FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

◇警官2名に特別講義(笑)◇ 

◇警官2名に特別講義(笑)◇





<大国主名>
42_2016122120012088c.jpg





先日 用事で ちょっと出かけた時の事・・・。

何氣に 右折したら 後ろからパトが付いて来て
何やら 止まってくれと合図をして来ます。

何かな? ・・・と尋ねると

どうやら そこは 右折禁止の所だったそうで、

(知らなかったわぁ~~!!)



・・・と 普通の人なら ここで ただ 黙って
切符切られて終わっていたかも知れません。


普通の人ならねw


そこは それ、崇尾ですからw


転んでも ただじゃ起きませんよw



・・・って事で せっかくの好機を
神様から 与えて頂け増した♪


モノは考えようで御座います(^人-)/☆


この機を有効活用せずして 何としましょう♪


常日頃から 真面目な一般市民ですから
警察なんぞとは とんと 縁がありませんw


夜遊びも一切 しないしねw(^▽-)/♪


・・・って訳で
こんな事でも 無ければ
警官とタイマン張る事も無いでしょうw


・・・って 事で 常日頃から 鬱積していた
警察組織の怠慢と腐敗、果ては 阿倍内閣への不信などを
つらつらと訴えます。




<国常立尊>
45_20161205133716329.jpg





最初は まともに取り合おうともしなかった警官達でしたが、
話が続いて行くうちに 


最初の薄笑いが 消えて行き
段々と 真剣に 話に聞き入って来るのです。


さて 阿倍ですが、
この警官達との会話から 感じたのは
どうやら

「立件されていないのだから 犯罪者では無い!!」



・・・と言う屁理屈を無理強いしているようです。


そして、彼ら 末端の警官も
上から言われた事を ただ 鵜呑みにしているだけ、
・・・のようでした。


なので そのあたりも指摘しましたよ。


「立件されていないのでは無く
 あなた方 警察や そして、司法までもが
 今や 犯罪者に荷担して
 これだけ 証拠が出そろっていながら
 決して それを認めず
 いまだに 知らぬ存ぜぬを貫き通す、
 こんな事が許されていいものなのか、
 あなた方は どう思うのですか?」



・・・と、


そして、せっかくの機会なので

3.11の時の
外道・辻元清美の
 救援物資、横流し疑獄

しっかりと 耳に入れておきました。




それでも 信じようとしないので
その時の運搬を請け負った小父さん達の声と
その時 どう言う状況下にあったのか、と言う事も
しっかりと 伝えておきました。



お話は 更に 更に
抗がん剤の闇から
日常 口にする食品に含まれる
添加物と言う名の毒


神経毒のアミノ酸
そして、蟻でさえ 食さない アスパルテーム


話は更に 特別会計の闇
国費のほぼ 3/4を 腐れ官僚達が
勝手に流用している事、


そして、アメリカのクズ同然の国債を
無理矢理買わされている事や
中国・朝鮮に 横流しされている事などなど・・・


まぁ、上げればキリがありませんよ。


この国は どす黒い 漆黒の闇に
覆われているのです。


そして、嘆かわしい事に
その事実を 知らない人が多すぎる!!



ならば 伝える機会があったなら
出来うる限り
伝えて行かねばなりません。



この政権、中央集権国家の
国家体制は もうじき 終焉致します。




犯罪者達が 国を乗っ取っているのです。


彼ら 末端の警官が
 
「自分達の立場では 何も出来ません。」
・・と言うのであれば

せめて 事実だけでも知って居てほしい!


そう 願わずに居られないのです。



今や 頭がおかしい人間が
とても 増えて来ています。


何と言うか・・
常識の通用しない人・・・とでも言いましょうか


それは やはり
食するものが 悪過ぎる事が
大きな要因だと思うのです。


朝から 幼子に カップラーメンを
与えるような 親さえ居るのです。


その警官は


「カップラーメンなんて
 みんな 食べてるじゃないですかw」



・・・って 苦笑してましたが、


みんなが 普通に食する食べ物に
当たり前のように
毒が混入されている事が



どれほど 恐ろしいことか!!


せめて この2名の警官に
この国の中枢に巣食った盗人たちが
どれほど おぞましい事を
この国の人民に仕掛けて来ているのか

その事実の一端を
知って欲しかったのです。




長い話の後の別れ際に 彼らは


「テレビや新聞では 偏向報道になっていて
 ほぼ 事実は伝えられていないのですね。
 では これからは 出来るだけ
 ネットで 自分で調べてみるようにします。

 ありがとう御座いました。」





・・・そう感謝の言葉を送ってくれました。



真の情報とは
自分が それを キャッチ出来るだけの意識を持たねば
受け取る事が出来ません。



ただ 話ながら
当初 頑なだった 彼らの・・・

(な~に 言ってんだか こいつは!)

的な せせら笑うような感じから
終盤では


事実をしっかりと 受け止めようとする
意識に切り替わって行ったのを
確かに感じる事が出来た事、


感謝の言葉を
勝ち取る事が出来た事、


「あなたは 弁が立つから
 もっと 多くの人に伝えた方がいい。」



・・・と言われた事は 
思わず苦笑でしたがw



思いも掛けずに 地元の警官2名に
崇尾のミニ講話会を
開催しちゃった事w


いったい これが 何の意味があったのか


それは 神のみぞ知る


・・・と言ったところでしょうか?(^v-)/☆




☆感謝☆





<建速須佐之男命>
@@2_20151228010302421.jpg



関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2018/06/28 Thu. 19:37 [edit]

category: 物質世界の終焉

TB: --    CM: 0

28

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。