07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

自らの足で立ち上がる事。 

自らの足で立ち上がる事。


blog_import_53e62e9e9bf37.jpg


正式なご神縁で ご縁を頂いている 或る女性が

自らの課題を乗り越える為に 必死で頑張っておられます。

この世の【行】は、様々ありますが、

大別すれば、【物質行】と【精神行】になるでしょうか。

彼女が課せられた【行】は、前者の【物質行】

その中でも、肉体行【病気など】になりますか・・・。





わたくしは そんな彼女の姿を 遠くから見守らせて頂きながら

時に歯がゆく、

(神は 何故 彼女の状態を分かっていながら 

  ただ 黙って見守っている事のみ なさらないのだろうか・・・)

そんな思いを抱きながら もんもんとした時を過ごしておりました・・・

自らも 様々な仕事に追われていたので、

その事は 心の片隅に ずっと留まっていたのでしょう・・・。


blog_import_53e630598968f.jpg

それから しばらくして

以前、(こちらも正式なご神縁で 繋がらせて頂いている男性からでしたが、)

或るメッセージを頂いていた事を思い出しました。


『自分は 電車の中のような人ごみの中にいると

 何故か おう吐をもよおしてしまいそうなトラウマで

 もう数十年来 悩み続けて来ています。

 何とか このトラウマを 解消する方法を教えて頂けませんか?

 また、このトラウマを消してくれませんか?』
・・・と。


blog_import_53e62f377b806.jpg


わたくしは 加持祈祷 呪術などは 一切行いませんし、

その為の行も習得して来てはおりません。

今世での わたくしのお役目は、あくまでも 【神絵】と言う形で

人々に 神々の御心を お伝えする事が 仕事です。


blog_import_53e62f6b61e09.jpg


ご縁の男性には、はっきり お伝えするしかありませんでした。

『そのような方法はございません。

 トラウマは、苦しくても 辛くても その困難を試行錯誤しながら 

 自ら乗り越えてこそ 克服出来る事であって

 何かの法力や 誰かに 頼って 一時だけ 改善したように思っていても

 それは 自ら 克服出来たと言う 魂の学びになるものでも無く

 ましてや 人としての 大きなステップアップに直接 繋がるわけではありません。』


blog_import_53e6302b17cfc.jpg


神が 本気でご用に使うつもりでいる者には、

決して 中途半端な覚醒は、させません。

生半可な手助けも 致しません。


自ら乗り越える経験。

自ら 闇を断ち切る意志の鍛練。

他に依存せず、自らの足で 立ち上がる氣概。

何度も 何度でも 落とし・・・。

何度も 何度も 落とされて・・・。



涙と 嗚咽と 絶望と 深い悔恨と・・・。

涙でかすむ眼(まなこ)の先に 初めて 見えてくる世界が あるのです。




そこまで 行かなければ 観えない世界があるから

神は 仰るのです。


【立ち上がりなさい。何度でも、何度傷ついても。

 失敗する事は 何の恥ではないのだ】
・・・と。


blog_import_53e63054a72f7.jpg




そこまで 意識が 繋がった時

初めて 心にかかっていた ご縁の女性の状態を 納得出来たのです。

【放置しているのではない。

 この行は、かの者が、一人で乗り越えなければならない試練である。】



もちろん、こんなに はっきりと仰るわけではありませんが、

ただ その様に仰りたい、と言う事は わかります。



大切な事は、自ら乗り越える、と言う経験。

誰かに依存するのでも無く、誰かの責任にして逃げるのでも無い。


いざと言う時には、すべての責任を 背負うだけの覚悟をもって

事にあたる事の出来る 精神力と胆力。


自らの足で しっかりと 立ち上がる 自立した自己を 確立しておく事。


blog_import_53e630497604c.jpg


これから 世は、大きな変革の刻を 否応なく 迎えねばなりません。

悪しき世の悪習も 次第に淘汰、清廉されて行く事でしょう。

人間が 便宜上作った 様々なシステムも権威も

また それに便乗する事で 利権を得ていた人々も

蜜月期の終焉の目撃者とならねばなりません。


氣をつけねばならないのは、その過渡期です。


『世が変わる(≧▽≦)/♪』・・などと ただ無暗に浮かれていては なりません。


世の変わり目には、様々な膿が 一氣に放出も されるのだ、と言う事を

覚悟せねばなりません。

【悪】も暴れます。

どうぞ 巻き込まれぬよう ご用心なさいませ。


☆感謝☆


@2.jpg


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 タカオ作品の動画です(楽曲が付いておりますので、楽曲共々 ご視聴くださいませ)


you tubeへは、ここから飛んで下さい

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/08/15 Fri. 12:43 [edit]

category: 御神縁

TB: --    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form