05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆②自治会(隣組)から抜けるために☆ 

☆②自治会(隣組)から抜けるために☆

*自力で組み抜けを成功させたわたくしの
     成功例をご紹介致します*




2015_0915_143847-IMG_5152のコピー





自治会問題に関しては
すでに 何人もの方々が取り組んで来ています。

わたくしの場合は、それが 昨年末から新年にかけて
一氣に表面化して来た訳ですが・・・。

その際、オンブズマンしがさんの自治会問題への記述は
誠に素晴らしい手引きとなりました。


現在では、第一線から 退いているしがさんですが、
これは まさに 今、隣組問題で苦悩している方々と
大きな福音となっている事でしょう。



【猿田彦神】
1_201506110933479b3.jpg



さて、自治会(隣組)脱会問題です。




一旦 加入した自治会から
脱会する、と言う事が これほどまでに
難儀なものだとは 知りませんでした。

まるで 悪質なカルト教団から
脱会するが如く
です

これから 家庭を持たれる方々は
決して このような組み組織には
加入なさいませんように。

そして、何も知らずに加入してしまい
今 まさに その困難の渦中にある方々は、
この機に しかと 隣組の持つ
負の側面に 目を向けられますように・・・。



【木花咲耶姫】
此花咲耶姫⑤ のコピー



さて、実際 いくつかコピーさせて頂いて
書類にまとめて 組長に手渡したものを
ご紹介しておきます。


*********************************


自治会・町内会は、国民を無知にするための制度


【自治会の歴史】

豊臣秀吉がつくった「五人組」「十人組」が始まりです。

近隣の人たち5人または10人で、連帯責任を持たされ、

その中に、秀吉の政権に不満を持つ人が一人でもいれば、

全員が処罰される、という制度です。

この制度ができたことにより、日本人は、

自分の個人的な思いを主張できなくなってしまいました。

その後、江戸幕府も、これを継承しました。

明治・大正・昭和でも引き継がれ、

第2次大戦中には、名称が、「隣組(となりぐみ)」と変えられました。

隣組とは、国家総動員法・国民精神総動員運動・選挙粛正運動と同様、

内務省がつくったものであり、その目的は、五人組や十人組と同じですが、

戦時中であったため、さらに、以下の目的が付加されました。

簡単に言うと、

「国家の意思どおりに動きなさい」、

「国家と違う考えを持ってはいけない」、

「国家のためなら死になさい」・・・というものです。


戦時中、日本政府がすさまじい圧政を敷いたことは、皆さんご存じの通りです。

そして、その圧制に一番貢献したのは、「隣組」、すなわち、今の自治会・町内会です。

町内に、戦争に反対する人がいないか、国のやることに異を唱える人はいないかを、

隣組の幹部たち、そして会員は常に見張っており、

怪しそうな人がいれば、すぐに憲兵に密告していたのです。

その密告が怖くて、町内の人たちは全員、自分の思いを言うことができなくなったのです。

敗戦後、GHQは、

「隣組は、民主主義とは相いれない組織。戦争遂行組織である」、

ということを見抜き、解体しました。

しかし、GHQが去った後、日本政府は反省することなく、

国民を骨抜きにし、権力に歯向かわない、ものを言わない、羊のような従順な国民を

再度つくるため、ていよく、「町内会・自治会」という名前に変更し、復活させました。



【日本人が自分の思いを主張できない理由】

多くの日本人は、今でも、自分の思いを主張することが苦手です。

特に、自治会内では、それが顕著になります。

日本政府がとってきた、「五人組・十人組・隣組・自治会制度」が、

非常に大きな結果を実らせているのです。

日本政府が現在もなお、自治会制度を大切にしている理由は、五人組や隣組と同様、

「市民が自由に発言することを、抑える」、ためです。




「国民に、自由な意見を言わせず、国の思うように、ことを運ぶ」

政府のこの「隠された本音」が分かっていないと、

自治会を正確に、理解することはできません。

今でも、多くの日本人が、五人組の時代となんら変わることなく、

「同じ組・同じ町の人と、違う意見を言うと、自分が罰せられる」、

という思いを、潜在意識の中に、持っています。

自治会内で問題があっても、多くの人が指摘・追求せず、

イヤなことがあっても、黙って従っているのは、上記が原因しているのです。




【自治会擁護派が言うボランティア】

「ボランティアは大切」

「住民相互の助け合いは大切」

などと言う人がいます

これは、一見、良いことのように聞こえますが

実は、全く違います

自治会でのボランティア活動は

本来、市町村がやるべき、公園掃除、川掃除、などを

市民がやっているのです

すなわち、市町村に対し、奉仕しているのが、今の自治会です

今の自治会は

「住民同士の助け合い」、をしているのではなく

「市町村から課された役務を、住民が協同して、果たしている」

すなわち、

「みんなして、市町村へ奉仕している」、のです。

奉仕させられていることに気づかず、

「自治会の仕事=良いこと」、と勘違いしているのです。

本当に良いことをしたければ、

市町村に奉仕することなど、やめて、

