09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆心の声に意識を向けて☆ 

☆心の声に意識を向けて☆






2_201704252027373e0.jpg




皆様、いつも誠にありがとう御座います(*^人^*)

ブログの更新に 少し間が開きましたね。
失礼致しました。

先日の清瀬市での展示講話会の
お礼のご報告記事以来になりますが、

季節もよろしくなって参りましたので
展示講話会の終了後は、
春野菜の種や苗を植え付けるのに 
精を出しておりました(^▽^)



自給自足生活♡絶好調♪
・・・で御座いますp(*^-^*)q




IMG_1270.jpg




さて、昨年より 金銭に できうる限り頼らない生活を
実践しております。


(巷で噂のワーキングプア?・・とか揶揄される
 100~200万圏内での実験的な生活です♪)


もちろん 最初は難儀しましたが・・・w


それが 昨年来
大神が わたくしに課して来られた
実践的な生活のあり方でした。


<これで 出来ないで どうする?!>

・・・とまで 言われては やるしか御座いません。


・・・と言うよりは 

<これで やるのだ!>

・・・と、示して来られる、と言う事は
やり方次第では 出来るのだろうな・・・と。


つまりは 自分のやり方が
まだまだ 神の御心に叶うところにまで
到達出来ていないのだな・・・と納得した訳です。



・・・と言う訳で
大神が 示して来られた以上は、
やり遂げねばなりません。


今までもそうでしたが
何事も 世に先駆けて
型示しのような事を 実践させられて来ております故

もはや 何の抵抗も無く
課された事は 黙って遂行、

それを 一つづつクリアしながら
今現在のわたくしの生活が御座います。




(^v^;) ちょっとたいへんでしたが、
     もう 慣れました♪w






(スサノオ命・宇宙根元神・日本武尊)
1_20160103220806f2b.jpg





さて、

その様な生活を1年も続けておりますと
なんとなく コツ?・・・のようなものが掴めて参りまして、


展示講話会の前に このようなお話をしましたね?

「年収100~200万、
 決してプアな生き方ではありませんよ」


・・・と言うお話です。(^v-)☆



この金額圏内で生活を確立する為に
ある時期から わたくしは、食品を
お店(スーパーなど)で購入する事を ほぼ 止めました。

(結果的に これは 多大なる成果を上げました♪)

自給自足生活が 軌道に乗り始めていた事もありますが、
庭先や畑で採れるお野菜と天然塩から作られたお味噌・・・

肉食は、もう 何十年もしておりませんが、
ここに来て お魚も ほとんど 頂かなくなって参りまして・・・

それは そう、ちょうど 江戸時代のような
一汁一菜生活です。


***********************
調べてみたら 江戸時代の一般的な食生活で
このような食事内容が紹介されていました。

•朝食ホカホカご飯、味噌汁
•昼食冷や飯、野菜もしくは魚などのおかず
•夕食お茶漬け、漬物

***********************


それは、 現代から見れば あり得ない程
質素な食生活に見えるでしょうが、

ところが どうして、 これこそが 
日本人本来の驚異的なパワーの源だったのです。


ヽ(≧∀≦)ノ



そして、それは 同時に
金銭を出来るだけ必要としない生活を
遂行して行くための
画期的な食生活でもありました。


@食料を買わずに 自ら賄えるようになると
 金銭は 驚くほど 必要で無くなる、と言う事に
 氣付きます。



IMG_0685.jpg




我が家では、今の時期でしたら
フキやタケノコ、アシタバ、ヨモギ
ドクダミ、タラの芽、タンポポ、などなど・・・

庭先や近所の野山で採れた自然の山の幸などが
天ぷらやお漬け物 お浸しなど
様々なお総菜に変化して 食卓を潤します♡


こう言った 自然な天然からの食材を頂く事は
決して 貧しい食生活などでは無く、

むしろ これこそが
真の豊かな食生活だと言えるのです。



新たな価値観の世界へ
速やかに以降出来る肉体である為に
神は もう ずいぶん以前から


<細胞レベルでの肉体の浄化>

示唆して来られておりました。





自然からの恵みを ありがたく頂戴する事は
体細胞を浄化する事であり また
金融奴隷から解放される生き方にも繋がります。



IMG_1264.jpg




さて、

お金を稼ぐ事は
そんなに大切な事でしょうか?

他者を犠牲にしてまで・・・?

他人を食い物にしてまで・・・?!





IMG_1262.jpg





自らが生きる為に
誰かを犠牲にするような人生は
絶対に 送りたく無い、と
わたくしは 思いました。


そうある為に
自分は どうあらねばならないのだろう・・・?



それは、搾取する側にも される側にもならない生き方であり
誰かに依存せず 自らの生活に責任を持つ

・・・と言う生き方です。



意図的に造られた
誰かに都合のいいだけの生活を

勇氣をもって
手放す事から

それは始まるのです。


大宜都比売
光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ




わたくしは、従順な羊では無く
厄介で困った人で 
あり続けようと思います(笑)





生活には、必要最低限の金銭があれば
十分です。(^v-)☆



従って 貯金も致しません。(笑)


(@ところで 皆さんが 貯金すれば するほど
   金融奴隷度がUPする、この世のからくりは
   ご存じでしたか?

   この経済のからくりが分かると
   せっせと貯金をする事が
   いかに莫迦げた事か、がよく分かります。)






そう言った生き方は、
今の時代からは 
大きく乖離した生き方ではありますが、

とても すがすがしく 快い生き方でもあるのです。



IMG_1154.jpg





昨日 偶然 このような言葉をネットで見つけました。


<我々は、文明から 
 取り残されたのでは無い
 文明を選択しなかったのだ。>





文明を突き詰めた生き方は、
必ず どこかに 歪みが生じます。


歪みの生じる生活は、
決して 人に 
真の安息を 与えてはくれないものです。



体制に逆らわない生き方は
ある意味 楽かもしれません。

でも それは ぬかるみに嵌まっているような
居心地の悪い心地よさ、ではないでしょうか・・・。


体制のいいなりにならない生き方は
それ相応の覚悟も強さも必要です。


けれど そう言った生き方の中にこそ
真の生へ 連なる道が続いているのです。




天宇受売命
1_20150207131404f88.jpg




<広くて 太い道を 
  大多数の人々は 進もうとする

  しかし その先にあるのは
  生へ連なる道などでは無い>

 <誠の生に連なる道は 細くて 狭い・・・>




わたくしは そんな、

現代文明からは 少し 距離を置いた
金銭に出来うる限り 頼らず

自分の人生や生活に 責任を持って

無理して働く事もせず
必要な時に 必要なだけ働いて
余分な蓄えもせず

政府に 頼らず 依存せず 

自然の山野草をありがたく頂戴して
病氣もせず

質素でも 質実剛健であり
大地と共に 毎日を感謝しながら生きる事を
この世の是として 生かしていただいております。



おかげさまで とっても 元氣です♪




【建御名方神】
1_20141002085147727.jpg




人生には いくつもの選択肢が御座います。

自分が どの方向へ 向かいたいのか、
ご自身の心の声に
じっと 耳を傾けてみてください。




あなたは どうありたいのか、
自分は どの方向へ 進みたいのか。




☆感謝☆


たけみかづちの神


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/04/25 Tue. 20:52 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

25

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form