09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

◇蟻の一穴◇(鬼退治) 

◇蟻の一穴◇(鬼退治)




鬼退治で有名な吉備津大御神
光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ





こんばんは(^-^)
いつもありがとう御座います☆


さて、先日 ハロウインは 実は
おどろおどろしい悪魔の召喚儀式であった!
・・・と言う事を お伝え致しました。




悪魔の召喚・ハロウイン
http://takao15.blog.fc2.com/blog-date-20171002.html




まだまだ 何も知らない方が多いようで・・・


わたくしの地元の隣町では
お祭りに便乗して
ハロウインを行おう、と言う趣旨の垂れ幕が
大通りにはためいておりました。



( ̄_ ̄ i)



とても 看過出来ません。
なので その足で お隣の町役場に凸


受付さんに


(^人^):「あの・・ 町長さん いらっしゃる?」


受:( ̄◇ ̄;)エッ ?


とは言え、突然 来られて いきなり 町長さんって・・

(^人^; ← 我ながら・・・


すぐさま 空氣読んで

 

(^人^):「あぁ・・・いきなり来て 町長さんに、と言っても
     無理ですよね?
     では、どうしましょうか・・・。」




(^-^;):「でしたら ○階に秘書科が御座いますから
      そちらでお話下さい。」





・・・で、出向いた秘書課では、
若いお兄さんがすぐさま応対してくださって・・・



何でも あの垂れ幕は、町役場とは無関係で
地元の商店街などがメインに行っているものだそうです。



・・・と言う事で、
商店街にまで 出向くより
町役場の方から 話を繋げて頂いた方が
より 通じやすいのでは?


・・・と言う事で、
ハロウインの実際の意味と
陰では どのような陰惨な事件が起こっているか、
・・・と言う事を ざっと説明した上で

最近 持ち歩くようになった
ハロウインの黒い実態>
簡潔に説明された冊子を
秘書課のお兄さんに 渡して参りました。

(そもそも カモフラージュする為に
 カボチャのオレンジ色を使っていますが、
 もともとは 血の赤と悪魔の黒が
 その基調色だと思いますよ。)


その後 用事で 出かけた
大型量販店にも 大々的な
ハロウインコーナーがあったので

こちらも 同様、看過出来ず
すぐさま 店長に凸

・・・と言っても こちらも
いきなり 店長が出てくるわけでなく
副店長さんが 応対してくださいました。


(^v^)♪



「ただの収穫祭だと思っていたら
 大間違いですから。
 そもそも 収穫祭に 何故 
 血みどろのコスチュームが
 必要なのでしょう?

 その事を よく知った上で
 しっかりとご判断ください。」



そう言って 参りました。



何事も 黙っていたら
伝わりません。




蟻の一穴で御座います。



鬼たちが 着々と この神国に
要塞を築こうとしています。



(許すまじ!!)



鬼の要塞を 粉砕 せねばなりません。



それと平行して 鬼の手下達の掃討作戦を
着々と継続して行かねばなりません。





地方行政は、知らないのです。



ただ 中央から 言われた事を
そのまま やることこそが 自分の使命であり
正義である、とすら 思い込んでいるのです。



人民から 莫大な固定資産税を徴収する事さえ・・・



その手口が 鬼の手口そのものであったとしても・・・です。


そこに 風穴を開けて行かねばなりません。



「あなたのやっている事、
 本当に正義なの?
 本当に 正しい事なの?

 よく 考えてみて
 もしかしたら 間違った事に
 荷担させられているかもよ?

 あなた方の上の方たちって
 そもそも 本当に この国の事を思って
 政策を行っているのかしら?

 本当に?

 もう一度 よく考えてみて。

 もしかしたら
 あなた方に指令を出しているもの達こそが
 間違った行いをやっているものたちかも、
 知れませんよ。

 実際 ここに こんな資料があります。
 よくご覧になって下さい。

 中央行政の黒い実態です。
 こんなに 国民を裏切り続けているんですよ。

 この事実を知ってもまだ
 あなた方は 中央行政の政策を
 履行し続けるのですか?

 また あなた方は、それでも尚
 中央行政に従い続けますか?」




・・・と言った感じで
わたくしも すでに 数回
地元行政に 質問状を送付している所です。



質問状を送付する時には
是非 返信をお願いしてください。


そうしないと 途中で 
握り潰される可能性もあるからです。
また 返信を お願いする事で
その地方行政の温度差が分ります。


また 部署によっても
担当者によっても 異なります。


あなたが 送った質問状は
必ず コピーして 手元に残しておいてください。


もちろん 送られて来た 返事も同様
皆、大切な 
地方行政の施政方針の手がかりとなります。



また 今後の地方行政への
質問の方向性を検討する貴重な材料にもなるのです。




年金は 一方的に 減額され
税金だけは 上がる

意図的に作られた
搾取 する者、される者、の構図

増え続ける非正規雇用

下げ止まる賃金

皆、到底 許しがたい腐った政策です。





こんな 鬼の支配する世の中が
心底 嫌だと思ったら

まずは その場所から
自分自身が 変革の為の
行動を起こす事です。



世は 確実に 変わっています。



鬼たちが 生息出来ない世の中に
なるのです。



☆感謝☆




根元神・陽1のコピー 
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/10/04 Wed. 21:24 [edit]

category: 物質世界の終焉

TB: --    CM: 0

04

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form