08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

~大御心~ 

~大御心~




(大神様、仰りたい事が 山ほどお有りなのだわ)・・・と

ここの所 いつもそう思うのですが・・・

しかも それが たいへんお厳しい!! ><;;


根元神・陽1のコピー


以前、と或る展示会場での事


会場にお見えになった 或る壮年の女性・・・


スサノオさまの神絵をご覧になって、この様に仰いました。


『スサノオさまなのに、お髭が無い!』・・・と、


突然の事だったので、わたくしも一瞬戸惑いましたが、

次の瞬間に 自然とこの様な言葉が 口をついて出て参りました。


『関係ない、髭など必要ない、

 力の無いモノは、髭を生やしたり、自らを さも強そうに装うが

 真の力を持った者には、そのような見てくれなど 必要ない』
・・・と。

 理解し易いように 言葉を足していますが、

   神が降ろされる言葉は、いつも一瞬、ワンフレーズのみです。

   でも それだけで 仰りたい事のすべてがわかります。


1_20140903113009bf9.jpg


日本の神々のお姿を描かせて頂くようになって

制作と共に 神の御心に触れる機会も頂けるようになって

何よりも感じる事は、


【実質を尊ぶ姿勢】


これは、以前 北海道巡回展での道中

乗船したフェリーの船内で つくづく感じた事なのですが・・・

(  生まれて初めて フェリーでの船中泊を経験した人)


1_20140918213315ad7.jpg


(何と言う機能美!!) 


その内装にも 船内の施設の隅々に至るまで

実に行き届いた氣配り

華美な装飾を必要としない けれど そこに居る人達が

十分な充足感を得られる 満ち足りた空間、そして、清潔感・・・


これこそが 日本の 日本たる所以なのだろう、と感嘆したものです。

(海洋国家日本の海運力の底力、ここに在り!)


・・・とまで言ったら 大げさでしょうか? (*^人^*)


宇宙根元神・陽③


忘れないでほしい・・・

日本は、  日本一国のみで 文化を発展させ

独自の進化を遂げる事の出来る 世界でも唯一の国である事を・・・。



宇宙根元神・陽②


先日 ネットニュースを読んでいたら、この様な記事が目に入りました。

この地球の内部のマントルには

地球人よりも高度な文明を持った種族が存在していて

その高度な文明を持った種族が もしも 地表に居る人類に危害を加えようと思ったなら

今の地球人では とても太刀打ちできない

けれど 唯一 反撃が出来る方法があるとするならば、

地下深く掘り進んで、そこに原子爆弾を仕掛けて爆破攻撃するしかない
、と。


@7.jpg


すみませんが、この記事を読んだ時、思わず苦笑してしまいました。

それほど高度な文明を持った種族が 何故 今の今まで 攻撃を仕掛けて来ないのか



高度な文明を持って、尚且つ それを平和裏に活用している種族なら

尚更、今の人類など眼中にもないでしょう。

むしろ この様な、 生き物とみれば食べ物としてしか見ないような

お互い殺し合いばかりしているような 低俗(失礼)な種族など

関りたくもないだろうと、わたくしは思います。


低いものは、低い発想しか出来ず、

異種とみれば <攻撃>としか脳内変換出来ないような種族には、

核攻撃、と言う発想しか浮かばなかったのでしょうが・・・


宇宙の根元神・陰陽①


そろそろ そんな 低レベルな発想が蔓延する暗闇の世界にピリオドを打って

次の光の世界へ 心の準備の出来た方々から 歩を進めて行きましょう。


物質(金融)が機能するのも 後僅かな間です。

すでに 金融など 世界的に破たんしています。

どこかの国が 金塊を買い漁っている、とネットニュースで知りましたが・・・

笑止

いざとなった時、人が生きて行く為の究極の生命線は食糧です


その食料とて 今まで飽食に踊らされ

まだ 十分食す事が出来る食べ物を 無暗に捨てて来たつけは

いずれ 自らのカルマとなって 身の上にのしかかって来る事でしょう。


国単位、個人単位で、そのツケの清算は、自らの人生の中で

支払わなければなりません。

これは、誰一人 例外はありません。


人は、大別して 2種類に分けられます。

一方は、これから起こる事を 事前に察知して すでに 淡々とその準備を

日々の生活の中で遂行出来る者。(蟻さん派)

そして、もう一方の人種は、目の前の快楽に酔いしれて

ただ 今を満足して生きればそれでいい、先の事なんて 関係ない(キリギリスさん派)


物語りの中では、蟻さんは、結局 困り果てたキリギリスさんを助けましたが、

今度の大峠では、もう その温情はありません


神は、もう 何度も何度も 辛抱強く キリギリスさんを助けて来たそうです。

何度も 何度も温情を与え 改心する日を待ち続けました。

けれど いくら待っても 待っても 良くなるどころか

悪化して行くばかりのキリギリス派人間たちに

神の温情も終止符を打たれる時が来たのです。




キリギリスさんは、飢えと寒さの中で 

自らの今までの甘い生活のツケを 支払わなければなりません

生活保護などと言う最後の生命線も絶たれます。


多くの人々が 自らの人生のツケを 

自らで清算しなければならない時代を過ごし、

今まで 高みでふんぞり返っていた者たちが 地に堕ち

たとえ 底辺で喘いでいたとしても 質素に 日々 着実に歩を進めていた者たちが

陽の目を満身に浴びる時世が参ります。





ただし、この移行は、それほどスムースとは参りません。

かなり 熾烈を極めますので、

ずるく世渡りをしようとするモノには、

もはや 一片の猶予も与えられない大峠となりますので

そのギリギリの所で 大ふるいにかけられますから

どうぞ 心して これからの世の変遷を お見届け下さいませ。


根元神・陽1のコピー


それから、来るべき日の為に どうぞ 常日頃から 体力を鍛えておいて下さい。

いよいよとなった時、

やれ 走れない、だの 歩けない、だのと言っていたなら

とても わが命を守り切れませんよ。

自分の生命を護る最後の砦は、自分自身です。







☆感謝☆


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

☆熊本全国巡回展、もうすぐ始まります☆



【熊本・熊本市】


会場:『ギャラリー美楽庵
   熊本県熊本市水源1-12-25
   ☎096-369-0952
会期:H26年10月4日(土)~10月5日(日)
   
  10月4日(土)~5日(日)の二日間
        会場にタカオが居ります。
    (10/4=AM10:30~PM5:00 10/5=PM4時迄)


《アクセス》
熊本市電A系統・新水前寺駅前駅より
動植物園入口駅下車・徒歩7分(550m) 


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/09/19 Fri. 20:04 [edit]

category: 神様のお話し

TB: --    CM: 0

19

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form