06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

○心・この永遠の世界○ 

○心・この永遠の世界○







39_20161110192447d64.jpg






皆様、いつも誠にありがとう御座います。

(*^人^*)

お陰様で 今日も元氣に 快適な時を過ごさせて頂いております♡

まじめに生きていれば 神様は いつもお優しく
黙って 必要な時には 完全なるご加護でガードしてくださいます。


今日を精一杯 積善と感謝と共に生きる事こそが
一番 神の御心に叶う生き方で御座います。


(* ´ 人 ` *)



さて そんなある日の事です。

いつもの様に お食事を頂きながら
動画サイトを閲覧していた時の事、



それは 昔 たいそう マスコミでもてはやされていた女性の
転落人生と不審死・・・に関してでした。

そこに至る切っ掛けは、と或る人の連帯責任者にさせられた所から、
だったそうですが、

それは まるで 坂道を転げ落ちるように・・・・。


こういうケース、時折 耳にしますね・・・。


マスコミは、その人物の将来の事なんて 
何も考えません。

ただ 今が良くて 今 最高に輝いている一瞬だけを
切り取って 華々しく 人に魅せるのです。


成功のまっただ中に居る人間の
光の部分だけに スポットを当てて
多くの一般聴衆を 成功と言うトリックで 洗脳するのです。


人生の絶頂期には、部屋中 足の踏み場も無いほどに
幾つものブランド品が 転がっていた様子など、


まだ 人として 悟りを 幾らかでも得ていないモノが
急に成功して 大金を掴むと

一様に はまりこむ これは、罠とも言えるでしょう。


品物や金銭に 執着し
それに 魅入られてしまった人々の
悲しい末路を いくつも見せられて参りました。



その程度の差こそあれ、
闇のアイテムである<金融>と言うものの持つ
これは 非常に恐ろしい負の側面です。

 

これは 芸人さんでも よく聞きますね。

人生の最盛期に 後輩を引き連れて
海外旅行へ全額肩代わりして 連れて行ったとか・・・。



そうして 何年か後



あ・の・頃・は・良かった~・・・
 当・時・の・月・収は、○○○○万円でした~♪」




などと おそらく もう二度と 訪れないかも知れない
人生の絶頂期を また マスコミネタとして提供するのです。

・・・・・( ´_`)




それも まぁ、人それぞれです。



魔的成功の陰には、常に
魔的滅亡が セットで付随します。



そう言う人生で 自分は満足出来るのか、否か、
と言うところでしょうか。





2016_0508_090530-IMG_9120@





人の価値観は 千差万別です。

一概に 何が どうとも言い切れませんが・・・

ただ、神が示して来られる 人の生き方の
最善と言えるものは、
 

<その人生の最期に 
  満足して世を去れるか否か・・・>



・・・だと、仰います。





ほんの数ヶ月や 数年・・・
よくても わずか 数十年と言う 
人生の ほんの一瞬の快楽や自己満足の為に

永遠の魂の学びの旅を捨てるのでは無く、

心の中にこそ 在る
永遠の幸福を掴む為の旅を
是非 選択してほしく願います。






鬼の作った世界は、
この豊かな地球から
消費と言う形で貪り尽くすばかりの
疲弊社会、

それは
満たされる事の無い
飢餓社会です。


心が満たされないから 人は物で 
心の空白を埋めようとするのです。


ですが、それこそが
終わることの無い
負のスパイラルの中に
自ら 身を投じているに過ぎない、のだと言う事・・・。



形あるもの、
すべて 壊れる・・・。


物質社会に存在する すべてのものは 皆
いつかは 手放さねばならぬ
壊れる宿命を持つ 限りある物ばかりなのです。



永遠を願うのであれば
心の中に・・・。


永遠とは 常に 
心(精神)の中にこそあるのです。





☆感謝☆

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/06/09 Fri. 14:24 [edit]

category: それぞれの価値観

TB: --    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form