05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

○執着せず手放す柔軟さを○ 

○執着せず手放す柔軟さを○






*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************





【建速須佐之男命】
30_20161204082408054.jpg


皆様、いつも 誠にありがとう御座います(*^人^*)
拙い文章ですが、当ブログをご訪問頂けました事、
心より感謝致します。


わたくしの記事は、以前の記事と重複する内容も御座いますが、
最近になって お友達申請して下さった方々など
常に新たな出会いも続いておりますので

その時々で 必要かと思われた内容は、
重複する事もある事、ご承知おき頂けますと幸いです。





【建御名方神】
31_2016120408231656c.jpg




さて、先日来の事です。
氣になっている事案が御座いまして・・・。

それを わたくしなりに イメージした内容について
今日はお話させて下さい。


わたくしの話は、少々 飛び過ぎている所もあり
受け入れられる方と そうでない方と
はっきり分かれて来てしまうかも知れないのですが・・・

(まぁ、なんとなく 許容の範囲かな~?)

・・・と思って下さる方だけ 
お読み下されば十分かと思っております。




【猿田彦神】
16_20161204082218624.jpg





さて、以前

派遣社員のまま 一生 正社員になれずに終わる人が
増殖中である、との記事を目に致しまして、

その記事には、
「将来、日本から正社員が消える?!」・・と言うショッキングな表題がついておりまして、
ええ、確かに ショッキングな見出しではあります。


でも、裏返せば、こうも取れるのです。


世が移り変わる中で 
<企業に縛られる生き方から解放される>
・・・と言う見方も出来るのだと言う事。


世の現象は、破壊と再生です。


再生する為に 一旦 破壊作用が起こります。


それを 冷静に見つめておりますと
また 違った世界が顕現して参ります。




【まほろば】
3_20161204081653be7.jpg




さて、わたくしは 今の企業のあり方
実は、 常々 歪だと 思っておりました。


企業戦士だの 過労死だの サービス残業だのと
善い印象を受ける言葉が
あまり見当たりません。

人が賃金を得る為に いかに 己を殺して
組織に無理矢理はめ込んで 生きねばならないか、
と言う・・・。


しかも 賃金がガラス張りになる為、
労働者は 否応なく その中から かなりの金銭を
税金と言う形で 強制的に搾取されます。

(実は 国は税金の取り過ぎで 金余り状態なのだそうですよ。
 それでも いくらでも税金として 人々から
 取り立てたくてならない、と言うのが
 今の盗人政府の実態なのです。)



【大宜都比売】
29_201612040818140d2.jpg




さて、話を戻しましょう。

組織とは 人を枠の中に 無理矢理はめ込む
いわば 兵隊さん製造組織だとも言えると
わたくしは思っております。


これは 鬼達にとっては格好の管理組織であり
連中にとって 誠に好都合な容れ物・・でもあります。


言い方が極端でしょうか?


ですが、わたくしは 是非とも 皆様に言いたいのです。

表に顕現している現象を
ただ そのまま 受け取るのでは無く、

そこには 必ず 
<時代の大きなうねり>があるのだ、と言う事を
しっかりと見抜いて頂きたいのです。



闇も光も 実は 表裏一体である、と言う事。



そして、
神は 闇をも使役する、
と言うお話は
だいぶ 以前 すでに お伝えしてある通りです。



正社員が居なくなる、かも知れない世の中に
この世界が変わろうとしている、と言う事は

人々が 企業と言う組織に 
縛られない時代が来る

・・・と言う事でもあります。




【奴奈川姫】
36_20161204081936450.jpg




さて、お話は 少し変わります。

某サイトで 企業の経営者から
日本人が はじき出されている

日本人社長が 居なくなっている

・・・と言った 悲鳴?・・・のような記事を目に致しました。



さて、これも 同様に 見方を変えてみて下さい。


世の現象は、企業のトップから 日本人が追い出されている
・・・と見えてはいますが、それは 人の目に映る
ただの現象の一つでしかありません。


時代の動きは もっと 深い所で 
大きなうねりとして じわじわと 動き始めているのです。


それは・・・次の世界

もはや 大企業と言う組織は 必要でなくなる、と言う事。

次の世界には、一人勝ちの企業は 必要ないのです。

だから、原点に戻りなさい
と言う現象の一つでもあるのだ、と
そう 目線を代えて この現象を眺めると



目の前の現象は、決して 悲壮感漂うようなものでは無く
<人の新たな働き方を 
日本人が率先して
世に示して見せよ>
との 光からの伝言が 


何となく 感じられませんか?



【弁財天】(八臂弁財天)
21_20161204082036cb1.jpg





本来 人は もっと ずっと 自由でした。




一企業だけが 利益を独占したり
常に他をライバル視して 争ったり、
そう言った 弱肉強食思想が終焉し
お互いが 無理の無い距離感で 自由に交流しながら
自由に 情報交換したり 助け合ったり、

そう言った社会に変容して行く、これは その現象の一つだと
そう 善に捉えて下さい。



それが 出来るのは やはり
日本人であり

日本人の自由思想から発せられる
博愛思想をもってしてしか
成せない事なのです。





【瀬織津姫】
24_20161204082130592.jpg




さて、闇も
この世の様変わりのお役目の一つを
担っております。


だからと言って もちろん 油断は出来ませんが、
楽観視してもならず、かと言って 
翻弄されてもならないのです。



ですから、
一つ 何かが壊れたら、
それは 必要がなくなる形態だから
終焉するのだ、と
執着せず ただ 世の様変わりを そのままに
あらがう事無く受け入れて

変容して行く世界に 
柔軟に 順応して行ってください。



執着せず 手放す柔軟さを・・・☆



☆感謝☆


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/06/12 Mon. 20:48 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

12

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form