「町内で困っている人たち」、「被害を受けている人たち」、

すなわち、「社会的弱者」、を、

市民一人一人が、助けることこそが、

本当に良いことなのです。




【自治会は、日本にしかない特殊な組織】

他方、欧米では、自治会が存在しません。

なぜなら、個人の思いを主張できない組織は、人権を侵害するものだからです。

そういう組織が、法治国家・民主主義国家に、あることは許されないのです。

そして、海外で暮らしたことがある日本人が増えるにしたがい、

日本にしかない「自治会」という特殊な存在に対し、

疑問を抱く日本人が、少しずつですが増えてきました。

結果、自治会に加入しない人が、都会では非常に多いですし、

田舎でも、かなり増えてきました。

武蔵野市などでは、自治会制度自体を廃止してしまいました。

今後、多くの日本人が、DNAに深く刻み込まれた洗脳を解き放っていけば、

自治会に加入する人はどんどん減り、

さらに多くの自治会が廃止されていくものと推測できます。



******************************



わたくしも 今までは、何の問題意識もなく
自治会に加入していたのですが、

今回 自分の望まないような 多忙な役職を
ほぼ強制的に 押しつけられるに至って

初めて 自治会の横暴さに 氣付かされた訳ですが、
それも 思えば 時節だったのかな・・・と、
今は そんな風に思っています。


【オアシス】(慈母マリア)
1のコピー





*****************************


自治会は、住民に対して 強制加入する事は出来ません。
脱会者に対して 嫌がらせをしたり、脱会しようとする人に対して
「やめるとこうなる」などと脅したりすれば
自治会長や実際に嫌がらせや脅迫をした人、
協力をした人らが 慰謝料を請求されます。
また 脅迫の内容や頻度によっては、実際に脅迫をした人だけでなく
指示した人や協力した人には 脅迫罪(刑法222条)や
強要罪(刑法223条)が成立し 罰金刑や懲役刑が科されます。


*****************************




これらの文章も 明記して 複数コピーして
組長や町内会長に手渡しました。

裁判にまで 持ち込んだ場合を想定して
いくつかの判例も調べておきました。

その判例を確認して
自治会側には 勝算はない事を確信したのです。

なので、町内会長の奥さんが

「裁判なんか起こして この町内に居られるとでも思ってんの?
 裁判費用を請求する、って言ったって
 それは 勝った場合でしょう?」


・・・と、薄ら笑いを浮かべながら 
挑発的な言葉を投げてきた時にも

「わたしは かまいませんよ。
 それより 良いんですか?
 これだけの事を言うからには すでに 今回のような事例に関して
 様々な判例を調べて来ているんですよ。

 今回の様なケースでは あなたがたに勝ち目はありません。
 あなた方 負けますよ。

 それでも いいんですね?」
・・・と、たたみかけておきました。

もちろん、町内会長の奥さん、真っ青ですw





そして、実際 裁判になった場合の慰謝料は
5万円と判断された事。

などなど。

5万円と一口に言ったって
田舎の人々には ショッキングな金額なのではないでしょうか?


この様に 口で言っただけでは
いまいち ピンと来ないような人達にも
書面で 後からじっくりと読ませる事で

自分たちが 今まで 何の罪悪感もなく
他人にやっていた行為が
実は 犯罪にも匹敵するような事であり

慰謝料を請求されたり

裁判になれば それこそ
自分たちこそが 勝てない事、

また その場合は、
自分たちに 裁判費用が請求されるのだ、と言う事を
徹底的に 認識させたのです。


そして、最後に

「それでも 脱会に意義を唱える人が居たら
 そのモノの名前と家を教えて下さい。
 わたしが 直接 出向いて しっかりと説明してきます。

 場合によっては 法的処置も辞さない覚悟でいますから
 そのつもりで、と 伝えておいて下さい。」



そう告げておきました。


この徹底的な行動が 功を奏したのか否か
それ以来 まったく いちゃもんを付けてくるものが
居なくなりました(笑)

毎日が 穏やかそのものです(^-^)

自治会になど入っていなくても
何も困りません。

むしろ 毎年 2万円近い大金を
有無も言わさず 取り上げられる事が無くなった事こそが
幸福そのものだと思います。




【建速須佐之男命】【日本武尊】
1_20160716112228e5e.jpg




これからの人々は どうぞ
自治会へなど 安易に加入しないで下さい。

自治会組織は、様々な不透明な金銭を
搾取する温床となっています。

おとなしく言われるがまま 金銭を差し出せば
それが 訳も分からない 悪者達の手に渡って
どのような使い方をされるかも知れないのです。



♡皆様に幸多かれと♡



1_20150923065222f67.jpg



☆感謝を込めて☆



【市杵嶋姫】
5_20160716111706335.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/02/19 Sun. 21:06 [edit]

category: 自治会(隣組)の暗部

TB: --    CM: 0

19

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form