06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆執着を手放す為に☆ 

☆執着を手放す為に☆




2014_1225_114510-DSCF7123のコピー



先日の記事の続きになりますが・・・

圧倒的に 必要な物が手に入らない状況下では

それを手に入れる為に 更に働いて金銭を稼ぎ出す、か。

他のもので代替出来ないか考えなおしてみる、か。

または 諦める(執着を手放す)・・・と言うような選択肢しかありませんでした。



【無い!(金銭的な物が)】・・・と言う事を大前提にした上で 

何事も行わなければならない、と言う事は

【無くても出来る事】 或いは、【無い事を前提に行う】事を

常に意識せねばなりません。




そんな或る日、たまたま見つけた新聞の広告記事で

とある絵画団体が全国公募の公募作品を募集している事を知り

その時 たまたま描いてあった作品を 一か八か応募してみた所

驚く事に 入選させて頂いた事が そもそも 

現在の神絵画家・崇尾青見の正式なスタート、第一歩だったかと思います。

(その時は、たぶん 本名で応募したかと思いますが・・・^^;)



それが切っ掛けで 全国公募の公募展について さらなる詳細を ネットで調べてみると・・・

『そもそも 団体に所属していなければ 入選すらしない!』

『一般公募なんて 入る事すら出来ない!!』


・・・と言う どなたかが投稿した文言を目にした時には、

(団体にすら所属していなくて よく入選出来たものだ・・・・・・と

驚き入ったものですが・・・



その時ですら

(団体に所属する資金すら無いんだから それで 入選出来ないのなら

 それでも まったく構わない・・・。 無い者は、無い事前提で勝負するしかない!!)


・・・と開き直るしかありませんでした(大爆笑) ☚ ある意味、無い者の強みとも言えますww



それでも その後も コンスタントに 様々な公募展で一般公募枠に食い込む事が出来たのですから

それはそれで びっくり仰天ものではありましたが、




ありがたい事に いずれの公募展でも 入選させて頂くと

その後 団体への加入のお誘いが 何通も届きます。

でも!!

その加入金のお高い事!!


(いや、わたくしにとっては たいそう お高い金額でした・・・) ☚ そもそも 無いんですから!!



無い!!・・・ので 団体に加入する選択肢はありませんでした(笑)

ただ、入選させて頂いた団体様方には、今も心から感謝しております。




この時の経験から 無い!・・・と言う事は 辛い事であるかも知れないけれど

時に 人に開き直る強さを学ばせてくれるのだ、と言う事を学ばせて頂きました。





話しは変わりますが・・・

世が 《た○ごっち》とか言う デジタル玩具を 架空の世界で育成し

何に成長させるか・・・と言う事に浮かれて

誰もかれもが それを欲しがって 価格が高騰して行った時

もともと 数千円の品物が 巨大なプレミアム価格に吊りあがって

一個 何万もの価格で取引されるにいたった時には 本当に 驚きました。



物にはすべて 適正価格、と言うものがございます。

それを 大きく逸脱するような価格に吊りあがった時には

潔く諦めるか 巷の熱が終息してから 手に入れるなどして

少し<待つ>と言うゆとりが必要だと言う事を この時 まざまざと思い知らされました。



その時も 我が家には 高騰した 元は安価な品物

どうしても 手に入れようと言う気風は存在せず(笑)

何しろ 無い!ので、手に入れようと思っても 手に入れられるものではありません(爆笑)



世間が 高騰に浮かれる様を ただ 冷静に傍観させて頂いておりました。(笑)



この時の経験から 執着を手放す事の大切さを学ばせて頂きました。





また 以前 巷では バブルに浮かれた時節がございました。

誰もかれもが 投機の熱に浮かされて 金融業界は

無理にでも 金銭を貸し付ける為に まるで 熱病にでも罹ったかの様に

踊らされていた頃・・・



我が家には、バブルのの字の恩恵も、

いえ、バブルのバの点々の部分の恩恵すら ありませんでした(爆笑)



『バブルとは いったい いずこの出来ごとやら・・・?』

・・・と 遠い目で 世間を眺めていた頃



泡は、時節が来れば 必然的に 潰れます。



蓋を開ければ 泡祭りに踊らされた人達だけが

祭りの後始末をさせられたのです。



バブルの恩恵も何も無かった我が家では

何も無かった分、それが はじけても 何の影響も受けず

いつものように いつもながらの 無い生活を(笑) ただ粛々と 送っておりました。



この時の経験から

(神は、現象を見せて 
  それに 踊らされた者だけを ふるいにかけるのだ)


・・と言う事を学ばせて頂きました。



様々な現象を見詰めながら

圧倒的に無い状況下では 常に物事の本質を見抜かねばならない、と言う事を

学ばせて頂きました。



いえ、むしろ 無い、と言う状況を与えて頂けたからこそ

世の動向を冷静に達観する事が出来たのかも知れません。




☆感謝☆



名称未設定 1のコピー




関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/12/28 Sun. 13:57 [edit]

category: 二極化して行く世界

TB: --    CM: 0

28

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form