09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

【②この国の民が龍になる時】 

【②この国の民が龍になる時】
(モノ言わぬ家畜から発信する龍へ)





@今朝の朝日
  剣のような強い光が天を射抜くように輝いておりました。
2016_1207_070329-IMG_0478@.jpg




こんばんは(^-^)

さて、今朝 
【①この国の民が龍になる時】の記事を
ご紹介させて頂きました。

イメージが降りて来たのは、昨日
と或る方のシェアした記事に コメントを付けた事が
切っ掛けでした。


【これをやって行くのだ】・・・と。

それは 瞬間的に 降りて参りました。


国の中枢にしても マスコミにしても
わたくし達が いくら ネット上で声をあげても
それが 直接的な声で無い限りは
なかなか取り上げようとはしません。


この国に中枢には、確かに 漆黒の闇が蔓延っていますが
けれど その中にあっても
まだ 良心的な一部の人間も居るのです。

神は、そう言った思いはあれど 声をあげられずに居る
国家の中枢にいる 心ある職員の方々に 
一般国民の声が届くように
直接 直メッセをするとよい、と仰います。
(波動でね☝)



@力強い朝日でした♪
  何やら 強く背中を押して頂いたように感じました(^-^)
2_201612072035326b3.jpg



ところで 総理官邸が 
一般からのメールの受け付けを始めたのは
確か 小泉元総理の時代からでしたね。

それまでは、一般国民からの声を
メールで聴く、と言うシステムが 官邸内に無かったので
官邸では、もっぱら マスコミの意見に
左右される事が多かったのだ、と
以前 見聞きした事が御座います。


当時のわたくしは まだ 政治の裏側など
何も知らない頃でした。


今ならば 日本の政治や政治家が
どれほど 闇と密接に繋がっているか、と言う事は
よく分かります。

いえ、政治家ばかりでは無く
皇室と言うものが抱えている漆黒の闇すらも
今では ネットによって 洗いざらい公表されているのです。



すべてを知れば きっと 憤る方、
憎しみを募らせる方も出て来るかも知れません。

けれど 憎しみを募らせる事が目的で
これら 闇の真実を公表しているのでは
決して ありません。



神は 仰います。

【恨むな。
 これもみな 学びだったのだ。】


・・・・と。



【吉備津大御神】
32_20161205140825a3d.jpg



物質世界が終焉し
精神世界に切り替わる狭間で、


【物質世界の王として君臨して来たモノ達が
掃討・排除・自然淘汰されて行くであろう・・・】



中央集権国家と言う支配体制が
何故 終焉の時を迎える事になるのか、

何故 政治家が 必要でない世界になるのか、

何故 天皇家が終焉するのか、


それらは その成立の初頭から
そして、そのルーツから

そうなるべく運命を抱えながらの出発であった事、
また 暗い負の歴史を経て
現在に至っている事、


人々の【何故?】に答える形で

拙いながらも 出来るだけ 分かり易いように
ご説明しながら、お話しさせて頂いております。

来るべき日に
うろたえないように・・・
悲嘆にくれないように・・・
絶望しないように・・・

・・・と。



そうでないと、突然 政府が無くなったり
天皇家が終焉したりしたら

何も知らない方々は、この世に絶望してしまうでしょう?


例え この日本に寄生して
日本売りに日々勤しむだけの
役にも立たないような政治家達でも

そのルーツが 実は とても 一般国民になど
教えられないようなDNAを持った
皇族達であったとしても・・・です。


今まで 物質世界の王や指導者として
まがりなりにも この国を 指導して来た
かりそめの指導者達です。

 


それらが もしも いきなり 終焉したら
今まで 何も情報が入って居なかった人達にとっては
それこそ パニックになってしまいますでしょうから。


その時の為に
一足 早く知りえた方々が 口伝えで 広めて行く、

そして、それと同時に 国の中枢に  
民衆の声を 届けて行く事。

国民の声を無視しては 決して 
何事も為し得ないのだ、と言う事を
彼ら政治家たちに しっかりと認識させなければなりません。


多くの国民が 知る事になれば
いくら<闇>と言えども そうそう 
いつまでも 国民をだまし続ける事は出来ません。

真実が 更に白日の下に晒されれば
いくら政治家達が 権力の座にしがみつこうとした所で

もはや 国民が 付いては行きません。
命令に従う事もなくなるでしょう。


さて、これらの変革を 
言論によって 成し遂げなければなりません。


その為にも あくまでも 冷静な言論である事が大切なのです。

この言論による 国の中枢への言論による働きかけを
実際 世界に先駆けて 為さねばならないのが
この日本の国民なのです。
お分かりでしょうか?


そう言った意味でも
この日本の国は 特別なお役目を持って存在している国、
天賦の使命を持って存在している 特別な国なのです。


そして、わたくし達 日本の国民が

これから どう <闇>を掃討・排除して行くのか
そのお手本を世界に向けて 示さなければなりません。

その日本のやり方を真似て
世界が変革の時を迎えるのです。



宇宙根元神①



さて、わたくしのブログをご覧になって下さっている皆さまなら 
すでに 他の方々のネットやブログ、FBなどを通して
政治家や政府、各省庁、
国の中枢、権力や資金が集まる所に蔓延る
暗い癒着の実態などなどへ
深い憤りを感じている方々は 
多くいらっしゃる事でしょう。

まずは それらを あなたの言葉で
しっかりとメールにして 国の中央へ 訴えて行く事から
この変革は始まります。



さて 皆さまの中で どれくらいの方々が
実際に 行動に移して頂けたでしょうか。

わたくしは 昨夜 すでに 総理官邸に
質問形式で 抗議メールを送信して御座います。

(*^人^*)



いよいよ 世が動き始めました。
動かすのは、あなた方
闇の勢力から
【モノ言わぬ家畜】と嘲笑われた一般民衆です。


その一般民衆が 
それぞれの在所で
それぞれの能力を最大限発揮して
個々に発信し始めた時、

モノ言わぬゴーレム達(だと侮られていた一般民衆)が
龍へと変化する時なのです。




 ☆感謝☆


こちらが 総理官邸のHP
http://www.kantei.go.jp/
総理官邸のHPへ

ご意見、感想は こちらから投書致します。
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html
ご意見、感想は こちらから




@@2

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/12/07 Wed. 20:54 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form