10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

闇夜を乗り越えて行く為に 

闇夜を乗り越えて行く為に





*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************







皆さま いつも 誠にありがとう御座います(*^v^*)
今日も穏やかな一日の始まりです。

例え そうで無かったと思う日でも
眼の前の事象は、すべからく 想念で出来ているのだ、と

幸も不幸も 自らの心が見せる【幻影】なのだ、と

そう 善に捉える事が出来るようになった時

自らの人生の課題を クリア出来た時なのだ、と

その様に 判断されたなら よろしいのではないでしょうか。




【女王・日巫女】
18_201610231511585c0.jpg




先日 と或る方のブログに 偶然 行き着きました。

年齢は分かりませんが、まだ お若い方かと思われます。

創作活動をしながら 生活の為に
歩合制のアルバイトをしています。

その方のメッセージの行間からは 生活苦が滲み出ています。


『売り上げの1/3しか 手元に残らない・・・』

『自分は どうして こんな生活を
  するようになってしまったのだろう・・・』



読んでいて こちらが 苦しくなって来るような、
それは 切実な メッセージでした。


おそらく、食べて行くだけで 精一杯で
とても 年金の支払いまでは 及ばないのではないでしょうか・・・。


実際、国民年金の未払いは、4割にも達しているそうで、
その4割の方々の内訳は、非正規雇用、と言った方々が 
その大半を占めているのだそうです。



2016_0901_131158-IMG_9777のコピー




ところで、もう 数年前になりますが、
わたくしの所へ 年金基金の方から 連絡が届きまして、

誠に 驚く事に、

<年金基金に加入すれば 
   更に多くの年金が貰えますよ>


・・・との お誘いです。


・・・が!


これだけ 年金に関する不祥事が多発している中で
更に 支払うだけの価値があるのでしょうか?



【猿田彦神】
16_20161023151200d61.jpg



さて、横道に逸れました。
先に ご紹介の男性です。

似た様な思いを抱きながら 日々を悶々と
過ごしておられる方は きっと 
ネットの向こう側にも 多くいらっしゃるのではないでしょうか。


かつて わたくしも 似たような想いで
一時期を過ごした事がありますので
その心情は よく理解出来ます。



2016_0901_130148-IMG_9763の9




人が 土から 切り離された時
自ら 食物を生産する術(すべ)を奪われました。

ほんの 数十年前までは
この国の 殆どの人と 大地は 
常に共に在ったのです。

そこには、質素でも 自ら生産した
新鮮で安心な食材がありました。

こう言った 質素で穏やかな生活こそが
人の幸福の最たる姿だったのです。



【天宇受売命】
17_201610231512019ca.jpg



さて、残念でならないのは 街路樹です。

あれを すべて 実の成る木に植え替える事が出来れば
いったい どれほどの人が 飢えをしのぐ事が出来るでしょう・・・。

そして 公園や学校の校庭などの
公共施設に植えてある樹木を 
皆 実の成る木に植え替えたり
花壇には ただ 観るだけでは無い、
花の付く野菜などを植えれば
観ても 食べても楽しめますよね。

これを 給食に使ってもいいですよね♪


そうなれば 今のような 人の食べ物と思えないような
添加物たっぷりのおやつや食事を 食べる事も無くなるのです。

そして、いざ 災害が起きた時にも
人々の飢えを しのぐ事の出来る非常食にもなるのです。


また、それらを 今日 食べるものが無い人でも 
自由に 取って食する事が出来れば
何も 金銭の有る無しで 今一時を あくせく する事も無いのです。


人々が 金銭無くしては 食料さえ 
手に入れる事が出来ないような社会を
作り上げて 陰でほくそ笑んでいるのが
闇の一派たちなのです。



今の政治家達は ただ その手先となって
人民を搾取・管理する 闇の番頭と成り下がっているのが
その実体なのです。


莫迦げた事だと 思いませんか?



闇は、さも もっともらしい<屁理屈>を並べたてて
人々の食糧自給への道を次々と奪い取って行ったのです。



この広大な土地は 誰のものでもなく
わたくし達 国民のものです。



その事を もう一度 
しっかりと ご自身の腑に
納めておいて下さいませ。



3_20161023151703c0c.jpg




さて、その一方では 取り手の無い木の実が
住む人の居なくなった民家の軒先で 
真っ赤に熟れたまま放置されています。

誠に天然の資源の無駄使いです。

この現状を神様方が どれほど憂慮されている事でしょう・・・!



