FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

<追記>不思議なお社 

<追記>不思議なお社

(神社からのお便りは 神からの
 <見守っているよ>との
   シグナルでもある)






<猿田彦神>
1_201502131500293be.jpg





誤解を招くといけないので
先にご紹介した記事に 追記させて下さい。

http://takao15.blog.fc2.com/blog-entry-1615.html




FBの方に

他県から夏越えの大祓の案内が・・・
 商売上手だな・・・と思いました。
 自分は地元でお祓いします。」

・・とのコメントを頂戴したので
誤解の無きように 追記しておきます。



わたくしは 神絵画家と言う仕事を
この世の仕事として 持って来ております。

仕事柄 多くの方々から
御奉納と言う形での 何らかの金銭を
お預かりする事は御座います。


わたくしは それらを 必要経費だけは頂戴して
残りは神々へ 御奉納と言う形で
納めさせて頂いております。


それは 御縁の方々がそれぞれに持つ
厄を 神に肩代わりして頂く、と言う意味もありますが、
同時に 御縁の方々を 神に御守り頂く、と言う願いも
含まれております。


そこでは わたくしの住所を明記しての
ご祈祷をさせて頂くので
当然 いくつかの神社さまへ
ご祈祷の記録(個人情報)が残される訳です。


そうしますと 後から 幾つものお社から
だいたい 年に2回ほど、
(夏越えの大祓、と 新年のご祈祷のご案内)
・・が届きます。


それが 例えば、8カ所とか
時には 10カ所を越えた神社からのお誘いが
届く事が御座います。


手元に持ち合わせがある時には
もちろん 何よりも神様の事を優先しておりますので
その様に致しますが


時には そう出来ない時も御座います。


或る時、とても困ってしまい、
どうしても 奉納出来るだけの余録が無かった時ですね(^-^;

ほとほと困り果てておりますと
大神が 波動で この様に知らせて寄越されました。




<氣に病まずともよい
<これらは そう言う意味では無く
<ただ これだけの神々が
<そなたを見守っておる、と言う証しとして
<送って来ているのだ
<だから 奉納出来る 出来ない、を
<その様に 氣に病まずともよい




大神は その様に 伝えて来られました。


それを 伺って
ようやく ホッと 安堵致しました。



いろいろなケースがあり
とても一概には言えません。

ただ 誤解の無きように 
お知らせしました。


確かに 神社が 一部の心無いもの達によって
政治利用されている側面も御座います。


実際 現場にて その様な声を
耳にする機会は御座います。


ですが、決して それが すべて、と言う訳ではありません。



<見守っているよ
  ちゃんと 見て居るよ>


・・と言う 神からの合図として
御縁の神社から お知らせが届く事もある
・・・のだと言う事を

どうぞ 念頭に置かれて下さいますように。



☆感謝☆




@50.jpg


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2018/05/30 Wed. 21:08 [edit]

category: ブログ

TB: --    CM: 0

30

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form