03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

すべては皆、神が創造されたもの 

すべては皆、神が創造されたもの






*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************




【大宜都比売】(おおげつひめ)
29_2016110519243962b.jpg





実りの秋ですね・・・♡

様々な穀物や果物が
たわわに実を成らせる収穫の季節です。


時々 この様なお話しを伺います。


『○○へ行った時、人も住まなくなった民家の軒先に
 たわわに実ったオリーブの実を見つけて・・・
 誰も取り手がなくて もったいなくて もったいなくて・・・』


『誰も 採り手の無い柿が 真っ赤に熟れて
 ただ 朽ち果てて行くのです
 本当に もったいないですよね・・・』


『みかん、が 霜が降っても 誰も採る人が居なくて、
 木に実を付けたまま 朽ちて行くさまが 
 それは もう みかんの木が哀れで 哀れで・・・』



そうですね・・。
本当に もったいないですよね。
自然の恵みを この様に粗末にしていいものなのでしょうか?

世界では 今日 食べるものが無くて
飢えで命を落とす人さえ居ると言うのに・・・。


RS=^ADBt81MUkbKOwVNu





以前 神は 今の状況を この様に示して来られました。


【誰も 手入れをする者の居なくなった家の軒先にも
 かつての家主が植えた 果実の実は実る
 
 家主が 植えたのではなくても
 時に 鳥が 果実と共に 種を 撒いたり

 風に 飛ばされて 自然と芽吹いたりする

 それも 皆 天の恵みであり 神からの恩恵なのである。】


【誰も 採り手も居ない 
 朽ち果てるだけの果実がそこにあるならば
 感謝して ありがたく頂きなさい。

 そうして ただ 頂きっぱなしではなく
 その実を実らせた神に 感謝のご奉納をしておきなさい。】



【天(神)の恩恵を頂戴したお礼に
地元の郷社でも村社でも 
お礼の意味で いくらかの お賽銭をあげておけば
それで 相殺されるのだよ】


・・・と、その様に 神は 仰っておりました。


(参考になさって 頂ければ幸いです。)


追記>或いは、ご縁のお社の境内のお掃除や
    草取りなどのご奉仕でも よろしいとの事です。


2015_1229_123202-IMG_7198のコピー




この世のすべてのものは 皆
神からの恩恵です。


この世がいよいよとなった時
もはや 自己所有を主張している余裕などなくなるのだ、と
その様に伺っております。


全員で 田畑を耕し
それこそ 
生きる為に 全員の力を総動員して
今日を 生き抜かねばならなくなるのだ、と
そこに 自己所有の概念など なくなるのだと、


この世のすべては 皆、神のものです。


誰か 一個人が 勝手に所有出来るようなものでも
独占出来るようなものでもありません。



2015_1117_081115-IMG_0424@



街路樹には 実の成る木を・・・。

家家の庭先にも 実の成る木や
食す事の出来る 草花や野菜を・・・。

そして、公共の土地には
有事の際に すぐに 人々の食糧となるような
野菜や果樹の苗を植えておきましょう。


公園だって 公共施設の庭だって
立派な 畑として 人々の飢えを癒す
食料生産の拠点となれるでしょう。


まずは 氣付けた人から
構想を 実現化して行く事です。


自らの生命を守るのは
他の誰でも無く
自分自身なのです。


この世のすべては 皆 神が 地球上の
生きとし生いけるすべてのものたちの為に
与えたもうたものです。


その事を もう一度 
しっかりと 腑に落としておいて下さいませ。



☆感謝☆



10_20161105193117ee4.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/11/05 Sat. 19:35 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form