08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆それすらも 地球と言う惑星の学び☆ 

☆それすらも 地球と言う惑星の学び☆



@4



何氣にテレビを(たまに見る事もある)見ていたら

後継者がいない伝統技術を コツコツと守り続けている

80歳の翁の特集が組まれていた。



それは、紀州鋸と言われているもので

特殊な技術が施されていて、木の上で鋸を引いても

木くずが鋸の目に詰まらない・・・と言う優れもの



それほどの技術がこの世に存在していながら

その技術を継承する者がいない



翁は少しさびしそうに笑いながら

『みんな言ってくれるよ。あんたの鋸が無くなったら仕事が出来ないよ。

 いつまでも元氣で頑張ってよ・・・って。

 でも、仕方無いよね。自分が生きている限りは頑張るつもりだけど・・・

 これもご時世だからね・・・』



@1




ご時世・・・ですか。


これほど優れた技術が 継承されて行けないような世の中が

本当に人の幸福な生活なのでしょうか・・・。



これは 以前にも書かせて頂きましたが

もう一度 ご紹介しておこうと思います。


宇宙の根元神.(1)




人が生きて行く上での もっとも必要な基礎的素養は、

中学校までの義務教育で十分なのです。

とは言え、わたくしは 決して 

教育が不要だと言っているのではありません。


教育は必要です。

けれど 高等教育が万人に必要だとは思いません。


何故 高等教育を万人に課したのでしょう?

それは、 それが 企業に就職する為の

必須要件だったからです。


では、何故 企業に入る為に 高等教育が必要なのでしょうか?


(ちょっと 極端な言い方になってしまうかも知れませんが

 そう言うの大丈夫!!・・と言う方のみ お読みください)



女王・日巫女②





経済モンスター達が この世の中を 

お金と言う物質で支配する為に

確実にお金を稼ぐ事の出来る【企業】と言う組織を

意図的に創ったから・・・です。



何故 組織が必要なのでしょう?

それは、

ただ、もくもくと【金銭】を稼ぎ出す金融奴隷

量産したかったからです。


経済モンスター達にとって

個性は邪魔な要素です。


高等教育は、似たような金融奴隷を

大量に生産する機関でした。



企業と言う組織に入れるのは、

その方が 管理し易く 尚且つ、確実に

搾取し易いからです。


組織に所属出来ない者は、落ちこぼれ、と言うレッテルを貼って

人を どこまでも 枠の中に組み入れようとします。


2014_1127_123846-DSCF5994のコピー



また、遊牧民に定住を促すのは、

その方が 様々な搾取が 容易になるからです。

管理もしやすくなる、と言う利点もあります。



教育は必要です。

けれど 万人にとって 必ずしも必要と言うものではありません。


たけみかづちの神



特に伝統技術などは、

體に覚え込ませる、と言う意味もあるので、

中学を出てすぐ 親方の元へ弟子入りする、と言う方法が

技術を継承し易いでしょう。


そう言った【鉄は熱いうちに打て】・・・と言う

人のもっとも柔軟な時代を 高等教育に費やさせられ

挙句、食べて行け無いから・・・とか

お金にならないから・・と言う理由で

継承者が途絶えてしまう、と言うのは、誠に

遺憾の極みです。


たけみかづちの神




今の意図的に創られた価値観の中にあって

この様な発言をするのは、かなり・・・

そうですね、まぁ、それなりに勇氣が入りますが・・・(笑)



人は究極、自分と 自分の家族が食べて行けるだけの

必要最低限の収入があれば 十分なんです。


いえ、極論を言えば、

お金など無くとも 自分で田畑を耕し 

自給自足生活を 普通にする事が出来れば 

お金など必要ないのです。


自分で賄えないものは、物々交換などをしてもいいでしょうし・・・


そんな普通の質素で平和で 穏やかな生活を

いったい だれが 貧乏だ!・・と決めつけたのでしょう?



