09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

1日、1~2食 【小食の勧め】 

1日、1~2食
   【小食の勧め】










肉体労働をなさっている方には 不向きかも知れませんが・・・

普通に デスクワークや それに 類似する仕事量の方だったら

問題ないのではないでしょうか。





胃がもたれる・・・とか、

消化器系に不安を持たれている方には

この 一日 2食~1食と言うのは

一つの体質改善案として 参考にして頂ければ幸いです。



中には、まったく食事をせず、プラーナを吸収して生きている、と言った

仙人みたいな人も 世の中には居るそうです☆(*_*)あせる








さて、ちょっと お話しが脇道に逸れますが・・・





もう だいぶ前のお話しですが・・・

当時 私は 何となくひ弱な体質で・・・





それが 画期的な改善を遂げたのが 

或る手作り酵素との出逢いだったのです。





(念の為に!  私はまったく 手作り酵素の回し者ではありませんが!

 手作り酵素は、白砂糖の浸透圧を利用して 

 天然の草木のエキスを抽出するものなので

 白砂糖の弊害が叫ばれています)





でも、この白砂糖の弊害だけに注目して

この手作り酵素の利点まで敵視するのは、あまりにも残念だと

私は思っています。




実際、私は あのひ弱だった体質を

手作り酵素によって、画期的に改善して 現在に至っているからです。








とは言え、現在では、 一日 1~1.5食の 小食生活が

すっかり生活のリズムの中に 溶け込んで来ていて

この手作り酵素ですら ほとんど 必要が無いほど

体調が整って来ています。






ただ、手作り酵素には、強い解毒作用と免疫作用があるので

もしもの時の常備薬(?)として 常に備えておくと良いのでは?

・・・と、私は 思っています♪








さて、この【小食】を何故 お勧めするのかと言えば・・・



【物欲を手放す為の大きな一助】・・・になるからです。




①小食になると 食費がかなり抑えられます。(⇒ とっても経済的)

②内臓への負担が軽減されるので 体細胞が活性化され 

 肉体の老化スピードが遅くなって行く。

③負担の少なくなった内臓は、元気を取り戻し

 滅多な事では病気もしない体質になって行きます。

 (結果的に 通院回数が減って行きます⇒経済的)


@私の場合は、2食にした時、花粉症が改善しました♪

 (たぶん、体質が変化したのだろうと思います♪)





この他にも 小食は、有形無形の恩恵をもたらしてくれますね♪





余談ですが、私は 通常 1~1.5食ですので

展示会場での会場立ちの時にも 昼食は、頂きません。

掛川での事任八幡宮さまでの展示会の時もそうでしたし

横浜展の時は、朝食のみの1食だけで 一日過ごしておりました。



むしろ その方が 身体が軽くなり 快適に過ごせます♪




もちろん、展示会場が ホテルなどの宿泊施設の場合には

ご縁ですから 夕食もお願いしていますが、

そうでない限り 通常での展示会移動での宿泊には、

1泊に朝食を付けたのみで 過ごしています♪



足りない分は、現地のスーパーなどに寄って

食べたい分量だけ(果物1つ、とか・・・)

身体の調子を観ながら食品を購入する、と言うスタイルが

私には、もっとも快適なスタイルとなっています♪







神のご用をする様になって

天の軍資金をあずからせて頂く身になったなら

とにかく 贅沢をしない事です。


どの様に あなたを取り巻く状況が変化したとしても

今までの生活を 一切 変えない事です。


それが、神のご用をする者として

正神が 背後に付き続けて下さる為の必須要件です。




神は よく、【食べ物に気を付けなさい】と

メッセージを降ろして来られます。




そのくらい 食の乱れ、と言うのは

堕落の一番、嵌り易い入り口になるのです。





☆感謝☆










関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/01/25 Sat. 19:57 [edit]

category: 随神(かんながら)の道

TB: 0    CM: 0

25

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://takao15.blog.fc2.com/tb.php/163-c298b5f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list