03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

見てくれでは無く、大切なのは<心の在り方> 

≪見てくれでは無く、
大切なのは<心の在り方>≫








【磐長姫】
49_201602281852594c2.jpg






もう だいぶ前の事です。
長年 住み慣れた家のあちこちに
ほころびが目立ち始めている事は
すでに 当ブログでも 何度かお話させて頂きました。


そんな或る日の事です。

家の建設業者の営業に 修理の相談を致しました。
ただ どのくらいで修理出来るのか
聞いて見たかったのです。


営業は申します。

営「この業者はイケメンなんですよ。」

(・・・・・・???)(°_°;)

営「主婦の方たちから すごい人氣でしてね。
   皆さん、かっこいい!かっこいい!って
   大評判の業者さんなんですよ!」


(・・・・・・・・・???)(゚д゚;)



いえ、そういうことでは無く、
別に家の修繕って 顔でやるものじゃないし、
そんな事より もっと大切な事は
その業者の仕事に対する姿勢や そして 
何よりも 腕前でしょう?


結局 その方には頼まず
他の業者に依頼する事になった訳ですが。


日本と言う国は、元より 質実剛健の国
それが いつから 見かけ倒しの見てくれ国家に
成り下がってしまったのでしょう・・・。





50.jpg





さて、つい先日も この様な事がありました。

???・・・と違和感を覚える出来事や事柄は
今や、日常の様々な場面に散見致します。


それは と或る美容整形外科医の広告でした。
地元の各家庭ごとに配布されるタウン誌の1ページに
その美容整形外科医の広告は載せられておりました。


自分自身の大きな顔写真の下に
これぞとばかりに 肩書きが 掲載されています。


「○○テレビに出演
 ××放送に出演経験あり
 △△誌で取り上げられました。」


・・・と、大々的なマスコミ出演経験の大アピールです。



なるほど その美容整形外科医のルックスは
昨今の軽薄なマスコミが いかにも好みそうな
ちょっと甘めのジャニ系なルックスです。



でもね。

美容整形にしたって 何にしたって
結局は 腕でしょう?


手術は 医師の腕で行うものであって、
顔でやるものじゃありません。



そして、万が一 不測の事態が起こった時には
どのように誠実な対応をしてくれる方なのか
そちらの方が 消費者にとっては
ずっと ずっと 大切な事なんですよ。





【大山祇神】
46_201601171902482c1.jpg





国民の質も ずいぶん低下しましたが、
マスコミの質の低下も もはや 危険水域にまで
到達してるんじゃないか?

・・・と思える今日この頃です。


さて、お話ついでに、と言っては何ですが、
もう一度 このところをお伝えしておこうと思います。




【猿田彦神】
16_201601130927107fd.jpg





ほとんどの方が 今 目の前に見えている障害だけを
自分たちの敵だと思い込んでいますが、

実際に もっと 用意周到で 姑息な真の黒幕は
さも友人のように振る舞いながら
この日本の国を根こそぎ奪い取ってしまう算段を
日々 周到に 行っている、と言う事を
しっかりと自覚して下さい。

ですから 中韓は あくまでも<囮>であり
傀儡に過ぎません。



そのK国と言えば、最近では 愚かしくも 実質的な主である
某・闇の本拠地国に 訴訟を起こしてみたり
日本を おとなしく叩いている間は 主も にこにこしていたものの
その矛先を 主に向けるようになってきたので
日本の政治のトップに 裏から働きかけて叩かせているのでしょう。


みんな やらせ、ですよ。


裏では 皆 つながっています。
同じ穴のムジナであること、見抜いた上で
行動せねばなりません。




日本の政治屋のK国たたきは、日本国民へのガス抜きであり
ただの人氣取りパフォーマンスに過ぎません。


ですから このあたりの事 確認の為にお伝えしておきますが、
もしも 未だに K国が日本叩きの黒幕だと思い込んでいるのなら・・・

それは <御霊が浅い!>と、言わねばなりません。

(もちろん その愚かしさから言っても K国は
明らかに敵の部類には 入ります。)


