03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

知らぬ間に、仕立て上げられている<恐怖> 

知らぬ間に、仕立て上げられている<恐怖>







*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************




2016_1006_163952-IMG_0208@.jpg




皆さま  (。 ・ v ・ 。)ノ コン二チワ♪

いつも 誠にありがとう御座います♡


さて、タカオの最後の神絵展示会
先日の【天上の美・出雲】で 無事 終了致しました♡



これも すべては 皆さま方のお陰さまです♪


(この後は、展示会形式では無くなります☆)


そして、その展示会の開催中に
次の会のイメージが 波動で降りて参りました。


それが、講話と茶話会のイメージです。


いつから スタートするのか
時期的な事は まだ 少し先のお話しになろうかとは思いますが・・・


(灬╹ω╹灬)

(大体の概要は、こんな感じです☆
 お移しする神絵は、大神様を筆頭として、総数3柱前後、
 これは、会の閉会後、タカオが一人で 搬出作業まで
 こなせる規模になります。)


2016_1006_162811-IMG_0197@.jpg



さて、出雲から 帰って しばらく致しますと
出雲展で話した内容 プラスアルファのメッセージが
次から 次へと 魂に波動で 降りて参ります。


(こう言う時は、神様が 一刻も早く
 人々に知らせてほしい時です)



2016_1006_162820-IMG_0198@.jpg





ところで、少し 横道に反れますが・・・

先日 何氣にネットを閲覧しておりましたら
どこぞのネット知恵袋で タカオの神絵ハガキへの質問が
為されておりました。

投稿されたのは、今年の初め頃
(まったく 氣付きませんでしたね~・・・)

その質問者への これは 回答の一部分なのですが、


<件の絵葉書は崇尾青見という人の作品と想われますが
<(この人の作品のシリーズ名ですから)
<主に日本神話を絡めた、スビリチュアルがかった作品を発表し続けて
<いて “光” に非常にこだわりを持っているので、こういうタイトルを
<つけたものと想われます。



╭( ・ㅂ・)و ̑̑  なるほど!!
崇尾の事を よく 観察していらっしゃる!
(さすが、カテゴリーマスターを冠するだけの事はありますね♪)

などと 妙に感心しながら このコメントを読み入ってしましました☆
╭(๑◔v◔๑)و ̑̑



2016_1006_162936-IMG_0202@.jpg




さて、本題に戻りましょう。




それにしても・・・です。
テレビは自宅から 消えましたが、
この世の流れは 何となく
ネット経由で分かりますからね・・・



肌感覚で感じるのは
いよいよ 日本の神々による
闇への反撃が始まったな~・・・と。


もともと 日本の神々の霊格
たいへんお高くていらっしゃいます。
(日本の神々には 本来 姿や形は無く、
 光そのものであり、波動です。)


わたくし 崇尾は、そう言った
光だけの存在である日本の神々の御姿を
人の姿で描いてはおりますが、
もともとは ただ 光だけの波動の方々です。




2016_1006_163042-IMG_0206@.jpg



さて、これは 展示会に出向く前のお話です。
どこぞのスター女優が 反日映画を制作した、と知りました。


そして

展示会から帰ってしばらくすると
そのスター女優が ブーメラン効果?
・・・なのか どうかは分かりませんが、

映画制作における 主要スタッフ同士の
自身への評判がリークされてしまい
立ち直れないほどの精神的な痛手を受けて
引きこもり状態にある、との記事を目にしました。


光が輝きを増せば
闇は更に 深味を増して参ります。



そうですね。正確には、
日本の神々による反撃と言うよりは
因果応報、と言う言葉の方が
より 適切ではないでしょうか・・・?


さて、闇が 益々 くっきりと
あぶり出されて来ております。


何度も 申し上げますが、
この世には 幾つもの次元が存在し
それらは 別段 隠すものでも 奇異な事でも
何でもありません。


至って 普通の事であり
皆、当たり前の事なのです。




2016_0505_090124-IMG_9025@




闇は、人々を 【光】から切り離し
未来永劫 闇の奴隷とするべく
光に連なる一切の情報を 覆い隠したのです。


かの悪名高き<魔女狩り>も 
その負の洗脳の一つです。



☟ もはや 狂っているとしか言いようの無い
   魔女狩りの実体です。
http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/kaiki2/106majo.htm



闇は、血と恐怖とによって
人々を波動の低い世界へ 
光から 切り離された世界へ
縛りつけたのです。




2016_0317_133105-IMG_8054@




人は本来
もっと ずっと 高い霊性を持っていて
現在のような 宗教や 教祖など
中間のお取次役など 必要とせずに

直接 高次元の存在と
交信する事が出来たのです。


【磐長姫】
3_201610071805024b3.jpg



ですが、その能力は 闇にとっては
厄介な能力でした。


人間を自分達の奴隷として使役する為には
自分達こそ 絶対的な存在として
また 神に匹敵する存在として
君臨する必要があったからです。



【国常立尊】
3_20161007180627260.jpg




さて、先日のサンタ=サタンの記事の追記ですが、

赤い服を着て 子供達にプレゼントを配るおじさん
このサンタの言葉が・・・

『欲しい物の目録を作れ』・・・です。

つまり サンタクロースとは
人々の物欲の象徴的な姿でもあるのです。


【豊玉姫】
9_20161007180758b3d.jpg



ただ もう一度 このサンタクロースや
ハロウインに関しての<悪魔崇拝>について
疑問を呈しておきたいと思います。


わたくし達は 何も深い事を知らずに
ただ 上っ面のお祭騒ぎだけに狂奔させられています。


ですが、これら 悪魔のお祭を
知ってか 知らずかに 関らず
行っていたとしても
それが いつしか 自分自身が
悪魔崇拝者に仕立て上げられるのだと言う事を
是非とも 念頭において頂きたいのです。


さて、わたくしの神絵師ブログでは
あまりにも グロテスクな内容を
そのまま掲載する事は 差し控えております。


ですが、実際
多くの方々が 何も知らずに
マスコミに 扇動されるがままに
毎年 そのバカ騒ぎぶりがエスカレートしている
ハロウインの陰では、
誠に おどろおどろしい
生身の子供の生贄を使った悪魔儀式が
一般の人の眼に触れぬ暗闇で
実際に行われている、と言う事を
念頭においておいて頂きたいのです。


あなた方は、その事実を知ったら
果たして ハロウインなどと言った
魔物の祭になど 狂奔 出来るでしょうか?



真実から 目を逸らしてはなりません。

今を刹那に生きては ならないのです。

今 実際に この世に起こっている様々な出来事は

皆 あなた自身の問題であり

決して 人ごとなどではないのです。




☆感謝☆




【久那斗神】
6_20161007181120243.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/10/07 Fri. 18:11 [edit]

category: 真実を見抜く目を培う

TB: --    CM: 1

07

コメント

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  # | 2016/10/09 22:40 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form