04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆支笏湖清掃活動(北海道チーム)☆ 

☆支笏湖清掃活動(北海道チーム)☆




先日、北海道の御神縁チームとしのぶさんとで
支笏湖の清掃が行われました。
(写真提供は、しのぶさんです♪)


DSC_1390@.jpg


支笏湖清掃作業の手元を
裏面からサポートしてくれたのは、
名古屋の弘美さん♪


DSC_1377@.jpg


それぞれのネーム入りの軍手を
可愛らしく素敵に刺繍して下さいます♡

(弘美さんは、チーム関西の清掃活動の刺繍入り軍手も
 提供して下さいました♪♡)

弘美さん、北海道チームも、たいそう喜んでおられたそうですよ♪
いつも 素敵なご配慮、誠にありがとうございます♡


DSC_1376@.jpg


<空港ですでに気合いが入ってますf(^_^;)


しのぶさんが 新千歳空港に降り立った時から
すでに ヤル氣満々の面々です♪

(この気迫溢れる後ろ姿を とくとご覧下さいませ☆☝)


DSC_1387@.jpg


<車から降りて、めいめいごみ袋をもち、
<集合時間を確認し(1時間後にしました)。

<じゃあ、僕はこちらにいく、
<では、わたしはこちらに、
<わたしはこちらに、
<わたしはこちらに、

<と、各自テリトリー(笑)を決めて、
<すぐさま解散(笑)

<余分な会話もなくもくもくと作業。

<一時間後に、めいめい収穫物を抱えて再集合。

<さすが、大神さまが認められたかた。
<仕事が早いし見事な連係プレーでした。


 ~以上、 しのぶさん、からの御報告より~



DSC_1390@.jpg


<持ち上げているごみ、サンダルが写っているものがありますが、
<サンダルと一緒に写っているのは、ひしゃげた灯油缶です。
<中身がなかったのが救いです。



1_2016062710494221f.jpg



この他にも 関西チーム 中部圏チーム
しのぶさんを交えたり
単独、或いは 地元の方々で集まりながら
独自の清掃活動をなさっておられるようです。

そして、神戸の御神縁さまは、
清掃活動の神戸支部を開設なさったそうです♡


また 守屋山の一件から 独自に清掃チームを開設された
関東圏の御神縁さまグループ♪

それに 合流して 共に清掃活動をされたり♡

すべてを こちらのブログでご紹介してはおりませんが
皆さん それぞれの在所で
それぞれに出来る精一杯の善行で
この地球の浄化活動に勤めておられます。


誠に素晴らしい限りで御座います(*^-^*)


そして、こちらは ご褒美だったのでしょうか?♪
いずれのお方なのか、コーヒー缶の差し入れを下さったのだそうです♡
(良かったですね♪)
DSC_1402@.jpg



さて、一方 この日のタカオは、・・と申しますと、
皆さんが 各々の在所で 
各々の御神業に勤めておられるのと同じ頃

早朝5時から 一人農業
勤しんでおりました♪

先日来 ずっと 氣にかけていた
在所の周辺の細長い小さな空き地を
(幅60センチ 長さは10メートルほどでしょうか)
早朝から 丸一日がかりで 開墾して
【エゴマ】の種を蒔いたのです☆


1_2016062711274261f.jpg


石でゴツゴツの荒れた土地を
辛抱強く掘り返して 石を取り除き
25リットル入りの園芸用土を
6袋ほど 混ぜ入れました。


エゴマの種まきは、5月~6月中旬ころまでと伺っております。
時期としては もう ギリギリですので
氣は急いておりました。


蒔いた上から 濡れた新聞紙で覆います。

芽が出るかどうかは 分かりませんが・・・
(何しろ エゴマの栽培は、生まれて初めてです・汗)

蒔いておけば 何とかなるでしょう☆w


【咲耶】(木花咲耶姫)
@1_201606271155411b3.jpg

 
さて、神々が 再三に亘って
【自給自足生活】の大切さを
知らせて来られるのは

何も 食糧難が巻き起こる可能性が
大きいから、だけではありません。

すでに 多くの植物の種に
遺伝子操作が施され

植物が本来持つ 天賦の滋養が
意図的に歪曲されてしまっている事もあるからなのです。


【まともな食料を 口にする事すら出来なくなる。】

それら 意図的に 歪められた遺伝子は
人の細胞を痛め付け
人本来に備わった生命エネルギーを
奪い取り 生氣を吸い取って行くのです。

わたくし達は今、この【闇】を かいくぐって 
生き延びなければならない時代に生きています。

次の世界へ 無事 辿りつける御霊が いかに少ないか・・・
その事からも 分かろうと言うモノです。


さて、その様に申しますと、
『わたしは 食料生産出来ないから 
 ダメだわ・・・』

・・・と悲感される方が 必ず出て来ます。


何度も申し上げておりますが
何度でもお伝えしておきます。


氣付かねばならないのは
淘汰のサイクルから いかに離脱して行くか、
・・・と言う事です。


地球が 様々な環境汚染によって
今にも 滅亡しようとしている時、

ある者は、いち早く 自覚して 立ちあがり
母なる地球を護る為に
行動を起こす事が出来た者。


また もう一方は、
目の前の現実から 目を逸らし
問題に向き合う事無く
この惑星地球の滅びと
命運を共にせねばならぬもの・・・。

(抽象的な物言いを致しますと
 今いち 分かりずらいかも知れませんので
 分かり易い様にお話ししますと、

 この世は 写し世であり 想念によって 
 創られる世界でもあります。

 つまり 自らが 善に目覚め それに向けて行動を起こした時
 目の前の現象が 善に変わり始めます。

 陰徳の大切さを 何度も説くのは、
 陰徳を行うと言う善の波動によって
 善縁を持った仲間が 自然と現れるようになって参ります。

 自分が良くなって行く為の繋がりが
 自然と出来始めて行く・・・。

 それが 陰徳を積み続ける事の
 大きな成果なのです。)

 


つまりは、
行動を起こせる者と起こせぬモノ。

誰かが何とかしてくれる、事を
ただ 待っているだけのモノと
自ら何とかする為に 立ちあがる事の出来る者。

依存心を捨て去る事の出来る者と出来ぬモノ。



各々の波動によって
それは 一瞬で分かれます。


どちらへ 行くかは 自らの御霊次第なのです。





☆感謝☆


【建御雷神】(たけみかずちの神)
たけみかづちの神
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/06/27 Mon. 12:32 [edit]

category: ご神業

TB: --    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form