06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

神のご縁に繋がる、と言う事② 

神のご縁に繋がる、と言う事②




今日のお話しは、昨日の続編です。







神のご縁に繋がるまでに

観て来なければならなかった闇の世界を・・・


(闇の世界にも 様々あります。

 心の闇・・・物質的な闇・・・その人なりのカルマによって

 人それぞれ・・・なのです)







闇の時代を過ごしていた時期を許せずに

自分自身を 必要以上に 痛めつけてしまう女性とは対照的に





身の内の闇を直視出来ずに

他を非難する事で 免罪符にしようとする人・・・。

これ、案外 男性に多く見られるパターンです。




(でも、悪をいくら非難攻撃した所で

 自身の内なる闇が 消滅する訳でも

 免罪符になる訳でもありません。)








結局 人 それぞれなんですが・・・

闇も あなたの一部分なのです。

何度も言いますが、闇の世界を観て来なければ

本当の光の世界を観る事は出来なかったのです。







悪の怖さを 身体の芯まで 身に染みて 分からなければ

これほどまでに 光を渇望する事も無かったでしょう・・・。





何もかも あなたが この世の 正道を学ぶ為に

必要不可欠な【学び】だったのです。






善の中にも 悪があり、

悪の中にも 善がある・・・。








神が 人々に学んでほしいと願っているのは、

善にも 悪にも どちらにも偏り過ぎず

常に ニュートラルな状態で

自分自身をキープし続ける事の出来る

バランス感覚の大切さ・・・





あなたが 次のステップへ 歩を進める為には

まず あなた自身の心の闇を 

直視する勇気を持つ事から始めなければ

最初の一歩を 踏みしめる事さえ 出来ないのです






【生きる】・・・と言う事は、

決して キレイごとだけじゃない・・・

カッコいい生き方ばかり 出来ない・・・ 

エエカッコしい、したくても 出来ない時だってある

・・・それが 人生なんです。






時には みじめに 踏みにじられる時もある

涙も枯れ果てるほどの深い悲しみに 

打ちのめされる事だってある・・・





人の悲しみとは、これ程までに 深いものなのか・・・と

それでも 生きて行かなければならない

それが 人生なのです。






どうして これ程までに 人生とは 厳しく

そして、時に 辛いものなのか・・・





それは、あなた自身の中に 

まだ 捨て切れない 自我やわだかまり・・・

欲やエゴが残っているから・・・。






他人の眼を気にして カッコいい、とか 悪い、とか・・・

人目線で 動いているうちは 

本物なんて 掴めません。





けれど あなたは 本物を掴みたくて

この世に 学びにやって来たハズ・・・







人生は、何度だって やり直せるんです。

何度 転んだって 何度だって 立ち上がれば良いだけの事

道も 一つでは無く 選択肢は 幾つだってあるのです





右に行って ダメだったら

左に進めばいいのです





人生は、七転び 八起きなんです





*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



神とは、頭で理解するものではありません

魂で感じるものなのです。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



☆感謝☆








関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/02/20 Thu. 00:16 [edit]

category: 神様のお話し

TB: 0    CM: 1

20

コメント

1 ■いつも素晴らしい記事をありがとうございます☀ 

最近まで、神様は完全無欠で、見習うべき存在だと思っていましたが、神様も完全無欠ではなく、人間同様、進歩の過程にあるのだと気付きました。

「悪」も又、「必要悪」なのですね。

私たちもいずれは神の一員になれるのですね☀

URL | 源 通広 #79D/WHSg | 2014/02/20 06:27 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://takao15.blog.fc2.com/tb.php/186-00da2a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list