FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

◇不思議なお社◇ 

◇不思議なお社◇




IMG_1385_20180530135054363.jpg




この記事をUPする事は
もう長い事、検討はしていましたが
ずっと 躊躇しておりました。

あまり よいお話ではありませんが、
ちと 氣になっている事がありますので
本日 敢えて UPです。


それは、関西圏のと或るかなり有名なお社です。


こちらへ初めて詣でたのが
だいぶ昔の友人と二人で

当時 このお社の事は
まったく存じ上げておりませんで(失礼しました;)

ただ 友人の誘いでご挨拶に出向かせて頂いたのです。


それから どのくらい経ったのでしょう。


10数年・・・? くらいは 
経過していたかも知れません。


或る日 突然 こちらのお社から
ご案内が届きました。


正直 驚きました。
すでに 忘れていた程 昔に頂いた御縁でしたので・・・。


けれど せっかくのご案内でしたから
当時のなけなしのお小遣いをはたいて
御奉納金を送付させて頂いたのが
数年のお付き合いの始まりでした。


最初は 嬉しくて 無理をしてでも
精一杯の御奉納をさせて頂いておりました。


ですが、年数を経るうちに
段々と 御奉納のお誘いの回数が増えて行き
(春夏秋冬の年 4回ほど お誘いが届くようになったのです。)

また 次第に 奉納金の最小金額も
指定されて来るようになりました。


「御奉納金額は、7000円以上にて
 お願い致します。」


今年の春先に届いた案内には
最小奉納額は8000円に引き上げられていました。
(これにも どん引きw もちろんスルーですw)


7000円と言う限度額を提示されて
案内が届いた時には さすがに 引いた
・・と言いますか、(数年前の事です)


(それ以外にも 賛助会費などと言う名目での
 会費の請求も御座いました。)




先日 FBの情報から 日本の神社庁が 
≪朝鮮人や異民族に乗っ取られている≫・・・と言う事を知りました。


(本当に お金の集まる所なら
 どこへでも出没する ゴキブリのような連中ですよね)


連中は 日本人の女性宮司を認めず
神社庁から 男性宮司を派遣させて
ターゲットの神社を乗っ取るのだそうです。


特に 財産を多く所有する神社が
そのターゲットにされているそうで、

連中の貪欲さには つくづく 辟易すると共に
よくも まあ、神様の家にまで上がり込んで
神様までをも食い物に出来るものよなぁ、と
呆れ果てました。

まぁ、こんな連中は ろくな末路は送れないでしょうが、








それにしても その関西方面の
と或る有名で大きなお社です。



詳しい事は知りませんが、

(いえ、あまりにも 度重なる御奉納の催促に
 さすがに嫌気がさして
 最近では スルーを決め込んでいます。
 
 年に4回と更に会費の要求まではさすがに
 頻繁過ぎると思いますよ。)



こちらのお社が あの腐った神社庁の
餌食にされていなければいいな、とは思いますが・・・。


先方の宛名には しっかりと

<○○神宮庁>と明記されておりますw



なんか やはり それっぽいですよねw



あまりにも 度重なる 御奉納依頼回数と
最小御奉納金額の設定が ちょっと 高すぎるんじゃない?

・・・って お社は 疑ってみる必要があるのかも知れません。



つくづく思うんです。

神様は これら 邪悪な動きのすべてを承知していながら
何故 今だに 放置したままなのか・・・。


確かに 神が動く時には 一瞬でカタが付きます。


でも じれったいじゃありませんか。


・・・で たまに じれて 神様に直訴する事があるんですw


そしたら 叱られましたw


<頭を冷やせ!>


・・・だそうです。
まだ 時期を見計らっておられるようです。


じれったいですよね・・・(^-^;



ここまで 来ていても まだ 
大多数の人々が目覚めないんじゃ

もう 手遅れなんじゃない?
・・なんて 思うんですけどね。


大神が 計っておられるタイミングと言うのが
どう言ったものなのか
おそらくは 万人の意表を突くような
時期とタイミングなのでしょう。



IMG_1860@.jpg




以前 宮司が嫌だと 御奉納する氣にすらならなくなる
・・と仰っていた方が居て

それに対して 神は

<ケチな事を言うなw>
・・・と笑っておられました。


それは


<宮司がよろしく無くとも
 人の真心は ちゃんと 神に届いておる。>

 宮司に問題があるのであれば
 人が御奉納した分のカルマ(因縁)は
 真面目にお勤めして来なかった宮司が
 肩代わりせねばならなくなるのだから
 心配せずともよい。>




・・・と言うような事を
仰っておりました。


本来 神に捧げられるべき 奉納金を
神の取り次ぎのお役目を仰せつかった宮司が
勝手に悪用した場合には

その宮司が 人の因縁の肩代わりをさせられる
・・のだそうです。

だから 何も徳などしていないのだ、と言う様な事を
以前 大神は 波動で降ろされておりました。

なるほどな・・・と思いました(^人^)


(それでも あまりにも 金銭に黒い宮司の居るお社は
 やはり 敬遠したくなりますよねw)



 関西方面のと或る 不思議なお社のお話でした。


名前は出しませんが、
もし 

「もしかしたら ここじゃありませんか?」

・・と 心当たりのある方は
そっと 直メッセして下さい(笑)



☆感謝☆


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2018/05/30 Wed. 13:58 [edit]

category: ブログ

TB: --    CM: 0

30

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。