03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆地元の一宮さまへ☆ 

☆地元の一宮さまへ☆


今年もいよいよ終盤を迎えていますね(*^人^*)

わたくしは 先日 一足お先に 地元の一宮さまへ

古札を納めて参りました  人混みが苦手な人(^-^;




2014_1225_113720-DSCF7052のコピー


ところで・・・

現在の崇尾は、決して 一朝一夕で出来た訳ではありません。

ご縁の皆さまには お話ししていますが、

下積み50年・・と言う ちょっと 氣が遠くなりそうな程の

下積み期間を経て来ています。


様々な事を経験しながら それらは皆

わたくしの血肉となって 生きた経験となって

現在の崇尾青見を支えてくれています。



2014_1225_113933-DSCF7072のコピー


そんなある日 わたくしは

(このままじゃいけない、何とかしなきゃ!

 待っていたって 誰も何もしてくれない!

 自分がやらなきゃ! 自分が動かなきゃ何も変わらない! 何も始まらない!!)

そう思って 自分自身の意志で 人生の舵を大きくきった事がありました。



2014_1225_113816-DSCF7058のコピー

人生のすべてが 現在の崇尾を形成してくれた 大きな学びそのものでした。

何もかもが不足していて 足りないものだらけの半生でしたので

その 何も無い中で どう過ごしたらいいのか、を徹底的に考え抜きました。

そして、出来うる限りの節約と倹約を次々に実践して行きました。




2014_1225_113955-DSCF7076のコピー



そして 辿りついた究極の倹約法が

【病氣をしない事!】・・・でした。

究極の節約は、健康体である事!

健康である事が もっとも 無駄なお金がかからない生き方だと氣付き・・・

(いえ、正直に白状すると(笑) 病院にかかるお金すら不足していたので
 病気になっても なんとか 自宅で自分で治すしかなく(大爆笑)
 病気になったら それこそ 生活が出来なくなってしまうので
 何が何でも 病気になれなかった!・・・と言う大笑いな現実があったのです(爆)

でも、それが 今思えば 幸いしたのかも知れないですね~(^v^)
神様からの これが 課題の一つだったのかも・・・?www


ならば、病気にならない為にはどうしたらいいのか・・・?!

・・・を、とことん突き詰めて考えて行くと

結局、暴飲暴食をせず 酒、タバコはやらず

(これはもともとやらない人だったので、難なくクリア♪)

出来うる限り外食をせず インスタント食品を摂取せず、

地元で採れた食材を使って 野菜メインの食生活をして・・・

・・と、どんどん 生活はシンプルになって行きまして、



2014_1225_113910-DSCF7068のコピー


この世で 考えうる限りの節約法を次々に実践して行くと

結局 自分で作れるものは 何でも、自分で作って・・・

そうして どんどん 節約を推し進めて行くと

昔ながらの生活が 究極の節約法だと言う事に帰着して行く訳です。

そこまで 氣付き始めると 以外な この世の真実まで観えて来まして・・・

一見便利だと思いこまされていた近代生活の中には

かなりの落とし穴が潜んで居て

便利だけに特化した生活は、人の想像力や夢を奪い

家族の絆まで疎遠にさせ

ひいては 人々の健康まで損なっている事に氣付き始めたのです。

 

2014_1225_114027-DSCF7085のコピー


そして、物質に踊らされた人々が 

次々と消費と言うモンスターに踊らされ

人の真の幸福と言うものから 大きく乖離した生活を

まるで それが あたかも幸せででもあるかのように

思い込まされている・・・と言う事に 氣付いたのです。


2014_1225_114108-DSCF7094のコピー


余談ですが、1万円札って 原価16円で 作れるのだそうですよ(^人^;

そんな紙切れで 人は狂い、時に 人をあやめ・・・

そんな 紙切れの為に 大切な命を落としたり・・・

本当に切ないなぁ・・・と つくづく思ったものです。


2014_1225_114313-DSCF7117のコピー


そんな風に過ごしながら わたくしは

(ならば 自分は そんな物質に振り回されない
 自分独自の生活を実践しながら 生きて行こう!
 世間とは違う生き方であったとしても
 それが 自分にとって 心地良い生き方であるならば
 人がどう思おうが、どう見ようが 構わない♪)

そんな風に 視点を変えて行ったのです。 



2014_1225_114221-DSCF7107のコピー




そうして そんな 倹約生活が わたくしの日常の 

ごく普通の生活スタイルとして定着し

実際には、人が想像する以上のシンプルな生活を

ごく普通に送っている毎日です。

それを 特別だとも 苦痛だとも 何とも思いませんし

むしろ 誰かによって 意図的に作られた価値観に

踊らされる事も無い生活は 派手さこそないけれど

安定して 静かで 落ち着いた毎日です♪


そして、そんな風に過ごしながら 自然に今の神絵画家と言う仕事に入って行きました。

この仕事に 本格的に入って行く時

何度も お話ししましたが、

【生活を変えてはならぬ!】

これは 神様の方から きっちりと言われたお言葉です(^-^)

そのお言葉を ただ 淡々と護りながら生き、

与えられた仕事を きっちりとこなして行く事が

わたくしの この世での仕事であると 認識しています☆




地元の一宮さまへのご挨拶詣りのご報告から

ずいぶん 話が 飛躍してしまいましたね(^-^;;



☆感謝☆
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/12/27 Sat. 00:18 [edit]

category: ご縁のお社へ

TB: --    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form