02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆感動は魂の栄養素☆ 

☆感動は魂の栄養素☆





******************************
◎天上の美・島根/出雲展のお知らせは、こちらから
******************************

*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************







2016_0223_140642-IMG_7832@



皆さま、いつも誠にありがとう御座います☆
本日は、梅雨の晴れ間
頭上には、爽やかな青空が 広がっております♡

先ほど と或るメディアを ながら聴きしておりましたら
或る業界の方が この様なお話しをされておりました。


『涙を流す程 感動した作品って
 まったく 覚えてないでしょ?
 記憶に残っていませんよね?

 でも、違和感を感じたものや
 疑問を抱いた 不可思議な作品は
 いつまでも 心に残ってる。

 だから 作品とは、人の心に残るような
 違和感や不信感を抱くようなものこそが
 本物の作品だと思うんです。』

・・・と。



2_20160610133741cb8.jpg



その言葉を聴いた時、
わたくしの心の中に 或る想いが生じました。

それが 大神の波動からなのか
はたまた 自分自身が感じている感覚なのかはわかりません。

ですが、それは この様に・・・。



【涙ぐむほど 感動したり 感激した感情は
 そのまま 魂の栄養素として 消化(昇華)吸収される

 だから 記憶には 残らない

 反対に 不快感や不信感を抱いた感情は
 いつまでも 疑念として 消化されず
 消化不良を起こしたまま

 いつまでも 記憶の奥底に 残り続ける】



その方の持論を伺っていて
わたくしが 何となく 納得出来なかったのは
その辺りに原因があったのかも知れません。

ただ、感情も感覚も人それぞれですから
一概に どちらが どうとは言えません。


ですが、ただ、

グロテスクに他人を殺めたり、
残忍な殺戮シーンやショッキングな映像に
わざわざ金銭まで支払って 観たり、

高額な制作費を費やして
それを制作しようとする方々の氣持ちを
わたくしは 理解出来ないだけです。



2_20160610133741cb8.jpg



以前 当ブログで  この様なお話しを
ご紹介した事が御座います。


【心に 常に 天国的想念を持って 生活をする者は
 この世で生を全うしながらも
 その魂は 常に この世と天界を行き来し

 例え 一時 不遇に喘ぐ事があったとしても
 必ずや窮地を脱出し 見事 
 大輪の花を咲かせるのである。

 だが 反対に 心が常に 
 地獄的想念に覆われているものは
 この世に籍を置きながらも
 魂は 常に地獄とこの世を行き来しており

 例え 今、一時 
 この世の春を謳歌する時があったとしても
 その末路は、とん挫、挫折に喘ぐ終生を
 迎えねばならなくなるのである。】

・・・・・と。



5_201606101341149c7.jpg




さて、話が逸れますが・・

或る女性芸能人のお話しです。

ホラー全般が大好きで
家の中は、ホラー漫画がぎっしり、だったとか。

そんな彼女の家の壁に
或る時から 不可思議なシミが 浮かび上がって来たそうな・・・。

ま、あまり詳しくは申しませんが、
(氣色のよろしく無いお話しですので。)

スカル柄やホラーもの、残忍なシーンてんこ盛り画像には
やはり 闇のものを引き寄せる負のエネルギーが御座います。



感動や感激、喜びの感情は
人の魂の栄養素となって
消化吸収され 記憶には ほとんど 残りません。

ただ 必要な時に
その感動が蘇って来るようになっているのです。





☆感謝☆




7_20160610134313255.jpg




関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/06/10 Fri. 13:47 [edit]

category: 感動は魂の栄養素

TB: --    CM: 2

10

コメント

トゲのある芸術作品 

トゲのある芸術作品にはトゲのあるなりの価値はあると思います。それは免疫としての効能です。
毒に浸かっていては蝕まれますが、無菌室で生きていては生命力が失われます。何事も中庸と、適材適所と凸と凹だと思うのです。
「スネ夫とジャイアン」の空耳で有名なメガデスのホーリーウォーズ ザ パニッシュメントデューと言う唄ですが、
なかなか凄惨な光景の描写から始まりますが、それらについて「俺には理解できないね」と落としてます。
この唄は実は全歴史的な広がりを持った普遍的な反戦歌なのです。しかし人が戦いに駆り出されるまでの経緯もズバズバ描いていて、そうなったら注意だと我々が利用する警告表示であり、カッコいいイントロ、美しいギターソロ、激しいシャウトと言った娯楽的な側面をつけて警告を与えてくれています。違和感を覚えるように、記憶に残るように作られた安全マニュアルです。
メガデスのベスト盤で聴いて、この一曲でも充分モトはとったと満足したわけですが、恥ずかしながらジャケットのあまりの禍々しさになかなか手に取ることができませんでした。
ジャケット職人はロジャーディーンが無難です。

URL | 匿名仮面あのにマスク #- | 2016/06/10 14:27 | edit

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  # | 2016/06/11 05:57 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form