10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

朱に交われば赤くなる(或るお池にまつわるお話し) 

朱に交われば赤くなる
(或るお池にまつわるお話しより)







*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************





1_20161018140243a6c.jpg




先日 いつものように 他の方のネット記事を閲覧しておりましたら
と或る方が と或る<お池>に出向いた事を
記事にされておりました。

それは 青々とした 深いブルーの清涼な水を湛えたお池でして、

そこで 水に関しては この人!・・・と思う 御神縁の方のお一人に
この<お池>の話を振ってみました。


その返事が 以外なものだったので
どちらの<お池>かは 特定出来ない範囲で
少しだけ その内容をお伝えしておきます。



<こちらの<お池>の存在は、存じませんでした。
<張っていただいたリンク、ふたつとも入ってみましたが、
<どうもわたしには受け入れられない感覚でした。
<背筋がゾクッとします。
<理由はわかりませんが、
<わたしに受け入れられる自然神ではないか
<(蛇神様?)、邪神なのか。
<アンテナを伸ばすと、背筋が凍りそうです。


<悪寒がしたときに こんなイメージを受けました。
<何者かが封印?幽閉?されている。
<その者は視界が明るくない。
<ゆえに、その水に暮らすものは目をひとつ持ち、
<その者に外界を伝えている。
<水に暮らすものは、
<その者の支配下にある門衛?の役割を果す。
<そんなイメージでした。


<お池のブルー、わたしには 恐ろしく見えます。
<けれど 蟻地獄のようでなくて まだ 救いですね。
<池の底で 人を引きずりこむ為に
<待ちかまえているわけではありませんから・・・。




・・・との事でした。
もちろん どちらの お池などは 
一切 お知らせ出来ませんが、
(魂の状態如何によっては 
 引っ張られてしまう方もいるようですので。)

やはり 《女性一人で 行ける様な場所に無い池》
・・・との一文が 添えられているように

とても 女性一人で 行くべきでは無い<お池>
だろうかと思います。



3_2016111321221451f.jpg



さてさて、この様なお話しを記事に致しますと
驚く事に どこぞのオカルトサイトの管理主さんやらが
閲覧しにいらっしゃるようです。

驚愕ですが、
(別にオカルト記事を書いているつもりはありませんが・・・)
(-ω-;)

この様な事は 何も 特別な事でも何でもない事です。


この世界には 幾つもの次元が 普通に存在している訳ですから
そう言ったものの存在とて 別段 驚く程の事でも無いんです。


この時代は、神々が 敢えて 闇の世界を
惑星・地球に学ばせる為の 
星の学びとして与えられた 課題期間でもあります。

そう言う時代に わたくし達は 生きており、
精神世界や霊的な世界を
闇の貪欲な一派の思惑によって 
否定されて来ましたが、

この世界で生きている以上、
目に見えない世界と わたくしたちは
切っても 切れない関係に御座います。

それを 否定しては この世の様々な事象を
紐解く事は出来ません。

また、そうあって行かねば
いつまでも 闇の支配下から
解放される事も無いのです。




1_20161029000323e27.jpg




さて、時に 参考とする為に
そう言ったサイトも閲覧する事は
わたくし自身 御座います。

ですが、一様に感じる事は

<正>も<邪>も ごちゃ混ぜにして
扱っている、と言う事でしょうか・・・。


この世には、正があり、
それと 同じように<邪>も存在しています。


わたくしが 一応 その見分け方としているのは、
(大雑把な見分け方ですが・・・)


頭に<邪>のつく神(魔物ですね)は、
@血を欲する(生贄などですね)
@貪る・貪欲である

  (与える事をせず ただ 貪る一方である事)
などなど・・上げれば きりがないでしょうが、
だいたい 大別すれば 上記が その大きな違いと言えるでしょうか。


ですから 少し前の映画で
(名を出して申し訳ありませんが・・)

<神さ○の言○通り>と言う映画が御座いましたね。

内容を観ていないので、(見る氣にすらならなかった)
その触り部分のみの認識しか無く
申し訳ありませんが・・・

神と称するものが、次々と人を殺戮して行く、と言う話。


わたくし 思いましたよ。

(神なんかじゃ ないじゃん!!)
(それ 魔物でしょ?!)


・・・って。


いったい 誰が 資金を拠出して
あのような凄惨な映画を制作しているのかは知りませんが・・・


グロテスクに 人を惨殺する映像を観て
何が 面白いのでしょうね・・・???


それから 
一人の女性が 殺人鬼になって行く過程を描いた映画・・・などなど・・・
(´ω`υ)やれやれ・・・




2016_1113_122442-IMG_0325@



さて、今一度
何故 人が 今 この時を この惑星地球で生きているのか
その事を 多くの方々に 問いたいと思います。



人は いったい 何のために 
この世に生を受けて
人として 転生して来たのでしょう?



少しでも 波動をあげて
より 高次元世界へ 昇華する為に
この世界を 愛で満たす為の一員となる為に
使命を持って 降りて来たのです。



その事を もう一度 思い出して下さい。


【久那斗神】
6_20161007181120243.jpg



闇に捕まって 闇の奴隷と成り果てて
闇の手先として 人々を 翻弄するものも
多く見受けられる昨今ですが・・・



闇に堕ちた 魂の落第者の生き様から
得るモノって、なんですか???



およそ 人の生き方の範とならないようなモノたち(殺人者など)の人生を
ムービーにして 人に見せようとする
そこに 黒い思惑を感じずにはいられないのです。



『朱に交われば 赤くなる』・・・とは
昔から 言われているように
負の影響とは それほどに 強いものなのです。


悪友と交友していれば
いつの間にか 自らが 悪に染まってしまうように、


闇は 確実に 人の心を蝕み
黒い想念で 人の魂を 呪縛して行くのです。



2_201611132112425bd.jpg




ところで、以前 神は この様な事を仰っておられたそうです。



【植物が 棘や毒を持つのは 自らを守る為。
 それは この世が まだまだ 闇に覆われているから
 自らを守る為に 毒や棘を持たねばならないのである。

 だが、世が弥勒の世となった時、

 もはや 植物は 毒も棘も 
 持つ必要が無くなるのである。】



つまり、弥勒の世に移行した時には、
今まで 毒や棘があった植物でも 
それが 無くなるのだ、と
その様に 神様は 知らせてよこされたのだそうです。


何だか 嬉しくなるような 弥勒の世の姿ですよね♡


・・・と言う事は 
そこに至る過程で

心の奥底に 毒を隠し持っているもの、
或いは この世界の 至る所に 点在するブラックスポット、

ありとあらゆる 闇が いったん 暴かれ・・・
そして 清算され 
落されたり、生まれ変わったり、
まっさらに 戻されるのだ、と
その様に解釈して よろしいかと思います。



21_201611151239515a2.jpg



さて、お池の話から
ずいぶんと逸れてしまいましたが、
言の葉が 浮かぶままに つらつらと
キーボードを叩いてしまいました。


乱文、誠に恐縮です。
最後まで お付き合い頂けました事、
心より感謝申し上げます。





♡今日も善き日を♡





☆感謝を込めて☆



【日本三大武神】
2_20161115124059182.jpg





関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/11/15 Tue. 12:42 [edit]

category: 神様のお話し

TB: --    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form