10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

生きる為の原点に立ち返る為に② 

生きる為の原点に立ち返る為に②





数日前より 制作に没頭すればするほど

何やら 言の葉が降りてきます。

以前、ご縁の方が

 『車の運転中、集中しているので よくメッセージをキャッチします』


・・・と話していましたが、

わたくしの場合は、創作中にも よく 魂に言の葉が降りて来ます。

(集中しているからだと思います ^-^;)



以下のムヒカ大統領の演説には、わたくしが感じたメッセージと

共鳴する部分が 幾つかあり、たまたま 閲覧したこの動画に驚かされました。





こちらのムヒカ大統領の言葉を その政治背景まで

そっくり日本に重ねる事は出来ないだろうとは思いますが・・・

演説中での この一節




【貧乏な人は 少ししか物を持っていない人ではなく

 無限の欲があり いくらあっても 満足しない人の事だ】





わたくしが 数日前から 何度となく感覚でキャッチしていた言葉を

ご紹介させて頂くと・・・


【現在のような<金融=物質>で 

人の豊かさ(幸福)を測ると言う基準は

 ごく一部の誰かの価値観によって 

意図的に決められたもので

 《心》と言う およそ物質では 推し量れないものまで

 無理にその基準の中に組み込まれた事によって

 人は心の自由を手放してしまった】




【現在のような より高価な物質を より多く手に入れる事を

 豊かさの象徴として定義付けられた社会では、

 人々は、その物質を追い求める事に 日々追われ 様々な呪縛を

 自らに課してしまった】





【GDPが多い事が=国力だと思わされているのは、

 そう言う風に 人々に思わせておく事が都合のいい 

一部の人間による 印象操作、錯覚なのである】




【物質を追い求める事は 果てしない 

 渇望のスパイラルの中に 自ら身を投じるだけなのに

 それを あたかも 富の象徴ででもあるかのように

 幸福の証とでもあるかのように 

 思いこまされ 錯覚させられている事が

 今を生きる人々の最大の不幸の原因となっている・・・】






【光はマインドで この世を包み

 闇は、物質によって この世を呪縛する】





以前、闇の生命線(血流)は、<金融=物質>である、とお話しました。

その金融によって この世が動いている事こそが 

<光とは反対のモノたち>のエネルギー源、であるとも言えるのです。


・・・と言う事は、(先日来 何度も言っていますが)

金融に左右されない生活を手に入れる事こそが 次の光の世界へ 歩を進める為の

大きなキーワードになって来る、と言えるでしょう。



【貧乏な人は 少ししか物を持っていない人ではなく

 無限の欲があり いくらあっても 満足しない人の事だ】



世界を見渡しても 日本ほど豊かで 恵まれた国もないのに

相変わらずマス○ミは、人々に渇望感を煽っています。

【格差社会】【不平等】・・・



十分恵まれた環境にあるにも関らず それを決して国民に自覚させず

常に不満足を煽ります。



けれど それすらも 神は、調和の秤だと仰います。

何が真実で 何が虚構かを 自らの心の眼(まなこ)で 見定めさければなりません。


それが出来る人と そうでない人とで 

また 進むべき道が 二極化して行くのです。


言い換えるなら 

今までの既存概念に是が非でもしがみつこうとする勢力と

世の価値観の変化をそのまま柔軟に受け入れ

その変容をそのまま受け入れて行こうとする勢力とで

これからの進む方向が 大きく分かれて行くでしょう。



 
☆感謝☆




**********************************************

熊本全国巡回展・もうすぐ始まります♪



【熊本・熊本市】


会場:『ギャラリー美楽庵
   熊本県熊本市水源1-12-25
   ☎096-369-0952
会期:H26年10月4日(土)~10月5日(日)
   
  10月4日(土)~5日(日)の二日間
        会場にタカオが居ります。
    (10/4=AM10:30~PM5:00 10/5=PM4時迄)


《アクセス》
熊本市電A系統・新水前寺駅前駅より
動植物園入口駅下車・徒歩7分(550m) 



**********************************************

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/09/24 Wed. 22:55 [edit]

category: 神様のお話し

TB: --    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form