FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆土と触れ合う事の大切な☆ 

☆土と触れ合う事は
  生きとし生けるモノに
    愛情を注く゛事☆




******************************
@或る朝の一日の収穫♡
  桃や南瓜も採れました♪

IMG_3684@
桃はとっても 甘くて大きくて お孫ちゃんズに 大好評でした♡
娘が「岡山で売ってる 2個で千円クラスの桃だよ~♡」
などと 嬉しいお世辞を言ってくれたりしまして・・・ (#⌒∇⌒#)ゞ
↑ かなり嬉しかった人w

******************************





さて、先日より 何度か

<焦点を絞って 出来る限り簡潔に
  明瞭に書きなさい>


・・・と 大神よりご指示を頂戴しております(^-^;


こんな駄文ではありますが、
こんなんでも 大神の大切な御用の
一端なので御座います。



<長々と書くと 最も伝えたい事の
  輪郭がぼやけてしまう>


・・・と言う事なのでしょう(^人^;


(相変わらず 鋭い御指摘に たじたじで御座いますw)




(●´ω`●)ゞ  す・・すみません・・・駄文で・・・



******************************
@その翌日にはベビーコーンも採れました♪
ニラと一緒に炒め物にしたのですが、
たいそう美味しかったです♡(^0^)

IMG_3688@
******************************




昔・・ まだ 自給自足生活など
思いも寄らなかった頃


たまに 庭の雑草を抜いたりする時
草間から飛び出して来る 様々な生き物が
大の苦手でした。

(蛙とか トカゲとかね・・・w)


けれど 必要に迫られて 自ら 土を耕し
食料を生産するようになると

無農薬・無化学肥料で食物を 上手に 生産して行く為には
どうしても 自然界のサイクルを
上手に活用するしか無いのだ、と言う事を
思い知らされます。


そして、いろいろと調べ 研究して行くうちに・・・


今まで 好きになれなかった カマキリさんとかw

殿様かえる、とか、 土蜘蛛とか・・・w

それらは 実は 悪い子の虫を食べてくれる

良い子の虫さん達だったのだ!!

・・・と 言う事が分って来たのです。



( ✧Д✧) キラーン ならば!!
 
(良い子の虫なら 好きとまでは行かずとも
 せめて 嫌わずに 上手にお付き合いして行こう!!)


・・・と決心しました。



╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ ! よっしゃ!!


******************************
@桃 美味しかったです~♡
  最後の一つを有り難く頂戴して 今年6個 収穫出来た桃はすべて終わりました♪
IMG_3687@
******************************




そんな 或る日の事でした。


庭で作業をしておりますと
園芸土袋の間から 殿さま蛙が跳びだして参ります。


咄嗟に 「キャ!!」と叫んで うろたえましたが、
よくよく 見れば 殿さま蛙は 逃げ場を失って

園芸袋の間に 思いっきり 軀をねじ込んで
必死で 目をつぶっていますw


(まぁ・・何と!w)


自分が目を閉じているから 
何も見えていないと思っているのでしょうw

こっちからは 丸見えなのにwww


でも その姿が 何だか とても いじらしくてw


(ボク 居ないよ~! 
  ほら 何もみえて無いよ~!!


・・と言わんばかりですw
思わず 苦笑してしまいましたw


・・・で、その時 思ったんです。


(こんな小さな生き物だって
 生きる為に 必死なんだよなぁ・・・
 それは そうだよね・・・
 ここが この蛙さんが 住処だと決めて 
 棲んでいる所なんだもの・・・w)


そして、そっと こう 呟きました。


「何もいじめ無いよw 
 ただ びっくりさせないでね^^」


そう言って 他の所へ 移動して 戻って来た時には
すでに 蛙さんは どこかへ 逃げて行った後でした。


そんな事が 他の虫たちと接する中でも
何度かありました。



そんな風に 過ごしながら
こんな 言の葉が 何度か 魂をよぎって行きました。


<一寸の虫にも 五分の魂・・・>


その言の葉が 今となれば
実に しっくりと 魂に浸みて参ります。



@信州のと或るお社にて
IMG_3628@



そう言えば 先日 大神は
夏越しの大祓のお札を 崇尾が軀のあちこちに 当てて 
人がたに 厄を移していた時

そんな 崇尾の姿を見て
くすくす、と笑ってらっしゃったっけ・・・


<お前も年をとったなぁ~www>・・と。

思わず

「当たり前じゃないですか!!
 来年で もう 還暦ですよ~!!」


・・・って返しましたがw


∑(゚Д゚;) !! ハッ・・!!


(あの 笑わない御方が!!
 笑ってらっしゃった!!!)


そして、桃が採れたと 嬉しげに眺めていた時も 
大神が 嬉しそうに 微笑んでいる御姿が
波動で 浮かび上がって来たっけ・・・

(そう! 大神は 笑ってらっしゃった!!
 今まで 笑った御姿など 決して 
 見せては下さらなかった 大神が!!!)


( ̄□ ̄lll) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!


わ・・笑って・た・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!








崇尾は ずっと 虫が苦手でした。


出来れば 自分の目の届く範疇に
どんな虫も 居てほしく無い、と願っていた程です。


けれど 今になれば
それは 大神が 崇尾に 何としても
乗り越えてほしい 課題だったのだ、と

ようやく 氣付いたのです。




IMG_3626@




大地と向き合い始めてから
微生物ばかりで無く

小さな 蟻や トカゲ・・そして カマキリや蛙に至るまで
皆 意味があって この世に生存し

人と共存共栄しながら
助け合い 支え合って 生きているのだ、と言う事

ようやくの事で

氣付かせて頂け増した。



そして、

土と触れ合う事は 
生きとし生けるものに
愛情を注ぐ事の意味を
教えて貰える事なのだ
、と

ようやく 氣付けた 今日この頃なのです。




*****************************



<追記>
だからと言って 曲解しないで下さいね。
いくら「生きとし生けるすべての・・・」とは言え、
人の害となる ゴキなどの害虫までを指しているのではありません。

ここでは、人や環境に益をもたらす 小さな生き物たちを
しっかりと認めてあげる事の大切さを
お伝えさせて頂き増した。


そして、自分には どうしても 受け入れられない虫
(ゲジゲジとか ムカデとか いろいろ人それぞれ あるでしょう?w)

そう言うのは あらかじめ 神様方に お断りしておいて下さい。

基本的に 家の中は 人間のテリトリーです。
ここに入って来た虫は すみませんが、ご遠慮願います、と。w


☆感謝☆



@お孫ちゃんが描いてくれた
 あ~ちゃん(=崇尾)のお顔だそうですw(おまけ・笑)
IMG_3686@



【宇宙根元神Ⅰ】
宇宙根元神①
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2018/07/14 Sat. 09:57 [edit]

category: これからの為に

TB: --    CM: 0

14

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form