06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

明日を生き抜く為に 

明日を生き抜く為に





冷蔵庫の中に キャベツが一つしか残っていなかったので、

近所の野菜直売所に出掛けて来ました。






『先日、UFO?雲を紹介したと思ったら 今日は、野菜ですか!

 ずいぶん、バラエティに富んだブログですね~』


・・・との突っ込みは無しで・・・(〃∇〃)


直径60センチほどもある大型のザルの中にびっしりの野菜が入って

これで 2000円を切るお値段だと言うのですから、驚きです








*****************************

どうでもいいですが、内訳です(^-^;

トウモロコシ・・・12本(めちゃめちゃ美味でした♡)

トマト・・・3袋(1袋に、800グラムくらい入ってます)

キュウリ・・・2袋(1袋5本入り)

インゲン・・・3袋

*****************************



とは言え、別に野菜の宣伝をしたい訳ではありません・・・(〃∇〃)あせる





時々 思い出すのは、3年前の3.11

あの時、一番身近だと思われていたコンビニが軒並みストップしてしまい・・・

今まで 行政でさえ 見向きもしていなかったような

町の小さな雑貨店が

びくともせずに 営業を継続していたさまに

やっと 行政も その存在意義を見出した、と言う話・・・。




人間が作りだしたシステムは、とても便利

そして、快適


けれど ひとたび自然が猛威をふるいだした時には

思いもかけない様な弱点があらわになる


こんなに便利で快適な生活が 当たり前のように

継続して行ける世界が 理想だと わたくしも思います。


けれど、この写し世には、永遠と言うモノは存在していないんですね・・・








そんな風に 人が丹精込めて創り上げた文明やシステムも

時に自然は、非情にも 根底から否定し、時に破壊し

壊滅的なダメージをもって 人の覚悟を試す事があります




 



かつて ノアが箱舟を建造した時

一説では、4000メートルもの大洪水が発生したと言われていますが、


(高台に逃げた人もいた様ですが、あまりにも大洪水だったので

 逃げ切れずに溺死された方も多くいらしたようです)



或る方は、『その水は、月から来た!』・・・と仰っていましたが、

わたくしは、【地球の内部の水が 表面に溢れだして来たんじゃないの?】

・・・と思っているのです。




この様なお話も まったく荒唐無稽に思われる方もいるでしょうから、

そう言う方は、どうぞ スル―して下さいね(^人ー)☆





文明も文化も 爛熟し過ぎれば 必ず 滅亡する時が来るのです

高度な文明の名のもとに、人々が 人として 決して手放してはならない

大切なものを見失った時


崩壊は、自らの内から 始まり

それはやがて 地球規模にまで 到達して行くのです。






神の御用をされる方々は、

現象が現れてから 慌てるようでは

とても ご用は務まりません。

どうぞ 今から その準備をなさって下さい。





人間が 誠心誠意 創り上げて来た高度な文明が

もしも 崩壊するような事があった時、

自分は、どう 行動したらいいのか



もしも 便利なシステムが 根底から崩れ去った時

生きる為に、生き抜く為に、家族を護る為に、

自分は どう 動いたらいいのか


その時に 何が必要なのか

その時の心構えは どうあるべきなのか



様々な場面を想定して

シュミレーションを何度も繰り返し行っておく事は

とても大切な事ではないでしょうか







便利な生活に 慣れ親しんでしまった昨今、

お金さえ出せば 何でも買える、何でも手に入れられる、

そんな夢のようなシステムが 

もしも崩壊するような事があったなら

自分は その状況の中で どう生き抜いて行ったらいのか



もう一度

じっくりと考えてみる事も 必要なのかも知れません



☆感謝☆







関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/07/13 Sun. 20:18 [edit]

category: 二極化して行く世界

TB: 0    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://takao15.blog.fc2.com/tb.php/255-f991b1b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list