06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

○新たなる価値観の世界へ○ 

○新たなる価値観の世界へ○





35_2016120514135612c.jpg






さて、5/9のブログ記事の
「第二のハルノート」のところで
地元の市町村の 定期検診時に配布される
<お食事券>のお話をさせて頂きました。



何でも 定期検診の受診率を上げる為に 
検診を受けた市民に 某大手飲食店グループの
1000円分のお食事券を進呈する、と言う内容ですね。



これ 一見 さも良さげ?・・・に見えますが、
そのお食事券の資金の出所は<税金から>です。



つまり 裏返せば、市民全員が ほぼ 強制的に 
某飲食店グループに飲食に行かされる、と言うのが
このお食事券進呈の真相です。


何の事は無く、ただ 
市の税金が特定の飲食店グループに流されるだけ。


儲かるのは 特定企業ばかりなり、と言う訳で御座います。


三島市の人口は、約10万人だと言われています。
そのうち 何人が 健康診断に出かけるでしょう。


正確な数値は分かりませんが、 
もし 仮に 3万人が検診を受けたとしたなら
ざっと見積もっても 30000人×1000円=3000万円です。



3000万円もの市民の血税が 
特定企業に流される訳ですから
それは もう 企業はウハウハなんじゃないでしょうか。


それにしても、です。
何故 企業を特定したのか!?・・・が 不思議です。


それよりも 市内の飲食店なら どこでもOK!・・・と言う
市内自由飲食1000円分の飲食券を進呈したって
良かったんじゃないでしょうか。。


むしろ その方が ずっと 
地元を活性化出来たんじゃない?・・・かと思うんです。



ま、背後で利権絡み?
・・なんて事が無ければいいんですけどね・・・。




最近 多いですからね・・・行政と一企業の癒着が・・・(´-ω-`)




<国常立尊>
45_20161205133716329.jpg




さて お話は 変わります。

先日の事です。某隣町の大きなショッピングセンターに出かけた時の事です。


その施設の一角に 赤○字血液センターが御座いまして、
そこの職員の方が、声を大にして 献血を訴えておりました。

「昨日は 20人分の血液が足りませんでした!
 誰も なりたくて 癌になっている訳ではありません!」


などと訴えているので わたくしは 心の中で

(ええ、そうでしょうとも。
 強制的に癌にさせられているんですもの・・
 ありとあらゆる食品に 合法的に毒を盛られて
 強制的に癌にさせられているんですから・・・)

・・・などと 一人 こっそりと呟きながら
 その方を横目で見ながら 黙って通り過ぎましたが、



それにしても 不思議だな・・・と思った訳ですが、
これは 或る医療関係者から 伺った話です。



<医療界で働いていると断ることが出来ないことがいくつもあります。
<ワクチン接種や献血、治験等、拒めば職を失うこともあり、
<そういったことで献血を行っています。
<献血は、基本的に全血の輸血に使われることは少なく、
<製剤として使われる事の方が多いのです。
<製剤も病院へ運ばれたからと言って全てが使われてはおらず、
<廃棄されることも多く、
<予定手術の方は殆ど自己血を貯血してから手術を受けています。
<それでも血液が足りないと言われるほど献血を勧められるのは不思議ですね。



これを伺ったので わたくしは


「そうですか。それなら 事によると 
その余剰血液は、レプティリアン達の
 食料として 使われているんじゃないですか?
 彼ら 人に化ける為に 人の血液を常飲するようですから。」



・・・と申しましたら


<なるほど・・・それなら 合点が行きますね。


・・・とお返事が戻って参りました。

(シュールな会話ですがw 分かる人には 分かる内容ですw)



そして、後から ふ・・と、



(ならば! あの職員が 声高に叫んでいた 
「20人分足りない!」・・と言う数値は、
「レプ20体分の食料が不足している!!」・・・って意味なんじゃない?!
いや、それなら なお 好都合じゃない♪
レプ達に与える血液が不足する状態を 常にキープし続けられれば
連中は おのずと 生息出来なくなるだろうし・・・♪)




・・・などと思いながら 帰路に就いた訳です(^人^)w・・・



@血液の真実について まだ ご存じで無い方は、
 ご自身でネットで調べて下さい。
 輸血など本来必要では無かった事がよく分かりますよ。




<建御名方神>
31_2016120408231656c.jpg




さて、最後に 以前 もうだいぶ前になりますが、
隣組の問題について ブログ記事にした事がありましたね。


覚えて下さっておいででしょうか?


隣組、自治会組織が 実は 
不正搾取の温床になっている、と言う事は
知る人ぞ知る 日本社会の暗部ですが、



これ、田舎に行けば 行くほど 
隣組組織への呪縛が強いようです。


困ったものですね・・・。


わたくしは 毅然として 自ら地元の自治会から抜けましたが、
抜けてしまった今、本当に清々としております(^-^)♡


年間2万円近くもの 
無駄な強制搾取も無くなりました♪



抜けたからと言って 何も変わりません。
むしろ 煩わしい繋がりが無くなって すっきりした程です。




32_20161205140825a3d.jpg




あの時の組長の言葉を引用しましょう。


「組内がまとまる為に 組費を徴収するんです。
 これは 皆が仲良くする為の費用です。」
・・・と。


ならば 言いたい。声を大にして・・・!


