07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

~吉備津神社~《備中国一宮》 



~吉備津神社~
     《備中国一宮》


島根での巡回展告知中ではありますが
今日 ご紹介する神社は、

この夏の ご神業ツアーで詣でた
幣立神宮参拝の帰路に(9月19日のブログです)
立ち寄った岡山の神社です


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ




備中国一宮であり、吉備総鎮守でもある吉備津神社は
岡山県岡山市北区にある神社で
吉備の国開拓の大祖神として崇められ、
桃太郎伝説のモデルとなった大吉備津彦大神を祀ります。



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



石段を登るとまず北随神門(ずいじんもん)が見えて来ます
これは、室町中期の建築といわれていて、国の重要文化財


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ




その起源は、庶民を苦しめていた温羅(うら)という鬼を
吉備津彦が退治したと言われている。

延喜式神名帳には吉備津彦神社(きびつひこのじんじゃ、きびつひこじんじゃ)とあり、
かつては吉備津彦神社とも称していたが、現在は吉備津神社を正式名としている。


現在の本殿は棟札によって1425年(応永32)の再建ということが判明しており、
正面7間、側面8間の神社建築としては最大規模のものである。
その建築は吉備津造とよばれ、比翼入母屋(ひよくいりもや)造の特異な構造をもち、
拝殿とともに国宝に指定されている。



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



古事記によれば、第七代孝霊天皇の皇子・比古伊佐勢理比古命(大吉備津彦命)は、
弟・若日子建吉備津彦命と協力して、吉備の国を平定した。

社伝では、その後、吉備の中山の麓に「茅葺宮」を造って住み、
281歳の時、この宮で薨じ、墓は中山山頂に造られた。

五代の孫である加夜臣奈留美命は、「茅葺宮」に社殿を建てたのが、
起源とされている。



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


この夏 ご神業ツアーを計画した時に娘が 
『是非とも 岡山のパワースポットである吉備津神社に詣でたい!』
・・・と 言いますので



旅の日程の最終日には、
しっかりと こちらに参拝させて頂きました


境内には、厳かで 清々しい《気》が 溢れています

光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ



吉備津彦命 温羅(うら)退治の伝説


昔、吉備の国に、温羅という、恐しい鬼が居った。

それを退治に来だのが吉備津彦の命じゃ。

温羅は鬼の城にこもり、吉備津彦命は、吉備の中山に陣を張った。

合戦は始まったが温羅の投げる石と、吉備津彦の矢が当たっては落ち、

当っては落ち、勝負は仲々、つかんかった。


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


そこで、吉備津彦は、一計を案じ、一度に、二本の矢をつがえることにしたんじゃ。

そうすると、一本は、温羅の投げる石に当たって落ちたが、

残る一本が、見事に、温羅に命中した。


温羅は、川を血潮で真っ赤に染めながら鯉に化けて逃げる。

吉備津彦は.鵜になって、これを追いかける。

とうとう、喰いあげて、退治したそうじゃ。

温羅の首は、長い間、さらされておったが、いつまでも、いつまでも、

うなり続けておったそうじゃ。



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ
本殿から本宮に至る400メートル余の回廊は、傾斜する自然の地形にあわせて構築されている

光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


やがて、その首は、吉備津神社のお釜殿の土中深くに埋められたんじゃが、

ある夜、温羅が、吉備津彦の夢枕に立ったと。

生きている時の悪業の償いとして、これからは、この釜をうならせて、

世の吉兆を告げよう。と夢の中の温羅は、いうんじゃそうな。


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


それから、吉備津神社の鳴釜神事は始まったんじゃ。

平安時代も江戸時代も、そして現代でも温羅のうなり声は聞こえる。

それは低く、神秘的な、少し、さびしそうな声じゃ。

いっぺん、おめえも、吉備津のお釜殿ヘ行ってみられい。




光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


鳴釜神事が行われている社は、撮影禁止で
また、恐ろしい大きな鬼の面が飾られていたので
一切 撮影して来ませんでしたので
もし、気になる方は ご自身の眼で 直接 
見に行って下さいね ('-^*)/



光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


それにしても まぁ・・・
備中きっての パワースポットと言うだけあって


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


よく 写り込んで来ていますよね~
白くて丸いのが・・・σ(^_^;) 


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


何枚撮影しても だいたい 同じ場所に集中して写り込んで来るので
まぁ、この近辺に まとまって 集まって来ているんでしょうね~

(わかります? 白いのがいっぱい写り込んで来てるの・・・)


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


*画像クリックで拡大すると 白丸が境内の中まで
 びっしりと写り込んでいるのがわかりますよ


まぁ、何と言っても 神社ですから~(^_^;)
光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


それなりに いろいろと 集まり易いんでしょう~

(とは言っても こちらの 吉備津神社でも 静かで穏やかなひと時を
 娘と共に 過ごさせていただいて来ましたラブラブ
(*^人^*)