6_201501102114586af.jpg



ええ、そうですよ。

経済モンスター達にとっては、

人が質素に幸せに暮らす姿なんて

見たくも無いのです。


彼らにとっては、

人々が 日々 お金と言う 物質に踊らされて

お金と言う物質で 泣き、時に命を失い

物質に狂奔している姿こそが 彼らのエネルギー源


だから 物質(金銭)を生みださない金融奴隷は、

クズ奴隷でしかないのです。

だから、落ちこぼれ、とか 貧乏B様、とか

負け組だとか言って 徹底的に 叩くのです。



2014_1217_100306-DSCF6898のコピー



けれど、氣付いてほしい・・・


物質など無くとも

人は、ただ 生きているだけで  それだけで

十分 幸せだったのです。



一度 意図的に創られた価値観の中で

洗脳(?)された生活を 長年 続けていると

なかなか それを脱ぎ棄てるのは 勇氣がいるでしょうから

焦らずに、でも 少しづつ 自己変革を 

進めて行って下さい。
 

2014_1024_154155-DSCF5456のコピー



神は、以前 仰っていました。


【苦しめる為に 人を創造したのでは無い

 ただ 生きて、ひたむきに生きる喜びの中に

 魂の覚醒を願ったのだ】


・・・・と。


【それが 現在では、

 生きる事が人々の苦しみになってしまっている。

 それが 悲しい・・・】


・・・と、そう嘆いておられました。


けれど すれすらも

人が 自ら 招いた【闇=業】でもあるのです。


ですから 【闇】を責めるな・・・と。

【闇とて 調和の秤である】・・・と、仰るのです。


名称未設定 1のコピー




【闇】をただ責めるだけでは、いつまで経っても

魂の学びには なりません。


【悪】は 人々の心の奥底に潜んでいる【闇】を具現化したものです。


2 - コピー



世は、これから 大いなる過渡期を経て

精神世界への転換を計ります。




かつて 出雲が【霊】と【精神】でこの世を納めていた頃

やがて 侵略者によって 正史が意図的に改竄され

侵略者たちに都合のよい歴史に塗り替えられ

大いなる悲しみと苦しみを伴って

古の世に 国譲りが行われた事・・・。


いえ、【国譲り】などと言った生易しいものではありません。

実際 侵略者たちが行ったのは、

まるで 粛清とも言える様な凄惨な強奪だったのです。


けれど すれすらも 神は

【それすらも この地球と言う惑星が 成長する為の

 大いなる学びであった】


・・・と言うイメージを降ろされた事がありました。


人々の嘆きも悲しみも すべてを背負って

この惑星 地球が 成長して行く為に必要な学習だったのだ・・・と

その様に仰っておりました。


* すでに 単位は【惑星】・・・でした。

   一国や一個人の話しではありません。

  よく、マザーアース・・・と言う呼び方をされる方もいらっしゃいますが、

  この天体自体が 次のステージへ 

  歩を進める為の学びだった、と 大神様は

  以前 イメージの中に下ろされて来ています。

  精神世界から物質世界へ 大きな転換を計って・・・
 
  そこで 流される人々の血や涙ですら それすらも 

  一つの惑星の学びの一環だったのだ・・・と

  その様に 仰って(波動ですけどね・・)おられました。

  規模が大きすぎて 人の想像の範疇を超えますが・・・

  だから 【恨むな・・・】と 人々にお伝えになりたいのだと思います。

  それほど 規模が大きいので、神は

  【神の心を 人が完全に理解するのは不可能なのである】

  ・・・と仰るのです。


  


  


文章が長くなってしまいますので

この辺りで一旦 手を止めようと思います。


まだまだ お伝えしたい事はたくさんありますが、

今日は この辺で・・・。



☆感謝を込めて・・・☆



神柱・正



関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/02/04 Wed. 20:08 [edit]

category: 二極化して行く世界

TB: --    CM: 2

04

コメント

 

崇尾さんのお話、腑に落ちました。
仰るとおりです。
高等教育を受けることが当たり前に刷り込まれている現在、
教育がすべてではないように思います。
日本の素晴らしい技を消してしまうのはあってはならないことと
思いつつ、自分にできることは何もないことにがっかりしてしまいます。

【苦しめる為に 人を創造したのでは無い
 ただ 生きて、ひたむきに生きる喜びの中に
 魂の覚醒を願ったのだ】
この言葉に涙が出てしまいました。。。

いつもありがとうございます。
感謝☆

URL | こぜにもちこ #- | 2015/02/05 12:55 | edit

 

こぜにもちこさん☆

たいへんにユニークなHNの持ち主でありますね^^
一度で覚えてしまいました(^0^)

コメントをありがとうございます♪

URL | TAKAO KIYOMI #- | 2015/02/14 18:55 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form