「あなた方は、お金が無ければ
他人と仲良く出来ないんですか?!!」



・・・と。



<猿田彦神>
16_20161204082218624.jpg




さて 日本と言う国です。

ぢつは、膨大過ぎる程の潤沢な資産を保有しています。
実は、一人あたり 800万円とも いや3000万円だ、とも言われている程に
それは 借金などでは無く、
それほどの豊富な資産を 孫子に残せるだけの資産を保有しているのです。

それを この国の上層部(政治屋達)は 国は借金まみれだ。
もっと税金を上げなければいけない。・・・などと、
まったく正反対の洗脳を 悪びれる事も無く続けている訳ですから 

もう どんだけ 腹黒いのやら・・・と
怒りマックスなんで御座います。

・・でも、そこは それ
日本人ですから 安易に暴力などに 打って出ない訳です。

(*^人^*)


日本人ですから 常に冷静ですw


でも やることは しっかりやります♪
(そこ 日本人ですから♡)


やられっぱなしには なりません(^人^)♡



<金銭に黒い連中は、金銭で締め上げる!>




・・・と言う事で、
わたくしは 生活出来るぎりぎり分しか稼ぎません。
貯金もしません!
選挙も行きません♪


(*^人^*)(そこか~~い!)・・との突っ込みは無しでw



自給自足生活・絶好調♪♡


ま 私的 穏やかな方法での
金融遮断ですw
ま、微々たるものですけどねw


でも 国民が 一致団結して
これを行ったら すごい事になりますよ♪



(・・ところで、先日 何氣にネット見てたら
 こんな記事がありました。
正確な内容までご紹介出来ず申し訳ありませんが、
 単刀直入に言うと
 稼がない者に人権は無い、と言う解釈が出来るような
 文言に 法律の言い回しが 代えられようとしている、と
 どなたかが 指摘していました。)



つまり、金融奴隷とならないモノは、人として扱わない、
と言う意味なんだろうな、と思った訳です。



その方は、

「ならば 働かない子供や お年寄りには
 人権が無い。と言っているのと同じなんですよ。」


・・と仰っておりましたが、


どこまでも どこまでも
人民を奴隷として 駆り立てるつもりのようです。(^人^;


(それでも 金融奴隷には ならないけどね♪)w


大多数の人々は、それでも 今日も 何も氣付かないまま
「日本は平和・・・」などと思いながら
生きているんだろうな~・・・などと ポソッと思った訳です。



30_20161204082408054.jpg




さて、それでも もう一度
とても大切な事を お話しておきます。


この国のトップに居る、と思い込まされている政治屋たち。
実は 彼らには 何の力もありません。

力があると 思い込んでいるのは
民衆の思い込みであり それは 彼らの
姑息な洗脳工作なのです。

この国を動かす資金も力も
もともとは 皆 わたくし達
一般民衆が 汗水垂らして 稼ぎ出した金銭と
そして 労働によるもので 国が動いているのです。

彼ら 政治屋たちは どうでしょう?

何一つ 自ら生み出すモノはありません。

人民から 搾取する莫大な税金で
彼らには 過分過ぎる程の利権を行使します。


その資質も無いのにも関わらず・・・です。


国を動かす資金も 自衛隊を動かす資金も
すべては 皆 名も無き一般民衆の上納金(税金)から
賄われているのです。


彼ら政治家は、
国民に雇われている身でありながら
その国民を奴隷扱いしている訳ですから
思い上がりも甚だしい訳です。




彼らに政治家と言う肩書きを 国民が与えているのならば
その肩書きを 国民が 引きはがす事も可能なのです。



わたくしは 今の政治にも 政治屋達にも
まったく興味がありません。



人として 尊敬も出来ません。



尊敬も出来ないような 低いモノに
使役される事も望みません。


そう言った延長線上に
わたくしの 政府を必要としない生活の確立が御座いました。


従って そこまでの結論に到達した時
選挙と言う茶番に 付き合う氣も
起こらなくなりました。


選挙の投票率が 著しく低下しています。
これは 当然と言えば 当然の結果です。

投票したいような 信頼出来る人物が
ほとんど 見当たりません。

これが 更に低下(20パーセントくらいまで)してくれば
投票率の低下で 今の政治屋全員を首にする事も可能なのです。



わたくしは そうなる日を 
心待ちにしているのです(^人^)♡




日本人は、世界を見渡しても 希有な程
優秀な民族です。



この国の民なら 
自ら自治を行う事が可能です。




そうして 御霊の磨けた先導者が
自ずと 人民から推挙されて
その地域、地域を治めて行くのです。




鬼の傀儡と成り果てた 政治屋など 
もはや必要ありません。


そこから 精神世界が始まって行くのでしょう。



☆感謝☆


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/05/18 Thu. 21:15 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

18

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form