【大山祇神】
46_201610231529392a1.jpg




ところで 以前 ご紹介した【物々交換会】です。

どこぞの市町村で 物々交換を 
広報で取り扱ってくれないだろうか?・・・と
先日来 ずっと考えておりました。


例えば、です。

【○○さん家の庭の雑草の刈り取り作業を手伝ってくれた方
交換条件として 秋になったら 庭の柿、○○キロ差し上げます。】


・・・とか。

それで OKと言う方が 手をあげて
お手伝いに行ったらよろしいのです。

そう言った 物々交換情報を 市町村の広報で
告知したり 集めたりを 住民サービスの一環として
行って頂けたなら 有難いんですが・・・。



やって下さる市町村、ありますでしょうか?


もし 交換条件が 合わなかった場合には、
同じように 物々交換に参加している他の方からの
サービスを受け取ったりも出来る、と言うシステムが
あったら楽しいですよね。


そうしたら 例えば、

「家は、レモンが庭で成るから レモンを提供出来るわよ。」・・とか、
「わたしは 庭仕事でも 草取りでも 時間が或る時には
 お手伝い出来ますよ。」
・・・と言うように

お金では無く 自らが持てるサービス、労働、或いは
生産している作物と交換し合えるシステムがあれば
今のような お金で 人が縛られる事も無くなるのです。

いえ、すぐには 変わらないでしょうが、
少しづつ 変化して行く事でしょう。

それには、まず 地域からですね。


2人や3人の 少人数での物々交換会では無く
神は もっと 壮大な交換会のイメージを
降ろして来られているのです。

技術や労働力を交換しあったりする事で
一つの村落が成立するようなイメージですね。


【大国主命】
42_20161023152936a9e.jpg




物質(金銭)は、闇が 人を奴隷として使役する為の
闇のアイテムだと、
すでに 何度も 当ブログで ご紹介しています。


金銭に 使役され続ける限り
人に 真の安息は 訪れません。




【国常立尊】
45_201610231529387e8.jpg




さて、闇は ここに来て 更に その本性を露わにし始めています。


3.11の時、義捐金だとして 実に多くの団体が
寄付金を集めました。

それは 誠に素晴らしい事。

でも!


その中の某・血液会社では 集められた寄付金の
何と! 6割を 懐に入れてしまったそうです。(驚愕です)
そして、集めた寄付金を 実際に 被災者に渡すのが
2年先、3年先だと 知った時の絶望感!!

(よくも これほどまでに あこぎな事が出来るものだ、と
 怒り心頭でした。)

「その都度 渡していると 先に貰った人と
 後から貰った人とでは 
 差が出来てしまい不公平だから。」


・・と言うのが あこぎな手口の言い分なのだそうですが・・・



屁理屈にも程があります。



リアルタイムで間に合わない様な支援なら
そもそも集める意味がありません。



そんな 矢先、
先日 用事で出掛けた と或るお店の入り口に
べったりとへばりつくように 年配の男性・女性複数人が
口ぐちに 募金を叫びます。

遠目でも それと はっきりわかる
義捐金搾取6割の血液会社です。

(これほどまでに 被災者を喰い物にしておきながら
 まだ 足りないか!)・・・と 心の中では怒号です。

しかも この団体は、毎年 ほぼ強制的に
地域から 寄付金を もぎ取って行ってますよね。


まことに どこまでも 金銭に黒い団体です。




【建御名方神】
31_20161023160516dca.jpg




その他にも 知ってびっくり 搾取6割は
とても身近なところにもあって
あの<宝くじ>も 6割が胴元に吸い上げられます。

残り4割を くじを買った人間が分けあうのです。

CM打ったり 人件費やら、何やらと 
それなりに 経費はかかるのでしょうが、
それにしても!

6割って どう考えても ぼり過ぎですよね?!


【建御雷神】
35_20161023160745a4d.jpg


そこで・・・です。

そこまで 思いが巡った時、はた・・と
あるイメージが脳裏をよぎりました。


闇に覆われた今の世で
闇や胴元に流れる資金が 6割ならば

この国だって

実質的には、国の運営を 税収の4割で行っていて
実は6割が  闇に吸い上げられているのでは???

・・・と思っても 不思議ではないような氣が致します。



【経津主神】
41_201610231607472c0.jpg



その道の専門家ではありませんので
正確な数字は分かりませんが、
どなたか 正確に計算できる方がいらしたら
是非 このあたりの正確な数値を
算出願えれば幸いに思います。


日本が 長い眠りから覚めるには
まず 闇のクサビを 自ら解き放つ必要があるのです。


さて いったい どれほどの人が
この地球規模での試練を
乗り越える事が出来るでしょうか・・・。



☆感謝☆



宇宙根元神①
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/10/23 Sun. 16:50 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

23

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form