吉備津神社、備中きってのパワースポットです
みなさまも お休みの予定が付く時には
是非 行かれてみてください(^人^)


光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ








ところで、こちらの画像は、先日
地元の神社へ 用事で参ったので
ちょっと 木の隙間から 太陽光を撮影してみたものです 

光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ


この下の写真と 同じ場所、同じ角度から撮影したものです

この神社は、小さな頃から 慣れ親しんだ場所で
学校の行き帰りに 長い事 通い続けた通学路沿いの神社です



感謝を込めて・・・ラブラブ

光の世界を描く画家・崇尾青見のブログ
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2012/10/11 Thu. 07:25 [edit]

category: ご縁のお社へ

TB: 0    CM: 10

11

コメント

1 ■初コメです!! 

こんにちは!ブログ拝見させて頂きました♪もっと読んでみたいと思いました(^^)別の記事も読ませてもらいますね!最近ブログを始めたので私の所にもいらしてください♪

URL | ダラ #79D/WHSg | 2012/10/11 22:14 | edit

2 ■写真からも 

パワーを感じますね
神事見てみたいです(^-^)/

URL | YOU #79D/WHSg | 2012/10/12 12:39 | edit

3 ■今晩は~(*^_^*) 

タカオさん、ペタ有難うございます <m(__)m>

それにしても素晴らしい絵の数々

まことに天上界のごとくですね~☆

(*^_^*) ため息~~

URL |  ∞花咲耶∞ はなさくや #79D/WHSg | 2012/10/12 18:20 | edit

4 ■追伸 

すごいオーブ (@_@;)

出まくりですね~!!

私も去年、伊勢神宮に参拝の時

初めて3~4枚、オーブが私と主人の周りに

沢山囲むように撮れてました

URL |  ∞花咲耶∞ はなさくや #79D/WHSg | 2012/10/12 18:50 | edit

5 ■Re:初コメです!! 

>ダラさん
こんばんは☆コメントをありがとうございます(^人^)♪

URL | 天上の美・TAKAOのつれづれブログ #79D/WHSg | 2012/10/12 19:04 | edit

6 ■Re:写真からも 

>YOUさん
コメントをありがとうございます☆
そうですね^人^
私も 機会があれば、是非とも神事を観てみたいと思います☆

URL | 天上の美・TAKAOのつれづれブログ #79D/WHSg | 2012/10/12 19:05 | edit

7 ■Re:今晩は~(*^_^*) 

> ∞花咲耶∞ はなさくやさん
コメントをありがとうございます☆
また、私の描く世界にも 共感していただけたようで
たいへん嬉しく思っています☆

ご縁をいただけるようなら
また、いずれかの巡回展か個展会場で
直接 お目にかかる機会をいただけたらいいですね☆(*^人^*)☆

URL | 天上の美・TAKAOのつれづれブログ #79D/WHSg | 2012/10/12 19:07 | edit

8 ■Re:追伸 

> ∞花咲耶∞ はなさくやさん
本当に・・・!
肉眼で観ている時は、
なんて事無い 普通の神社の風景なのに・・・
画像を確認してみると このような
まったく違った世界が展開されていたとは・・・!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
・・・って感じですよ~(+_+)

やっぱり神社ですからね~
神社では、結構 オーブ 写り込んで来ますよね(@_@)

URL | 天上の美・TAKAOのつれづれブログ #79D/WHSg | 2012/10/12 19:10 | edit

9 ■うらさんって・・ 

ももたろうの伝説

うらさんもしかして
人の裏側の重たい心の
ことでしょうか?

良心もも太郎の
大活躍・・

うらさん 改心して
ちょっと寂しそう
でもちょっと活躍^^

PS
こちらの回廊はみごとですね
一歩また一歩 たってみたいです

いつも写真にて神業旅の
なおらいをありがとうございますヾ(@^(∞)^@)ノ

URL | akimitu #79D/WHSg | 2012/10/13 14:43 | edit

10 ■Re:うらさんって・・ 

>akimituさん
こんばんは☆コメントをありがとうございます♪

ウラは、一説では百済から渡来した鬼ともいわれ、また 他説では、朝廷に反旗を翻した備中地方の豪族とも言われていて、

いずれにしても 真実を知るのは 神様ばかりなり・・・です。

こちらの回廊は、おっしゃる通り
たいへん見事な造りでしたよ(*^人^*)

しばしの間、吉備津彦さまにご挨拶をし
静かなひと時を過ごさせて頂きました☆

URL | 天上の美・TAKAOのつれづれブログ #79D/WHSg | 2012/10/13 19:49 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://takao15.blog.fc2.com/tb.php/47-061cb6ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list