FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

◇大神さまの赤いオーブ◇ 

◇大神さまの赤いオーブ◇






皆様 いつも誠にありがとう御座います(*^人^*)☆

本日は 大神様のお話をさせて頂こうと思います。

厳しいけれど とてもお優しい方なのですよ、大神様は・・(^v-)/☆



先日 UFOの画像を公表させて頂きました。


こちらですね。

IMG_3002.jpg

IMG_3004.jpg



その時には、
(なんで こんなに 分かり易い姿を見せてくれたんだろう・・・?)

・・・と思ったのですが、(だって バレバレじゃないですかw)


その翌々日くらいだったでしょうか。

波動で ふ・・と、


<そなたの為に 見せた・・・>

・・・と響いて参りました。


はた!・・・と 思ったのですが、

(肉体を持った 崇尾に 世の流れのすべてを
 網羅出来ている訳ではもちろんありません。)

それらを 補って下さっているのが 大神さまであり
多くの神様方なのです。


・・・で、時に 神が 必要だと ご判断された時には
何氣に さらり・・・と 波動で 伝えて来られるのですが、


何故に 明らかなUFOの姿を見せたのかと言えば、


どうやら 巷には、ある一部の動きとして
崇尾を何らかの罠に嵌めようとする動き・・・?

あれは偽物だよ、と吹聴させようとする気配・・・?

その様な陰謀が蠢いている・・・事を事前に察知して
あらかじめ それら 陰の動きを封じ込める為?

または 闇の陰謀を阻止する為に?

(偽物などでは無い)・・と言う証明の為に


<見せたのだ>



・・・と 波動で降りて参りました。



確かに 崇尾は、一寸先は・・・と言うような
実にきわどいお役目を させて頂いてはおります。

 
決して 望んでさせて頂いている訳ではありませんが、
ここまで 首を突っ込んでしまった以上は
やるしか無く、ただ 大神のお導きを信じて
共に 歩ませて頂いているのみで御座います。



そんな こんなの ある日の事、

大神は、ちょっと 気まずそうに、

<後悔しているか・・・?>

などと バツの悪そうに 訪ねて来られた事がありましたがw


崇尾が 独り言のように

(とんでも無い事 引き受けちゃったよ~~~!!

・・と 呟いているのを 聞いておられたのでしょうw



わたくしは 思わず、苦笑しながら


(後悔も何も 無いじゃありませんかw
 ここまで 首を突っ込ませておいて
 今更 辞めます、なんて 言える訳ないじゃありませんかw)


・・・と、心の中で 返した事を覚えていますw


大神は 苦笑いしていたようですがw



もはや 苦笑するしかありませんが、
最初から この様なお役目をせねばならない、と知っていたら、

(いえ、一番 キツいお役目をせねばならない、とは覚悟していましたよ。
 でも まさか これをやらねばならなくなるとはね!・・って感じですよ


いったい 誰がこの様なお役目を
自ら志願して やったと言うのでしょう?w


内心、 何度

(誰か 他の人、やってよ~~!)

・・・と、願ったか知れませんw 。(´д`lll)




【宇宙根元神Ⅰ】
39_2016011719144689f.jpg




大神とは ずっと 二人三脚のような感じで
歩を進めさせて頂いて参りました。


この方(大神)と 離ればなれになる事など
もはや 考えられない事でした。


(もちろん 崇尾が途中で お役目を辞退すれば
 その時点で お別れせねばならなかったでしょうが・・・)


その分岐点とて もちろん御座いました。


大神と共に進むか
或いは ここで お役目を辞退して 大神と離ればなれになるか

・・・の分岐点に立たされた時


やはり それが どれほど茨の道であったとしても
もはや 大神と離ればなれになる選択肢は
御座いませんでした。


あの時 約束した言の葉を・・・


<何があっても 付いて行くと言ったではないか!>

ヘタレそうになると カツを入れられますw
弱音を吐こうとすると そう 音響のように
何度も 魂に・・・



<何があっても 付いて行くと 言ったではないか・・・
  言ったでは ないか・・・
    言ったでは ないか・・・!!>


・・・と響いて参りますw


そう、それほどまでに
神との約束と申しますのは
重いものなのです。



それまで 少し 遠巻きに
崇尾を見守って下さっていた 大神が

しっかりと 崇尾の背後に付いて下さったのは
それまでの崇尾の守備体制が 防御一辺倒から
攻撃が加わった時でした。


つまり もはや 防戦一方ではなく
時に 攻撃もせねばならない状況になってきてる
・・・と言う時期と重なります。


その頃から 
崇尾の写す画像に
赤い六角形のオーブが写り込むようになったのです。


この赤い六角形のオーブこそが
大神さまのお印であり、攻撃を司るオーブです。


(これは 展示会にいらして下さった方には
 お見せしているものです。)


たぶん その頃だったのでしょう。


身近に居た複数から
こんな事を言われた記憶が御座います。


「変わったね・・・」
「人が変わった・・・」




それは 以外な言葉でしたが
自分では 何も氣付いていなかったのですが、

身近な人間からは
確かに 人が変わった、と
感じられたのでしょう。


そう たぶん その頃に
わたくしのご守護に 大神がしかと
付いて下さったのだろうと・・・。




【最強軍団・三神様】(スサノオ様・根元神様・日本武尊様)
1_20160103220806f2b.jpg






さて、最後に一つ
付け加えさせて頂きます。


大神は たいそう 負けん氣の強いお方でもありましてw
負けず嫌いwとでも申しましょうかw

向こうっ氣が強い(?)とでも言うのでしょうか?w


こちらが 何氣に ポソッと 呟いたような言の葉にまで
時に むきになって(?)言い返して来られたりする事があって 
とても 微笑ましくなりますw

たかだか 崇尾ごとき 一介の人間相手に
シカトすればいいのに
案外 お茶目な所がお有りなのだわ・・と
くすり、とさせられるような時もあるんですよw♪


これは 大神の とっても人間っぽい一面ですね♡




今日も善き日、良き時を♪


☆感謝☆



関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2018/05/17 Thu. 20:08 [edit]

category: 神様のお話し

TB: --    CM: 0

17

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。