じられています。
 庭の草も 野焼きになりますし
 近所迷惑になるので 禁止されています。』


・・・との回答でした。

『県の方から そのような通達が届いていますので。』

担当の方は そう 仰います。

そこで いつもながらの タカオの持論を
静かに 穏やかに とうとうと述べさせて頂きました。

一通り 持論を述べた後、

『・・・と思うんですが、わたくしの考え方は
 おかしいと思われますか?』


・・・・と、担当さんに質問してみますと

『・・・おかしいとは思いません。
 ただ、今後の検討課題とはさせて頂きます。』


その様に仰います。


間違ってはいないと思うけれど
でも 『上から言われたから・・・』
『国が言うから・・・』



疑問を抱きながらも
上からの命令に 意義を唱える事が出来ません。


いつも 思います。

この国のお役人は、とても優秀です。
そして、とても 従順です。

でも、その従順さを 闇に利用され 逆手に取られたのだ、と
わたくしは 以前 当ブログで お伝えしました。


国は常に正しいのでしょうか?

国政を司る議員は
常に国民の方を向いて
政治を取り行っているのでしょうか?

この国の命運を 本当に今現在の政治家達に
任せてしまってもいいのでしょうか?


わたくし達が 汗水垂らして
一生懸命に治めた税金は
本当に 正しく使われているのでしょうか?


もはや、ただ 言われたままに
盲目的に 従うだけでは
己が命すら危うい時代を
わたくし達は 生きているのだ、と

そう しっかりと認識しなければならない
時代に わたくし達は 生きて居るのです。





☆感謝☆


4_201606061813069fc.jpg


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/06/06 Mon. 18:14 [edit]

category: 自然と共に生きる

TB: --    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form