07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

~伊豆能受神~ 

~伊豆能受神~




光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



伊豆能受神(イズノメの神)・・・

今朝がた 仕上がったばかりです。



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



今日の日本列島は、あいにくの雨模様・・・

せっかくの画像に あまり【光】を取り入れる事が
出来ていませんが・・・



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



丁度 月の変わり目の
最初の日ですから・・・

伊豆能受神も お出ましになりたかったのかも知れません



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



上に羽織っている お衣装は、
もっと 明るい【赤紫】で 美しい色彩なのですが・・・

曇天下での撮影では、どうしても 鮮やかな【赤紫】が
表現出来にくいのです。

それでなくても、
私が描く【紫】と言う色を 画像で表現するのは、
本当に難しくて・・・

結局、

『実物をご覧になってくださいね♪』

・・・と言う事になってしまいます
あせる




光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



こちらの お姿を描く為に
すでに 奈良巡回展へ出向いた時に
ご縁のお社へ ご挨拶を済ませて来ています♪

境内には、いつものように
美しい六角形の【ご神紋】付きの白いオーブが
高速回転している様を撮影出来たのですが・・・

これもまた、神様とのお約束事として

ネット上にUPする事は 差し控えさせて頂きます。

また後ほど 【伊豆能受神】を 展示会場でご紹介する時に
六角形のご神紋付きのオーブ画像を
ご紹介させて頂きます。(^人^)

それが 先日来、神様との お約束事になっています♪



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



神のエネルギーは、
それを受けるに相応しい力量を備えた人物でないと
かえって崩壊を早めてしまうのだそうです。



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ




伊豆能受神(イズノメのカミ)

伊豆能売(いづのめ)は、日本神話に登場する神である。
『古事記』にのみ登場し、『日本書紀』には登場しない。
『古事記』でも出自や事跡についての記述が一切ない。
神話中では「伊豆能売」とだけ書かれていて、
「神」「命」などの神号はつけられていない。

神道系新宗教では伊都能売神と表記することもある。
神名の「イヅ」は「厳」で、斎み清めることを意味する。
神名に「メ」とついていることから女神とされることもあるが、
神話には性別を決定するような記述はなく、男神と考えられることもある。

神産みにおいて伊邪那岐命が黄泉から帰って来た際、
黄泉の穢れから禍津日神が生まれた。
その禍津日神がもたらす禍(災厄)を直すために、
直毘神二柱(神直毘神、大直毘神)と伊豆能売が生まれたとしている。

幕末以降の神道系新宗教の中には、伊豆能売が古代には信仰されていたが
後に信仰されなくなった「埋没神」であるとして、
新たに信仰の対象にしようとするものもある。

伊都能売神(伊都能賣神皇)は古代日本の最高神であったが、
中国を経由してインドへ渡って観自在菩薩と名乗り、
釈迦に仏教を伝授し、その後、南中国地方に移って
観世音菩薩と名を改めたのだという
また、伊都能売大神は金龍となって琵琶湖に潜んでいたとも述べている。


    (ウイキより抜粋)




光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



いずれにしても ミステリアスな神様です。
神の称号の無い伊豆能受を
私は敢えて【伊豆能受神】として 
描かせて頂きました。


それもまた、意味があるのかも知れません。



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



伊豆能受神を描く時
まず 私のイメージの中に降りて来た色彩があって・・・

【紫】【ブルー】そして、【銀色】のイメージ

そうですね・・・

銀色と言うより 白くまばゆい光のシャワーの様な
煌びやかなイメージが浮かびました。

そのせいでしょうか・・・?

ご挨拶に出向いた お社でも
撮影された 六角形のオーブが【白】かったのです。



@六角形のオーブ画像を観たい方は
 直接 展示会場へ 足をお運びくださいね♪



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



さてさて・・・
お約束通り、青森巡回展の会場立ちまでに
やっと 1作が仕上がりました☆

ノルマ(?)が果たせて善かったです♪(笑)


青森会場での会場立ちまでに
後もう1作、新たな女神さまに
お出まし願えればいいのですが・・・

さて、どうでしょう? 道のりは長くて険しいぞっ!!

・・・みたいな?  (=⌒▽⌒=)あせる


いつも 応援頂き 心より感謝しています☆
なかなか ぺタ返し出来ず 申し訳ありません(。>0<。)あせる



☆感謝☆

******************************************

☆青森巡回展・開催中です☆


@青森県『天上の美in青森』
(byストーンマルシェ)

会場:青森県平川市岩舘山の井127-3
☎0172-44-0181
会期:H25年9月22日(日)~10月20日(日)
最終日午後5時まで

@最終日の10月20日(日)に会場に終日、タカオが居ります。
 (滞在予定時間:AM10:00~PM5:00)

<展示即売有り>


******************************************


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/10/01 Tue. 13:07 [edit]

category: 作品紹介

TB: 0    CM: 8

01

コメント

1 ■お久しぶりです( ´ ▽ ` )ノ 

イズノメの神 知らない女神さまでしたが?