ですが、日本を もっとも憎み 実は 
永遠に叩きつぶしておきたい、と思っている国
日本叩きの<真の黒幕>は もっと 奥に潜んでいます。


そして 表面はさも 最大の友を演じならが
その裏では 日本の凋落に ほくそ笑んでいる事


日本人の人口削減を画策したり
毒入り食品を日本国内にばらまくように圧力を掛けたり

原爆投下の実験場にしたり
違法な廃棄物を 日本国内で処理するように命じたり
その極悪非道ぶりには 目にあまるものがありますが、

それらを視野に入れた上で これからの策を練らねばならない事
再度 お伝えしておきます。


悪魔は 常に 天使のお面を被って
用意周到に ほほえみながら 近づいて来るのです。






【国常立尊】
45.jpg





さて、記事の最後に このお話を・・・。


それは と或る海外の大手下着メーカーのファッションショーです。

先日来 何度か このショーの様子を動画サイトで見かける事があり
また それに関する記事も 目にする事が何度かあったので
ずっと氣になってはおりました。


いくらショーとはいえ、
下着とは 基本的には 人に見せる為のものでは無く
自らの癒やしと快適さ、また 心地よさ、肉体の保護の為に
身につけるものだろうと思います。


下着に 3億円もするような宝石を散りばめたり、
実際 そんな下着だったら 着心地が悪くてしょうが無いだろうに
・・・と、複雑な氣持ちで記事を読んでおりました。


一着 100万円もするようなブラ・・・

なんだかなぁ・・・と、
なにやら 成金趣味のようで わたくしには どうも解せませんでした。


そんな折り、ショーに招待された、と言う記者の投稿を
目にする機会が御座いました。

記者:「それは 高圧的な文面で始まっていた。
    もし このショーに来たいのであれば
    衣装は○○で ××の装いで来るように、と。」




そして、この下着メーカーでは
メーカー側が お客の体型に沿った商品を提供するのでは無く
メーカー側の理想とする体型に 
消費者側が 合わせなければならない商品展開である事。




なるほど 一事が万事、大名商法ですね。



ばか高くて 無駄な装飾をごてごてと縫い付けた商品を
自分たちが理想とする体型の女性だけに提供して
自分たちの商品を購入したければ
まず 体型を整えてからいらっしゃい。

・・・って事ね。(ちょっと極端な物言いかも知れませんが。
         つまりは そういうことなのだと思いますよ。)




【観音菩薩】(マリア観音)
@1






商売なんて お客様あってのものです。

その商品を氣に入って 手に取りたい、
身につけたい、と思ってもらえるからこそ
商売とは 成り立つのです。


こんな 傲慢な商法が この世にまかりとっていいのだろうか?
・・・と 暗澹とした氣持ちになっておりましたら
つい先日 そのメーカーに関する
この様な記事を目に致しました。


「クリスマス商戦、苦戦
 ショーに投資したほどの効果は得られず。
 価格を大幅に下げるも 売り上げ伸びず。」




「 今 アメリカでは キャンパス内における
 女子学生の性被害が深刻化している事、
女性たちは このメーカーの商品戦略である
 女性の性を大々的にアピールした商法に
 嫌気がさしている事。」



不謹慎かと思われるかも知れませんが
私は この記事を目にした時 嬉しかったのです。


女性たちが ただの性の対象としてしか見なされないような
昨今の社会風潮の中で
はっきりと NOを示し始めた事、

女性を ただの性の対象としてしかみなさない風潮は
人の動物化であり 人間性の否定でもあると
わたくしは思っています。





【菊理姫】
@@1_201510201915334e3.jpg





日本のマスコミでも よく目にする光景ですね。

女性の胸や谷間ばかりをクローズUPして
映し出すえげつない映像であったり 画像です。

女性は 産み育てる事を この世のお役目として
神から頂戴して この世に存在しております。

決して ただの 性の対象ではありません。


男性には 男性の、
女性には 女性の、
それぞれのお役目を持って

そして、お互いが お互いの欠けた部分を、
足りない部分を 補い合い かばい合いながら
ともに助け合って生きて行く為に
存在しているのです。



それは 決して みてくれなどでは無く
心の在り方、魂と魂の絆によって
成り立っているものなのです。




☆感謝☆

              



【宇宙根元神Ⅰ】【大神様)
根元神・陽1のコピー
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/01/22 Sun. 14:02 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

22

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form