09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

獣化する人々 

○獣化する人々○




42_2016122120012088c.jpg





先日、この様なお話をさせて頂きました。

最近では 女性の胸元ばかりを強調させた
映像や画像が横行している。

それは 女性を 一人の人格者では無く
ただ 単に性的な対象者としてのみ捉えたものなのだ、と

そんな お話をしたかと思います。



人それぞれ 考え方は 多種多様でしょうが、
それに関しての これは 
神さま目線での判断に なろうかと思います。



女性を 一個の人格者として見るよりも
まず 性的視覚から 捉える 捉え方は

人が 明らかに<獣化した兆候>・・・なのだ、と。


そのように 神は仰います。



なるほど、と思いながら
魂に響いて来る波動に
意識を傾けておりました。


男性が男性なら
それに 応える女性の方も 女性です。


巷では、自らの性的な魅力を
前面に出した ネット記事


若くて もっとも 美しい時の自らの性を 
商品にする訳です。


若さを商品にしてしまったら
今度は 年齢を重ねて行った時、

何を売りにして行ったら
よろしいのでしょう・・・?




女性は、自らの性的特徴を
殊更 異性にアピールし

男性もまた
女性の性的な部分に
殊更 着目するワケです。


これは、人対人
・・・としての 繋がりよりも

より 動物的な
獣的、肉感的なもので
異性を求めるようになって来た
顕著な兆候である。


・・・・と。



人間的な魅力よりも性的な視覚から 
(精神性よりも 物欲的な・・・)

着目する現代の人々の感性は

紛れもなく 獣の感性であり
人のそれとは 大きく乖離するのである。


・・・・と。



人の霊性が 著しく劣化しています。



女性を 生涯を共に亘る 
魂の伴侶として捉えるか

はたまた 肉欲を満足させる為の
道具として捉えているのか


それによって
人の未来の姿も
大きく異なって来るのです。




☆感謝☆





【奴奈川姫】
36_20161210200910acf.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/07/14 Fri. 19:55 [edit]

category: 二極化して行く世界

TB: --    CM: 0

14

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form