なぜか? 懐かしく…神様方の中でも
古い時代から…ずいぶんと 高いところに
いらっしゃる神様のような?
勝手に感じたことで、ありますが(*^^*)

このタイミングに タカオさんを通して
姿を見せられたのでしょうね(^^)

やはり、優しさの中に 真の強さを感じます。
いつも、いつも、タカオさんの描かれる神様方は、それぞれに メッセージも素晴らしく 神道の神様の 本来のお姿そのままだと
思います。
背景も優しく 包みこまれるような光を感じました。(*^^*)
タカオさんの言われる 赤紫 ?なんとなく
わかるような気がします。
美しく 落ち着きがあり、また、華やかさも
神聖な色彩ですね。☆彡

ここのところ なかなか、コメントもできずに 申し訳ありませんでした。

そんな中でも…なんとなく
そろそろかなと 思ってました。
いつも ありがとうございます。( ´ ▽ ` )ノ

URL | 月桃 サネン #79D/WHSg | 2013/10/01 16:30 | edit

2 ■無題 

両手とお腹のあたりの白い部分が光を放って見えます(^O^)

可愛らしいお顔で、いつも描いてらっしゃる方々と違う印象が

実物を拝見するのを楽しみにしています

URL | YOU #79D/WHSg | 2013/10/01 20:32 | edit

3 ■無題 

実家の神棚に祀られています☀
縄文時代の神様なのかもしれません\(^o^)/
個人的には、弥生時代の方が好きですが、、、

URL | Paul 通広 (スピリチュアル宣教師) #79D/WHSg | 2013/10/02 06:55 | edit

4 ■無題 

紫が素敵ですね!!
最近、村崎が好きです♪

四国で見ます。ww
絶対来てくださいね♪
来年のスケジュールが楽しみです。

URL | 理桜 #79D/WHSg | 2013/10/02 18:24 | edit

5 ■Re:お久しぶりです( ´ ▽ ` )ノ 

>月桃 サネンさん

こんばんは☆本当に 久しぶりのコメントだったので、嬉しかったです♪
サネンさんのブログでは、先日 あかしろちゃん以外の白黒ちゃんのネコさんを見付けて 嬉しかったですよ♪

或る方が言うには、伊豆能受の本体は、双頭の龍神さまなのだそうです♪

でも、人間の前に姿を現す時には、美しい女神姿で顕現されるのだそうな・・・♪

私の絵は、ご神名を明記すると そのまま神が宿る事が出来るのだそうです(*^人^*)

なんだか・・不思議ですよね☆

URL | 天上の美・TAKAOのつれづれブログ #79D/WHSg | 2013/10/02 21:36 | edit

6 ■Re:無題 

>YOUさん

ありがとうございます♪
伊豆能受の本体は、或る方が言うには、双頭の
龍神さまなのだそうです(≡^∇^≡)

人の前に顕現する時には、美しい乙女に変化してお出ましになるのでしょうね・・・☆

そのせいでしょうか・・・?
私のイメージに降りて来た色彩が 青と紫、そして、赤紫、シルバーのイメージだったのです。
(^人^)

URL | 天上の美・TAKAOのつれづれブログ #79D/WHSg | 2013/10/02 22:02 | edit

7 ■Re:無題 

>Paul 通広 (スピリチュアル宣教師)さん

こんばんは☆コメントをありがとうございます♪
そうですか・・・ご実家に・・・(*^o^*)

伊豆能受さまとは ご縁があるのですね~♪

これから もっともっと 歴史のかなたへ忘れ去られていた神々さまがお出ましになられますから、楽しみにしていて下さいね♪

URL | 天上の美・TAKAOのつれづれブログ #79D/WHSg | 2013/10/02 22:03 | edit

8 ■Re:無題 

>理桜さん

はい♪ 私も【紫】が大好きなんですよ♪
紫の光って、神の光なのだそうです☆

後、【青】は、神の道を開く時の色彩・・・らしいです☆

四国へは、まだ お約束は出来ないけれど・・・
一応、検討はさせて頂きますねっ♪

絶対!・・とか 負荷をかけられると 『リンダ困っちゃう!(笑)』

・・・って、若い子には、絶対わからないジョークですがヽ(;´ω`)ノ

URL | 天上の美・TAKAOのつれづれブログ #79D/WHSg | 2013/10/02 22:08 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://takao15.blog.fc2.com/tb.php/115-359470fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list